ふたりの父親

multiple_personality

4~5歳くらいまで、父親が2人いた。

それも、浮気とかじゃなくて、同じ父親が2人。

意味が分からないと思うけど、顔形は全く同じなのに目つきだけが異様な感じがする、とにかくこの世のものとは思えない存在だった。

どういうときに “そいつ” が来たのかは覚えていないが、いつもの父親と同じように家に帰って来てた。

でも、俺も母親も “そいつ” が父親じゃないということは肌で感じており、玄関の前に来たときから震えていた記憶がある。

そして、“そいつ” は家の中に入ると決まって家具や皿を滅茶苦茶に荒らすんだよ。

俺は恐くて目をずっと瞑ってるんだが、耳には母親の「やめて!」という声が今でもこびりついている。

断言できるが、俺の父親は優しい人で、そんなことをする人ではない。

でも、顔が同じで、性格が全く逆のもう1人の “そいつ” は確かにいた。

今、そのことを親に言っても「そんなことはなかった」しか言われない。

恐怖はいつも父親が仕事から帰ってくる時から始まっていた。

大体本来のやさしい父親が帰ってくるのだが、たまに “そいつ” が帰ってきてた。

今になって家族に訊いても、暴れていた事実自体がないという。

それでも気になって、親に問い質してみました。

・父親が暴れていたか
・あの頃浮気していたのか
・父親は精神病なのか
・俺は精神病なのか

何を訊いても「そんなことはない」しか言わなかったので、こっちも強く出ようとしたところ、兄に制止されました。

しかし、その後で兄から真相を聞くことができました。

あの頃、確かに家内で暴れていた時期があるということです。

ただ兄が言うには、

「あのとき暴れていたのは、母さんの方だぞ」

とのことでした。

今は恐くて母親に話しかけられません。

関連記事

旅館(フリー写真)

旅館での恐怖体験

甲府方面にある旅館に泊まった時の話。俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっと経った時に、記念にと思い電車で旅行をした時の事。特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所…

裏山

危険な好奇心(中編)

山を降り、俺達は駅前の交番へ急いだ。『このカメラに納められた写真を見せれば、五寸釘の女は捕まる。俺達は助かる』その一心だけで走った。途中でカメラ屋に寄り現像を依…

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

霧の出た山(フリー写真)

首狩地蔵

私の母が通っていた中学校の近くには『首狩地蔵』と呼ばれるお地蔵様があるそうです。そのお地蔵様は藪の奥まった所にあって、近付くと祟りがあると言われているそうです。実際、お…

白い人影

高校生の時に某飲食チェーンでバイトしてたんだけど、その時の社員さんに聞いた話。その社員さん(Aさん)は、中学生の時に親戚の叔父さんが経営する倉庫で、夏休みを利用してバイトするこ…

お嬢さんは地獄に落ちました

ある病院に、残り3ヶ月の命と診断されている女の子がいました。友達が2人お見舞いに来た時に、その子のお母さんは、まだその子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろうと思い…

むかえにきたよ

私は高校時代、電車通学をしていました。利用していたのは、一時間に一本ペース、駅の9割が無人駅という超ド田舎の私鉄です。二年に上がった春、私が乗る駅で若い親子の飛び降り事…

田舎の風景(フリー写真)

犬の幽霊

あれは小学6年生の頃、夏の盛りだった。僕は母方の田舎に一人で泊まりに来ていた。田舎のため夜はすることがなく、晩飯を食った後はとっとと寝るのが日課になっていた。 ※ …

ゆかりちゃん

ゆかりちゃんという女の子がいた。ゆかりちゃんは、お父さん、お母さんと3人で幸せに暮らしていた。しかし、ゆかりちゃんが小学校5年生の時に、お父さんが事故で亡くなってしまった。 …

指輪(フリー素材)

指輪

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。実は学生時代の話はもう一つあり、それについて最近判ったことがあったので投稿します。 …