杉沢村

公開日: 本当にあった怖い話

abstract-art-original-whimsical-modern-landscape-painting-bursting-forth-by-madart-megan-duncanson

某県八○田山系の裾野に杉沢村という小さな村があった。

ところがある日、この村に住む一人の男が突然発狂し、住民全員を手斧で殺害。

犯行後、男もまた自らの命を絶ってしまったため、村には人が一人もいなくなってしまったのだ。

この事件により村として成立しなくなった杉沢村は、事件を覆い隠そうとする自治体によって密かにその存在を抹消された。

地図の上から名前を消され、某県の公式記録の中からも名前を消され…。

廃墟と化した杉沢村にはそれ以来近づくものはなく、50年の歳月が静かに流れて行った。

ところが…。

いかに某県が真実を隠蔽しようとしても、人々の記憶までは消せるものではない。

杉沢村の事件は地元の老人たちによって語り伝えられ続けていた。

一説では作家の横○正史はこの杉沢村の事件を伝え聞き、その話をモデルにして「八つ墓村」を執筆したとも言われている。

杉沢村の事件は地元の住人にとって言わば公然の秘密であったのだ。

ある日のこと、某県の山中をドライブしていた3人の若い男女が道に迷い、山奥にある古ぼけた鳥居の前に辿り着いた。

鳥居のすぐ下には大きな石が二つあり、そのうちの一つはドクロのような形に見える。

運転手の若者はこの時、昔聞いたある噂のことを思い出した。

ドクロ岩の祀られた鳥居が杉沢村の入り口であるという噂を。

男たち二人は車から降りると「恐いからやめようよ」と嫌がる女を連れだし、杉沢村を探検してみることにした。

鳥居をくぐり100メートルほど杉林の中を歩いて行くと、不意に3人の前に空き地が広がり、そこに四軒の古びた廃屋が姿を現した。

そのうちの一軒に3人が足を踏み入れると、その家の内壁には大量の乾いた血の跡がある。

男たちが背筋に寒いものを感じた時、連れの女性が突然こう叫びだした。

「ねえ、絶対に何かおかしいわ。人の気配がするの!」

驚いた3人が慌てて廃屋の外に飛び出すと、確かに彼らを囲むように大勢の人がいる気配を感じる。

3人は大急ぎで車へ向かい走り始めた。

ところが、どうしたことだろう。どんなに走り続けても、なぜか車の元へ辿り着くことができないではないか。

広場から車までの距離はほんの100メートル程であったはずだし、道も一本なので迷いようがない。

それなのに、3人は行けども行けども杉林の中から抜け出すことができないのだ。

いつしか3人は逸れてしまい、女性一人だけが長い間走り続けた後、どうにか車まで戻ることが出来た。

幸い車のキーは刺したままになっている。彼女は助けを呼びに行こうと運転席に乗り込み、車を発進させようとキーを回した。

ところが、いくらキーを回してもなぜかエンジンがかからない。

彼女は泣き出しそうになりながら何度も、何度もキーを回し続けた。

その時…。

「ドン、ドン、ドン!」

突然車のフロントガラスから大きな音が鳴り響いた。

見ると車のフロントガラスを血に染まった真っ赤な手が激しく打ちつけている。

いや、フロントガラスだけではない。車の前後左右の窓に無数の血まみれの手が現れ、一斉に窓ガラスを突き破るかのような勢いで叩き始めたのだ。

彼女は恐怖でその場に蹲ると、やがて意識を失ってしまった…。

翌日の朝、地元のとある住人が山道の途中で、血の手形が無数につけられた車の中で茫然自失となっている彼女の姿を発見した。

彼女の髪は恐怖のためか一夜にして白髪と化していたという。

病院に運び込まれた彼女は、そこでこの恐怖の体験を物語った後、突然姿を消してしまった。

これ以後、彼女の姿を見たものはなく、彼女の連れであった二人の男性も姿をくらましたままである。

呪われし悪霊の村、杉沢村。

ここに足を踏み入れた者に、命の保証はない。

関連記事

刑ドロ

小さい頃から柔道をやっていたのだが、そこで起きた話。その道場では毎年12月の初め頃に「鏡開き」をやっていた。夕方18時から夜の22時くらいまで、道場がぜんざいやおせちを…

山を穢した代償

以前に住んでいたマンションの大家さんは、御主人が亡くなったのを機に田舎の土地を処分し、都会にマンションを建て息子夫婦と同居した。老女は何かと話し掛けてくれ、俺も機会があれば田舎…

新宿地下道

3ヶ月程前の出来事。新宿の某百貨店の地下道を通って某大型書店へ通じる地下道があるのだが、その道を歩いていた時の事。通路に入って暫らく歩いていると、床と壁の間くらいのところに人間…

不審な女性

10年程前の話です姉が「ビデオを返してくる」と言って家を出て行ったのは夕方の6時半ごろでした。季節は冬の始まりぐらいで、もう大分暗くなってきていました。それから…

逆さの樵面

私が生まれる前の話なので、直接見聞きしたことではなく、その点では私の想像で補ってしまう分もあることを先に申しておきます。それから地名、人名等は仮名としました。もったいぶ…

しがみついて

3年前、家族でI県の海岸にあるキャンプ場に遊びに行った。キャンプ場は崖の上にあり、そこからがけ下まで階段で下りると綺麗な砂浜があった。私達の他にもたくさんキャンプに来てる人がい…

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…

文字化けメール

去年の3月の事。俺は高校を卒業し、大学へ通うようになるまでの数週間、暇を持て余してひたすら遊び歩いていた。そんなある日の夕方、友人(A)から「暇だからドライブ行こうぜ!」という…

死亡事故の多い交差点

実体験を書きます。小学2年生の頃、交差点で車に撥ねられました。場所は小学校の通学路で、小学生の死亡事故が何度かあった交差点です。私は歩行者信号が赤だったので下を…

サイパン(フリー画像)

サイパンに残された日本兵

十数年前の「人事院月報」という、国のお堅い雑誌の読者欄に何故かあった話。少し怖かったので今でも覚えています。大体下記のような内容でした。 ※ 夏休み、一家でサイパンを訪れた…