隣の女子大生

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

563d1498acaa3bff519912df440cce06

貧相なアパートに暮らす彼の唯一の楽しみは、隣に住む美女と語らうひとときだった。

ただ、一つだけ腑に落ちない点が…。

当時、彼の住むアパートは、築30年の6畳一間で、おんぼろアパートという言葉がぴったりの建物であった。

コンビニからも遠く、駅から自転車で30分もかかる物件だったが、そのぶん家賃は随分と安かった。

それでも彼は、そのアパートになにか温かいものを感じ、とても気に入っていた。

そして、それ以上に嬉しかったのは、隣の部屋に住む女子大生が美人で、とても親切だったことである。

顔を合わせるといつも挨拶してくれるし、付近のコインランドリーや美味しい定食屋など色々教えてくれたのだ。

そうする内に彼は、いつしかその女子大生に恋心を抱くようになっていた。

そして、彼女のことを考えると胸が締め付けられて苦しくなるのである。

彼はいつの日か彼女に告白しようと心に誓うのだが、その女子大生にも嫌なところがたった一つだけあった。

それは、彼女が幽霊の話をよくするところであった。

「このアパートには霊がいる」

「一階で霊の祟りで死んだ人がいる」

「昨日、金縛りに遭った」

など、廊下や階段での立ち話でも、必ずこういう話をするのだ。

「なんで、彼女はこんな話ばかりするのかな…」

元来臆病な彼は、そういう話を聞くのも駄目で、そのときばかりは閉口してしまうのだった。

ある夜のこと、彼が寝ていると何者かが布団の上に覆いかぶさってきた。

そして、彼の全身に重みをかけて、首を締めつけてくる。

「彼女が言っていた霊現象って、このことか…」

恐怖の中で、彼はそいつの手をなんとか引き離し、体をはねのけ電気を点けたのだ。

すると、部屋の中には誰もいない。自分が寝ていた乱れた布団があるのみである。

「これは、一体何なんだ。俺の幻覚なのか? 彼女が霊の話をするので、ついに本物の霊が出たのか…」

不審に思った彼は大家さんのところへ行き、この体験を話したところ、大家さんはこう言った。

「あのアパートには、あなたしか住んでませんよ」

関連記事

住宅街(フリー写真)

ヤクルトをくれるお婆さん

あれは俺が小学4年生の時でした。当時、俺は朝刊の新聞配達をしていました。その中の一軒に、毎朝玄関先を掃除しているお婆さんが居ました。そのお婆さんは毎朝、俺が …

寮

オッサン管理人

ホラー映画を観たり怖い話を聞いたりするのは大好きだけど、自分がそういう体験をするのは絶対嫌だと言う友人から聞いた話です。 ※ 10年くらい前の話。当時、友人は会社の社員寮や…

縁の下

あるタクシー運転手の奥さんが、まだ5才になったばかりの子を残して亡くなってしまった。父親は仕事柄出掛けている時間が長く、そのあいだは隣の家に子どもを預けていた。しかし、…

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)ですまあ、それは良いと…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

見つけて…、お願い…

これはもう25年以上も前ですが、実際に体験した話です。元々ある場所に起因する話なのですが、当時私が高校2年から3年へ上がる春休み中に、その事は起こりました。そのある場所…

雨の日の傘(フリー写真)

谷の置き傘

小学生くらいの時の話。親戚の家が辺鄙な場所にあった。裏手には山、逆側には谷がある。子供の遊び場としては最高だったのだけど…。そして谷にはよくゴミが捨てられる。山…

スマホを持つ女性(フリー素材)

ユキからのメール

今年の春からの出来事です。いきなり私の携帯に知らないアドレスからメールが届きました。『ユキだよ。○○ちゃん、今日のシャツちょぉぉぉカワイイ(>∀<)』そんなメー…

木更津古書店

これは自分の体験談という訳ではないんですが…。幽霊やなんかの仕業なのかもよく分かりません。私も大分絡んではいるんですが、祖母の様子がちょっと変なんです。原因は判っています。一通…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…