六甲山の牛女

ABBA-BULL-BW600

六甲山に出る牛女って知ってる?

実際それを見た人に話を聞いたよ。『牛女』にも色々種類あるらしいけどね。

走り屋の間の噂では、牛の体に女の顔(般若という話もあり)で、車の後を猛スピードで追っかけてくる『牛女』。

あと、丑三つ時になると出る女の幽霊で『牛女』。

最後に、女の体に牛の顔の『牛女』。私が聞いたのはこの牛女の話。

体験者は友人の両親だ。

4年程前のお盆の頃。2人は弟夫婦と共に、墓参りのため実家に帰省した。

4人は墓参りをし、実家で夕食を済ませてから帰ることにした。

他の3人は酒を飲んでいたので、おばさんが運転手、助手席にはおじさんが、後部座席には弟夫婦が乗り込んだ。

実家を出たのはもう真夜中近くだった。

しばらく山道を走っていると、前方の道沿いに畑がある。

『あれ…?』

道路のすぐ横、畑の畦道に、着物を着た老婆が座っている後姿が見えた。

首をうなだれ、背中だけが見える。

「こんな時間におばあさんが畑にいるなんておかしいわね」

後部座席の弟夫婦とそんな会話を交わし、スピードを緩めた。

老婆はこちらに背を向けたまま、身動ぎもしない。

そして老婆の真横に来た瞬間、座っていた老婆が、くるりとこちらに顔を向けた。

3人が悲鳴を上げる中、突然エンジンが止まった。

牛女が助手席側の窓を叩いた。

バァーーン!!

「きゃぁーーっ!早く車だして!!」

おばさんは震える手で何度もキーを回すが、エンジンは一向にかかってくれない。

「なんや!なんの音や!」

おじさんが叫ぶ。

「なんでみんな騒いでるんや!?」

「なんでって、あなたには見えないの? 真横にいるのに!」

「なにがおるんや!? なんで止まってる!?」

バーーーン!!

「牛の顔の老婆が窓を叩いてるのよ!!」

「そんなもんおらん!」

「いるのよ!そこに!あなたの真横に!」

バーーーーン!!!!

何度やってもエンジンはかからない。

「どけ!かわれ!」

おじさんが運転席に移り、キーを回した瞬間、嘘のように簡単にエンジンは回りだした。

「はやくだして!」

牛女は追っては来なかった。

それから里帰りの度にその道を通るが、『牛女』に会ったのはこの一度だけだったそうだ。

「信じられへんような話やろ? でもこれ読んでみ」

一緒に話を聞いていた友人(体験者の子供)が、1冊の本を差し出した。

『太平洋戦争末期、西宮が空襲に遭った。

牛の屠殺で栄えていた家が焼かれ、その家の座敷牢から頭が牛、少女の体をした物が出てきた。

”それ”は周りが見つめる中、犬を食っていた…』

時間の経過と共に、牛女もまた、人間と同じように歳を取っていったのか?

ではなぜ、見える人と、見えない人がいたのだろう?

関連記事

ドルフィンリング

ドルフィンリング

ドルフィンリングというイルカの形をした指輪が流行った大昔の話。 当時、私は小学校低学年でした。10歳年の離れた姉はいわゆる不良で、夏休みになるとほぼ毎晩不良仲間を家に連れて来ては…

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。 ろうそくには決まった形があり、仏像を…

心霊企業

昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこの方に本来見えてはいけない人たちが見えるようになってしまった。 最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育…

小学校の廊下(フリー写真)

パソコン室の幽霊

これは俺が当時通っていた小学校の話だ。 俺はその日、パソコン室に筆箱を忘れた。それに気付いたのは六時間目が始まってから(その時間は隣の女子に鉛筆を貸してもらっていた)。 仕…

ゴールの写真

小学生の時に聞いた実話。 ある一人の少年がマラソン大会に出場したんだが、心臓が悪いため速く走ることが出来なかった。 最後尾になりながらも、少年は諦めずに頑張って走った。 …

死に際に現れる黒い人

最近ネットで読んだのですが、人間が死にそうになっている時、それを助けたりする謎の人物が現れるそうです。 それは死んだ兄弟や親類であったり、声だけであったりするそうですが、正しい逃…

感謝の言葉

数年前に、東京の某グランドホテルで客室係のバイトをした時の話です。 ある日の早朝4時くらいに、姿見(全身を映す鏡)を持ってきてくださいとの電話が入りました。 こんな時間にな…

余命が判る本

本や書物に関する都市伝説は様々あるが、今回はそんな書籍の中でも不気味なエピソードを紹介したい。 我々は大量の書物を購入し、それを本棚にしまう。そんな事が続くと、いつの間にか沢山の…

笑い声

僕がまだ子供だったころ、寝るときになるといつもある ”笑い声“ が聞こえていたんだ。 5、6歳のときには、廊下に響き渡る笑い声で、夜中に目を覚ますことも度々あったよ。 母に…

幽霊ホテル

今から20年近く前の話です。 高校を中退した私は、アルバイト三昧の生活を送っていました。 学力至上主義の進学校に通っていたので、それまでの友人達との縁は完全に切れ、バイト先…