出ると噂されているホテル

IMG_9382k5d

仕事で地方へ行く用事が出来て、時間の関係で前の晩に新幹線に乗り一泊することになった。

それで、同僚と話している時に予約したホテルの名前を言ったら、

「お前知ってる? そのホテルってさあ…」

とか話し出した。そいつはその手の話が大好きで、俺すっげえ臆病だから絶対聞きたくなくて、

「バカやめろよ、言うなよ!」

と慌てて遮り、その時は聞かずに済んだんだけど、そいつのせいでホテルに着いた後も妙に気味が悪かった。

どうせ一泊しかしないんだから、さっさと寝ちまおうと思い布団に入ったんだけど、そういう時って一回でも怖いと思ったら終わりなんだよね。

寝るのも起きるのも身動きするのも嫌で、もう朝になるのを待つしかない。

そして布団の中で色々考えた。何故かその時は死ぬのが異様に恐かった。

ずっと死ぬことばかりを考えていて、『いやだ、怖い、死にたくねえ、でもいつか死ぬ。誰か助けて』と頭の中で繰り返していた。

もう本気で寝るのを諦め、どこかの飲み屋にでも行って時間を潰そうかと思い始めた時、

「ドンドンドンドン!!」

と部屋のドアが叩かれているんだよ。心臓停まんなかったのが不思議なくらいビビった。

「ドンドンドンドン!!」

幽霊? 火事? 知り合い? 何か事故でもあったのか。とりあえず電気を点けたが、ドアを開けるのは恐く、

「なんですかー?」

と答えてみたら、叩く音はピタッと止んだ。そのまましばらく身構えていたけど何も言ってこない。もう寝ていられる状態じゃない。

しばらくしたら、また

「ドンドンドンドン!!」

とドアを叩く音がした。

「なんかあったんですかー!?」

でも返事は無い。本当に緊急ならホテルの人間が何か言ってくる筈だ。鍵も開けられるだろうし、部屋の電話も携帯電話もある。

それなら大した用事じゃないのか? でもさっきからの妙な気分は引きずっていて、とにかく怖い。

「ドンドンドンドン!!」

フロントに電話をしようと思ったが、そういう他人とのコンタクトが凄く不安な状態だった。

言っても通じなかったらどうしよう。というより、何か変なのが電話に出たらどうしよう。

そんな事を考えていると、

「ガチャガチャガチャ!!」

ノブ回してるよ。入って来る気だよ。どうしよう。どうしよう。ビビりまくっていたがベッドの上から動けず、とにかく早く朝になれと思った。

「ドンドンドンドン!!」

「ガチャガチャガチャ!!」

イタズラか? 近くの部屋に頭のおかしいやつが泊まってんのか?

早くこの時間が終わることだけを祈っていると、段々空が白くなり、ドアを叩く音の間隔が長くなってとうとう止んだ。

仕事で朝が早いのが救いだった。フロントに電話をしてチェックアウトしたいと言い、後は普通。仕事して家に帰った。

それで、前にホテルの話をしかけた同僚を掴まえて、

「あそこ何かあったの?」

と聞いてみたら、数年前に火事があって、大した火ではなかったんだけど一人亡くなって、それから出るとか出ないとか。まあ、そういう話だった。

「ドア叩くんだろ?」

「何で知ってんの? もしかしてお前、何かあった?」

「うん」

「へー。何号室?」

同僚の話を聞くと、俺が泊まっていた部屋に居た人が火事で亡くなったらしい。

その人はどうやら逃げ遅れたらしく、パニックになっていたのかドアが壊れていたのかは分からないけど、部屋の鍵が開けられなくなったそうだ。

「やっぱ幽霊だったんだな。開けなくて良かった」

と言った俺に同僚は、

「なんで? そいつ部屋の中から外に出たくてドア叩いてたんだろ?」

為松の竹林

昔、うちの近くの山の麓に「為松の竹林」と呼ばれていた場所があった。 文字通り竹林だったらしいが、戦後は住宅地になり、それを知る年寄りももう殆どいない。 竹林になる前、明治・…

カオル

バイト先の会社の寮で、幽霊騒ぎがあった。 俺は入社して1年も経たないのでよく知らなかったが、以前から気味の悪い事が起こっていたらしい。 寮に入っている社員のTさんの部屋が、…

麻雀(フリー写真)

曰く付きの大学寮

今から8年前の5月のお話。 当時は大学の寮に住んでいたのだけど、その寮は凄かった。 古戦場の近くで、その関係のお寺が近所にあり、更に寮の隣の竹林には首塚があった。 俺…

親子の会話

僕の家から会社までは、小さな私鉄の電車で約30分です。 都会では考えられないでしょうが、行きも帰りもほとんど座って通勤しています。 その電車で帰宅途中、無気味な出来事を体験…

集合住宅(フリー素材)

団地のエレベーター

高校時代の時に体験した話。 当時、俺の友人Aが住んでいた団地には、割とベタな怪談があった。 5年程前にそこの2階の住人が自殺したのだけど、その人は自殺当日の夜23時半頃に、…

差し込む光(フリー写真)

井戸の女性

伯父に聞いた戦時中の話です。 実家は長崎にあるのですが、伯父は原爆が投下された時には少し離れた市の親戚の家に居たので無事でした。 戦争が終わり、暫くして実家に戻ると、家の裏…

感謝の言葉

数年前に、東京の某グランドホテルで客室係のバイトをした時の話です。 ある日の早朝4時くらいに、姿見(全身を映す鏡)を持ってきてくださいとの電話が入りました。 こんな時間にな…

アパート(フリー写真)

暗い部屋

大学2年生の冬、住んでいたアパートの契約が切れるところだったので心機一転、引越しをしようと部屋探しをしていた。 不動産屋へ行き希望を伝えると、駅から近くて割と綺麗なマンションを紹…

中古車

視える娘

娘が3才くらいの時、中古で大き目の車を買いました。 私も娘も大喜びで、大きな車を楽しんでいました。 しかし数週間経った頃、娘が車に乗り込もうとした時に急に大泣き。 「…

踏切(フリー素材)

留守電に残された声

偶にニュースで取り上げられる、『携帯電話に夢中で、踏切を気付かずに越えて電車に轢かれてしまう』という事故があるじゃないですか。 巻き込まれた本人もさる事ながら、電話の相手も大変で…