心霊ロケ

廃ホテル(フリー写真)

某廃墟ホテルに霊能者を連れて行き、その様子をカメラに収めるという番組があった。

そのホテルは昔、火災が発生し多くの人が亡くなった場所でもあり、

「女性の霊を見た」

「叫び声が聞こえる」

などの噂が絶えない曰く付きの場所でもあったようだ。

ホテルに入ると中はかなり物が散乱しており、かつてここがホテルとして通常に営業していたとは思えないほど、その光景は酷いものであった。

そこから2階、3階へと上がって行くと、不意に霊能者が

「人が叫ぶような声が聞こえる」

と言い出した。

早速カメラを再生してみると、確かにうめき声のようなものが微かに聞こえる。

この声がどうも隣の部屋から聞こえると言うので、その部屋に入ってみる事になった。

部屋の光景は他と同様に散らかっており、かつての面影は無い。

ふと目を向けると大きな窓が付いており、カメラマンが下を見下ろすと、ちょうど見下ろした位置に大きなプールがあった。

取り敢えずホテル内は一通り回ったので、最後にプールに寄ってからロケを終りにしようという事で、全員プールへと向かうことにした。

プールに着いたスタッフは、霊能者に何か感じるかと聞いてみた。

すると指をスッと向け、あそこの部屋から物凄い形相をした男がこちらを見下ろしていると言う。

その霊能者が指を差した方向を見ると、先ほどうめき声が聞こえるというので覗いてみた部屋である。

「もうこれ以上は無理です。これ以上、ここには居たくない。早く帰りましょう」

と怯えた表情の霊能者が言うので、スタッフも了承し、ロケバスへと引き返す事にした。

ホテルを後にした車内で霊能者が恐ろしい話をする。

「私は最初、あの男の霊は我々を見て睨んでいると思った。

でも違うんです。そんな事じゃない。もっと恐ろしい事です。

ホテルの火災は放火によるものです。

部屋が燃え、男が逃げられない状況であると知っている中、犯人は男の目の前で息子を惨殺し、男から見える位置に死体を置いたんです。あのプールに…。

男が我々に見せたあの表情は、死への絶望と、どうすることも出来ない無念によるものです。

男は死んだ後も、永遠にその場面を繰り返し繰り返し見ているんです」

…犯人は未だ逮捕されていない。

爪を食べる女

最近あった喫茶店での話。 普通に時間を潰していたところ、隣のテーブルでなにやら物音。 カリカリカリという音。最初は特に気にもならなかったので本を読んでいたのですが、30分ほ…

変なタクシー

昨日、ひどく恐ろしい体験をしました。 便宜上昨日と言いましたが、実際は日付が変わって本日の午前1時過ぎのこと。 残業のため終電で帰ってきた私は、家の近くまで走っているバスが…

旅館の求人

丁度2年くらい前のことです。旅行に行きたいのでバイトを探してた時の事です。 暑い日が続いていて、汗をかきながら求人を捲っては電話してました。 ところが、何故かどこもかしこも…

死者からの着信

実際の体験談を書きます。友人(H)が自殺をした時の話。 Hとは高校時代からの仲で、凄く良い奴だった。 明るくて楽しい事も言えて、女子には人気が無かったが、男子には絶大なる人…

書斎(フリー写真)

電話を切りなさい

会社の先輩(女性)が学生の頃に体験した話。 学校から帰ってみると、家に誰も居なかった。 先輩は特に気にすることもなく、父親の三畳ほどの広さの書斎にある電話で友達とおしゃべり…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。 H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。 ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。 その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。 特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

暗い部屋(フリー写真)

姉の霊

それは私がまだ中学生の時でした。 当時美術部だった私は、写生会に行った時に、顧問の若い女の先生と話をしていました。 その頃は霊が見えなかった私は、他人の心霊体験に興味津々で…

悪魔の書

中学生の頃、俺は横浜に住んでたんだけど、親父が教会の神父やってたの。 神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。 まあ、俺なんて信心深い方じゃないし、一家…

病室

盛り塩

俺が足を怪我して入院していた時、俺より早くから入院していた奴と仲良くなった。 ある日、消灯後に喫煙所でダベっていると「あ~、部屋帰りたくね~」と言う。 俺と奴は病室が違う。…