無人島の怪異

公開日: 本当にあった怖い話

島

死んだ祖父さんが法事で酔っ払った時に聞いた話。

祖父さんは若い頃、鹿児島で漁師をしていた。

ベテラン漁師の船に乗せてもらいながら働いていて、毎日のように漁に出ていた。

その辺りの海には無人島が点在していて、その中に昔海賊が財宝を隠したという伝説が残る島があったらしい。

今では考えにくいが、半世紀前くらいはそういうのを真に受ける人が結構いて、雑誌が取り上げるとブームになり、一時は宝探しの連中でその島が賑わったりもしたのだとか。

それも数年経つと沈静化し、殆どの人は去って行った。ところが一人だけ帰らずに島に住み着いてしまった男がいた。

その人はゲンさんという50歳くらいの人だった。

小柄だががっしりした身体つきで、強面で一見とっつきにくそうだが、地元の漁師たちとは割合仲良くしていた。

祖父さんの雇い主だったコウジさんとも付き合いがあり、船で島の側を通る時には、浜辺にゲンさんが建てた粗末な小屋に向かって手を振ったりしていた。

異変が起きたのはゲンさんが住み着いてから二年目の春先だった。

漁を終えて船が島の側を通りかかった時は夕闇が迫っていた。

最初に気付いたのはコウジさんだった。小屋に明かりが灯っていない。

まだ寝るには早く、このくらいの時間なら明かりが見えるはずだった。

早寝しただけかも知れないのだが、何やら胸騒ぎがしたコウジさんは島に寄ると言い出した。

そして船を岸に近付けると、祖父さんに留守番をさせて小舟に乗り込み島へ向かった。

別れて20分くらいした頃、待っていた祖父さんの耳に何やら叫び声のようなものが聞こえた。

慌てて岸の方を見ると、浜辺にコウジさんのものらしき懐中電灯の光が激しく揺れ動いていた。

何が起きたか不安だったが、その場を動けず待つしかなかった。

更に小一時間程して、ようやく小舟が戻って来た。

中にはコウジさんとゲンさんとが乗っており、二人とも汗びっしょりで顔面蒼白だった。

特にコウジさんはえらく震えていて、何があったのか聞く祖父さんに、頭ごなしに船を出せと怒鳴った。

無事港に着いて組合事務所に入り、一息ついてからコウジさんは起こった事を話し始めた。

島へ上がり小屋の方へ近付いて行くと、何やら呻き声が聞こえてきたらしい。

怪我でもして苦しんでいるのかと思い、コウジさんは入り口の戸を開けて中を覗き込んだ。

そして左手奥にある寝台に懐中電灯を向けると、そこには異様なものが照らし出された。

寝台の上にヌメヌメしたどす黒いものが覆い被さっており、その下でゲンさんの身体がもがいていた。

コウジさんは思わず声を上げて懐中電灯を落とした。

するとそのヌメヌメしたものが「ヒョッ」と鳴いて、ザザザつと寝台の上に開いていた窓から出て行ったらしい。まるで蛇のようにのたくって。

コウジさんは懐中電灯を拾うと寝台に駆け寄った。

ゲンさんは目を瞑り、まるで金縛りに遭っているかのように四肢を突っ張って呻いていた。

激しく揺さぶると目を開けたが、ぼんやりとしていて焦点が定まっていない。

それでも何とか助け起こし、舟に乗せて連れて来たという事だった。

話が終わる頃にはゲンさんも意識が戻っていたが、何があったのかは解っていないようで、ただ横になっていたら金縛りに遭って苦しんでいたところをコウジさんに起こされたと話した。

ゲンさんはその日は事務所に泊まり、翌日島へ戻って行った。

コウジさんと祖父さんがもう引き上げたらどうかと説得し、ゲンさんもそれに応じたので、後片付けのために一旦島へ送り届け、次の日改めて迎えに行くと取り決めたのだった。

ところが、次の日迎えに行くとゲンさんは帰るのを拒んだ。

あれは単に疲れていただけだと言い張り、コウジさんが見たものについても見間違いだと言って譲らなかった。

その口調があまりにも激越で目の色が変わっていたため、コウジさんも断念して一人船に戻った。

その後もゲンさんは半年程島に住んでいたが、ある日突然姿を消してしまった。

漁師たちが総出で捜すも見つからず、溺死したのだろうということなった。

祖父さんとコウジさんは、それからも暫くは島の側を通る度、ゲンさんの姿が見えないかと目を凝らしたが、段々朽ちていく小屋を見るのが嫌になり航路を変えてしまった。

祖父さんはその時の心境を「どこかにいないか」から「いたらどうしよう」に変わっていったと言っていた。

もしゲンさんらしき姿を見かけても、それはもはや別のものではないのかと。

コウジさんとはその後も時々島で見たものについて話したが、何度目かの時「そう言えば懐中電灯で照らした一瞬、先が五つに分かれた脚のようなものが見えた」と言っていたらしい。

電車

溜まりやすい場所

高校一年生の時、電車でヤバそうなものに出会した話。当時ピカピカの新高校生だった俺は遠距離通学をしていて、2時間ある通学時間の内、殆どは電車に乗って過ごしていた。もちろん…

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。なんでも”身近”と”未知か”、”道か…

逆さの樵面

私が生まれる前の話なので、直接見聞きしたことではなく、その点では私の想像で補ってしまう分もあることを先に申しておきます。それから地名、人名等は仮名としました。もったいぶ…

石段の向こう

今年のゴールデンウィークの不思議な体験を書かせてもらいます。私の家にはスーザン(仮名)という、サンディエゴからの留学生が滞在していました。母が婚前に英語の教師をした影響…

新宿地下道

3ヶ月程前の出来事。新宿の某百貨店の地下道を通って某大型書店へ通じる地下道があるのだが、その道を歩いていた時の事。通路に入って暫らく歩いていると、床と壁の間くらいのところに人間…

わかったかな?

多分、幼稚園の頃だと思う。NHK教育テレビで、人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。おじさんが「どう?わかったかな?」と言ったので、TVの前で…

半分よこせ

俺がまだ小学生の頃の話。俺んちは両親が共働きで、鍵っ子というか、夕方までは俺一人だった。その日もいつもと同じように、居間でコタツに入って寝てたんだよ。母の帰りを待ちなが…

宿

『コ』の字の家

私の家は都市から少し離れた町にあり、日本家屋が立ち並ぶ場所にありました。近所の噂では、元女郎宿を改築した家らしいです(改築したとは言え、かなり古い家でしたが)。その家は…

笑う女

旅先で知り合ったアニキに聞かせてもらった話。このアニキが昔、長野と岐阜の県境辺りを旅していた頃、山間の小さな集落を通りかかった。陽も暮れ掛けて夕焼け空に照らされた小さい…

不思議な手紙と異常な部屋

去年の暮れ、会社に一通の手紙が届いた。編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲…