変り種の相棒

公開日: 心霊ちょっと良い話

ひよこ(フリー写真)

12年前、近所の社の祭でヒヨコを釣ったんだわ。体が歪んでいて、少し変わった形をしていた。

それでも懸命に俺の後を付いて来る姿がいじらしくて、散々甘やかし、可愛がって育てた。

俺が学校から帰って来るとすぐ膝の上に乗ってきてさ、うとうとし始めるんだよな。

でもな。寿命ってあるんだよな。どんなヤツにもさ。冷たくなって行くアイツを抱えて、すっげぇ泣いたよ。

でも月日が流れると忘れるんだよな。忙しさなんかに負けて。

その頃は仕事で散々悩んでいて、精神的に切羽詰まっていた。限界が来ていたんだと思う。

ある日、熱を出して寝込んでいたら、胸の上に軽い重みを感じてさ。それと同時に何かがぺったりと喉にへばり付くんだよ。

その瞬間、思い出せた。アイツの重みと鶏冠の感触。甘えるようにいつもそうやって俺の上に乗ってきていたヤツの重みだ。

涙が止まらなかった。そんなに心配をかけていたのかと思うと。

俺は思い切って転職した。今、別の会社で頑張っている。

多分、あれは幻覚だと思う。結構熱が高かったから。

それでも俺はもう忘れない。変り種の相棒の事だけは。

関連記事

ビル(フリー写真)

お迎え

二ヶ月前、以前在籍していた会社の社長が亡くなった。就職の決まらなかった私を拾ってくれて、生まれて初めての『回らない寿司』を食べさせてくれた。癌で入院しているのは知って…

手を握る(フリー写真)

義母と過ごした時間

思いつくままつらつら書いたので、長くなってしまいました。苦痛な方はどうぞスルーしてください。苦労を支え合った義母との思い出です。 ※ 私が妊娠7ヶ月頃のこと。大阪で…

京浜東北線(フリー写真)

杖を持ったおじいさん

2年前の出来事。その日、京浜東北線に乗っていた私は、大声を上げながら周りを威嚇するおっさんに出会した。多分、かなり酒を飲んでいたのであろう。パチンコで負けただ…

雪景色(フリー素材)

もどり雪

一月の終わり、山守りのハルさんは、山の見廻りを終えて山を下っていた。左側の谷から、強烈な北風に舞い上がった粉雪が吹き付けてくる。ちょっとした吹雪のような、『もどり雪』だ…

台所(フリー写真)

おばあちゃんの料理

十年以上寝たきりで、最後の方は痴呆になってしまっていたおばあちゃん。帰省してお見舞いに行った時、私の名前も分からなくなった祖母の傍にいるのが辛くて、「もういいよ」…

彼岸花(フリー写真)

祖母の隠れ場所

自分が3歳の時に父方の祖母が亡くなった。皆さんお察しの通り、人の死という現実の認識が出来ない子供の事です。私はキャッキャッと親戚が居る中をふざけながら走り回り、それこそ…

空(フリー写真)

石屋のバイト

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見て…

古い箪笥(フリー写真)

鈴の音

小学生の頃、大好きだったばあちゃんが死んだ。不思議と涙は出なかったのだけど、ばあちゃんが居ない部屋は何故か妙に広く感じ、静かだった。火葬が済んだ後、俺は変な気配を感じる…

太陽の光(フリー写真)

わたしの靴がないの

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。それから半年ほど経った頃、夢を見ました。従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 …

千羽鶴(フリー写真)

お見舞い

俺は中学と高校の時、寮に入っていた。その時の出来事。その寮では夜に自習時間というのがあり、自習は自習棟という、宿泊棟とは別の建物で行われていた。ある日、Tという後輩が自…