心霊ロケ

廃ホテル(フリー写真)

某廃墟ホテルに霊能者を連れて行き、その様子をカメラに収めるという番組があった。

そのホテルは昔、火災が発生し多くの人が亡くなった場所でもあり、

「女性の霊を見た」

「叫び声が聞こえる」

などの噂が絶えない曰く付きの場所でもあったようだ。

ホテルに入ると中はかなり物が散乱しており、かつてここがホテルとして通常に営業していたとは思えないほど、その光景は酷いものであった。

そこから2階、3階へと上がって行くと、不意に霊能者が

「人が叫ぶような声が聞こえる」

と言い出した。

早速カメラを再生してみると、確かにうめき声のようなものが微かに聞こえる。

この声がどうも隣の部屋から聞こえると言うので、その部屋に入ってみる事になった。

部屋の光景は他と同様に散らかっており、かつての面影は無い。

ふと目を向けると大きな窓が付いており、カメラマンが下を見下ろすと、ちょうど見下ろした位置に大きなプールがあった。

取り敢えずホテル内は一通り回ったので、最後にプールに寄ってからロケを終りにしようという事で、全員プールへと向かうことにした。

プールに着いたスタッフは、霊能者に何か感じるかと聞いてみた。

すると指をスッと向け、あそこの部屋から物凄い形相をした男がこちらを見下ろしていると言う。

その霊能者が指を差した方向を見ると、先ほどうめき声が聞こえるというので覗いてみた部屋である。

「もうこれ以上は無理です。これ以上、ここには居たくない。早く帰りましょう」

と怯えた表情の霊能者が言うので、スタッフも了承し、ロケバスへと引き返す事にした。

ホテルを後にした車内で霊能者が恐ろしい話をする。

「私は最初、あの男の霊は我々を見て睨んでいると思った。

でも違うんです。そんな事じゃない。もっと恐ろしい事です。

ホテルの火災は放火によるものです。

部屋が燃え、男が逃げられない状況であると知っている中、犯人は男の目の前で息子を惨殺し、男から見える位置に死体を置いたんです。あのプールに…。

男が我々に見せたあの表情は、死への絶望と、どうすることも出来ない無念によるものです。

男は死んだ後も、永遠にその場面を繰り返し繰り返し見ているんです」

…犯人は未だ逮捕されていない。

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。 中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。 それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

白い女の話

自分は小中高と、全寮制の学校に通っていた。 凄いど田舎で、そこそこ古い学校。文字通り山の中にある。 狸もよく見かけたし、雉もいた。 裏庭に生徒が何人か集まり、許可を取…

踏切(フリー素材)

留守電に残された声

偶にニュースで取り上げられる、『携帯電話に夢中で、踏切を気付かずに越えて電車に轢かれてしまう』という事故があるじゃないですか。 巻き込まれた本人もさる事ながら、電話の相手も大変で…

置いていかないで

友達(A)から聞いた話。 Aは学生時代、友人Bと他県の教習所に通っていた(なぜ他県かというと、県内で免許を取ると学校にばれるから)。 その教習所で、地元の女の子2人組、C子…

い゛れでぇぇ…

友人は最近仕事が忙しく、自宅に帰るのは午前2時~3時になっていたそうです。 この自宅というのは、8階建てのマンションで7階にある部屋です。 いつものように、帰りが2時を過ぎ…

ゴールの写真

小学生の時に聞いた実話。 ある一人の少年がマラソン大会に出場したんだが、心臓が悪いため速く走ることが出来なかった。 最後尾になりながらも、少年は諦めずに頑張って走った。 …

最後の疑問

最近友人は 2ヶ月間タイに行ってきた。 まあ、日本円で千円も出せば一泊できるような安宿に泊まったらしい。 どこの国でもそうなのかも知れないが、やはり日本人旅行者は狙われる。…

おかあさんといっしょの都市伝説 – 2 –

『おかあさんといっしょ』は50年以上続く子ども向けの教育番組だ。 歴史が長いだけに、都市伝説も数多く存在する。今回はその一つをご紹介しよう。 1993年より体操のお兄さんと…

峠

イキバタ

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。 現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。 俺はもう卒業したのだが…

不思議な手紙と異常な部屋

去年の暮れ、会社に一通の手紙が届いた。 編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。 中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲…