2タッチ入力

公開日: 意味がわかると怖い話

cdae2a2dc3af32197e7f44b0a040610b59f367651381590042

私の父が施設にいたころ、父が散歩にでも出てそのまま連絡が取れなくなっても困るので、携帯電話をもたせていた。

父はボケており、携帯を買い与えアドレスを交換したころは「これでいつでもお前と連絡が取れるなあ」なんて言っていたが、 どんどんボケが進行する父には結局、メールはおろか電話さえも使うことができなかったのだ。

ところがある日、私の携帯に父からメールが来た。

件名はない。

本文にただ『いわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわ』と打たれている。

意味がわからない。と言ってもボケた父のことだ、意味などないのだろう。

そう思っていると、また父からメールが来た。

今度も件名はない。

本文に『いらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいら』と打たれている。

何のことやら。

結局、ボケた父が訳も分からず携帯を操作しているうちに、私にメールを送信してしまったのだろうと思って放っておいたのだが、 まさかこれが、父からの最後のメールになるとは…。

その日、父は施設で大暴れをし、階段から転落して亡くなったそうだ。

もしや二件目のメールの『いらいら』とは、何かいらいらすることでもあって、私に伝えたかったのだろうか?

あの時、私がしっかりとメールを返していれば、父も暴れたりすることはなかったのかもしれない。

編集者補足

携帯の数字キー入力に変換すると『いわ』は『110』番で『いら』は『119』番になる。

娘の目

最近の話なんだけど、電車での人身事故を目撃してしまった。私と小学4年生になる娘と2人で家から2駅離れたショッピングモールで買い物をした帰り道でのこと。私たちが駅のホーム…

ノロノロ運転

俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど、そういう道って夏の雨が降った時とか、アマガエルが大量に出てくる…

消える死体

ある日、しゃくに障る泣き声なので妹を殺した。その死体は井戸に捨てた。 次の日、井戸を見に行くと死体は消えていたのだった。5年後、些細なけんかで友達を殺した。 その死…

世界一怖いお化け屋敷

「さあさあ、ランドに来ておいて、このお化け屋敷に入らないって手はないよ!」お化け屋敷の前でゾンビらしき恰好をした男が声を張り上げている。ゾンビの前には数人の客が面白そう…

美術室(フリー背景素材)

眠りに落ちた美女

ある日、僕は学校の美術室の掃除当番だった。早く終わらせて帰ろうと急いでいたら、一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた。その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったのだ…

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。いつもと同じ時間に、いつもの道をいつもと同じ速さで歩いて行く。すると、ふと目の前に同じ学校の制服が見えた。 …

女性専用トイレ(フリー素材)

横に並んだ目

先日、地元の駅のトイレで覗きに遭ってしまいました…。綺麗なトイレではないので普段は行きたくないのですが、その時は我慢出来ずに駆け込みました。 ※ 用を足し終えて立ち上がると…

天国からの放送

そのカセットテープは、ある日、突然郵便や宅配便で送られて来るそうだ。もちろん、差出人の名前なんかない。テープ自体はどこででも手に入る安物なのだが、小さなカードが同封され…

かくれんぼ

昔、公園で友達とかくれんぼをした。かなり広い公園で隠れるには困らないけど、問題は鬼になった時、ただでさえ広くて大変なのに友達4人とも隠れ上手。鬼には絶対なりたくなかった…

若返り

老人「本当にこれで若返れるのか?」男「ええ。我社の開発したこの機械はあなたの細胞から全盛期だった若い体を生成し、あなたの今の記憶を入れることで記憶はそのままに体だけは若返ること…