開かない踏切

踏切(フリー写真)

取引先の人から聞いた話。

それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。

彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。

付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗り込んで自宅へ向かった。

彼の家のすぐ近くには、小さな踏切がある。東京の私鉄が住宅街を通る、よくある踏切の一つだ。

そこに差し掛かった時、踏切が閉まり警告灯が点った。

そして点検用の車両が通り過ぎ、暫くして警告灯が消えた。

でも、棒が上がらない。

時間にしたら1、2分だったと彼は言う。街灯に照らされた踏切は開かなかった。

酔いと睡眠不足から来る苛立ちで、彼は

「ちょっと、俺が上げちゃうから、車通しちゃってよ」

と運ちゃんに声を掛け、踏切に向かった。

そして棒に手を掛け、上に上げようとした。しかしビクともしない。

いや、少しは持ち上がるのだが、ある程度の高さまで上がると、バネ仕掛けのように急に下への力が増す。

悪戦苦闘していたら、タクシーのクラクションが聞こえた。

『運ちゃん、苛ついて怒ってるんだ…』

彼はタクシーに向かって振り向いた。

すると、運ちゃんがタクシーから身を乗り出し、凄い勢いで手招きをしている。

彼は『こりゃ、ここで帰るって言いたいんだな…』と解釈し、踏切の棒の下に肩を差し入れて何とか上げようとした。

すると、

「お客さん!」

と運ちゃんの上ずった声。

そっちを見ると、もうタクシーから降りて凄い勢いで手招きをしている。

彼は、

「何? 警察でも来た?」

と言いながら、タクシーの方へ歩いて行った。

運ちゃんは、

「とにかく、乗って、乗って!」

と急かすように言いながら、自分も席に乗り込んだ。

「何? マジでお巡りさん? 見られた?」

彼は愛想笑いしながら聞いたそうな。

で、運ちゃんが答えたのが、

「お客さん、見えてなかったんだ…。

いやね、お客さんが踏切に行ったから、てっきり棒にぶら下がってる男の子を注意しに行くんだと思ってたんですよ。

でもね、何も言わないで棒を上げようとしてるでしょ。おかしいなあと…。

そしたらね、その男の子、お客さんの方に近付いて行ったんですよ。

そしたら、影、無いんですよ、その子。

もうね、私ヤバいと思って…。

だってね、お客さんの足を掴もうとしてたんですよ…」

今も偶に、夜中にそこを通る事があるそうだ。

でも閉まりっ放しの踏切を見た時は遠回りをして帰る事にしていると、彼は苦笑しながら言った。

関連記事

廊下(フリー背景素材)

赤いクレヨン

とある夫婦が、非常に安い価格で一軒家を買った。 駅から近くに建っていてなかなか広いので、何一つ不満は無かった。 しかし一つだけ不思議な点があった。 それは、何故かいつ…

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。 僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…

赤いベストのおっさん

今年の5月の連休だけど、会社の仲間2人と2泊3日の予定で奥秩父に渓流釣りに行った。 あのヘリが墜落したり日テレ社員が遭難した4重遭難と言われる事件で、奥秩父は怖いところだと噂が広…

人が死ぬ数分間

人が死ぬ瞬間を見たことがありますか? 私は見ました。人から魂が抜けていく数分間を。 交通事故の現場での話です。数年前のある日の朝、バイクで都心に向かう時のことです。 …

雑居ビルの怪

今からもう14年くらい前の、中学2年の時の話です。 日曜日に仲の良い友人達と3人で映画を観に行こうという話になりました。友人達を仮にAとBとします。 私の住んでいる町は小さ…

ど田舎の小学校

俺は小学1年の夏に引っ越して、ど田舎の小学校に転入した。 引っ越す前までは気ままに過ごせていたんだけど、引っ越してからはよそ者ということも含めて周囲から浮いてしまい、アウェイな生…

霊感テスト

自分自身に霊感が備わっていながら、それに気が付いていない人も意外と多い。 あなたには霊感があるだろうか?今回はそんな霊感をチェックするための簡単なテストをご紹介しよう。 は…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。 でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

オカムロさん

うちは母方の血筋が強い親戚は兄を含めて霊感が強いんだが、自分は父方の血が強いのかあまりない。 それで霊感が無いもんだから、怖い話特集とかの雑誌を、枕元に置いて寝る前に読むとか平気…

変なタクシー

昨日、ひどく恐ろしい体験をしました。 便宜上昨日と言いましたが、実際は日付が変わって本日の午前1時過ぎのこと。 残業のため終電で帰ってきた私は、家の近くまで走っているバスが…