オンラインゲームの恐怖体験

顔文字

一年前の話。友人に誘われて某MMO(オンラインゲーム)を始めた。

それまでネトゲはおろかチャットも未経験だった私は、たまたま大規模ギルドに拾ってもらい、そこの古参プレイヤー数人にプレイやチャットの手ほどきを受けた。

私のキャラはみんなの協力により順調に成長し、いつも楽しくプレイすることができた。

みんな良い人で、初心者だったというのもあってか、私はギルド内でかなり可愛いがられていたと思う。

その古参の中にAがいた。

Aはプレイ歴が長く、レベルもギルド内最高クラスで、普通じゃお目にかかれないレア装備をいくつも所持しており、みんなから一目置かれる存在だった。

Aは私のことをひと際気にかけてくれていたようで、しょっちゅうレベル上げを手伝ってくれたり、もう使わなくなった装備を気前良くくれたりした。

所属していたギルドはみんなの仲が良く、リアルの知り合い同士という人も沢山いて、ゲームをしながらスカイプで会話したり、メールアドレスの交換も頻繁に行われていた。

メンバーの殆どが関東・関西圏に集中しており、北海道の私は一度も参加したことがなかったが、オフ会などもちょくちょく開催されていた。

ネット内コミュニケーションに免疫が全くなかった私は、Aを含む仲の良いメンバー数人とリアルの素性(性別、仕事等)やメールアドレスを教え合っていた。

しかし今思えば携帯番号や詳しい住所まで教えなくて本当に良かったと思う。

Aは関西に住む大学生だった。

その頃になるとゲームにログインしている間中、常にAが絡むようになってきた。

ギルドハントといって、ギルドの仲間数人で狩りをする時はもちろん、たまにソロで遊んでいる時もAからちょくちょく耳打ち(一対一のチャット)が来るようになった。

「○○ハケーン(´・ω・`)」

「今何してるの? 一人ならいってもいい?(´・ω・`)」

「もしかして誰かと一緒?(´・ω・`)」

Aからの耳打ちには常に、(´・ω・`) という顔文字が付いていた。

最初の方こそ律儀に返していたが、ある時別の友達とかなり忙しい狩場に来ていて耳打ちに返信する暇が無く、悪いけど後で返そうと思い返信しなかった。

すると1分もしない間に、耳打ちではなく普通チャット(その画面内にいる誰もが見えるチャット)で

「(´・ω・`)」

かなり遠くの狩場にいたはずのAがすぐ側に来ていた。

仕方なく狩りを中断して、耳打ちを返せなかったことを謝ると、

「いいよ、○○は僕といるよりも他の人といるほうが楽しいんだよね(´・ω・`)」

と言いログアウト。

私唖然。一緒にいた友達ドン引き。

この時から、私に対するAの普通じゃない執着を感じるようになった。

それからというものログインする度、すぐにAからの耳打ちが来た。

「(´・ω・`)」

ゲームには友達登録という機能があり、友達リストに登録している人がログインするとリストの名前が光り、検索をかければどのマップにいるかがすぐ判るようになっている。

Aはこの機能を使って私のログイン状況と、どこにいるかを常に監視するようになった。

私はAの行動が怖くなり、しばらくゲームにログインすること自体控えるようになった。

すると今度は毎日のように携帯にメールが来た。

「どうして最近ログインしないの?(´・ω・`)」

「○○がいないとさみしいよ(´・ω・`)」

「もしかして僕のこと嫌いになったの? 僕はこんなに好きなのに(´・ω・`)」

最初の頃はのらりくらりとかわしていたが、私にも私生活がある。

Aは大学生、私は社会人。

勤務中だろうが休憩中だろうが真夜中だろうが、時間を問わずに受信されるメールにほとほと嫌気が差し、ある日意を決してAにこんなメールを送った。

「私はゲームしている間はみんなと楽しく遊びたいし、Aだけに特別な感情は抱いてない。

真夜中のメールも迷惑になるから控えてほしい」

するとAから、

「(´・ω・`)」

お決まりの返信だった。もううんざりだった。

それ以来、Aとメールのやりとりは無くなり、ゲームにも殆どログインしなくなった。

ログインしなくなって3週間ほど経った頃、ギルド内で仲良くしていたメンバーからメールが来た。

「最近見ないけど忙しいのかな? みんな寂しがってるからたまにはログインしてね^^

そうそう、Aも大学辞めたとかなんとかで忙しいみたいで全然いないんだよねー」

Aが大学を辞めたとの事。

嫌な予感がしたが、その友達には「暇になったらログインするね」とだけ返信し、その事はすぐに忘れた。

私は当時、某資格系スクール講師の仕事をしており、主に無料体験スクールなどのイベントを担当していた。

無料体験を行った日は、最後に受講者にアンケートをお願いしている。

授業の感想や講師の印象、氏名、住所等をウェブ上で入力する簡単なアンケートだ。

アンケートを回収し、結果をデータにまとめるのも仕事の一環であり、その日もいつものようにアンケート結果に目を通していた。

そして…スクロールの手が止まり、目がディスプレイに釘付けになった。

【授業の感想】

(´・ω・`)

【講師の印象】

(´・ω・`)

【氏名】

Aのキャラ名

【住所】

関西

全身の毛が逆立った。受講者の中にAがいたのだ。

確かにAがまだ普通だった(と思っていた)頃、何の気なしに「北海道の一番大きな都市の、駅前にあるPC系資格学校で働いてる」という事を教えたことがある。

恐ろしくなって仕事を早々と切り上げた後、自宅へは帰らずに高速を使って200キロ離れている実家へ非難した。

翌日が休みで助かった。

仲の良かったギルドメンバー数人には事情を話し、ゲームを引退することを告げた。

Aの近況を知るメンバーからの情報によると、Aは北海道で仕事を探しているとのこと。

その後すぐに携帯を変え、結婚のため退職し北海道を離れた。

当時、迂闊に素性を明らかにしていた私にも非があるとは言え、顔も知らないゲームの中だけの付き合いで、そこまで行動できる人間がいるというのが本当に恐ろしかった。

文章にするとあまり怖くないかもしれないが、あのアンケートを発見した時の衝撃は今でも忘れられない。

そして、これ (´・ω・`) が本当に苦手になった。

もう二度とネトゲはやらない。

事件事故

父親が道警勤務で、事件事故は親父の出動の方がニュース速報よりも早い。だから事件事故は「親父の仕事」のイメージが強かったりする。 でも、豊浜トンネルの崩落のときはちょっと違った。 …

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。 その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。 俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

浜辺(フリー写真)

浜辺で踊るモノ

小学四年生の頃に体験した話。 当時親戚が水泳教室を開いていて、そこの夏季合宿のようなものに参加させてもらった。 海辺の民宿に泊まり、海で泳いだり魚を釣ったり山登ったりする。…

木造アパート(フリー写真)

猿ジイ

私が小学生の頃に体験した話。 当時は通学路の途中に、子供達から『猿ジイ』と呼ばれている変なお爺さんが住んでいた。 年中寝間着姿で、登校中の小学生の後ろをブツブツ言いながら、…

学校(フリー背景素材)

お守りばばあ

俺が小学生だった頃、地元に有名な変人の婆さんが居た。渾名は『お守りばばあ』。 お守りばばあは、俺が通っていた小学校の正門前に、夕方頃になるといつも立っていた。 お守りばばあ…

すぐにけせ

すぐにけせ

「すぐにけせ」とは、アトラス社開発のゲーム「真・女神転生II」にまつわる都市伝説。 ゲームを起動すると、本来であればタイトルロゴの後に物語の導入を促すオープニングデモムービーが始…

山(フリー写真)

テンポポ様

俺の地元には奇妙な風習がある。 その行事の行われる山は標高こそ200メートル程度と低いが、一本の腐った締め縄のようなものでお山をぐるりと囲んであった。 女は勿論、例え男であ…

電話ボックス(フリー写真)

電話ボックス

もう十年近く前。そうだな、まだ街のあちこちに電話ボックスがあった頃の話だ。 ある三連休の前の金曜日。俺は大学の仲間としたたかに飲んだ。 深夜1時前、仕上げに屋台のラーメンを…

ピンポンダッシャーズ

昨年の夏の夜、月に2、3回、22時から23頃にピンポンダッシュされてた。 初め怖かったけど実害ないし、窓から見下ろした複数の後ろ姿は中学か高校生ぽくて、いい年してなにやってんだと…

達磨女

海外旅行中、ブティックの試着室に入った妻がいつまで経っても戻ってこない。 不審に思った夫が扉を開けると、そこに妻の姿はなく、持って入った服だけが落ちていた。 現地警察に通報…