塊紫水晶奥

紫の抽象的模様(フリー画像)

私には年の離れた兄が居る。普段何をしているか判らない飄々とした自由人。

偶に家に遊びに来ては、変な物を置き土産として置いて行く。

半年ほど前、玄関に磨かれていない紫色をした水晶の塊を置いて行った。

邪魔になるし、何か気持ち悪いので持って帰ってくれと抗議するのだが、

「いいから、いいから、何か良い事あるかもな♪」

と取り合ってくれず、仕方なく靴箱の上でオブジェとなっていました。

それが1ヶ月ほど前、失くなってしまいました。

邪魔な物でも家から物が失くなるのは気味が悪いので、旦那とどうしようかと相談していたら、兄が

「いいんじゃない? 邪魔にされてたんだから、厄介払いだよ♪」

と持って来た本人は特に気にした風も無いので、旦那と相談し、近所の駐在さんの奥さんに相談するだけにしました。

それで数日前、娘の同級生Aちゃんが交通事故。両足骨折の重傷。

幼稚園でこの話を聞き、ママ友たちとお見舞いの段取りなどをして帰りました。

その日の夕食時、旦那の好きなお酒を提げて兄がご飯を食べに来ていました。

そこへ姑さんに伴われたAママが来ました。

曰く、家にお茶で集まった際、凄く惹かれてつい出来心で盗ってしまったとの事。

手に入れて以来、魅入られたようにAちゃんと二人で眺めてしまうようになっていたそうです。

最近、Aちゃんが指を切ったり頭をぶつけたりと、小さな怪我が多くなり不安になってきていたとの事です。

そして不気味な老人の出てくる夢を見るようになり、事故の前日、ニタニタ笑いながら

「モロタ、アリガト、アリガト」

と呟き、消えて行ったそうです。

その時、Aママは何故か水晶と関係していると思ってしまったそうで、姑さんに相談して謝りに来たとの事。

こちらとしては狐に摘まれたような話で、どこか他人事のようにAママと姑さんの謝罪を受けていました。

しかしAママが件の水晶をカバンから出した途端、家の兄が血相を変えて飛んで来て、水晶を玄関からポイ!

「誘惑に負けたら、イカンよ。姑さんの言う事、ちゃんと、聞いて、暮らしなさい」

普段ヘラヘラしている兄とは別人の顔で諭し、二人を帰してしまいました。

兄にどういう事か問うたところ、曰く

・家の娘に災厄が来るのが判った。

・阻止する為、水晶を置いた。

・あの水晶は厄を吸い込むと、トウケ(盗気)のある人間には物凄く魅力的に見えるとの事。

・人に厄を擦り付けるにはこれが一番。

・まさか帰って来るとは思わなかった。

・あの姑さん、物凄く良い人なんじゃないか?

Aちゃんに災厄が起きたし、いつものホラ話とは雰囲気が違うし、私も信じてしまいました。

他のママ友にこの話はしていないので、盗った話は広がっておらず、近所は至って平穏です。

盗み懸案は解決したっぽいが、本気で家の兄が何者か判らなくなってきた…。

旦那と長男はますます兄を憧れの目で見るようになりました…。

田舎(フリー素材)

障り

試験勉強に行き詰まったから、気分転換に後日書こうと思っていた話をするよ。 登場人物は下記の通り。 俺: 都内大学4年(暇人) A: 同じクラスの男(野球部) B…

ごぜさんの鐘

辺り一面山だらけ、どこを見渡しても山ばかりという地方の出身です。 小さい頃からお世話になっていたお寺に「鐘」がありました。 「鐘」と書いたのには理由がありまして、それは布と…

イエンガミ

先日亡くなった友人(暗子)が実は生きていて、暗子を助けようとしていた友人(陽子)が行方不明になった…という出来事がありました。 心霊系の話ではないし、かなり長くなります。そして最…

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。 兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。 狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

河川敷(フリー素材)

昔の刑場

俺のおふくろは戦前、満州から北朝鮮の辺りに開拓移民で居たのだが、夕暮れ時に街角の十字路で1メートルを超える人魂を見たことがあると言っていたな。 ぽっかりと浮かんだ人魂は、逢魔が時…

橋の歩道

四ツ脚

高校生時代、陸上部で短距離走をやっていた俺は、夜学校が閉まってからも練習をする熱心なスポーツマンであった。 と言っても学校内に残って練習する訳ではなく、自宅周辺の道路を走るのであ…

神社(フリー素材)

ふくろさん

大学二年の春だった。 その日僕は、朝から友人のKとSと三人でオカルトツアーに出掛けていた。 言いだしっぺは生粋のオカルティストK君で、移動手段はSの車。いつもの三人、いつも…

叩いている

高校の時、仲の良い友人が「週末、家に泊まらない?」って誘ってきた。 「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。 特に用事もなかったけど、俺は断った。 でも、しつこく誘って…

皺のある手(フリー写真)

祖母の日記

私は大変なおばあちゃん子で、中学になってもよく祖母の家に遊びに行っていました。 父方の祖母なのですが、父親は私が幼い頃に不慮の事故で死去していました。 祖父を早くに亡くした…

ポコさん

私の住んでいた家の近くの公園には、いつもポコさんという大道芸人みたいなおじさんが週に3回来ていた。 顔は白粉か何かで白く塗り、眉毛は太く塗り、ピエロの様な格好でいつもニコニコして…