いつも

公衆トイレ

高校生の時、俺は腸が弱かった。故に学校に行く時は少し早く出て、途中の汚い公衆便所で用を足す事が多かった。

その公衆便所は駅を降りて、通学路からは少し外れた所にある森の中にある。

そして、必ず一番手前のドアが閉まっていた。

無論その中にはいつもちゃんとした「人間」が居るのは知っていた。

くしゃみや咳、新聞を広げる音などがしていたからだ。

しかしそれを気にしている暇もなく、学校に遅れないように大量の○ンコをすることで精一杯だった。

いつも同じ場所で、俺が行った時にいつも用を足している人間が居る事を、まだその時は不自然には思わなかった。

まあ、そういう奴もいるだろうくらいに思っていた。

朝に家を出て、電車の中で腹が痛くなり、その公衆便所で用を足し、学校へ行く。

そんなサイクルが一年以上続いた高校二年のある日、やはり朝に腹が痛くなり、例の便所へ駆け込んだ。

そしていつものように閉まっている手前の個室を通り過ぎ、用を足し終わった。その時、その個室から声がした。

「いいですね…いつもお腹の調子良さそうで」

学生とは言えないが、若そうな声。

一年以上俺と同じタイミングで用を足していた、そいつの声を初めて聞いた。

だが「いつも」とはどういう事か?

取り敢えず「え、あ、まあ…」としか返事を返せなかった。

そして次に奴が言った、不気味な言葉。

「私なんかね、もうね、ずっとお腹の調子悪いんですよ。ほんとに。

出てないんですよ、ずっと。私ね、この場所から全然出てないんですよ。

ほんとに。お腹の調子、悪いからね、出れないんですよ」

手を洗いたかったが、これ以上無い寒気に負け、早足でその場を出た。心臓がバクバクと鳴っていた。

後ろを振り向く事は絶対に出来なかった。

「いつも」という言葉。

個室から出ていないのに、なぜ俺が「いつも」用を足している事を知っているのか。

そして「この場所からずっと出ていない」という言葉。

一年以上、奴はずっとあの場所に居たのか…?

考えれば考える程、訳が解らなくなった。

その日からはいくら腹が痛くても我慢して学校まで耐えるか、遅刻覚悟で家で用を足して行くかにした。

奴が人間だったのか判らないが、これ程に不気味なことは無かった。

関連記事

鯉の池

けもの

俺のじいちゃん家は結構な田舎にあり、子供の頃はよく遊びに行っていた。じいちゃんは地元の名士とでも言うのかな、土地を無駄に一杯持っていて、それの運用だけで結構稼いでいたらしい。 …

ヤマノケ

一週間前の話。娘を連れてドライブに行った。なんてことない山道を進んで行って、途中のドライブインで飯食って。で、娘を怖がらそうと思って舗装されてない山道に入り込んだ。「や…

蛇

ナール・ナーシュ

これは現在進行中の話。一応自己責任系に入るかもしれないので、読む方はその点ご了承の上でお願いします。7~8年前、自分はパワーストーンに嵌っていて、色々集めていました。集…

山小屋(フリー画像)

けんけん婆あ

子供の頃は近くの山が遊び場で、毎日のように近所の同世代の友だちと一緒にそこで遊んでいた。この山の通常ルートとは別の、獣道や藪を突っ切った先には謎の廃屋があり、俺たちにしてみれば…

お化け煙突

数年前の事ですが、私の職場にKさんという人が転勤してきました。Kさんは、私と同じ社員寮に住むことになったのですが、しばらくして、私と雑談している時に「寮の窓から見える高…

玄関(フリー写真)

住職さんへの相談

友達の母さんが運転中、前の車にぶつけてしまった。保険屋を通しての賠償は勿論、直接相手の元へ出向いたりと誠心誠意、謝罪をした。しかし、このぶつけてしまった相手というのがね…

アパート(フリー写真)

住人の目

一昨年まで住んでいたアパートの話。引っ越しをしようと決め、物件探しをしている時、「ちょっとした縁で安く出来るから」と、そのアパートを不動産会社から紹介された。 …

田んぼ

蛇田

自分の住んでいる所は田舎の中核都市。田んぼは無くなっていくけど家はあまり建たず、人口は増えも減りもせず、郊外に大型店は出来るものの駅前の小売店は軒並みシャッターを閉めているよう…

長袖の下に

小学校の時に転校してきた奴で、少し変わった奴がいた。家はやや貧乏そうで、親父さんがいないみたいだった。お袋さんは2、3回見たことがあるけど優しそうで普通に明るい人だった…

田舎(フリー素材)

ワラズマ

子供の頃に変なものを見た。遠縁で実際は血が繋がっていないんだけど親同士の仲が良いので、俺は夏休みになると毎年○家に何泊かしていた。俺はその頃4歳くらいだった。 ※ …