欅の木のお地蔵さん

公開日: ほんのり怖い話

欅(フリー写真)

小学生だった頃に体験した話です。

当時は夏休みや冬休みといった長い休みになると、従兄弟達の家に何日も泊りがけで行ったり来たりしていた。

夏休み前半を従兄弟達が私の家で過ごし、後半に私が従兄弟達の家に泊まりに行った時の事。

従兄弟達の家は周りが林で、広い庭に何本も欅の木が植えてあるような田舎の広い家だった。

従兄弟達は5人。私を含めると6人にもなる。

我々は田舎の子供らしく、かくれんぼや缶けり、魚釣りなどで一日の大半を過ごし、それこそ暗くなるまで遊びまくる毎日だった。

泊まっていたのは5日間ほど。

その間は『あなたの知らない世界』や『24時間テレビ』の手塚アニメを見た気がする。

一つ気になったのは、窓から見える欅の木の遥か高い所、屋根のてっぺんに近かったから7、8メートル位か。

太い幹から最初に枝分かれした所に、何故かお地蔵さんがちょこんと乗っている事だった。

石で出来ているのか木で出来てるのかは判別できなかったが、木と同じような色をしていた。

置かれている場所さえ気にしなかったら、極普通の顔をして、極普通の格好をした、やや小ぶりの当たり前のお地蔵さんだった。

毎日見る度、

『どうやって置いたのかな? はしごを繋げたのかな? 木登りして置いたのかな?

それとも木がまだ小さかった頃に置いたのが段々大きくなってあんな高い所に行っちゃったのかな?

でも、あんな高い所じゃお供えとか出来ないよな…』

などと子供らしい空想を膨らませたりしていたが、一旦目を離すと途端に遊びに夢中になり、すぐさま忘れる毎日だった。

ただそれだけで、何故か木の上にお地蔵さんが乗せてあったというだけの話なのだが、帰る時に急に思い出し、傍に居た伯母さんに聞いてみた。

「何であんな木の上に、お地蔵さんが置いてあんの?」

「はあ? お地蔵さん? どこ、どこ?」

そのうち従兄弟達もやって来て、

「あー? 木の上にお地蔵さん? 夢でも見たんじゃねーの? あはははは」

最初は指差して説明していた私だが、ハッと嫌なものを感じ、ごにょごにょ誤魔化し、尻すぼみになって説明を引っ込めてしまった。

散々見ていたお地蔵さんが急に怖くなり、目を伏せると二度と木の方を向かなかった。

そのままお地蔵さんのいる木を見ずに帰り、その後泊まりに行く事は無くなった。

今では従兄弟達は家を出て独立しているため、滅多にその家に行く事は無くなったが、偶に行く用事があるときは少し緊張する。

あの木はまだあるのだろうか?

朝日(フリー写真)

幽霊と酒

母の同僚のおじさんが釣りに行った時のこと。 朝早く車で出掛けて行き、朝日が昇るまで車の中で焼酎を飲んで暖まっていた。 いつもは待ち時間用の小屋みたいな所で過ごすのだけど、そ…

紅葉(フリー写真)

かわいい人形

昔のことなので曖昧なところも多いけど投稿します。 こんなことを自分で言うのは何なのだが、私は小さい頃、結構可愛かった。 今はどうかというのは、喪女だということでお察しくださ…

彼の予見

昔付き合っていた彼氏の話。 当時高校生だった私は、思春期にありがちな『情緒不安定』で、夜中に一人で泣く事が多かった。 当時はまだ携帯なんて高嶺の花で、ポケベルしかなかったん…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。 その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。 そこで、道の左端をすり抜…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。 学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。 そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…

付喪神

私の家は昔、質屋だった。 と言っても爺ちゃんが17歳の頃までだから、私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞くことができた。 ※ その日の喜一(爺ちゃん)は店番をしてい…

小綺麗な老紳士

駅構内の喫煙スペースで私はタバコを吸っていました。 喫煙スペースと言っても田舎の駅なので、ホームの端っこにぽつんと灰皿が設置してあるだけの簡易的なものでした。 すると小綺麗…

義理堅い稲荷様(宮大工9)

晩秋の頃。 山奥の村の畑の畦に建つ社の建替えを請け負った。 親方は他の大きな現場で忙しく、他の弟子も親方の手伝いで手が離せない。 結局、俺はその仕事を一人で行うように…

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。 母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、 母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…

戦時中の校舎

戦時中の校舎

10年前の夏休み、母と一つ上の姉と共に母方の実家に遊びに行った。 そこは集落から少し離れた山の麓にあり、隣の家まで行くのに5分は歩くような場所だった。 当時、私たち姉弟の間…