開かない踏切

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

踏切(フリー写真)

取引先の人から聞いた話。

それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。

彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。

付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗り込んで自宅へ向かった。

彼の家のすぐ近くには、小さな踏切がある。東京の私鉄が住宅街を通る、よくある踏切の一つだ。

そこに差し掛かった時、踏切が閉まり警告灯が点った。

そして点検用の車両が通り過ぎ、暫くして警告灯が消えた。

でも、棒が上がらない。

時間にしたら1、2分だったと彼は言う。街灯に照らされた踏切は開かなかった。

酔いと睡眠不足から来る苛立ちで、彼は

「ちょっと、俺が上げちゃうから、車通しちゃってよ」

と運ちゃんに声を掛け、踏切に向かった。

そして棒に手を掛け、上に上げようとした。しかしビクともしない。

いや、少しは持ち上がるのだが、ある程度の高さまで上がると、バネ仕掛けのように急に下への力が増す。

悪戦苦闘していたら、タクシーのクラクションが聞こえた。

『運ちゃん、苛ついて怒ってるんだ…』

彼はタクシーに向かって振り向いた。

すると、運ちゃんがタクシーから身を乗り出し、凄い勢いで手招きをしている。

彼は『こりゃ、ここで帰るって言いたいんだな…』と解釈し、踏切の棒の下に肩を差し入れて何とか上げようとした。

すると、

「お客さん!」

と運ちゃんの上ずった声。

そっちを見ると、もうタクシーから降りて凄い勢いで手招きをしている。

彼は、

「何? 警察でも来た?」

と言いながら、タクシーの方へ歩いて行った。

運ちゃんは、

「とにかく、乗って、乗って!」

と急かすように言いながら、自分も席に乗り込んだ。

「何? マジでお巡りさん? 見られた?」

彼は愛想笑いしながら聞いたそうな。

で、運ちゃんが答えたのが、

「お客さん、見えてなかったんだ…。

いやね、お客さんが踏切に行ったから、てっきり棒にぶら下がってる男の子を注意しに行くんだと思ってたんですよ。

でもね、何も言わないで棒を上げようとしてるでしょ。おかしいなあと…。

そしたらね、その男の子、お客さんの方に近付いて行ったんですよ。

そしたら、影、無いんですよ、その子。

もうね、私ヤバいと思って…。

だってね、お客さんの足を掴もうとしてたんですよ…」

今も偶に、夜中にそこを通る事があるそうだ。

でも閉まりっ放しの踏切を見た時は遠回りをして帰る事にしていると、彼は苦笑しながら言った。

なんで逃げちゃったの

これは数年前に友人(仮にAとします)から聞いた話です。 その当時Aは高校2年生。そしてそれは夏休みの出来事だった。 夜22時頃にAの携帯が突然鳴った。Aの近所に住む中学校か…

窓(フリー写真)

死んだ街

映像製作の専門学校がありまして、私はそこで講師助手のような仕事をしています。 1年生の授業で、 『カメラを渡され、講師が決めたテーマに沿った映像を、次の授業の日までに撮って…

マッチの灯り(フリー写真)

墓場の幽霊

うちの近所にお墓がある。そこに一人で住んでいるおばあさんが体験した話。 ※ ある夜、そのおばあさんは布団に入って眠っていたが、人の気配を感じて起きたらしい。 だがそんなことは…

北陸本線

二日前だから11月の6日の出来事。終電間近の北陸本線の某無人駅での変な話。 音楽を聴きながら待っていると、列車接近の放送もなく急にホームに列車が現れた。 「うぉっ、時刻表よ…

蛍(フリー写真)

赤ちゃんの声

何年前だったかは今はもう覚えていません。 でも当時は凄く暑くて、扇風機を点けっ放しで寝ていたので、夏であることは確かだったと思います。 熱帯夜というやつですね。暑いと本当に…

笑う女

旅先で知り合ったアニキに聞かせてもらった話。 このアニキが昔、長野と岐阜の県境辺りを旅していた頃、山間の小さな集落を通りかかった。 陽も暮れ掛けて夕焼け空に照らされた小さい…

新宿地下道

3ヶ月程前の出来事。新宿の某百貨店の地下道を通って某大型書店へ通じる地下道があるのだが、その道を歩いていた時の事。 通路に入って暫らく歩いていると、床と壁の間くらいのところに人間…

プール事故

俺の母が女子高に在籍していた当時の、水泳授業中の話。 授業が始まり、一番最初の生徒が飛び込んだところ、中央近くでぷかりと仰向けで浮かんできた。 驚いた教員がすぐさま飛び込み…

コンサートホール

某コンサートホール

以前、某コンサートホールでバイトをしていました。その時の体験を話そうと思います。 初めに気が付いたのは、来客総数を試算するチケット・チェックの場所でした。 私たちはもぎった…

花(フリー写真)

連れて帰って来た子

小学3年生の時、友達の妹が亡くなった。 医療事故とのことですが、詳細は不明。 私もよく一緒に遊んでいたので、お葬式に行った。 ※ 家に帰ると、当時3才の弟が普段とは違う…