白く光る顔

公開日: 心霊体験

星空の下(フリー写真)

数年前、とある湖畔で朝釣りのためにキャンプをしていた時のこと。

夜中の焚き火中に、

「たすけてえええ!だれかあ!」

と女性の声が湖の方から聞こえて来て、そちらに目をやると女性が溺れていた。

びっくりしたと同時に、助けなきゃと思い立ち上がると、連れが

「お前、何する気だよ!」と引き留めた。

「助けなきゃ」と言い返したら、

「お前、ちょっと冷静になってよく見てみろ!ここから離れていて真っ暗なのに、何で顔がはっきり見えているんだよ!」と言う。

改めて見ると、水の中でばしゃばしゃ藻掻くこともやめ、じっとこちらを見ている。

足が立つ場所ではないし、暗闇のはずなのに、白く光っていて顔の造作まではっきり分かる。

焚き火は埋み火だったから、こちらの光が届く訳も無い。

ぞっとして、言うまでもなく即刻撤収。

そちらを見ないようにして撤収作業をしていたのだけど、その間もずっと視線を感じていた。

薄暗い校舎の廊下(フリー写真)

入れ替わった鬼

あまりにも不思議で、背筋が寒くなった話。 当時、中学3年生だった私。師匠というあだ名の女の子と仲が良くて、よく一緒に騒いでいた。 あれは確か冬の雨の日のことだった。 …

バンザイ

何年か前、仕事の関係でマレー方面へ行った時の話だ。 その日、仕事も一段落したので近くにある大きな公園で一休みをしていた。 公園と言っても遊具は無く、ただ異常に広い原っぱが広…

きまり

平成10年9月10日、O県H市にある廃虚に肝試しに行ったのが ”こと” の始まりだった。見なかったことにしようというのがいけなかった…。 当時、私とA、Bの私達3人はドライブがて…

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。 季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。 初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

親子の会話

僕の家から会社までは、小さな私鉄の電車で約30分です。 都会では考えられないでしょうが、行きも帰りもほとんど座って通勤しています。 その電車で帰宅途中、無気味な出来事を体験…

子供の手(フリー写真)

帰って来た子供

町の外れに、ある夫婦が住んでいました。 その夫婦にはまだ幼い子供が居ました。 ※ ある日の事です。 外で遊んでいた子供が、泣きながら家に帰って来ました。 母親が心…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。 季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。 約束の…

自衛隊での体験談

ちょっと専門用語が多いので分かり難いかもしれない。 高校卒業後すぐに自衛隊に入隊した俺だったんだが、7月の後期教育のある日、駐屯地にある小さい資料館の掃除があったんだ。 班…

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。 土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

自動販売機

赤いランドセルの少女

私の大学は結構な田舎でして、羽根を伸ばす場所がこれと言ってありません。 そういう事情に加え、学生の多くが車を所有していることもあり、必然と連れ立ってドライブに行くことが遊びの一つ…