心霊ロケ

廃ホテル(フリー写真)

某廃墟ホテルに霊能者を連れて行き、その様子をカメラに収めるという番組があった。

そのホテルは昔、火災が発生し多くの人が亡くなった場所でもあり、

「女性の霊を見た」

「叫び声が聞こえる」

などの噂が絶えない曰く付きの場所でもあったようだ。

ホテルに入ると中はかなり物が散乱しており、かつてここがホテルとして通常に営業していたとは思えないほど、その光景は酷いものであった。

そこから2階、3階へと上がって行くと、不意に霊能者が

「人が叫ぶような声が聞こえる」

と言い出した。

早速カメラを再生してみると、確かにうめき声のようなものが微かに聞こえる。

この声がどうも隣の部屋から聞こえると言うので、その部屋に入ってみる事になった。

部屋の光景は他と同様に散らかっており、かつての面影は無い。

ふと目を向けると大きな窓が付いており、カメラマンが下を見下ろすと、ちょうど見下ろした位置に大きなプールがあった。

取り敢えずホテル内は一通り回ったので、最後にプールに寄ってからロケを終りにしようという事で、全員プールへと向かうことにした。

プールに着いたスタッフは、霊能者に何か感じるかと聞いてみた。

すると指をスッと向け、あそこの部屋から物凄い形相をした男がこちらを見下ろしていると言う。

その霊能者が指を差した方向を見ると、先ほどうめき声が聞こえるというので覗いてみた部屋である。

「もうこれ以上は無理です。これ以上、ここには居たくない。早く帰りましょう」

と怯えた表情の霊能者が言うので、スタッフも了承し、ロケバスへと引き返す事にした。

ホテルを後にした車内で霊能者が恐ろしい話をする。

「私は最初、あの男の霊は我々を見て睨んでいると思った。

でも違うんです。そんな事じゃない。もっと恐ろしい事です。

ホテルの火災は放火によるものです。

部屋が燃え、男が逃げられない状況であると知っている中、犯人は男の目の前で息子を惨殺し、男から見える位置に死体を置いたんです。あのプールに…。

男が我々に見せたあの表情は、死への絶望と、どうすることも出来ない無念によるものです。

男は死んだ後も、永遠にその場面を繰り返し繰り返し見ているんです」

…犯人は未だ逮捕されていない。

関連記事

田舎の夜(フリー素材)

鏡に写る幽霊

僕は現在、建築関係の仕事をしています。主にシステムバスの施工職人をしていて、大体一日で作業を終了しないといけないため、夜遅くまで仕事をすることが多々あります。これは僕が…

ハイハイ

学生の頃、バイト先の店長から聞いた体験談です。ある日、店長が友人数人と居酒屋で飲んでいた時のこと。みんな程よく酔いが回ってきた頃、一人だけ酔い潰れていた人がいました。 …

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

零の開発中に起きた怪奇現象

これまでホラーゲーム『零』シリーズは、絶対お祓いをしないというディレクターの柴田の信念がありました。本当に恐いことが起こるゲームとしては、逆にお祓いをしては恐怖を逃すことになる…

襖をひっかく音

僕の親友の小学校時分の話。今から二十年も前のある日。両親が共働きだった彼は、学校から帰ると一人、居間でテレビを見ていた。しばらくすると玄関の引き戸が開く音がするので、母…

赤ちゃんの人形

公園で友達と喋っていて、小便がしたくなったから、ちょっと離れた公園内のトイレに行った。『何やら線香くさいなぁ…』と思いながら用を足してトイレから出たら、上下スウェットで髪はぼさ…

不気味な唄

何かの雑誌の投稿で読んだ話で、もう随分前のことです。まだMDすらなく、CDからカセットへ録音してウォークマンで聴いていた頃の話です。その女性(Aさん)は当時中学生くらい…

爺ちゃんとの秘密

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、話せるようになってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。正直生きている者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなか…

集合住宅(フリー素材)

知らない部屋

私が小学校に上がる前の話。当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。 ※ ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸…

林(フリー写真)

墓地に居た女性

霊感ゼロのはずの嫁が、5歳の頃に体験した話。嫁の実家の墓はえらい沢山ある上に、あまり区画整理がされておらず、古い墓が寺の本堂側や林の中などにもある。今は多少綺麗に並んで…