お通夜を覗く女性

公開日: 心霊体験 | 怖い話

窓ガラス(フリー写真)

15年程前、不思議な体験をしました。

当時は福井の田舎に住んでおり、高校生の僕は、友人の母親のお通夜へ行きました。

崖崩れか何かの急な事故で亡くなったとのことでした。

葬儀場は木造の古い公民館で、息子の学校関係者ばかりが目立つ寂しい葬儀でした。

会場へ入る時に入り口横のガラス窓を何気なく見上げると、ガラス一杯に顔を近付けている、中年の瘠せた女性と目が合いました。

喪服を着ているようなので、親戚か近所の人が手伝いに来ているのだろうと思いました。

会場の中に入ると中央に写真があり、先程の女性が写っていました。

きっと親戚だから似ているのだろうぐらいに思い、その時はあまりピンと来ませんでした。

しかし会場を出る時、正に背筋が凍り付きました。

女性が写っていた窓の内側には、村の祭礼用の道具がびっしり仕舞ってあり、とても人の入れるスペースなどありません。

その後、十年程は怖くて怖くてずっと自分の胸に閉まっていました。

今から考えると、彼女はあそこに立ち、ずっと列席者を見ていたんですね。

色白の頬と、くっきりとした眉毛が現在でも脳裏に焼き付いています。

死刑執行スイッチ

最近、とある悪戯サイトが流行っているそうだ。 ネットを巡回している時に、見慣れないリンクがある事に気が付く。 何気にそのリンクを踏むと、薄暗いコンクリートの部屋の真ん中に、…

峠

イキバタ

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。 現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。 俺はもう卒業したのだが…

校庭(フリー写真)

あやこさんの木

私が通っていた小学校に、あやこさんの木というのがあった。 何という種類かは分からないが、幹が太く立派な木だ。 何故、あやこさんの木と言うのかは判らない。 みんなそう呼…

夜のビル群(フリー写真)

モニターに映る影

俺が警備員をやっていたのは、テナントが幾つか入っているビルだった。 常駐警備員というのは、途中に待機時間があるくらいで、基本的に交代制の24時間勤務なんだよ。 故に深夜ビル…

肝試し

高2の夏休み。霊の存在を否定していた友達が、出ると評判の廃屋に1晩1人で泊まることに。 昼間、下見をしてあまりにも汚いので寝袋を用意。晩飯の後、廃屋の前で別れたのがそいつを見た最…

公園の違和感

夜遅くの帰り道、公園の横を通った。遠くから歩きながら公園の方を見ると、なんか違和感がある。 近づいていくと、違和感の正体が分かった。電信柱の長さが違う。一方の電信柱の上に、髪が長…

自首した理由

俺の親戚に元刑務官って人がいる。 その人が言うには、刑務官の仕事って受刑者を監視する事じゃなくて、受刑者に人の温かみを教えるのが本当の仕事らしい。 そんな叔父は時間があれば…

7人ミサキ

私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、殆ど面子が変わることはありません。 これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確…

工事現場(フリー写真)

マンホールの男

昔、警備会社の夜勤をやっていた時の話。 多くは国道の道路工事の現場で、車通りの多い道で騒がしい音の中働いていた。 ある日、珍しく裏道の仕事が回って来た。 その細い裏道…

子供の寝顔(フリー写真)

した

親父から昔、何度か聞かされた話。 俺が2、3歳の頃、一緒に住んでいた曾祖母が亡くなった。 その頃はまだ、人が死ぬということもよく解っていなかったと思う。 ※ その3日後…