出ると噂されているホテル

IMG_9382k5d

仕事で地方へ行く用事が出来て、時間の関係で前の晩に新幹線に乗り一泊することになった。

それで、同僚と話している時に予約したホテルの名前を言ったら、

「お前知ってる? そのホテルってさあ…」

とか話し出した。そいつはその手の話が大好きで、俺すっげえ臆病だから絶対聞きたくなくて、

「バカやめろよ、言うなよ!」

と慌てて遮り、その時は聞かずに済んだんだけど、そいつのせいでホテルに着いた後も妙に気味が悪かった。

どうせ一泊しかしないんだから、さっさと寝ちまおうと思い布団に入ったんだけど、そういう時って一回でも怖いと思ったら終わりなんだよね。

寝るのも起きるのも身動きするのも嫌で、もう朝になるのを待つしかない。

そして布団の中で色々考えた。何故かその時は死ぬのが異様に恐かった。

ずっと死ぬことばかりを考えていて、『いやだ、怖い、死にたくねえ、でもいつか死ぬ。誰か助けて』と頭の中で繰り返していた。

もう本気で寝るのを諦め、どこかの飲み屋にでも行って時間を潰そうかと思い始めた時、

「ドンドンドンドン!!」

と部屋のドアが叩かれているんだよ。心臓停まんなかったのが不思議なくらいビビった。

「ドンドンドンドン!!」

幽霊? 火事? 知り合い? 何か事故でもあったのか。とりあえず電気を点けたが、ドアを開けるのは恐く、

「なんですかー?」

と答えてみたら、叩く音はピタッと止んだ。そのまましばらく身構えていたけど何も言ってこない。もう寝ていられる状態じゃない。

しばらくしたら、また

「ドンドンドンドン!!」

とドアを叩く音がした。

「なんかあったんですかー!?」

でも返事は無い。本当に緊急ならホテルの人間が何か言ってくる筈だ。鍵も開けられるだろうし、部屋の電話も携帯電話もある。

それなら大した用事じゃないのか? でもさっきからの妙な気分は引きずっていて、とにかく怖い。

「ドンドンドンドン!!」

フロントに電話をしようと思ったが、そういう他人とのコンタクトが凄く不安な状態だった。

言っても通じなかったらどうしよう。というより、何か変なのが電話に出たらどうしよう。

そんな事を考えていると、

「ガチャガチャガチャ!!」

ノブ回してるよ。入って来る気だよ。どうしよう。どうしよう。ビビりまくっていたがベッドの上から動けず、とにかく早く朝になれと思った。

「ドンドンドンドン!!」

「ガチャガチャガチャ!!」

イタズラか? 近くの部屋に頭のおかしいやつが泊まってんのか?

早くこの時間が終わることだけを祈っていると、段々空が白くなり、ドアを叩く音の間隔が長くなってとうとう止んだ。

仕事で朝が早いのが救いだった。フロントに電話をしてチェックアウトしたいと言い、後は普通。仕事して家に帰った。

それで、前にホテルの話をしかけた同僚を掴まえて、

「あそこ何かあったの?」

と聞いてみたら、数年前に火事があって、大した火ではなかったんだけど一人亡くなって、それから出るとか出ないとか。まあ、そういう話だった。

「ドア叩くんだろ?」

「何で知ってんの? もしかしてお前、何かあった?」

「うん」

「へー。何号室?」

同僚の話を聞くと、俺が泊まっていた部屋に居た人が火事で亡くなったらしい。

その人はどうやら逃げ遅れたらしく、パニックになっていたのかドアが壊れていたのかは分からないけど、部屋の鍵が開けられなくなったそうだ。

「やっぱ幽霊だったんだな。開けなくて良かった」

と言った俺に同僚は、

「なんで? そいつ部屋の中から外に出たくてドア叩いてたんだろ?」

関連記事

夜道(フリー写真)

連れて帰ったもの

私が小学3年生の夏休みに体験した話。私が住んでいた所は凄い田舎で、地域の子供会の恒例行事で七夕会があった。七夕はもう過ぎているけど、要するに皆で集まって、クイズなどの出…

親子の会話

僕の家から会社までは、小さな私鉄の電車で約30分です。都会では考えられないでしょうが、行きも帰りもほとんど座って通勤しています。その電車で帰宅途中、無気味な出来事を体験…

白金にまつわる話

知る人ぞ知る港区の白金トンネル。幽霊が出るという有名な場所だ。この間、叔父さんから聞いた話。都内で小さな商店を持ってる叔父さんは、その夜店も終わり、仕事関係の人に持って…

夜の公園(フリー素材)

一緒に遊ぼうよ

高校生の頃、彼女と近くの公園で話していたら、5、6歳くらいの男の子が「遊ぼうよー」と言ってきた。もう夜の20時くらいだったから、「もう暗いから早く帰んなくちゃダメだよ」と彼女が…

磨りガラス(フリー素材)

ガラス戸の向こう

この事件が起きるまで、俺は心霊現象肯定派だった。でも今は肯定も否定もしない。今から十二年前、俺は仕事の都合で部屋を引っ越すことになった。その部屋は会社が用意したもので、…

大事な妹

小4の時の話。Tちゃんのお姉さんは中学生で、首に腫瘍ができるよく解らない難しい病気で、入退院を繰り返していた。家に遊びに行くとたまにお姉さんもいて、挨拶くらいはしたこと…

自首した理由

俺の親戚に元刑務官って人がいる。その人が言うには、刑務官の仕事って受刑者を監視する事じゃなくて、受刑者に人の温かみを教えるのが本当の仕事らしい。そんな叔父は時間があれば…

アパートの磨りガラス(フリー写真)

同じ長さの髪の毛

ちょうど一昨年の今ぐらいの時期に起きた出来事。大学のサークルの友人Aが、「引っ越しをするので手伝ってくれ」と言って来た。お礼に寿司を奢ってくれると言うの…

山を穢した代償

以前に住んでいたマンションの大家さんは、御主人が亡くなったのを機に田舎の土地を処分し、都会にマンションを建て息子夫婦と同居した。老女は何かと話し掛けてくれ、俺も機会があれば田舎…

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…