異世界のデパート

公開日: 異世界に行った話

デパート(フリー素材)

小さい頃、婆ちゃんの家にあるタンスに入ると変な町に行けた。

タンスの中に吊ってある服の奥にどんどん進んで行くと、デパートの洋服売り場のような場所に出た。また商品の服の中に入ると婆さんのタンスに帰ることが出来た。

そこは普通のデパートのような場所なんだけど、商品に値札が一つも付いていない。

商品は勝手に持って行っても良いことになっていて、俺はいつも食品売り場で菓子を食っていた。

やたら綺麗な色をした見たこともない菓子ばかりで、どれも凄く美味い。

お土産として持ち帰ろうとしても、いつの間にかポケットから消えてしまう。

そのデパートの外観は渋谷109のような感じだったと思う(初めて109を見た時に『あのデパートに似ている』と思った)。

隣には映画館があり、ここでも無料で映画を観られる。

いつもアニメ映画を上映していた。昔話調の話が多かった。

面白くて聞いたこともない昔話ばかりだったのに、内容は一つも覚えていない。

その町には色々な店があったんだけど、店員らしい人が一人も居なかった。

居るのは通行人か買い物客だけ。みんな何となくフワフワした雰囲気。

大人の人ほど上の空な感じだった。その町で仲良くなった子供も居た。

その町の地名は「なんとか県○○」。県名は忘れた。日本語のような発音だったが、現実に存在する都道府県のどれとも異なる。

○○は確か「マ」から始まる四文字の言葉。「マ」しか覚えていない。

婆ちゃんの家が改築されてから、もうあそこには行けなくなった。

同じ場所に行ったことがあるやつ、居ないか?

あそこで仲良くなった子達は、みんな違う県から来たと言っていたんだ。

入り口もタンスだけではなく、色々あったらしいが。

団地(フリー写真)

ずれた世界

母がまだ幼い頃、ある団地に住んでいた時の話。 一番上の姉(伯母)と母が外で遊ぼうと階段を降りて行くと、一階の団地の入口に見知らぬおばさんが居た。 その団地には、郵便受けが…

浮世絵(フリー素材)

タイムスリップ

昭和50年前後の事です。 東京近郊の県ですが、うちの祖父母が住んでいた家は古い農家の家でした。 農業は本職ではなく、借りて住んでいました。 敷地を円形に包むように1…

光(フリー素材)

異世界に続く天井裏

俺のクラスに新しく転入生の男子が来た。 彼はいつも机に突っ伏して塞ぎ込んでいて、未だに友人は一人も出来ていないようだった。 きっとクラスに馴染めずに大変なんだろうと考えた俺…

戦時中の校舎

戦時中の校舎

10年前の夏休み、母と一つ上の姉と共に母方の実家に遊びに行った。 そこは集落から少し離れた山の麓にあり、隣の家まで行くのに5分は歩くような場所だった。 当時、私たち姉弟の間…

ダム

迷い込んだ農家

以前付き合っていた霊感の強い女性から聞いた話。 「これまで色んな霊体験してきて、洒落にならんくらい怖い目にあったことってないの?」と尋ねたら教えてくれた。 俺が聞き伝えでこ…

ドア(フリー写真)

見知らぬ場所

子供の頃の体験談を一つ書いてみる。 幼稚園くらいの話だけど、今も鮮明に覚えている。 祖父の家が結構近くて頻繁に家族で通っていたのだけど、祖父の家は関東で、田舎でもなければ…

ローカル駅(フリー写真)

無音の電車

学生時代の当時、付き合っていた恋人と駅のホームで喋っていました。 明日から夏休みという時期だったので、19時を過ぎても空が明るかったのを覚えています。 田舎なので一時間に一…

体育館(フリー写真)

異世界の体育館

中学一年の夏休み、部活で合宿に行った。 合宿所の体育館で遅くまで練習した後、三年の先輩に付き合ってもらって練習していた。 フローターは同級生で一番最初に打てるようになったの…

地下のまる穴(長編)

これは17年前、高校3年の時の冬の出来事です。 あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、僅かに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や…

タイムトラベラー

10年前、俺が小学6年生の時の話。 ある日学校から帰る途中、人通りの多い交差点で信号待ちをしていたら、自分以外の周りの人や道路を走ってる車とかが一斉に止まった。まさしく時が止まっ…