変な長靴

09ed24081144c7e237a4b469e5396fb1_l

俺は大学生時代、田舎寄りの場所にアパートを借りて一人暮らしをしていた。

大学が地方で、更に学校自体が山の中にあるような所だから交通の便は悪くて、毎日自転車で20分くらいかけて山を登っていた。

ある夏の日、夜まで研究室で実験をしなくちゃいけないことになってしまった。

夜中でも室内はジメジメ蒸し暑くて泊まるのは嫌だったから、なんとか終わらせて施錠をし、さっさと帰ることにした。

一人で山の坂道を通ることは何回かあったし、綺麗に舗装されているから、たまに通過する車のおかげでそんなに怖くなかった。

それから山の真ん中ら辺の少し開けた場所まで下った。ここは公衆トイレや自販機が置いてある簡素な公園があって、柵を越えたらすぐ森に繋がるようなほぼ自然という場所。

その公園をさっさと通過しようとしたんだが、ふと公園の中に見慣れないものが見えた。

自販機の光にほんの少し照らされていたけど全貌は見えず、でも足元の長靴みたいなのが遠目でも確認できた。

少しだけ見ていたけど異常者だったら怖いし、オカルティックな物にはあまり関わったら悲惨なことになりそうだと思って、急いでアパートに帰って寝た。

そのことは研究室の先生方や後輩に話てみたけど何も情報は無し。早朝、研究室の鍵を借りる時に仲良くなった守衛さんに聞いても収穫ゼロ。

見間違えかただの変な人ということになって、一応注意する程度で心に留めておいた。

それから秋頃にまた夜中まで実験が延びてしまって、一人で帰ることになってしまった。が、例の公園前を通過したけど今回は特に何事もなくそのまま帰宅……。

と思っていたらやっぱり変な長靴がいた。

多分少し場所が変わっていたけど、今回も自販機に照らされていた長靴が見えた。

俺はその時、謎の冷静さで長靴をじっと見て様子を伺っていた。

『もし近寄って来ても自転車走らせたら余裕だろ……』と、今思えばかなり楽観的だった。

それからぼうっと長靴を見ていたら、「ザリ…ザリ…」と音がしていたことに気が付いた。

『何だこれ』と思っていたら、長靴が地面をスライドしながら少しずつ近寄って来ていた音だった。

そして、スライドしながら近寄って来たことで、自販機の光が長靴の少し上あたりを照らした。

もさっとしたズボンで、胴から頭らへんは影で輪郭しか判らなかったけどかなりの長身デブ体型に尻みたいな頭で、顔や腕は暗くて確認出来なかった。

もう有り得ないくらいびっくりして、蒸し暑かったけど全身鳥肌が立ち、体の芯が凍りついたまま自転車を全速力で漕ぎアパートに逃げ帰って、電気を全部点けて一夜を過ごした。

後日、研究室であったことを全部話したら体調や精神を心配され、先生方や後輩が実験を多少手伝ってくれただけで終わった……。

それから大学卒業するまでは夜中まで実験したら学校に寝泊りすることにして、卒業まで長靴の変なのを避けるようにした。

結局、今は何かしらの悪影響や不運もなく過ごしているけど、最近あれの正体が気になって仕方が無い。

胴から上は輪郭だけなら、デジモンに出てくるヘドロモンみたいな感じに近いと思うけど、調べても何も判らなかった。

関連記事

千寿江(長編)

もう色々済んだから、書かせてくれ。かなり長い。父親には妹がいたらしい。俺にとっては叔母に当たるが、叔母は生まれて数ヶ月で突然死んだ。原因は不明。待望の娘が死んでしまい、…

小さな猫のぬいぐるみ

先日、成人式後の同窓会で聞いた話。T君はお父さんを小学生の頃に事故で亡くし、それからずっと母子家庭。T君自身はそんな環境どこ吹く風と言った感じで、学級委員をやったりサッ…

サンドイッチ

高校生の頃、俺のクラスにいつも虐められているオタク風のデブ男がいた。実を言うと俺も虐めていた1人だった。そんなある日の昼休み。俺はあるプリントを5時限までにやらなくてはならず、…

携帯電話

迷惑電話

ある日、知らない番号から電話が掛かってきて、おばさんの声で「鈴木さん?」と聞かれた。でも自分は田中(仮名)なので、「いいえ違います」と答えたら「じゃあ誰?」と言われた。…

洞穴(フリー素材)

よりかたさま

会社の新入社員研修の時に同じ部屋だった、同期のAから聞いた話。研修中に毎晩魘されていて煩いので、問い質したら冗談めかして以下のような話を始めた。多分作り話だろうけど、最…

山(フリー写真)

禁断の地

これは俺の祖父の父(曽祖父)が体験した話だそうです。大正時代の話です。大分昔ですね。曾爺ちゃんを仮に「正夫」としておきますね。 ※ 正夫は狩りが趣味だったそうで、暇さえあれ…

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…

山

ヤマノタミ

俺の父方の祖先は九州の山奥の領主だった。これは父が自分の祖父から聞いた話(つまり俺にとっての曽祖父。以下曽祖父)。 ※ 曽祖父の両親は田舎の名家ということもあって、かなり厳…

あなたが押したの?

少し困ってしまうことがありまして、ここに書かせてください。5年前、私の友達が通っていた小学校で、陰湿ないじめがあったそうです。いじめの首謀者のM子さんは誰もが認めるほど容姿端麗…

猛スピードで

俺にはちょっと変な趣味があった。その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出て、そこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。いつもとは違う静まり返った街を観察す…