着信あり

Abstract-Art-Teresa-Young-950x718

自分なりに恐かった体験を書いてみようと思う。

もう4、5年は経ったし、何より関係者全員が無事に生きてる。

恐い思いをしただけで済んだのだからいいやと思う反面、やっぱりあれは何だったのか不思議で仕方がない。

事の発端は、仲間と飲みに行った時。

居酒屋に仲間8人で飲みに行った時の事。早くに酔い潰れてしまった女の子がいた。俺の友人の連れだ。

座敷で広い座卓に突っ伏して眠りこけた彼女を放っておいて、俺たちは楽しんでいた。

そろそろ帰るかという話になり、彼女を起こそうとするが起きないので、誰かが「携帯鳴らしてやれよ。起きると思うぞ」と言い出した。

彼氏である友人がニヤニヤしながら、彼女の携帯に呼び出しを始めた。

音から察するに、携帯は彼女の突っ伏した腕の下にある事が判った。

携帯ストラップも腕の下から覗いている。

10秒鳴らして、周囲の迷惑を考えてか友人は鳴らすのを止めた。

「あー、駄目だわ。こいつ、寝起き悪いんだよね」

酒も入ってるし、無理に起こすのも可哀相だからと、暫く待つつもりで俺たちは腰を降ろしたその時、友人の携帯にメール着信が入り、開いた奴の顔からいきなり血の気が引いた。

「うわ、なんだよ…これ」

なんだなんだと、俺たちの間でそいつの携帯が回された。

差出人は眠りこけてる彼女。本文は『眠い、寝かせてよ』

彼女の携帯は、ずっと彼女の腕の下だ。ストラップも見えている。

すうっと首の辺りが寒くなった気がしたものの、飲みに来ていた他の仲間は「よく出来た悪戯だろ。すげえな」と感心したので、俺たちもその答えに納得して、その夜はお開きになった。

それから暫くして、俺は仰天する事となる。彼女が亡くなったのだ。

元々体が弱かったらしい。詳しく聞くのも悪いと思ったので、結局聞いていない。

彼氏である友人の希望で、俺は付き添って葬式に出る事になった。

他の仲間もやってきて斎場へ向かい、受け付けを済ませ、式の邪魔にならないよう、隅の席で小さく無言で固まっていた。

読経が始まり、皆うなだれている。その時ふと、飲み会の事を思い出してゾッとした。

そしてなぜか、そこに居る仲間たちも自分と同じ事を思い出しているに違いない、という気持ちがした。

もうじき焼香かなという頃、いきなり携帯が鳴り始めた。恐らく、その場に居た全員の。

もちろん俺たちは消音にしていた。でも、相当数の携帯のバイブが一斉に反応したので、かなり音が響く。

中には会場に入る前に消音にし忘れた人もいて、慌てて切っていた。

呼び出しは始まりと同じく、いきなり切れた。全員一斉に。俺たちは黙って、顔を見合わせるしかなかった。

斎場を出て各々携帯を調べたら、確かに同時に着信があった事がわかった。それも非通知。

非通知着信拒否設定も意味がなかったらしく、女の子の中にはパニックに陥る子もいた。

喫茶店に入って、これまでの事を話し合った。

飲み会に来ていなかった連中に説明をしたり、逆に俺たちが知らなかった他の事件について教えてもらったり。

結論として、亡くなった彼女はかなり不気味な存在であることが判明した。

俺の知ってる彼女は内向的。おとなしく、どちらかといえば地味。

控えめな子が好きな友人のチョイスなので、あまり気にはかけなかった。

飲み会でも喋らずに黙々と飲んでるタイプ。

ブスでも美人でもない。というか、印象が薄くてすぐに忘れてしまうんだ。

覚えているのは、貝殻が好きだった事。いつか、店先でインテリアの貝殻を手に取って耳に当てていた。

「私の耳は貝の耳。海の響きを懐かしむ」

と口ずさんでいた。多分詩だと思う。

「それ、海の音じゃないよ。自分の体の中の音が反響してるんだってさ」

とロマンの欠片も無い俺が茶化すと、ぼんやりした生気の無い彼女の顔に一瞬笑みがのぼった。

「〇〇君も、そのうち自分の貝殻に耳を傾けるようになるよ。今にね。きっとそうなるよ」

「そうかな、楽しみだね~」

なんて笑って肩をすくめてみたが、彼女は真剣そのもので、反応の薄い彼女にしちゃ珍しいな…くらいにしか思わなかったんだ。

彼女の言ってた事が、今回の件だったのかは最後まで分からない。

他の奴も、彼女の風変わりさに気付いていたらしい。

ある女の子は、彼女が他界する一ヵ月前に街中で会って、暫く一緒に歩いて行ったそうだ。

買い物したらしくショッピングバッグをいくつか持っていたので、手助けすると彼女はとても喜んだらしい。

「あなたには特別に教えてあげる。私ね、ちょっとだけ先の事が分かるんだ」

女の子は面白い冗談だと思ったようで、

「すごいじゃん。株とか先物取引とかわかったらお金持ちになれるよ」

と相槌を打ったらしい。

「そういうのはわかんない。興味ないからね」

と言われ、

「どういうのがわかるの?」

と尋ねると、誰も居ない交差点の角を指差して、

「あそこに居る男の子わかる? あの子は明後日ここで死ぬんだよね」

そこまで聞いて全員顔を見合わせた。

「それって〇〇のとこの?」

女の子は首を縦に振った。

「だって、冗談だと思ったんだもん」

死亡事故は、その通り起こっていた。彼女は日にちも言い当てていた事になる。

彼女の彼氏、つまり俺の友人は重い口を開いた。

「あいつ、慢性的にこの世に恨みを持ってたよ。

それでいて、時々猛烈にこの世界に愛着を感じていた。多分、心を病んでいたと思う。

俺がどうかしてやれるかなと思ったけど、駄目だったらしい」

以下、奴の話。

バイトで知り合った二人が、付き合い始めて暫くして、彼女はよく友人に話していた事があった。

彼女は時々、まとまりがなくなるというのだ。

普通の人のように形状を維持できない。分散してしまう。この板でいうと、アリス症候群みたいなものだろうか。

友人は彼女の統合失調症を疑ったが、放っておけず色々話を聞いてやったらしい。

まとまりが無くなった彼女は、色んな物に部分的に入り込んだり、色んな物が見えたりするとの事。

飼ってる猫、掃除機、水の入ったコップ、石、そして携帯。

彼女が眠りながら、無意識か有意識か携帯を操ったのは、どうもここら辺らしい。

携帯電話に彼女の一部が入り込んだのか、はたまた彼女が携帯になってしまったのか。

まだその時は、手の込んだ悪戯だと思い込もうとした。やろうと思えば出来ない悪戯じゃない。

非通知着信拒否してた奴は、設定ミスか思い違いでもしてたんだろうと。

死んだ人を冒涜してる奴がいるかも、と思うと腹も立った。友人は実際、憔悴し切っていたし。

気まずい気分になり、帰るかという話になった。今日の葬式の携帯については忘れようと。

その時、また携帯が鳴り出した。メールの着信。差出人は非通知。全員一斉に。

『ねえみんな、面白かった?』

冗談にしてはひどすぎると俺が言い掛けたその時、女の子の一人が泣きだした。

電源を切ったのに着信したらしい。

半狂乱の仲間たちをなだめて、帰宅したのは夜遅くなってから。

疲れていたものの眠れるはずもなく、酒を飲んで気を紛らわせていた。

数日後、一通の非通知メールを受信した。非通知着信拒否設定にしていたのに。

以下全文。

○○君、(彼女)です。急な事でびっくりしたと思います。

年々私は生きてる感じがしなくなったので、もう死んでしまうんだろうな、って分かってたよ。

生きていても楽しくなかったし、意地悪な人ばかりで正直煩わしかったし。

嫌いな人を呪い殺してやりたいよね。私にはそれが出来るし。

でも、そうしようとしたら、(彼氏)君や、話を聞いてくれたり慰めてくれた〇〇君や他の人達の顔が浮かんでくるの。

この世に未練なんか残すんじゃなかったよ。

どっちつかずで今も彷徨ってる。

電波に乗ればどこにでも行けるんだよ。すごく便利。

意地悪な人のとこに行って色々してやりたい。でも○○君は賛成しないかな。

困ったことに、どんどんまとまりが無くなってきてる。

そのうち自分が分からなくなるかもしんない。

その前に仕返ししたいなあ。引っ張るだけでいいんだよ。

じゃあ、またね

メールを受け取る前日、俺は携帯のアドレスを変更していた。悪戯はもうこりごりしていたので。

明日になったら、必要最低限の人に新しいメアドを知らせるつもりでいた。

誰も知らない俺のメアドに彼女からのメール。

偶然というより、『私、こんな事出来ちゃうんだよね』というメッセージに思えた。

やっぱり彼女は病んでたと思う。それを自分で持て余してたようだった。

病んだ心で彼女が誰か引っ張らないか、間違えて俺や彼氏の友人を引っ張ったりしないか怯えていたが、今でも生きてるところをみると、彼女は分散してしまったに違いない。

彼女にとっては幸せじゃないかな? あれから誰も死んでいないし。

そのことを思うと泣けてくる。もっと優しく接してやれたのにってな。

そしたら、恨みなんてきれいさっぱり消えたかもしれない。

それから一年くらいして、映画の『着信アリ』を観た。

あんな風にならなくてよかったと思った。

非通知のメールってあるの?

その時は俺もそう思った。だけど実際に届いてみれば、なんだか信じざるを得ないし。

届いた内容について考えたら、かなり些細な事に思えたからな。

非通知着信拒否設定も、電話のみで安心してたのかもしれない。

でも、差出人不明のメールが非通知として届いたのは事実だから、恐かったんだ。うまく説明できないが…。

多分、俺も含めて誰も携帯ショップに相談とか行ってないと思う。

もし悪戯でそんな事出来るなら、これほど酷い話はないわな。

関連記事

医療器具(フリー素材)

謎のカルテ

これは2年前の夏、病院で夜勤中に体験した出来事です。その日、私は夜勤をする救急室にて患者対応をしていました。何台か救急車が入り、その内の1人が当院かかりつけの患者でした…

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…

駅のホーム

勘違い

とある路線の通勤時間帯の上り電車。この線は都心でも通勤時間帯の乗車率がずば抜けて高く、車内はまさにすし詰め状態である。その日は運が悪いことに下り線でトラブルがあり、ただでさえ混…

アケミくるな

僕は運送大手の○川でドライバーをしていました。ある夜、○○工場内(九州内にあります)で作業中、どうにも同僚Sの様子がおかしいことに気が付きました。Sは仕事中だというのに…

小屋の二階

俺がまだ大学生だった頃、サークルの仲間と旅行に行った。メンバーの殆どが貧乏学生だったので、友達に聞いた安い民宿で泊まることにした。民宿のすぐ隣に古い小屋みたいな建物が建…

橋の歩道

四ツ脚

高校生時代、陸上部で短距離走をやっていた俺は、夜学校が閉まってからも練習をする熱心なスポーツマンであった。と言っても学校内に残って練習する訳ではなく、自宅周辺の道路を走るのであ…

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…

柿の成る家(フリー素材)

ジロウさん

23年程前の話。俺の地元は四国山脈の中にある小さな村で、当時も今と変わらず200人くらいの人が住んでいた。谷を村の中心として狭い平地が点在しており、そこに村人の家が密集…

ハサミ

ハサミ女

近所に「ハサミ女」と呼ばれる頭のおかしい女がいた。30歳前後で、髪は長くボサボサ、いつも何かを呟きながら笑っている、この手の人間の雛形的な存在。呼び名の通り常に裁ちバサ…

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…