欅の木のお地蔵さん

公開日: ほんのり怖い話

欅(フリー写真)

小学生だった頃に体験した話です。

当時は夏休みや冬休みといった長い休みになると、従兄弟達の家に何日も泊りがけで行ったり来たりしていた。

夏休み前半を従兄弟達が私の家で過ごし、後半に私が従兄弟達の家に泊まりに行った時の事。

従兄弟達の家は周りが林で、広い庭に何本も欅の木が植えてあるような田舎の広い家だった。

従兄弟達は5人。私を含めると6人にもなる。

我々は田舎の子供らしく、かくれんぼや缶けり、魚釣りなどで一日の大半を過ごし、それこそ暗くなるまで遊びまくる毎日だった。

泊まっていたのは5日間ほど。

その間は『あなたの知らない世界』や『24時間テレビ』の手塚アニメを見た気がする。

一つ気になったのは、窓から見える欅の木の遥か高い所、屋根のてっぺんに近かったから7、8メートル位か。

太い幹から最初に枝分かれした所に、何故かお地蔵さんがちょこんと乗っている事だった。

石で出来ているのか木で出来てるのかは判別できなかったが、木と同じような色をしていた。

置かれている場所さえ気にしなかったら、極普通の顔をして、極普通の格好をした、やや小ぶりの当たり前のお地蔵さんだった。

毎日見る度、

『どうやって置いたのかな? はしごを繋げたのかな? 木登りして置いたのかな?

それとも木がまだ小さかった頃に置いたのが段々大きくなってあんな高い所に行っちゃったのかな?

でも、あんな高い所じゃお供えとか出来ないよな…』

などと子供らしい空想を膨らませたりしていたが、一旦目を離すと途端に遊びに夢中になり、すぐさま忘れる毎日だった。

ただそれだけで、何故か木の上にお地蔵さんが乗せてあったというだけの話なのだが、帰る時に急に思い出し、傍に居た伯母さんに聞いてみた。

「何であんな木の上に、お地蔵さんが置いてあんの?」

「はあ? お地蔵さん? どこ、どこ?」

そのうち従兄弟達もやって来て、

「あー? 木の上にお地蔵さん? 夢でも見たんじゃねーの? あはははは」

最初は指差して説明していた私だが、ハッと嫌なものを感じ、ごにょごにょ誤魔化し、尻すぼみになって説明を引っ込めてしまった。

散々見ていたお地蔵さんが急に怖くなり、目を伏せると二度と木の方を向かなかった。

そのままお地蔵さんのいる木を見ずに帰り、その後泊まりに行く事は無くなった。

今では従兄弟達は家を出て独立しているため、滅多にその家に行く事は無くなったが、偶に行く用事があるときは少し緊張する。

あの木はまだあるのだろうか?

神社のお姉さん

友達から聞いた話なので詳しくは判らないのだけど、嘘や見栄とは縁のない子が言っていたことなので、きっと実話。 友達は霊感持ちではないが、小学生の頃に霊か神仏としか思えないものに会っ…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。 H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。 ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

プラットフォーム

プラットフォームの向こう

小学校低学年の時だから、かなり昔の事になります。 私はその日、母に手を引かれ、遠縁の親戚を訪ねるため駅に来ていました。 まだ見慣れない色とりどりの電車に、私は目を奪われてい…

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。 趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)です まあ、それは良いと…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。 その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。 でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。 親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。 散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。 犬は決まっ…

みょうけん様

うちの地元に「○っちゃテレビ」というケーブルテレビの放送局があるんだが、たまに「地元警察署からのお知らせ」というのを流すんだ。 どこそこのお婆さんが山に山菜を採りに行って行方不明…

カオル

バイト先の会社の寮で、幽霊騒ぎがあった。 俺は入社して1年も経たないのでよく知らなかったが、以前から気味の悪い事が起こっていたらしい。 寮に入っている社員のTさんの部屋が、…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。 恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

恐怖のスイカ蹴り

俺の爺ちゃんの終戦直後の体験談。 終戦直後のある夏の夜の出来事、仕事で遅くなった爺ちゃんは帰宅途中の踏切にさしかかる。 当時は大都市と言っても終戦直後のため、夜になれば街灯…