欅の木のお地蔵さん

公開日: ほんのり怖い話

欅(フリー写真)

小学生だった頃に体験した話です。

当時は夏休みや冬休みといった長い休みになると、従兄弟達の家に何日も泊りがけで行ったり来たりしていた。

夏休み前半を従兄弟達が私の家で過ごし、後半に私が従兄弟達の家に泊まりに行った時の事。

従兄弟達の家は周りが林で、広い庭に何本も欅の木が植えてあるような田舎の広い家だった。

従兄弟達は5人。私を含めると6人にもなる。

我々は田舎の子供らしく、かくれんぼや缶けり、魚釣りなどで一日の大半を過ごし、それこそ暗くなるまで遊びまくる毎日だった。

泊まっていたのは5日間ほど。

その間は『あなたの知らない世界』や『24時間テレビ』の手塚アニメを見た気がする。

一つ気になったのは、窓から見える欅の木の遥か高い所、屋根のてっぺんに近かったから7、8メートル位か。

太い幹から最初に枝分かれした所に、何故かお地蔵さんがちょこんと乗っている事だった。

石で出来ているのか木で出来てるのかは判別できなかったが、木と同じような色をしていた。

置かれている場所さえ気にしなかったら、極普通の顔をして、極普通の格好をした、やや小ぶりの当たり前のお地蔵さんだった。

毎日見る度、

『どうやって置いたのかな? はしごを繋げたのかな? 木登りして置いたのかな?

それとも木がまだ小さかった頃に置いたのが段々大きくなってあんな高い所に行っちゃったのかな?

でも、あんな高い所じゃお供えとか出来ないよな…』

などと子供らしい空想を膨らませたりしていたが、一旦目を離すと途端に遊びに夢中になり、すぐさま忘れる毎日だった。

ただそれだけで、何故か木の上にお地蔵さんが乗せてあったというだけの話なのだが、帰る時に急に思い出し、傍に居た伯母さんに聞いてみた。

「何であんな木の上に、お地蔵さんが置いてあんの?」

「はあ? お地蔵さん? どこ、どこ?」

そのうち従兄弟達もやって来て、

「あー? 木の上にお地蔵さん? 夢でも見たんじゃねーの? あはははは」

最初は指差して説明していた私だが、ハッと嫌なものを感じ、ごにょごにょ誤魔化し、尻すぼみになって説明を引っ込めてしまった。

散々見ていたお地蔵さんが急に怖くなり、目を伏せると二度と木の方を向かなかった。

そのままお地蔵さんのいる木を見ずに帰り、その後泊まりに行く事は無くなった。

今では従兄弟達は家を出て独立しているため、滅多にその家に行く事は無くなったが、偶に行く用事があるときは少し緊張する。

あの木はまだあるのだろうか?

関連記事

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。断っておくが、本名ではない。今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。雑誌にも2度ほ…

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。起きている奴等…

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

見えない壁

数年前の話。当時中学生だった俺は雑誌の懸賞ハガキを出すために駅近くの郵便局に行く最中だった。俺の住んでる地域は神奈川のほぼ辺境。最寄り駅からまっすぐ出ているような大通り…

自動ドアが認識しない人間

大学二年の夏休みに入る少し前からだったかな…。コンビニやらスーパーやらの入り口、とにかく全ての自動ドアが俺に反応しなくなった事があった。それまでは普通に入ることの出来て…

満月(フリー画像)

天狗

35年前くらいの事かな。俺がまだ7歳の時の話。俺は兄貴と2階の同じ部屋に寝ていて、親は一階で寝ていた。その頃は夜21時頃には就寝していたんだけど、その日は何だか凄く静か…

最強の守護霊

僕の知り合いに御祓いの仕事をしている人がいる。知り合いというか、最寄り駅の近くの立ち飲みで出会ったおばさん。それが今から数えて7年前くらいかなと思う。引っ越して…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

抽象画(フリー素材)

同じ夢を見る

小学校3年生の頃、夢の中でこれは夢だと気が付いた。何度か経験していたので、自分の場合は首に力を入れるイメージをすると夢から覚められると知っていた。しかしその時は何となく…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。疲れていたのですぐ寝入るこ…