ゲシュタルト崩壊

公開日: 世界の謎 | 怖い話

4746ec50

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい。

鏡に映った自分を見ながら「お前は誰だ」と言ってみてください。

いえ、お化けとか幽霊だとかそういう類のモノではないんです。

鏡に映った自分の眼を見ながら「お前は誰だ」と言ってみてください。

何か不安感というか、奇妙な感覚に囚われるかと思います。

大戦中、ナチスがユダヤ人に行なった実験に、人格をコントロールすることを目的とした次のようなものがありました。

1日に数回、被験者を鏡の前に立たせて、鏡の向こうの自分に話し掛けさせ(例えば『お前は誰だ』と言わせ)精神の変化を観察記録していったそうです。

実験開始後10日間経過したころには異変が見られ始めた。判断力が鈍り、物事が正確に把握できなくなり、そして3ヶ月経った頃にはすっかり自我崩壊し“自分が誰だか分からなく”なって狂ってしまった。「ゲシュタルト崩壊」とは心理学における概念のひとつで、全体性を持ったまとまりのある構造(たとえば「私」)から全体性が失われ、個々の構成部分にバラバラに切り離してしまう現象を指す。

…というのを以前ネットで見たんですが、当事、好奇心旺盛だった友人と僕は「ウソくせー 試しにやってみようぜ」という事になった。

その日、自宅の姿見の自分に向かって「お前は誰だ」と言ってみた。

夜中、閉めきった部屋だったので不気味極まりないのですが、テンション上がってたので怖くはなかったです。

しかしすぐに気分が悪くなり 吐き気を催し、やっぱヤバいなと思って私はやめた。

次の日友人Aに、怖くてちょっとしか出来なかったことを話すと、

「うわ、ダッセー あんなもん怖くもなんもねぇよ」

と馬鹿にされました。

そして2人の間でこの話題はここで終わったのです。

しばらく経って鏡の話など忘れてしまった頃、Aがしばしば学校を休むようになった。登校している時に何かあったのかと聞いてみたが

「ん…、何でもない」

と、どこか上の空のような感じでした。

それから数日後、夜中、急にAから電話がかかってきた。そして受話するや否やいきなりAが、

「俺ってオレだよな? 俺って、相田(Aの本名)だよな?だよな?」

と変な事を聞いてきた。

僕が

「何おかしな事言ってんだよ、お前は相田だろ」

と答えてやると、

「そっか…、そう…だよな。」と。Aは少し落ち着いた様子でこう続けた。

「実はさ、あの後も 何度か鏡に向かってやってたんだ。いや、別にナルシストなわけじゃないんだけども鏡の自分に話し掛けてると不思議と気分が良かったんだ。何かどんどん自分が自分じゃ無くなっていく感覚が気持ちいいんだ」

おいおいヤバいだろそれは…。私はすぐに止めるようにAに言ったのですが、

「いいんだ、いや、大丈夫だから、これでいいんだ。だいじょうぶ、だいじょうぶ、だいじょうぶ、だいじょうぶ、だいじょうぶ」

と壊れたレコードみたいに繰り返し、私が「おい!」と言った瞬間電話を切ってしまった。

心配になってもう1度電話をかけてみたがなかなか出ない。

12回コールしたところでやっと電話に出たAは一言こう言った。

「お前…誰だ?」

知っているAの声ではなかった。そのまま電話は切れててしまい、それから二度と電話は繋がらなかった。

そしてAは全く学校に姿を見せなくなった

後日、全く連絡のつかないのを不安に思ったAの親がAの下宿先に行ったところ、Aの奴すっかり頭が狂ってて、親の顔も認識できなくなってて、唖然とする両親を尻目にヘラヘラ笑いながら洗面所の鏡に向かってずっと話し掛けてたそうな。

勿論、鏡に映った自分とである。

その後Aは実家に連れ戻され地方の病院に入院したので詳しいことは分かりませんが、人伝に聞いた話によると今では精神状態も大分良くなったそうな。

ただ、Aの病室には自分が映る鏡や鏡面の金属製の物は一切置いてないのだと。

私もまさか、短時間であんなにおかしくなるのとは思わなかった。

この実験には続きがあって、ある被験者を普通の鏡だけでなく合わせ鏡で行なったところ、通常の倍の速度で精神に変調が見られたそうだ。

そう、Aの洗面所の鏡は三面鏡だったんです。

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい。鏡に映った自分の眼を見ながら「お前は誰だ」と言ってみてください。

何か不安感というか、奇妙な感覚に囚われるかと思います。

暗示にかかりやすい人は、お手軽かつ簡単に狂うことができるので絶対に継続してやらないで下さいね。

最近、顔を洗って鏡を見たら知らない女が映ってた。女はこっちを見てすごい顔で笑ってました。でもよく見たら自分の顔だったって事が良くあるんです。

私って私ですよね?

関連記事

火柱

人型焼き

ある夏の日の話をしようと思う。その日は、前々から行くつもりだった近場の神社を訪ねた。俺には少々オカルト趣味があり、変な話や不思議な物等が大好物だった。この日も、…

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。それまで祖母とは小さな漁師…

千仏供養(長編)

大学一回生の春。僕は思いもよらないアウトドアな日々を送っていた。それは僕を連れ回した人が、家でじっとしてられない性質だったからに他ならない。中でも特に山にはよく入った。うんざり…

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…

高過ぎる電気代

ある新婚夫婦がマイホームを購入するため不動産屋を訪ねた。その夫婦は、少し古いが希望に合う物件を見つけることが出来た。そこは古い和風屋敷の一軒家。値段の割には良い物件。 …

ウェンディゴ憑き

ウェンディゴは、カナダ南部からアメリカ北端のインディアンたちに伝わる精霊の呼び名。地方によって多くの呼び名がある。若しくは、北アメリカのオジブワ族やアルゴンキン語族系インディア…

未来の夫

ある少女が、将来の結婚相手が分かると言う占いを実践してみることにした。その占いとは、真夜中の0時、口に剃刀を咥え、水を張った洗面器の中を覗き込むと、そこに結婚相手の顔が映るとい…

山(フリー素材)

人喰い寺

ある山中に、周りと異なって木が生えていない、少し開けた場所があります。昔はそこにあるお寺が建っていたそうです。その山は山菜が豊富に自生していて、地元の人は秋の実りの恩恵…

ひとつ作り話をするよ

今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを…

白いソアラ

群馬県の国道沿いにある中古車販売店に、白いソアラが数万円という破格の安値で展示されていた。有名な高級車の一つであるソアラがこの価格で手に入るとなれば、当然誰かが買っていきその車…