白い人影

687474703a2f2f736861646f776d616e7669736974732e66696c65732e776f726470726573732e636f6d2f323031302f30392f736861646f772d6d616e2e6a7067

高校生の時に某飲食チェーンでバイトしてたんだけど、その時の社員さんに聞いた話。

その社員さん(Aさん)は、中学生の時に親戚の叔父さんが経営する倉庫で、夏休みを利用してバイトすることになったらしい。

朝の9時から晩の19時までを日給4000円という事で。時給に直すとあほらしいが、中学生当時のAさんにとってこの日給は魅力的だった。

Aさんはそのお金の使い道を考え、わくわくしながら倉庫へ向かったらしい。

でも真夏の倉庫での作業はAさんの想像以上にハードで、昼を過ぎる頃には『叔父さんに謝って帰してもらおう』と思う程だった。

それでも、Aさんはその日給欲しさに必死で働いたらしい。そして、なんとか夕方まで働いた。

時計を見ると18時を少し過ぎた頃。中学生のAさんの体力はとっくに尽き果て、意識朦朧としながら働いていた。

叔父さんはその姿を見て、倉庫の二階で作業するようAに伝えた。

『二階で、空のダンボール箱を潰してくれればいいよ。19時まで待って今日は上がろう』

Aさんは、その叔父さんの言葉に救われた気持ちになった。

早速倉庫の二階へ上がってみた。

Aさんが思っていたより広く、小学校の体育館くらいの広さがあるように思えたらしい。

ちょうど夕陽が差し込んできており、大量の荷物で見通しの悪い倉庫がオレンジ色に染まっていた。

オレンジ色の夕陽の中で、Aさんはひたすら空のダンボール箱を潰していった。

その広い二階には、Aさん以外に人の気配が全くなく、楽な作業に没頭していった。Aさんは、そのうち時間が気になりだした。

『もしかしたら、もう19時を過ぎてるんやないだろうか?』

辺りを見渡しても、時計は無かった。急にそれまでの疲れが出てきて、Aさんは自分で潰したダンボール箱の山に座りこんだ。

『二階に居てるのは俺だけやし、少しくらいいいやろ』

そう思って顔を上げた瞬間、10メートル程先の倉庫から人が覗いてるのが見えた。半身になってこっちを見ている。

既に倉庫の中は薄暗くなっていて、顔までは見えない。でも、真っ白いワンピースの様な格好をしている事は分かった。

Aさんは慌ててダンボール箱を潰す作業を再開した。

『いつから見られてたんやろ? これでバイト代を下げられたら洒落になれへんわ』

Aさんはその人影を他の従業員だと思い、必死でダンボール箱を潰した。

『ちゃんと働いてるところを見てくれてるやろか?』

そう心配になり、Aさんは人影があった方をもう一度振り返ってみた。その瞬間、Aさんの全身に鳥肌が立った。

Aさんの2メートル程先から、さっきの白い人影が半身でAさんを覗いていた。

白い人影は髪が長く、倉庫の暗さもあってその表情は全く見えない。ただ、口だけが異様なまでに速く動いている。

何かを呟いているが、Aさんの位置からでは全く聞き取れない。

Aさんはショックと恐怖で全く身動きが取れなくなった。

白い人影が少しずつAさんの方へ近づいてくる。

Aさんはその人影の、異様に速く動く口から目を離せなくなった。

ぶぶぶ……ごぶぶぶ…ごぶぶぶぶ……ぶぶぶぶ……

Aさんの耳では全く聞き取れないほど早口で喋っている。

少しづつ近づいてくる。

それにつれてAさんにもその声が聞き取れてくるようになった。

ぶぶぶ……けしてぬ……ごぶぶぶ……なわいわぬ……

てぃはや…けしてぬ……いんでは………しね………

そこまで聞き取れた時に、Aさんは気を失ってしまった。叔父さんに起こされた時には、19時を少し過ぎた頃だったらしい。

その後、Aさんはなぜか色盲になってしまい(普通は中学生にもなって発症する事は無いらしい)、流石にトラウマになったらしく大学生になるまで誰にも話せなかったそうだ。

Sデパート

これは警備員のバイトをしていた時に職場の先輩から聞いた話です。都内Sデパートが縦に長い建物である事は、先程述べましたが、当然一人で受け持つ巡回経路は複雑で長いものです。…

アパート(フリー写真)

暗い部屋

大学2年生の冬、住んでいたアパートの契約が切れるところだったので心機一転、引越しをしようと部屋探しをしていた。不動産屋へ行き希望を伝えると、駅から近くて割と綺麗なマンションを紹…

自動販売機

赤いランドセルの少女

私の大学は結構な田舎でして、羽根を伸ばす場所がこれと言ってありません。そういう事情に加え、学生の多くが車を所有していることもあり、必然と連れ立ってドライブに行くことが遊びの一つ…

踏切(フリー素材)

留守電に残された声

偶にニュースで取り上げられる、『携帯電話に夢中で、踏切を気付かずに越えて電車に轢かれてしまう』という事故があるじゃないですか。巻き込まれた本人もさる事ながら、電話の相手も大変で…

胸騒ぎ

小学校のころ、塾の先生に聞いた話です。その先生は現役の大学生で、その大学の友人に妙な体質の人がいたそうです。仮にその友人Aさんとしますが、彼はごくたまにものすごく胸騒ぎ…

駅のホーム

勘違い

とある路線の通勤時間帯の上り電車。この線は都心でも通勤時間帯の乗車率がずば抜けて高く、車内はまさにすし詰め状態である。その日は運が悪いことに下り線でトラブルがあり、ただでさえ混…

砂風呂

昔ね、友達と海に行った時の話なんだけど。砂風呂をやろうとして、あんまり人目が多い場所だとちょっと恥ずかしいから、あんまり人気のない場所で友達に砂かけて埋めてもらったんだ。 …

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…

更衣室のドアノブ

私は初等教育学科で勉強していて、この科は文字通り小学校教諭を目指す人たちが専攻しています。授業の中には『学校給食』やら『体育』やらといったものもあって、私は体育が苦手でした。 …

死刑執行

A受刑者は、大量殺人を犯し、死刑が確定していた。それから数年。今日は、A受刑者の死刑執行日である。目隠しをしたA受刑者は、絞殺台に立たされる。「ガゴン!…