ふたりの父親

multiple_personality

4~5歳くらいまで、父親が2人いた。

それも、浮気とかじゃなくて、同じ父親が2人。

意味が分からないと思うけど、顔形は全く同じなのに目つきだけが異様な感じがする、とにかくこの世のものとは思えない存在だった。

どういうときに “そいつ” が来たのかは覚えていないが、いつもの父親と同じように家に帰って来てた。

でも、俺も母親も “そいつ” が父親じゃないということは肌で感じており、玄関の前に来たときから震えていた記憶がある。

そして、“そいつ” は家の中に入ると決まって家具や皿を滅茶苦茶に荒らすんだよ。

俺は恐くて目をずっと瞑ってるんだが、耳には母親の「やめて!」という声が今でもこびりついている。

断言できるが、俺の父親は優しい人で、そんなことをする人ではない。

でも、顔が同じで、性格が全く逆のもう1人の “そいつ” は確かにいた。

今、そのことを親に言っても「そんなことはなかった」しか言われない。

恐怖はいつも父親が仕事から帰ってくる時から始まっていた。

大体本来のやさしい父親が帰ってくるのだが、たまに “そいつ” が帰ってきてた。

今になって家族に訊いても、暴れていた事実自体がないという。

それでも気になって、親に問い質してみました。

・父親が暴れていたか
・あの頃浮気していたのか
・父親は精神病なのか
・俺は精神病なのか

何を訊いても「そんなことはない」しか言わなかったので、こっちも強く出ようとしたところ、兄に制止されました。

しかし、その後で兄から真相を聞くことができました。

あの頃、確かに家内で暴れていた時期があるということです。

ただ兄が言うには、

「あのとき暴れていたのは、母さんの方だぞ」

とのことでした。

今は恐くて母親に話しかけられません。

アパート

宗教団体のアパート

小学生の頃、友人にMちゃんという子がいた。 Mちゃんの両親(特に母親)は宗教好きで、よく解らないけど色々やっていたようだった。 家に遊びに行くと、絵の得意だった自分に半紙を…

わたしはここにいるよ

俺が小学生の頃の話。 俺が住んでいた町に廃墟があった。 2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。 ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボ…

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。 その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。 午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…

病院(フリー背景素材)

宿直のバイト

数年前、大学生だった俺は、先輩の紹介で小さな診療所で宿直のバイトをしていた。 業務は見廻り一回と電話番。後は何をしても自由という、夢のようなバイトだった。 診療所は三階建て…

一つの村が消えた話をする

俺はある山奥の村で生まれ育った。 人口は百人程度、村に学校は無かったから、町の小中学校まで通って行っていた。 村人の殆どは中年の大人や高齢の方で、一部の高校生や大学生の人達…

駅(フリー写真)

ホームの下の窪み

京王線は現在、全駅禁煙になっていますが、まだ禁煙になっていなかった頃の話です。 当時、府中駅の近くで働いていて、残業やら何やらで終電に乗る事になったんですよ。 喫煙場所でタ…

コインロッカーベイビー

東京で一人暮らしをしている女性がいた。 彼女はある時、誰の子とも分からない子供を身ごもったのだが、育てることができそうになかったので、自宅でひっそりと子供を生み、そのまま東京駅の…

B型肝炎

薬害エイズ。 国は非加熱製剤が危険であることは、それを禁止する10年近くも前から知っていた。 非加熱製剤が危険であると知ってから1年後、アメリカの会社が日本の厚生省に安全な…

ホテル(フリー素材)

記憶の中の友人

結婚式の衣装合わせで、某有名ホテルに行った時の事。 ロビーで偶然、中学時代の同級生に会った。 昔は凄く痩せていて病弱で、暗い女の子という印象だったが、今ではふっくらと普通の…

公衆電話

公衆電話が呼ぶ

突然だが、僕は電話が苦手だ。 それは電話が面倒だとか、メールの方が楽だとかそういうことではない。 電話が掛かってくる度にギュウッと心臓が掴まれたようになる。 ※ とある…