自殺団地(長編)

公開日: 本当にあった怖い話 | 長編

20091022185041

高校時代、俺は10階建ての団地の10階に住んでいた。

その団地は凄く有名で、別名が「ヤンキー団地」とか「自殺団地」とあまり良い名前がついてなかった。

団地は10階建てと13階建てがあり、友人が知り合いから聞いた噂では、夜中の3時ごろに13階建ての方のエレベーターで7階へ行き、その後あることをして5階に行く。

そして更にあることをして3階に行き、階段で4階に上ると幽霊が見られるというので、学校帰りに盛り上がっていました。

そんな簡単に霊が見れるのであれば、今まで幾度と無く行った心霊スポットは何だったんだと笑いながら話していると、自宅の1階のエレベーターホールに到着したので、その話は終わり友人と別れを告げてその日はそのまま帰宅しました。

そんな話も忘れたある秋の日に、友人が

「知っとる? あそこまた自殺したってさ」

と話しかけてきました。

自分が住んでいる10階の方ではそんな話は聞いていなかったため、13階の方か聞いてみるとやはりそうでした。

帰りに友人達と5人で13階建ての団地の近場を通ると、自転車置き場の横の砂利のところに花束が2本置いてあり、少しゾクっとなった。

その時友人の一人が

「なあ、あれやらんか?」

と言ってきた。

「あれって? 何?」

と聞き返すと幽霊を見ようと言い出す。

彼以外はみんな流石に花束を見た後すぐだったため、乗り気はしなかった。

それでも彼は

「ねえ、いいやん。怖いん? この前の霊園とか滝に比べたら屁でもないって。だって人が住んどるとこやし」

と煽る。

やめておけば良いものの、何故かイラッとしてムキになって

「おう、いいぞ。そんかわりお前が言い出したんならアレは全部お前がやれよ? 俺らは着いて行くだけ。それでいいか?」

と言い返して、彼も了承し日にちを話し合い、その次の土曜日の夜に決行する事に。

土曜日に集まったメンバーは、決めた時にいた5人と、後で話を聞いて加わった友人2人で合計7人。言い出した彼をSとします。

S以外の3人はみんな10階建ての団地に住んでおり、3人はすぐ近くの別のマンションに住んでいる。Sの家は少し離れた場所の一軒家。

一応親には「Sの家に泊まりに行く」とだけ言っており、肝試しを終了後は実際にSの家で泊まる事になっていた。

20時過ぎに集まって、0時過ぎまで外の公園で缶蹴りをしたり花火をしたりして遊び、時間を潰した。

0時過ぎにSと俺ともう一人の友人で、Sの家に儀式に必要なものを取りに行った。儀式に必要なものは2つ。塩と酒。

それとは別に懐中電灯も持って行く事に。結局1時過ぎになり、全員で13階建ての1階のエレベーターホールへ。

まずは、エレベーターに乗り7階へ行く事で始まる。その為エレベーターを呼ぼうとボタンを押すも作動しない。

何度押しても作動せず、エレベーターは全く動かない。

「あれ? なんで?」と思っていると、エレベーターの横の紙に注意書きで【1時から5時までの間は鍵を使ってエレベーターを作動してください】といった感じのものが。

鍵を回して呼ぶとの事なので10階の方の鍵でも合うか試してみると、鍵は入った。そのままエレベーターを呼ぶ。

3基のエレベーターのうち左側の1基が動き始めた。

都合良くそのエレベーターだけがドアの部分がガラスで出来ている為に向こう側を見ることが出来る。

到着と同時に7人が乗り込み、Sはドア付近に。

まずは、7階を押して上へ上がる。

エレベーターホールは電気が点いているところもあれば点滅しているところもあり、7階は電気が消えていた。

少し気後れしながらもSに「おい、ついたぞ」と言う。

先ずは、7階で「おーい、おーい。今から行くよ」と囁きでも良いので話しかける。

その後、言った本人が「はーい。追いかけておいで」と言う。

次に5階へ向かう。5階も電気は消えている。

5階に着いたら塩を撒く。そして酒を数滴エレベーターホールから下に垂らす。

流石にSも怖がって「おい、ついて来いよ」と前の方に居た友人2人を連れて行く。

その間、俺を含めた4人はドアを開けて待っている。とにかく怖い。

S達はエレベーターを降りて前にある階段付近のスイッチを押す為に前に進む。

少し経つと「ピ、ピン」と音がなり電気が点く。小走りで酒をたらす為に一度横の方へ。

そしてS達が戻ってくる。彼らが乗り込み、3階のボタンを押して3階へ。

その瞬間。

「ドーーーン・ドーン・トン」と遠くから音が聞こえる。

エレベーターが4階付近を通る。

流石に怖くて目を向けれない。外を見ることが出来ない。そして「ウィーーン」という音と共に3階へ。

最後に、3階で降りたら「どこだー。上かな」と言って4階に階段で上れば全てが整う。

ただ、Sが降りない。

というか誰も降りられない。ここも電気が消えてて怖すぎる。誰もSに「いけよ」とは言えない。

その時、友人の一人(K)が「あのさー、気付いてる?」と言い出す。

「何が?」と聞くと彼は真っ青になりながら「いや、気付いてない?」と更に言う。

そうするともう一人が「俺分かったかも…」と言い出す。

分からない俺やSや他の友人は少し攻めた口調で「何がかって?」と聞く。

するとKは「俺らはじめに7階に行ったやろ?」と言う。

「俺らが7階に行くまでに通る階数は5やろ? んで、そのうちに電気が消えてるとこが何階あったと思う?」とKは今にも泣きそうな声で言う。

正直もう聞きたくなかった。

「えっとね、0やったんね。最後に4階にって言っとったやろ? それで3階も4階も5階も気にして外見とったけど、4階だけ点滅で他は全部点いとったんよ」と言い出した。

背筋が一気に伸びる。

サーっと血の気が引きだす。

続けてKは「しかも…。4階は点滅してたって言ったけど、何かスイッチの所に人影が見えた。連打して点けたり消したりを繰り返してるように見えた」と話す。

「お前いい加減にしろって。怖がらすなや」というもKは青白い顔で首を振る。

「もう一つ。ここ3階のはずなのに、2階に停まっとる」とKが指をさす。表示を見ると2階で点滅してる。

Sが「い、いや、間違えただけやって。ビビッて3階じゃなく2階押してしまった」と言うも、他の友人が「いや、確かに3階押したのを俺見たよ…」と言った。

その最中にSがいきなり「ひっ」と声を漏らす。エレベーターホールに向かって誰かが来てる。

「トン、トン、トーン、トーン」と音が近付いて来る。

怖くなり直ぐに閉めるボタンを押すも、行き先を押してないため移動しない。怖くて誰もドアの外を見れない。

「早く1階押せ!」と言うとSが焦ってボタンを押す。その瞬間、

「ドーン!!!ポン。ドーン!ポン。ドーーーン!ポン」と音が大きく鳴り近付いて来る。

エレベーターが動き始めたが、心臓がバクバクしてみんな顔を見合わせるのみで、外は見ることができない。1階に着いた瞬間に一斉に逃げるようにホールへ出る。

でも、何かおかしい。1階のはずなのに、何か違う。急いで降りたそこのホールのプレートは3階の表示。

Sは「あれ? 俺1階押したよ。ねえ、俺1階押したって」と半泣き状態。

Kは「なんで? なんなん?」とパニック。

とりあえず、エレベーターを呼ぼうと鍵を差し込むも、エレベーターは上の階に行き始め、一度4階で止まったのか、4階の表示が長く続き再度上へ。

そのため戻るのを待つはめに。他のエレベーターは動く気配なし。待っていたその瞬間「ドーーーーーン!!!ポン。ポン。ポーン」といきなりの音。

階段付近から何かが音を鳴らして来てるような音。みんな怖くて動けない。

Sが「あーー、来るなー。来るなー」と気が狂った様に言い出す。

俺は「おい、とにかく向こうの階段から逃げるぞ!」と言い、Sの肩を引っ張った後に走り始めると、全員そこに向かい走る。

3階から2階へ。そこで上から何かが落ちてきた。ヒュンと上から落ちてきたモノと目が合った。人だった。

一瞬の事だったけど、全員が見た。

ニヤっと笑ってるように見えた。

そして「ドーーーーン!!!!!!!」と下で音が鳴った。

もう動けなかった。

下には行けない。上に行こうとは思わない。どうしようも無い状況で2階と3階の階段の間で立ち尽くしていた。

すると「ポーン、ポーーン」という音が2階の方から近づいてくる。再度パニックに。

明らかに音は2階から近づいている為、急いで3階へ上り逆の棟の階段へ。そこから一気に降りて1階へ。

1階に着いたら、すぐに明かりを求めて何故かエレベーターホールへ。そして出口へ向かおうとした瞬間、俺を含めて4人だけが見た。

ホールの階段で人の生首の様なものを手毬のようにしながらグチャグチャの何かが降りてきてるのが見えた。

直ぐに外へ逃げ出す。とりあえず走りコンビニへ逃げ込む。

知り合いのバイトの兄ちゃんに

「人が飛び降りたかもしれん。警察呼んだ方がいい?」と伝える。

「おまえら高校生がこんな時間になにしよるかってなるぞ?」と言われる。

「とりあえず、本当に落ちたか見たか? それとも落ちた後のか?」と言われると友人の一人が

「もういいって。関わらん方がいいって」と全員に向かって言い、無視することに。

その後、明るくなるまでコンビニで漫画を読んだりしながら、明るくなったと同時にSの家に向かう。

そして昼過ぎまで寝て、起きた後、その話になった。

「本当に怖かったわ。出口で見た奴が気持ち悪すぎた」と話をしていると、残りの3人は全く気付かなかったらしい。

ただSが「あれ、ブサイクやし俺やったんかもしれん」と少し笑いながら言い皆を笑わせてた。

その1年後の受験勉強真っ只中の時に、13階建ての団地からSは自殺した。

Sの葬式には行ったけど、Sの母親は遺書に何か書いてあったのか俺たちにはとても冷たく「アイサツしたら直ぐに帰りなさい」と言われた。

他の人たちにもそのような様子だったが、Kは「アイサツって…」と言いながら「俺らがSと仲良かったのに助けになれんかったのは悔しいな」と泣き崩れた。

俺は高校卒業し大学進学でそこを離れ、大学2年の時に親はそこから引越したので、高校卒業以来全くそこには近寄ってない。

最近Kともう一人の友人に会った時にその話を思い出した。俺とKとその友人とSが、階段から降りてくる何かを見ていた4人だった。

そこで3人で話していると、4人が全く同じものを見ていたことを知った。

Sは死ぬ前に「俺かもしれん」と冗談のように言っていたが、俺を含めた3人も「ポーン、ボーーン」と手鞠のようにつかれていた生首がSの顔にそっくりだったと思っていたようだ。

結局遺書は見ていないから何が原因かは分からないけれど、Sは自殺する前日まで俺らと普通に遊んでるし何も変わったことは無かった。

面白半分で始めた肝試しだけど、あれが原因だったならやるべきじゃなかったと思わずに居られない。

それとあの時に上から落ちてきた人は本当に自殺だった。

もしかしたら3階で逃げ出そうと思った時に、エレベーターが勝手に上がり4階で一度停まり、再度上に行ったエレベーターの中にその人が乗ってたのではないか。

そう思うと二度とあの場所には近付きたくない。

関連記事

瀬泊まり

小学校の頃、キャンプで夜の肝試しの前に先生がしてくれた怪談。 先生は釣りが好きで、土日などよく暗い内に瀬渡しの船に乗り、瀬に降り立って明るくなり始める早朝から釣りをしていたそうな…

プラント・コロニー(長編)

いつものようにバイトをして、休憩室で飯を食ってたんだわ。 飯を食い終わってスマホを弄ってたら、頭がくらっとしてきた。 貧血かなーと思ってたんだけど、妙に意識だけはっきりして…

大事な妹

小4の時の話。 Tちゃんのお姉さんは中学生で、首に腫瘍ができるよく解らない難しい病気で、入退院を繰り返していた。 家に遊びに行くとたまにお姉さんもいて、挨拶くらいはしたこと…

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。 その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。 俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

電車

溜まりやすい場所

高校一年生の時、電車でヤバそうなものに出会した話。 当時ピカピカの新高校生だった俺は遠距離通学をしていて、2時間ある通学時間の内、殆どは電車に乗って過ごしていた。 もちろん…

鳥居(フリー素材)

お狐様

これは私が、いや正確には母が半年前から9月の終わり頃までに経験した話です。 今年の7月某日、諸々の事情で私は結婚を前に実家へ一度帰省するため、アパートから引越しすることになりまし…

肝試しから戻らない7人

この話は実際に新聞に載った話です。 ある高校生の男女8人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。 夜も更けてきた所で、肝試しに行くことになりました。 でも本当…

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルのワンピース

暑い季節になり去年のことを思い出してきたので、ここで去年の暑い季節にあったことを書いてみたいと思う。 ※ 去年の夏、私は彼女と友人と友人の彼女の4人でロッジを借り、余暇を楽しむ計画…

しりとりをしてみようか

ずいぶん昔の話。 ラジオ番組の録音を聴きたくて、友達にカセットテープを借りた。 お目当てのラジオ番組を聞き終わったものの、いちいち停止ボタン押すの面倒で、テープが最後まで再…

宿直の夜

俺は東北の港近くで工場勤めをしていた。 県名は書けないけど、被災地で津波が来たとだけ書いとく。 でも工場は、奇跡的に10〜15センチほど水没しただけだったんだよね。だから1…