杉沢村

公開日: 本当にあった怖い話

abstract-art-original-whimsical-modern-landscape-painting-bursting-forth-by-madart-megan-duncanson

某県八○田山系の裾野に杉沢村という小さな村があった。

ところがある日、この村に住む一人の男が突然発狂し、住民全員を手斧で殺害。

犯行後、男もまた自らの命を絶ってしまったため、村には人が一人もいなくなってしまったのだ。

この事件により村として成立しなくなった杉沢村は、事件を覆い隠そうとする自治体によって密かにその存在を抹消された。

地図の上から名前を消され、某県の公式記録の中からも名前を消され…。

廃墟と化した杉沢村にはそれ以来近づくものはなく、50年の歳月が静かに流れて行った。

ところが…。

いかに某県が真実を隠蔽しようとしても、人々の記憶までは消せるものではない。

杉沢村の事件は地元の老人たちによって語り伝えられ続けていた。

一説では作家の横○正史はこの杉沢村の事件を伝え聞き、その話をモデルにして「八つ墓村」を執筆したとも言われている。

杉沢村の事件は地元の住人にとって言わば公然の秘密であったのだ。

ある日のこと、某県の山中をドライブしていた3人の若い男女が道に迷い、山奥にある古ぼけた鳥居の前に辿り着いた。

鳥居のすぐ下には大きな石が二つあり、そのうちの一つはドクロのような形に見える。

運転手の若者はこの時、昔聞いたある噂のことを思い出した。

ドクロ岩の祀られた鳥居が杉沢村の入り口であるという噂を。

男たち二人は車から降りると「恐いからやめようよ」と嫌がる女を連れだし、杉沢村を探検してみることにした。

鳥居をくぐり100メートルほど杉林の中を歩いて行くと、不意に3人の前に空き地が広がり、そこに四軒の古びた廃屋が姿を現した。

そのうちの一軒に3人が足を踏み入れると、その家の内壁には大量の乾いた血の跡がある。

男たちが背筋に寒いものを感じた時、連れの女性が突然こう叫びだした。

「ねえ、絶対に何かおかしいわ。人の気配がするの!」

驚いた3人が慌てて廃屋の外に飛び出すと、確かに彼らを囲むように大勢の人がいる気配を感じる。

3人は大急ぎで車へ向かい走り始めた。

ところが、どうしたことだろう。どんなに走り続けても、なぜか車の元へ辿り着くことができないではないか。

広場から車までの距離はほんの100メートル程であったはずだし、道も一本なので迷いようがない。

それなのに、3人は行けども行けども杉林の中から抜け出すことができないのだ。

いつしか3人は逸れてしまい、女性一人だけが長い間走り続けた後、どうにか車まで戻ることが出来た。

幸い車のキーは刺したままになっている。彼女は助けを呼びに行こうと運転席に乗り込み、車を発進させようとキーを回した。

ところが、いくらキーを回してもなぜかエンジンがかからない。

彼女は泣き出しそうになりながら何度も、何度もキーを回し続けた。

その時…。

「ドン、ドン、ドン!」

突然車のフロントガラスから大きな音が鳴り響いた。

見ると車のフロントガラスを血に染まった真っ赤な手が激しく打ちつけている。

いや、フロントガラスだけではない。車の前後左右の窓に無数の血まみれの手が現れ、一斉に窓ガラスを突き破るかのような勢いで叩き始めたのだ。

彼女は恐怖でその場に蹲ると、やがて意識を失ってしまった…。

翌日の朝、地元のとある住人が山道の途中で、血の手形が無数につけられた車の中で茫然自失となっている彼女の姿を発見した。

彼女の髪は恐怖のためか一夜にして白髪と化していたという。

病院に運び込まれた彼女は、そこでこの恐怖の体験を物語った後、突然姿を消してしまった。

これ以後、彼女の姿を見たものはなく、彼女の連れであった二人の男性も姿をくらましたままである。

呪われし悪霊の村、杉沢村。

ここに足を踏み入れた者に、命の保証はない。

ハコマワシ(長編)

半年くらい前、怖い体験をした。心霊現象ではないが、かなり気持ち悪い体験だ。長くなると思うから適当に読み流してくれても構わない。中学生だった頃、俺のクラスに霊感少女がいた。家が神…

アパート

宗教団体のアパート

小学生の頃、友人にMちゃんという子がいた。Mちゃんの両親(特に母親)は宗教好きで、よく解らないけど色々やっていたようだった。家に遊びに行くと、絵の得意だった自分に半紙を…

姪っ子に憑依したものは

高校生の夏休み、22時くらいにすぐ近所の友達の家に出かけようとした。毎日のように夜遅くにそこへ出かけ、朝方帰って来てダラダラしていた。ある日、結婚している8歳上の姉が2…

竹林

小学校の頃の話です。おいらが行ってた小学校の側に竹林があって、そこには「怪しい人が出るから行っちゃ駄目です」って言われてたのね。俺は結局行かずじまいやったんやけど、結構…

島

無人島の怪異

死んだ祖父さんが法事で酔っ払った時に聞いた話。祖父さんは若い頃、鹿児島で漁師をしていた。ベテラン漁師の船に乗せてもらいながら働いていて、毎日のように漁に出ていた。 …

だ~れだ?

今から2年程前のことです。とあるアパートに彼女と同棲していました。その日はバイトが早めに終わり、一人でテレビを見ながら彼女の帰りを待っていると、「だ~れだ?」という声と共に目隠…

占い師

昔、姉夫婦と私と彼氏の4人で食事した帰りに『この悪魔!!!』って女性の叫び声が聞こえた。声のする方向を見ると、路上で占いしてる女性が私に向かって指を差して『悪魔!!悪魔ああああ…

ペンタブレット(フリー写真)

アシスタントの現場で

4年程前、某マイナー系の雑誌でそこそこに人気のあった漫画家さんの所へ、3日間という契約でアシスタントをしに行った時の話です。引っ越したばかりの、狭いながらも新築で清潔そうなマン…

自動販売機

赤いランドセルの少女

私の大学は結構な田舎でして、羽根を伸ばす場所がこれと言ってありません。そういう事情に加え、学生の多くが車を所有していることもあり、必然と連れ立ってドライブに行くことが遊びの一つ…

夜の住宅街(フリー素材)

屋根の上の女

今年の夏の体験。私の家は山の上の方にある。夜、喉が渇いたので飲み物を買おうと、500メートルほど坂を下った所にあるコンビニへ行くため自転車に乗った。私の家からコ…