出ると噂されているホテル

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

IMG_9382k5d

仕事で地方へ行く用事が出来て、時間の関係で前の晩に新幹線に乗り一泊することになった。

それで、同僚と話している時に予約したホテルの名前を言ったら、

「お前知ってる? そのホテルってさあ…」

とか話し出した。そいつはその手の話が大好きで、俺すっげえ臆病だから絶対聞きたくなくて、

「バカやめろよ、言うなよ!」

と慌てて遮り、その時は聞かずに済んだんだけど、そいつのせいでホテルに着いた後も妙に気味が悪かった。

どうせ一泊しかしないんだから、さっさと寝ちまおうと思い布団に入ったんだけど、そういう時って一回でも怖いと思ったら終わりなんだよね。

寝るのも起きるのも身動きするのも嫌で、もう朝になるのを待つしかない。

そして布団の中で色々考えた。何故かその時は死ぬのが異様に恐かった。

ずっと死ぬことばかりを考えていて、『いやだ、怖い、死にたくねえ、でもいつか死ぬ。誰か助けて』と頭の中で繰り返していた。

もう本気で寝るのを諦め、どこかの飲み屋にでも行って時間を潰そうかと思い始めた時、

「ドンドンドンドン!!」

と部屋のドアが叩かれているんだよ。心臓停まんなかったのが不思議なくらいビビった。

「ドンドンドンドン!!」

幽霊? 火事? 知り合い? 何か事故でもあったのか。とりあえず電気を点けたが、ドアを開けるのは恐く、

「なんですかー?」

と答えてみたら、叩く音はピタッと止んだ。そのまましばらく身構えていたけど何も言ってこない。もう寝ていられる状態じゃない。

しばらくしたら、また

「ドンドンドンドン!!」

とドアを叩く音がした。

「なんかあったんですかー!?」

でも返事は無い。本当に緊急ならホテルの人間が何か言ってくる筈だ。鍵も開けられるだろうし、部屋の電話も携帯電話もある。

それなら大した用事じゃないのか? でもさっきからの妙な気分は引きずっていて、とにかく怖い。

「ドンドンドンドン!!」

フロントに電話をしようと思ったが、そういう他人とのコンタクトが凄く不安な状態だった。

言っても通じなかったらどうしよう。というより、何か変なのが電話に出たらどうしよう。

そんな事を考えていると、

「ガチャガチャガチャ!!」

ノブ回してるよ。入って来る気だよ。どうしよう。どうしよう。ビビりまくっていたがベッドの上から動けず、とにかく早く朝になれと思った。

「ドンドンドンドン!!」

「ガチャガチャガチャ!!」

イタズラか? 近くの部屋に頭のおかしいやつが泊まってんのか?

早くこの時間が終わることだけを祈っていると、段々空が白くなり、ドアを叩く音の間隔が長くなってとうとう止んだ。

仕事で朝が早いのが救いだった。フロントに電話をしてチェックアウトしたいと言い、後は普通。仕事して家に帰った。

それで、前にホテルの話をしかけた同僚を掴まえて、

「あそこ何かあったの?」

と聞いてみたら、数年前に火事があって、大した火ではなかったんだけど一人亡くなって、それから出るとか出ないとか。まあ、そういう話だった。

「ドア叩くんだろ?」

「何で知ってんの? もしかしてお前、何かあった?」

「うん」

「へー。何号室?」

同僚の話を聞くと、俺が泊まっていた部屋に居た人が火事で亡くなったらしい。

その人はどうやら逃げ遅れたらしく、パニックになっていたのかドアが壊れていたのかは分からないけど、部屋の鍵が開けられなくなったそうだ。

「やっぱ幽霊だったんだな。開けなくて良かった」

と言った俺に同僚は、

「なんで? そいつ部屋の中から外に出たくてドア叩いてたんだろ?」

部屋の灯り

北海道の知床の近くにある○○という町に友人と行った時のこと。 知床半島の岬を観光するにはその町からバスに乗る必要があったんだけど、田舎なだけにバスが3時間に一本で、面倒臭くなって…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。 その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

スパイラル

遺伝

子供たちを連れて実家に遊びに行った時のこと。 普段から穏やかな母と明るい父と、同居の妹一家と、みんなで楽しく話していた。 途中で母が「そうだ、○○(長男)にいい本を見つけた…

アパート

宗教団体のアパート

小学生の頃、友人にMちゃんという子がいた。 Mちゃんの両親(特に母親)は宗教好きで、よく解らないけど色々やっていたようだった。 家に遊びに行くと、絵の得意だった自分に半紙を…

ここにいたあ

13日に田舎の墓参りに行ってきた。 毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。 お経も終わり墓参りも終わ…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。 でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

教室(フリー写真)

余るプリント

この間久しぶりに会った、20年来の幼馴染から聞いた話。 幼馴染(A男)は、ある女子高で英語の教師を勤めていた。 Aはいつも英語を教えるクラスの生徒に配るプリントを校内のコ…

姪っ子に憑依したものは

高校生の夏休み、22時くらいにすぐ近所の友達の家に出かけようとした。 毎日のように夜遅くにそこへ出かけ、朝方帰って来てダラダラしていた。 ある日、結婚している8歳上の姉が2…

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。 顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。 駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

カーテン(フリー写真)

少年とテレビ

これは僕の姉が、今の旦那と同棲中に体験した話です。 姉は何年か前に、京都の市内にあるマンションに旦那さんと住んでいました。 当時旦那さんは朝早い仕事をしており、毎朝5時には…