ふたりの父親

multiple_personality

4~5歳くらいまで、父親が2人いた。

それも、浮気とかじゃなくて、同じ父親が2人。

意味が分からないと思うけど、顔形は全く同じなのに目つきだけが異様な感じがする、とにかくこの世のものとは思えない存在だった。

どういうときに “そいつ” が来たのかは覚えていないが、いつもの父親と同じように家に帰って来てた。

でも、俺も母親も “そいつ” が父親じゃないということは肌で感じており、玄関の前に来たときから震えていた記憶がある。

そして、“そいつ” は家の中に入ると決まって家具や皿を滅茶苦茶に荒らすんだよ。

俺は恐くて目をずっと瞑ってるんだが、耳には母親の「やめて!」という声が今でもこびりついている。

断言できるが、俺の父親は優しい人で、そんなことをする人ではない。

でも、顔が同じで、性格が全く逆のもう1人の “そいつ” は確かにいた。

今、そのことを親に言っても「そんなことはなかった」しか言われない。

恐怖はいつも父親が仕事から帰ってくる時から始まっていた。

大体本来のやさしい父親が帰ってくるのだが、たまに “そいつ” が帰ってきてた。

今になって家族に訊いても、暴れていた事実自体がないという。

それでも気になって、親に問い質してみました。

・父親が暴れていたか
・あの頃浮気していたのか
・父親は精神病なのか
・俺は精神病なのか

何を訊いても「そんなことはない」しか言わなかったので、こっちも強く出ようとしたところ、兄に制止されました。

しかし、その後で兄から真相を聞くことができました。

あの頃、確かに家内で暴れていた時期があるということです。

ただ兄が言うには、

「あのとき暴れていたのは、母さんの方だぞ」

とのことでした。

今は恐くて母親に話しかけられません。

関連記事

祖父の箱

旅先で聞いた話。 伐り倒した木を埋めておくと、稀に芯まで真っ黒になることがある。 そんな埋木を使って特殊な方法で箱を作ると、中に女子が育つそうだ。 ただし、箱を開ける…

峠の道

道連れ

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。 仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。 A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの…

ヒッチハイク(長編)

今から7年ほど前の話になる。 俺は大学を卒業したものの、就職も決まっていない有様だった。昔から追い詰められないと動かないタイプで、「まぁ何とかなるだろう」とお気楽に自分に言い聞か…

ドアノブ

奇妙なセミナー

これは私が幼稚園の年長から小学校低学年の頃に体験した話です。 幼稚園年長の頃のある夜、母にそっと起こされ、着替えをさせられて車に乗せられた。 車は見た事もないような暗い裏道…

高過ぎる電気代

ある新婚夫婦がマイホームを購入するため不動産屋を訪ねた。 その夫婦は、少し古いが希望に合う物件を見つけることが出来た。 そこは古い和風屋敷の一軒家。値段の割には良い物件。 …

運転注意

先日、父親が知り合いを近所の病院へ車で送った時の話。 その病院は市の中心部から少し離れたところにあり、ちょっとばかり丘の上にある戦時中からある大きな病院。 入り口まで着き、…

田舎の村

十九地蔵

俺の家は広島の田舎なのだが、なぜか隣村と仲が悪い。俺の村をA村、隣村をB村としよう。 不思議な事になぜ仲が悪いのかは不明だ。A村の住人に聞いてもB村の住人に聞いても明確な理由は判…

神社の鳥居(フリー写真)

隠しごと

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは、去年の暮れからだ。 顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやす時の格好だ。 駅の雑踏のように絶えず人が動いて…

病院の老婆

一年程前の話です。当時、私はとある病院で働いていました。 と言っても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているので、リハビリ科の方でアセスメントやケアプランを作ったり、サービス…

炎(フリー写真)

呪い人形

呪いの藁人形をご存知ですか? それに関する話です。 私は仕事柄転勤が多く、各地を転々としていました。 時にはアパート、時には貸家。 私が山口の萩という所に転勤に…