心霊ロケ

廃ホテル(フリー写真)

某廃墟ホテルに霊能者を連れて行き、その様子をカメラに収めるという番組があった。

そのホテルは昔、火災が発生し多くの人が亡くなった場所でもあり、

「女性の霊を見た」

「叫び声が聞こえる」

などの噂が絶えない曰く付きの場所でもあったようだ。

ホテルに入ると中はかなり物が散乱しており、かつてここがホテルとして通常に営業していたとは思えないほど、その光景は酷いものであった。

そこから2階、3階へと上がって行くと、不意に霊能者が

「人が叫ぶような声が聞こえる」

と言い出した。

早速カメラを再生してみると、確かにうめき声のようなものが微かに聞こえる。

この声がどうも隣の部屋から聞こえると言うので、その部屋に入ってみる事になった。

部屋の光景は他と同様に散らかっており、かつての面影は無い。

ふと目を向けると大きな窓が付いており、カメラマンが下を見下ろすと、ちょうど見下ろした位置に大きなプールがあった。

取り敢えずホテル内は一通り回ったので、最後にプールに寄ってからロケを終りにしようという事で、全員プールへと向かうことにした。

プールに着いたスタッフは、霊能者に何か感じるかと聞いてみた。

すると指をスッと向け、あそこの部屋から物凄い形相をした男がこちらを見下ろしていると言う。

その霊能者が指を差した方向を見ると、先ほどうめき声が聞こえるというので覗いてみた部屋である。

「もうこれ以上は無理です。これ以上、ここには居たくない。早く帰りましょう」

と怯えた表情の霊能者が言うので、スタッフも了承し、ロケバスへと引き返す事にした。

ホテルを後にした車内で霊能者が恐ろしい話をする。

「私は最初、あの男の霊は我々を見て睨んでいると思った。

でも違うんです。そんな事じゃない。もっと恐ろしい事です。

ホテルの火災は放火によるものです。

部屋が燃え、男が逃げられない状況であると知っている中、犯人は男の目の前で息子を惨殺し、男から見える位置に死体を置いたんです。あのプールに…。

男が我々に見せたあの表情は、死への絶望と、どうすることも出来ない無念によるものです。

男は死んだ後も、永遠にその場面を繰り返し繰り返し見ているんです」

…犯人は未だ逮捕されていない。

関連記事

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

しがみついて

3年前、家族でI県の海岸にあるキャンプ場に遊びに行った。キャンプ場は崖の上にあり、そこからがけ下まで階段で下りると綺麗な砂浜があった。私達の他にもたくさんキャンプに来てる人がい…

あの時、手を貸していたら…

あれは、私が中学生の時の事でした。塾を終え家路についていた私は、星を見ながらのんびりと自転車を漕いでいました。時間は22時過ぎだったでしょう。家も近くなってきた頃、前の方に自転…

夜の池(フリー写真)

夜釣りでの恐怖体験

友人から聞いた話。彼がヘラブナ釣りに嵌まり始めた頃のこと。夜中に無性に竿が振りたくなり、山奥のため池へ出掛けたのだという。餌の準備をしていると、向こう岸に誰かが…

峠

イキバタ

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。俺はもう卒業したのだが…

白金にまつわる話

知る人ぞ知る港区の白金トンネル。幽霊が出るという有名な場所だ。この間、叔父さんから聞いた話。都内で小さな商店を持ってる叔父さんは、その夜店も終わり、仕事関係の人に持って…

瀬泊まり

小学校の頃、キャンプで夜の肝試しの前に先生がしてくれた怪談。先生は釣りが好きで、土日などよく暗い内に瀬渡しの船に乗り、瀬に降り立って明るくなり始める早朝から釣りをしていたそうな…

横穴

ゆうちゃんとトミー

中学生時代の友達で「ゆうちゃん」という男がいた。彼は直感が優れていて、何かの危険が迫っていると「嫌な感じがする」と呟き、さりげなく回避行動に出られるタイプの男だった。俺…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

なんで逃げちゃったの

これは数年前に友人(仮にAとします)から聞いた話です。その当時Aは高校2年生。そしてそれは夏休みの出来事だった。夜22時頃にAの携帯が突然鳴った。Aの近所に住む中学校か…