心霊ロケ

廃ホテル(フリー写真)

某廃墟ホテルに霊能者を連れて行き、その様子をカメラに収めるという番組があった。

そのホテルは昔、火災が発生し多くの人が亡くなった場所でもあり、

「女性の霊を見た」

「叫び声が聞こえる」

などの噂が絶えない曰く付きの場所でもあったようだ。

ホテルに入ると中はかなり物が散乱しており、かつてここがホテルとして通常に営業していたとは思えないほど、その光景は酷いものであった。

そこから2階、3階へと上がって行くと、不意に霊能者が

「人が叫ぶような声が聞こえる」

と言い出した。

早速カメラを再生してみると、確かにうめき声のようなものが微かに聞こえる。

この声がどうも隣の部屋から聞こえると言うので、その部屋に入ってみる事になった。

部屋の光景は他と同様に散らかっており、かつての面影は無い。

ふと目を向けると大きな窓が付いており、カメラマンが下を見下ろすと、ちょうど見下ろした位置に大きなプールがあった。

取り敢えずホテル内は一通り回ったので、最後にプールに寄ってからロケを終りにしようという事で、全員プールへと向かうことにした。

プールに着いたスタッフは、霊能者に何か感じるかと聞いてみた。

すると指をスッと向け、あそこの部屋から物凄い形相をした男がこちらを見下ろしていると言う。

その霊能者が指を差した方向を見ると、先ほどうめき声が聞こえるというので覗いてみた部屋である。

「もうこれ以上は無理です。これ以上、ここには居たくない。早く帰りましょう」

と怯えた表情の霊能者が言うので、スタッフも了承し、ロケバスへと引き返す事にした。

ホテルを後にした車内で霊能者が恐ろしい話をする。

「私は最初、あの男の霊は我々を見て睨んでいると思った。

でも違うんです。そんな事じゃない。もっと恐ろしい事です。

ホテルの火災は放火によるものです。

部屋が燃え、男が逃げられない状況であると知っている中、犯人は男の目の前で息子を惨殺し、男から見える位置に死体を置いたんです。あのプールに…。

男が我々に見せたあの表情は、死への絶望と、どうすることも出来ない無念によるものです。

男は死んだ後も、永遠にその場面を繰り返し繰り返し見ているんです」

…犯人は未だ逮捕されていない。

関連記事

書斎(フリー写真)

電話を切りなさい

会社の先輩(女性)が学生の頃に体験した話。 学校から帰ってみると、家に誰も居なかった。 先輩は特に気にすることもなく、父親の三畳ほどの広さの書斎にある電話で友達とおしゃべり…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。 というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

キャンプ場

少女のお礼

この話は僕がまだ中学生だった頃、友人の家に泊まりに行った時に聞いた話。 友人と僕が怪談をしていると、友人の親父さんが入って来て、 「お前たち幽霊の存在を信じてるのかい? 俺…

夜のアパート(フリー写真)

リビングの物音

2年程前に体験した話です。 僕は当時、一人暮らしをしていました。 借りていたアパートは1LDKで、リビングとキッチンの両方にテレビがありました。 平日は会社から帰ると…

ドアノブ

ドアノブという単語を見て嫌な体験を思い出した。 少し迷ったが書いてみようと思う。拙い文章だけど興味のある人は読んで欲しい。 以前、とある地方のアパートに住んでいた。霊感とか…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。 主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。 断っておくが、本名ではない。 今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。 雑誌にも2度ほ…

初めて見た霊

俺が中学の時の話。 麻雀を覚えたての頃で、仲の良い友達3人(A・B・C)と学校が終わってはAの家に集まり麻雀をやっていた。 Aの部屋は離れにあり、親などに特にうるさくされず…

トンネル

帰らない友人

うちの近くに、背の高い草が茫々に生い茂った空き地がある。 陽の光が当たり難いだけでなく、元から妙に薄暗いため、非常に不気味な場所だ。 そんな場所は、やはり小中学生には格好の…

旧東海道・関宿の町並み(フリー写真)

布団から聞こえる声

この話は母から聞いた話で、その母も祖母から聞いた話だと言っておりました。 北海道のB町の近くの話。戦前か戦後、この辺りの話だそうです。 ※ この頃は物資が少なく、布団を買うに…