開かない踏切

踏切(フリー写真)

取引先の人から聞いた話。

それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。

彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。

付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗り込んで自宅へ向かった。

彼の家のすぐ近くには、小さな踏切がある。東京の私鉄が住宅街を通る、よくある踏切の一つだ。

そこに差し掛かった時、踏切が閉まり警告灯が点った。

そして点検用の車両が通り過ぎ、暫くして警告灯が消えた。

でも、棒が上がらない。

時間にしたら1、2分だったと彼は言う。街灯に照らされた踏切は開かなかった。

酔いと睡眠不足から来る苛立ちで、彼は

「ちょっと、俺が上げちゃうから、車通しちゃってよ」

と運ちゃんに声を掛け、踏切に向かった。

そして棒に手を掛け、上に上げようとした。しかしビクともしない。

いや、少しは持ち上がるのだが、ある程度の高さまで上がると、バネ仕掛けのように急に下への力が増す。

悪戦苦闘していたら、タクシーのクラクションが聞こえた。

『運ちゃん、苛ついて怒ってるんだ…』

彼はタクシーに向かって振り向いた。

すると、運ちゃんがタクシーから身を乗り出し、凄い勢いで手招きをしている。

彼は『こりゃ、ここで帰るって言いたいんだな…』と解釈し、踏切の棒の下に肩を差し入れて何とか上げようとした。

すると、

「お客さん!」

と運ちゃんの上ずった声。

そっちを見ると、もうタクシーから降りて凄い勢いで手招きをしている。

彼は、

「何? 警察でも来た?」

と言いながら、タクシーの方へ歩いて行った。

運ちゃんは、

「とにかく、乗って、乗って!」

と急かすように言いながら、自分も席に乗り込んだ。

「何? マジでお巡りさん? 見られた?」

彼は愛想笑いしながら聞いたそうな。

で、運ちゃんが答えたのが、

「お客さん、見えてなかったんだ…。

いやね、お客さんが踏切に行ったから、てっきり棒にぶら下がってる男の子を注意しに行くんだと思ってたんですよ。

でもね、何も言わないで棒を上げようとしてるでしょ。おかしいなあと…。

そしたらね、その男の子、お客さんの方に近付いて行ったんですよ。

そしたら、影、無いんですよ、その子。

もうね、私ヤバいと思って…。

だってね、お客さんの足を掴もうとしてたんですよ…」

今も偶に、夜中にそこを通る事があるそうだ。

でも閉まりっ放しの踏切を見た時は遠回りをして帰る事にしていると、彼は苦笑しながら言った。

関連記事

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。それまで祖母とは小さな漁師…

旅館

真夜中の厠

大学の友人と4人で海へ旅行に行った時の話。いつも仲の良かった4人で旅行ということで、ずっと前から楽しみにしていた。実際、行きの車中でもいつも通りの雑談が普段より楽しかっ…

クレーマーの家系

うちの店によく来るクレーマーの家系が洒落怖だった。・学生時代のある日、父親が何の前触れもなく発狂し母親を刺し殺す・その後、父親はムショ入り前に「自分の車で」頭を轢き潰し…

だ~れだ?

今から2年程前のことです。とあるアパートに彼女と同棲していました。その日はバイトが早めに終わり、一人でテレビを見ながら彼女の帰りを待っていると、「だ~れだ?」という声と共に目隠…

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

ビジネスホテルでの心霊体験

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、…

零の開発中に起きた怪奇現象

これまでホラーゲーム『零』シリーズは、絶対お祓いをしないというディレクターの柴田の信念がありました。本当に恐いことが起こるゲームとしては、逆にお祓いをしては恐怖を逃すことになる…

機関車(フリー写真)

電車の幽霊

埼玉の三郷に操車場跡という所があります。地図にも載っています。心霊スポットとしては途中のお化けトンネル(化けトン)が有名ですが、体験したのはその近くの建物です。操車場は…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。ある日…

ゴールの写真

小学生の時に聞いた実話。ある一人の少年がマラソン大会に出場したんだが、心臓が悪いため速く走ることが出来なかった。最後尾になりながらも、少年は諦めずに頑張って走った。 …