猿夢

train-at-night608x446

私は、夢をみていました。

昔から夢をみているとき「私は今夢をみているんだ」と自覚することがあり、この時もそうでした。

なぜか私は一人薄暗い無人駅にいました。ずいぶん陰気臭いを夢だと思いました。すると構内に精気のない男の声でアナウンスが流れました。

「まもなく電車がまいりますぅその電車に乗るとあなたは恐い目に遇いますぅ」

意味不明なアナウンスでした。

まもなくホームに電車が入ってきました。それは電車というより遊園地などにある「お猿さん電車」のようなものでした。数人の顔色の悪い男女が縦一列に座ってました。

私はどうも変な夢だなと思いつつも、自分の夢がどれだけ自分自身に恐怖心を与えられるか試してみたくなり、その電車に乗る事に決めました。

本当に恐くてたまられなければ目を覚ませばいい。自分が夢をみていると自覚している時、私は自由に夢から覚めることが出来ました。

私は電車の後ろから三番目の席に座りました。

あたりには生温かい空気が流れていて、本当に夢なのかと疑うぐらい現実感がありました。

「出発しますぅ」という間延びしたアナウンスが流れ、電車は動き始めました。

これから何が起こるのだろうと私は不安と期待でドキドキしていました。電車はホームを出るとすぐにトンネルに入りました。紫色の電灯がトンネルの中を安っぽく照らしていました。

私は思いました。

(このトンネルの景色は子供の頃に遊園地で乗ったスリラーカーの景色だ。この電車だってお猿さん電車だし、結局、過去の私の記憶にある映像を持ってきているだけでちっとも恐くなんかないな)

とその時、またアナウンスが流れました。

「次は、活けづくりですぅ」

魚の活けづくり?などと考えていると、急に後ろからけたたましい悲鳴があがりました。

振り向くと、電車の一番後ろに座っていた男の周りに四人のぼろぎれのような物をまとった小人がむらがっていました。

男は刃物で体を裂かれ、本当に魚の活けづくりの様になっていました。強烈な血の臭気が辺りをつつみ、耳が痛くなるほどの大声で男は悲鳴をあげつづけました。

男の体からは次々と内臓がとり出され、血まみれの臓器が床に散らばっています。

私のすぐ後ろには髪の長い顔色の悪い女性が座っていましたが、すぐ後で大騒ぎしているのに黙って前を向いたままでした。

私は想像を超える展開に驚き、本当にこれは夢なのかと思いはじめました。怖い。でも、もう少し様子をみてから目を覚まそう…。

気が付くと、一番後ろの席の男はいなくなっていました。しかし赤黒い、血と肉の固まりのようなものは残っていました。

うしろの女性は相変わらず、無表情に一点をみつめていました。

「次は、えぐり出しですぅ」とアナウンスが流れました。

するとまた二人の小人が現れ、ぎざぎざスプーンのような物でうしろの女性の目をえぐり出し始めました。

さっきまで、無表情だった彼女の顔は、痛みのためものすごい形相に変わり、私のすぐ後ろで鼓膜が破れるぐらい大きな声で悲鳴をあげました。

眼球が飛び出しています。溢れる血の匂いがたまりません。

私は前を向き体をかがめて震えていました。

もう潮時だと思いました。これ以上付き合いきれません。

しかも順番からいくと次は三番目に座っている私の番です。

私は夢から覚めようとしましたが、自分には一体どんなアナウンスが流れるのだろうと気になり、それを確認してからその場から逃げることにしました。

「次は、ひき肉ですぅ」とアナウンスが流れました。

最悪です。どんな目にあうのか容易に想像が出来ました。神経を集中させ、夢から覚めようとしました。

(夢よ覚めろ!覚めろ!覚めろ!)

いつもはこう強く念じることで夢から目覚めます。

不意に「ギィーン」という機械音が間近で聞こえてきました。あの小人が私の膝に乗り、チェーンソーのような物を近づけてきました。

たぶん私をミンチにする道具です。

(夢よ覚めろ!覚めろ!覚めろ!)

と目を固くつぶり一生懸命に念じました。

「ギィーン」という音がだんだんと大きくなってきて、頬に風圧を感じ、もうだめだと思った瞬間、周りは静かになりました。

なんとか、悪夢から抜け出す事ができました。全身汗でびっしょりで、涙が流れていました。

私は寝床から台所に向い、水を大量に飲んだところでやっと落ち着いてきました。

恐ろしくリアルだったけど、所詮は夢だったのだからと自分に言い聞かせました。

それから4年間が過ぎました。大学生になった私はすっかりこの出来事を忘れバイトに勤しんでいました。そしてある夜、急に始まったのです。

「次は、えぐり出しですぅ」

あの場面からでした。私は「あっ、あの夢の続きだ」とすぐに思い出しました。

すると前回と全く同じで、二人の小人があの女性の眼球をえぐり出しています。

やばいと思い(夢よ覚めろ!覚めろ!覚めろ!)とすぐに念じ始めました…。

今回はなかなか目が覚めません(夢よ覚めろ!覚めろ!覚めろ!)…。

「次は、ひき肉ですぅ」

いよいよ私の番です。あの「ギィーン」という機械音が近づいてきます。

(夢よ覚めろ!覚めろ!覚めてくれ!)

死に物狂いで念じました。そして、またあたりは静かになりました。何とか逃げられたと思い安心したその時、

「また逃げるんですか。次に来た時が最後ですよ」

とあのアナウンスの声がはっきりと耳元で聞こえました。

目を開けると夢からは完全に覚めており自分の部屋にいました。

でも最後に聞いたアナウンスは絶対に夢ではありません。

現実の世界で確かに聞きました。私がいったい何をしたと言うのでしょうか?

それから、現在までまだあの夢は見ていません。

でも次に見た時にはきっと心臓麻痺か何かで死ぬと覚悟しています。

こっちの世界では心臓麻痺でも、あっちの世界はひき肉です。

関連記事

自殺志願

年月が経つにつれ自信がなくなっていく思い出です。俺が19歳の頃の話です。高校は卒業していましたが、これといって定職にもつかず、気が向いたら日雇いのバイトなどをしてブラブラしてい…

い゛れでぇぇ…

友人は最近仕事が忙しく、自宅に帰るのは午前2時~3時になっていたそうです。この自宅というのは、8階建てのマンションで7階にある部屋です。いつものように、帰りが2時を過ぎ…

村

閉ざされた集落

もう20年以上前、少年時代の話である。俺は名は寅、友達は雄二に弘樹と仮名を付けておく。 ※ あれは小学校六年生の夏休み、俺達は近所の公園で毎日のように集まり遊んでいた。 …

くねくね

これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時のことである。年に一度、お盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、大はしゃぎで兄と外に遊びに行った。やっぱり都会とは空気が違…

山

土着信仰

俺の親の実家の墓には、明治以前の遺骨が入っていない。何故かと言うと、その実家がある山奥の集落には独自の土着信仰があり、なかなか仏教が定着しなかったから。明治まで寺という概念すら…

石段(フリー写真)

朽ち果てた神社の夢

二十年前から現在まで続く話。俺は当時大学生で、夏休みに車で田舎の実家に帰省していた。その時は、普段帰省時に通っている道とは別の道を通って行った。見渡す限りの山や…

日本人形(フリー画像)

ばあちゃんの人形

母から聞いた本当にあった話。肉親の話だから嘘ではないと思う。母の昔の記憶だから、多少曖昧なところはあるかもしれないけど。 ※ 母がまだ子供の頃、遊んで家に帰って来たら居間の…

井戸

蠱毒

心の整理が出来てきたので、書こうと思います。長文になります。 ※ 俺には二人の大切な友達がいました。小学校からの付き合いの友達で、社会人になってからもよく一緒に酒を飲みに行…

女の勘

結婚して4年目の頃の話。会社に可愛い事務の女の子が入ってきた。さすがに浮気する気はなかったけど、その子のことは気になっていた。ある日、飲み会にその子も来ることに…

蟹風呂

まあ聞いてくれ。俺は霊感とかそういうのは持ち合わせちゃいない。だけど恐怖と言う意味では、幽霊なんぞよりもよっぽど恐ろしいモンがある。昔、小さい印刷会社みたいなと…