桜の精

公開日: 不思議な体験

夜桜(フリー写真)

うちのおかんの話。

当時おかんは6人兄弟(男3人、女3人)の長男の嫁として嫁いで来た。

長男の弟妹はまだみんな学生で、謂わば小姑的存在。

かなりの貧乏で、姑とお舅との折り合いも悪く、特にお舅は

「パチンコ代が無いから子供の学費をよこせ」

と言うような無茶苦茶な人で、旦那(つまり俺の親)の庇い立ても一切無い。寧ろ一緒になっていびられた。

畑仕事で毎日こき使われ、姑と旦那が悪口を言い触らしてくれているので、近所や旦那の親戚周りの評価と言えば奴隷か何か。嘲笑の的だ。

味方も無く金も無い。

毎日が針のむしろだったおかんはある日、赤子だった俺を抱いて自殺を決意したそうな。

家を抜け出し、春の夜中にとぼとぼと歩き続けて、いつの間にか地域では有名な古い桜の木の下へ。

これが見事な桜でね、盆栽の松のような見事な枝ぶりで…。

住人の思い出や記念の場所として、とても愛された木だったんだよ。

おかんも事ある毎に、その桜のある場所に行っていたらしい。

その桜がまた満開でね、月明かりに桜がはらはら散るんだよ。

街灯の無い時代に、その桜の白い花びらがぼんやり見えるのがまた綺麗で、

「もうこれで見納めやなぁ。あんたにどれだけ慰められたか…今までありがとう」

と泣きながら桜に話し掛けたら、ふと背後から

「こんばんわ」

と声を掛けられた。

振り向いたら、笑顔いっぱいの四角い顔をしたおじいさんが居たそうな。

真夜中。おかんの手には赤ん坊。懐中電灯も持っていないおじいさんが暗がりで笑顔。

普通だったら恐怖だよ、女だし。これから自殺するというのに変だけど。

でも不思議と恐怖という感情が湧かなかったそうな。

それで、その見知らぬおじいさんに

「子供が風邪ひくわ。はよ帰り」

と言われて、腕の中を見て帰らなきゃと思ったらしい。

心中しようとした人間が、これから殺す子の風邪を気にするなんて変だ。

おじいさんの肩を横切ったところで、おかんもそのことに気付いたらしい。

それで振り返ったら、笑顔のおじいさんが居ないの。桜の木があるだけ。

ちなみに、おじいさんは死んだ曽祖父(写真が飾ってある)でもなければ、地域住人でもない。

今はその桜の木も、住人の反対の声も空しく工事の関係で切られたけど。

桜の精というのかな? あるんだな、こういうの。おかげで俺、生きてるし。

以上、おかんの昔話でした。

関連記事

油絵の具(フリー素材)

風景画の中の女性

心霊写真の話はよく聞くけど、風景画に霊が入り込む事もあるのだろうか。定年退職後の祖父の趣味は油絵だった。描いているものは人物画だったり、風景画だったり、祭事を描いたりと…

四国のホテル

怖くないかもしれないけど、俺が昔体験した話。子供の頃、四国に家族旅行へ行った時、泊まっていたホテルで黒い着物姿の女に手招きされる夢を見た。夢の中で、俺はふらふらと抵抗す…

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…

雪に覆われた山(フリー写真)

雪を踏む足音

初雪の山は登ってはいけない。そういう話を仲間内でよく聞いていたが、単に滑りやすくなるからだろうと軽く捉えていた知り合いは、命の危険に晒された。彼は登山歴3年くらいの経験…

ワームホールの出現

私が二十歳になって初めての選挙の時のことだから9年程前の話です。その日の朝、初めての選挙で投票に行ったんです。投票所が私の母校の小学校の体育館で、そこに入るのは卒業式以…

インターホン

俺が5才の頃の出来事。実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

10円おじさん

10年程前に会った10円おじさんの話をします。当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です…

田舎の風景(フリー写真)

土地神様

小学1年生の頃、毎晩0時になると、眠っていた私が突然泣き叫びながら部屋中を走り回る、という事が数日続きました。数分後はパタっと治まり、また眠るという毎日。その時、私の見…

地底世界

小学校2年生の頃の話。山に囲まれた田舎に住んでいたんだけど、学校の帰り道で知らないおじさんとおばさんが俺に話しかけてきた。知らない人には付いて行ってはいけないと言われて…

ドアノブ

奇妙なセミナー

これは私が幼稚園の年長から小学校低学年の頃に体験した話です。幼稚園年長の頃のある夜、母にそっと起こされ、着替えをさせられて車に乗せられた。車は見た事もないような暗い裏道…