隣の女子大生

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

563d1498acaa3bff519912df440cce06

貧相なアパートに暮らす彼の唯一の楽しみは、隣に住む美女と語らうひとときだった。

ただ、一つだけ腑に落ちない点が…。

当時、彼の住むアパートは、築30年の6畳一間で、おんぼろアパートという言葉がぴったりの建物であった。

コンビニからも遠く、駅から自転車で30分もかかる物件だったが、そのぶん家賃は随分と安かった。

それでも彼は、そのアパートになにか温かいものを感じ、とても気に入っていた。

そして、それ以上に嬉しかったのは、隣の部屋に住む女子大生が美人で、とても親切だったことである。

顔を合わせるといつも挨拶してくれるし、付近のコインランドリーや美味しい定食屋など色々教えてくれたのだ。

そうする内に彼は、いつしかその女子大生に恋心を抱くようになっていた。

そして、彼女のことを考えると胸が締め付けられて苦しくなるのである。

彼はいつの日か彼女に告白しようと心に誓うのだが、その女子大生にも嫌なところがたった一つだけあった。

それは、彼女が幽霊の話をよくするところであった。

「このアパートには霊がいる」

「一階で霊の祟りで死んだ人がいる」

「昨日、金縛りに遭った」

など、廊下や階段での立ち話でも、必ずこういう話をするのだ。

「なんで、彼女はこんな話ばかりするのかな…」

元来臆病な彼は、そういう話を聞くのも駄目で、そのときばかりは閉口してしまうのだった。

ある夜のこと、彼が寝ていると何者かが布団の上に覆いかぶさってきた。

そして、彼の全身に重みをかけて、首を締めつけてくる。

「彼女が言っていた霊現象って、このことか…」

恐怖の中で、彼はそいつの手をなんとか引き離し、体をはねのけ電気を点けたのだ。

すると、部屋の中には誰もいない。自分が寝ていた乱れた布団があるのみである。

「これは、一体何なんだ。俺の幻覚なのか? 彼女が霊の話をするので、ついに本物の霊が出たのか…」

不審に思った彼は大家さんのところへ行き、この体験を話したところ、大家さんはこう言った。

「あのアパートには、あなたしか住んでませんよ」

関連記事

峠

イキバタ

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。俺はもう卒業したのだが…

魂(フリー素材)

守護霊の助け

若い頃、友人のBさんと久々に会い、飲みの席で「本格的な占いをお互いしたことが無い」という話で盛り上がったことがありました。酔った勢いで帰り道、幾つか閉まっていた占い場の中から適…

クローゼット(フリー画像)

ユダヤ人の隠し部屋

大学の夏休みに友達二人とドイツ郊外へ旅行に出掛けました。小さな民宿に泊まり、その次の日は早朝からドライブする予定だったので皆んなで早めに床に就いたのですが、夜中に友人が魘されて…

かんかんだら(長編)

中学生の頃は田舎もんの世間知らずで、悪友の英二、瞬と三人で毎日バカやってた。まぁチンピラみたいなもん。俺と英二は両親にもまるっきり見放されてたんだが、瞬のお母さんだけは必ず瞬を…

湖(フリー素材)

白き龍神様(宮大工13)

俺が中学を卒業し、本格的に修行を始めた頃。親方の補助として少し離れた山の頂上にある、湖の畔に立つ社の修繕に出かけた。湖の周りには温泉もあり、俺達は温泉宿に泊まっての仕事…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。嫁は交通事故で死んだ。ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

二階の窓から

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。そこは店からだいたい車…

動物霊

動物霊をご存知だろうか。その名の通り動物の霊なのだが、民間伝承でもよく知られているものは狐狸の類であろう。これらに限らず、特に畜産や水産に関わる動物への信仰は強く、墓や…

逃げられると思ったのか

勉強もできず、人とのコミュニケーションも下手。こんな僕は、誰にも必要とされていないんだろう。家では父のサンドバッグ。暴力はエスカレートして行く。とても悲しかった…

みょうけん様

うちの地元に「○っちゃテレビ」というケーブルテレビの放送局があるんだが、たまに「地元警察署からのお知らせ」というのを流すんだ。どこそこのお婆さんが山に山菜を採りに行って行方不明…