無人島の怪異

公開日: 本当にあった怖い話

島

死んだ祖父さんが法事で酔っ払った時に聞いた話。

祖父さんは若い頃、鹿児島で漁師をしていた。

ベテラン漁師の船に乗せてもらいながら働いていて、毎日のように漁に出ていた。

その辺りの海には無人島が点在していて、その中に昔海賊が財宝を隠したという伝説が残る島があったらしい。

今では考えにくいが、半世紀前くらいはそういうのを真に受ける人が結構いて、雑誌が取り上げるとブームになり、一時は宝探しの連中でその島が賑わったりもしたのだとか。

それも数年経つと沈静化し、殆どの人は去って行った。ところが一人だけ帰らずに島に住み着いてしまった男がいた。

その人はゲンさんという50歳くらいの人だった。

小柄だががっしりした身体つきで、強面で一見とっつきにくそうだが、地元の漁師たちとは割合仲良くしていた。

祖父さんの雇い主だったコウジさんとも付き合いがあり、船で島の側を通る時には、浜辺にゲンさんが建てた粗末な小屋に向かって手を振ったりしていた。

異変が起きたのはゲンさんが住み着いてから二年目の春先だった。

漁を終えて船が島の側を通りかかった時は夕闇が迫っていた。

最初に気付いたのはコウジさんだった。小屋に明かりが灯っていない。

まだ寝るには早く、このくらいの時間なら明かりが見えるはずだった。

早寝しただけかも知れないのだが、何やら胸騒ぎがしたコウジさんは島に寄ると言い出した。

そして船を岸に近付けると、祖父さんに留守番をさせて小舟に乗り込み島へ向かった。

別れて20分くらいした頃、待っていた祖父さんの耳に何やら叫び声のようなものが聞こえた。

慌てて岸の方を見ると、浜辺にコウジさんのものらしき懐中電灯の光が激しく揺れ動いていた。

何が起きたか不安だったが、その場を動けず待つしかなかった。

更に小一時間程して、ようやく小舟が戻って来た。

中にはコウジさんとゲンさんとが乗っており、二人とも汗びっしょりで顔面蒼白だった。

特にコウジさんはえらく震えていて、何があったのか聞く祖父さんに、頭ごなしに船を出せと怒鳴った。

無事港に着いて組合事務所に入り、一息ついてからコウジさんは起こった事を話し始めた。

島へ上がり小屋の方へ近付いて行くと、何やら呻き声が聞こえてきたらしい。

怪我でもして苦しんでいるのかと思い、コウジさんは入り口の戸を開けて中を覗き込んだ。

そして左手奥にある寝台に懐中電灯を向けると、そこには異様なものが照らし出された。

寝台の上にヌメヌメしたどす黒いものが覆い被さっており、その下でゲンさんの身体がもがいていた。

コウジさんは思わず声を上げて懐中電灯を落とした。

するとそのヌメヌメしたものが「ヒョッ」と鳴いて、ザザザつと寝台の上に開いていた窓から出て行ったらしい。まるで蛇のようにのたくって。

コウジさんは懐中電灯を拾うと寝台に駆け寄った。

ゲンさんは目を瞑り、まるで金縛りに遭っているかのように四肢を突っ張って呻いていた。

激しく揺さぶると目を開けたが、ぼんやりとしていて焦点が定まっていない。

それでも何とか助け起こし、舟に乗せて連れて来たという事だった。

話が終わる頃にはゲンさんも意識が戻っていたが、何があったのかは解っていないようで、ただ横になっていたら金縛りに遭って苦しんでいたところをコウジさんに起こされたと話した。

ゲンさんはその日は事務所に泊まり、翌日島へ戻って行った。

コウジさんと祖父さんがもう引き上げたらどうかと説得し、ゲンさんもそれに応じたので、後片付けのために一旦島へ送り届け、次の日改めて迎えに行くと取り決めたのだった。

ところが、次の日迎えに行くとゲンさんは帰るのを拒んだ。

あれは単に疲れていただけだと言い張り、コウジさんが見たものについても見間違いだと言って譲らなかった。

その口調があまりにも激越で目の色が変わっていたため、コウジさんも断念して一人船に戻った。

その後もゲンさんは半年程島に住んでいたが、ある日突然姿を消してしまった。

漁師たちが総出で捜すも見つからず、溺死したのだろうということなった。

祖父さんとコウジさんは、それからも暫くは島の側を通る度、ゲンさんの姿が見えないかと目を凝らしたが、段々朽ちていく小屋を見るのが嫌になり航路を変えてしまった。

祖父さんはその時の心境を「どこかにいないか」から「いたらどうしよう」に変わっていったと言っていた。

もしゲンさんらしき姿を見かけても、それはもはや別のものではないのかと。

コウジさんとはその後も時々島で見たものについて話したが、何度目かの時「そう言えば懐中電灯で照らした一瞬、先が五つに分かれた脚のようなものが見えた」と言っていたらしい。

生き霊

母の会社の同僚の話。仮に村上さんとします。 村上さんはいつからか、肩こりのようなものに悩まされていた。それまでは、そういった事に悩むような事は全く無かったそうです。 若い時…

夜の窓(フリー写真)

声魂

私自身が体験した怖い話です。 今からちょうど十年前、私がまだ大学生だった頃のことです。 当時、私には一つ年下の彼女が居ました。 彼女は霊感の強い子で、それまでにも様々…

だ~れだ?

今から2年程前のことです。とあるアパートに彼女と同棲していました。 その日はバイトが早めに終わり、一人でテレビを見ながら彼女の帰りを待っていると、「だ~れだ?」という声と共に目隠…

あの時、手を貸していたら…

あれは、私が中学生の時の事でした。塾を終え家路についていた私は、星を見ながらのんびりと自転車を漕いでいました。 時間は22時過ぎだったでしょう。家も近くなってきた頃、前の方に自転…

ここにいたあ

13日に田舎の墓参りに行ってきた。 毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。 お経も終わり墓参りも終わ…

日暮里駅の階段23段目

友人と怪談話をしていて、その友人が知人から 「日暮里駅の改札を出て右手に行くとある階段を登る時に、23段目辺りで振り返って見たら面白いものが見える」 って聞いたという話が出…

トンネル

帰らない友人

うちの近くに、背の高い草が茫々に生い茂った空き地がある。 陽の光が当たり難いだけでなく、元から妙に薄暗いため、非常に不気味な場所だ。 そんな場所は、やはり小中学生には格好の…

死亡事故の多い交差点

実体験を書きます。 小学2年生の頃、交差点で車に撥ねられました。 場所は小学校の通学路で、小学生の死亡事故が何度かあった交差点です。 私は歩行者信号が赤だったので下を…

禁忌の人喰い儀式

俺の親父の田舎は、60年代初頭まで人喰いの風習があったという土地だ。 とは言っても、生贄だとか飢饉で仕方なくとかそういうものではなく、ある種の供養だったらしい。 鳥葬ならぬ…

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。 その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。 午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…