きまり

DSC-HDR00021_2_3_4

平成10年9月10日、O県H市にある廃虚に肝試しに行ったのが ”こと” の始まりだった。見なかったことにしようというのがいけなかった…。

当時、私とA、Bの私達3人はドライブがてらよく心霊スポット巡りをしていた。

問題の場所は有名な所で、多くの人達が連日連夜訪れ、心霊スポットというより何時の間にか一種の溜まり場となっていた。

その建物は2階建てで、強盗殺人によって廃虚となったと言われていた。一階には3つの部屋(食卓、応接間、仏壇の置いてある部屋)があり、床の所々に穴が空いている以外、各部屋は全体的にきちんとしていた。

二階には4つの部屋(恐らく子供部屋が2つ、寝室、書斎らしき部屋)があった。

事件が起きたのは2階の子供部屋の一つで、パイプベットと床には無数の写真が散らばっており、そこは最も怖い部屋と言われ、肝試しのメインの場所だった。

その日(平成10年9月10日)は、私たち以外に3つのグル-プが先に訪れており、廃虚の入り口となる細道で何やら騒ぎながら話していた。

私たちが入り口に到着すると、その中の4人が寄ってきて、これどう思うかと言って3枚のポラロイド写真を見せてきた。

3枚とも問題の部屋を撮った写真で、2枚は部屋の中で、1枚は窓を外から撮ったものだった。

部屋の中の写真は、曇ったオレンジ光がベット上に写っているものと、その後に撮ったものにはオレンジ光はなく、白い丸い霧が同じところに写っていた。

そして最後に撮った外からの写真には、窓に撮っている人を眺めている人影のようなオレンジ光が混ざった白い霧が写っていた。

これらの写真を撮ったグル-プが一番先に到着しおり、他の2つのグル-プも私たち同様に写真を見せられ、まだ廃虚には入っていなかった。

そして、真相を確かめようというより、霊が見られるかもという期待感が高まり、みんなで行ってみることになった。

到着すると、写真のせいもあって廃虚には不気味な感じが漂っているように感じた。

全員で11人で、中に入る人と外で待つ人を決めている時だった。廃虚の中から3人の小学生くらいの女子がいきなり笑いながら走り出してきた。

私たちは殆ど同時に叫び、びびったがよく見たら ”生きている” 女の子達で、そして私たちに「笑いにきたら駄目だよ」「赤い毬見つけたら教えてね」と不気味で意味不明なことを言ってきた。

私たちの一人が何してるのと尋ねると、一人の子がろれつの回らない早口で「許す許さないの問題じゃなくてきまりだから、アハハハハ」と言った、というより叫んだ。

3人ともかなり様子が変で、しかも深夜1時ということもあり、この達は事件に巻き込まれたんじゃないかと思い警察に電話しようとした時、一台の車がやってきた。

中から中年の夫婦と老婆が降りてきて、私たちのところにやってきた。そして、夫婦は子供達を車に乗せ、老婆が私たちに

「あんたら、はやく帰りなさい、ここはいかん、この子達は孫で、可哀相におかしいんだ。夜な夜な抜け出してここに行く、家から3キロあるのに。

あんたら肝試しはいかんよ、わたしは霊は信じないけど、この子らみてると辛くてね、おかしくなる前と顔が他人になってるのよ。かえりなさいよ」

と忠告した。

今思えば、本当に帰るべきだったと後悔しているが、あの時はその忠告が期待感を高め、その好奇心に負けてしまった。それがいけなかった…。

老婆らが帰った後、写真を撮ったグル-プの一人が、自分達が来る前からあの子達は廃虚のどこかに隠れていたことに気づいた。

隠れる場所といえば、穴のあいた床下か、仏壇の横にある押し入れ、または問題の部屋のベット下…。

ともかく、そのことの不気味さと恐怖感を抑えて私たち6人は部屋の中に入り、残りの5人が万が一のことを考え外で各車のエンジンをかけたまま待つことになった。

私は中に入ることになった。

階段は一列にならばないと昇れない構造で、私は前から3番目で、昇りながら「こういう場合は、もし霊が出るなら、じわじわりと前触れがあるんだろうな」と勝手に想像していたが、前の二人(男と女)が部屋に入った瞬間、男の悲鳴とともにその想像が一瞬に崩れた。

私たちは何事かと思い部屋に駆け込んだ。そしたら、女が虚ろな目で仰向けに倒れており、くねくねしながら何か呟いていた。

はじめは小声だったが、いきなり甲高い声で笑い「きまりだよ、あはは、きまりだから、きりはずしても駄目なの、また行くよ」と叫びはじめた。

私たちは焦り、女を担ぎ、一目散に部屋から逃げて車に飛び乗った。

みんな無我夢中で別の車に飛び乗った。私は担がなかった方だが、女と同じ車に乗った。

女の方は半分気を失っている状態で、汗をびっしりかいていた。先頭の車に続き私たちはファミレスに入った。

女はすぐに別の子とトイレに入り吐いた後、気を取り戻した。みんなしばらく放心状態だったが、女がポケットに何か入っていると言った。

それはあの部屋に散らばっていた一枚の写真で、それを見て、みんな凍りついた。

写真の日付は1979年11月3日で、写っていた女の子の顔が廃虚から出てきたあの3人の女の子の、意味不明なことを叫んでいた方と物凄く似ていた。

女は写真を見て泣き出した。

女が言うには、部屋に入ったら写真の子がベットに正座で座っており、目が合うとニヤつきながら立ち上がり飛びついてきて、息苦しくなり意識が飛んで、気が付いたら車に乗っていたと…。

関連記事

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。 ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

夜道

白い傘を差した人

ある日、友人と遊んだ後、雨が降っているし時間も遅いからということで友人を家に送った帰りの話。 今週の漫画をまだ読んでいないなと思い、コンビニへ行った。店内に客は自分だけ。 …

零の開発中に起きた怪奇現象

これまでホラーゲーム『零』シリーズは、絶対お祓いをしないというディレクターの柴田の信念がありました。 本当に恐いことが起こるゲームとしては、逆にお祓いをしては恐怖を逃すことになる…

小島(フリー写真)

海女さんの心霊体験

私は23歳で、海女歴2年のあまちゃんです。 泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしていますが、不思議な体験をした事があります。 ※ 海女になりたての頃、自分に付い…

頼もしい親父

親父が若かった頃、就職が決まり新築のアパートを借りたらしい。 バイトしていた材木店のトラックを借り、今まで住んでいたボロアパートから後輩に頼んで引越しをした。 特に大きい物…

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。 私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。 曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。 普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…

小さな鍾乳洞

少し昔……と言っても15年以上前の話になる。 俺の地元には小さな鍾乳洞がある。 田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても鍾乳洞を利用して観光ビジネスを興そうとしたらし…

メールの送信履歴

当時、息子がまだ1才くらいの頃。 のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。 私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録して…

水の中の女

今から20数年前、私がまだ高2の時の事だ。 当時私は部活に励んでいて、その日は梅雨真っ只中。 薄暗い夕暮れ時に、いつものように部活から帰っていた。 私はその頃奇怪な体…

電柱から覗く女の子

関西圏からの報告で多い話を一つ。 友達と何人かで遊んでいて、夕方ぐらいになるとこちらをそっと覗いている小学校高学年位の女の子がいる。 その子は木や電柱、校舎の壁などから顔を…