隣の女子大生

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

563d1498acaa3bff519912df440cce06

貧相なアパートに暮らす彼の唯一の楽しみは、隣に住む美女と語らうひとときだった。

ただ、一つだけ腑に落ちない点が…。

当時、彼の住むアパートは、築30年の6畳一間で、おんぼろアパートという言葉がぴったりの建物であった。

コンビニからも遠く、駅から自転車で30分もかかる物件だったが、そのぶん家賃は随分と安かった。

それでも彼は、そのアパートになにか温かいものを感じ、とても気に入っていた。

そして、それ以上に嬉しかったのは、隣の部屋に住む女子大生が美人で、とても親切だったことである。

顔を合わせるといつも挨拶してくれるし、付近のコインランドリーや美味しい定食屋など色々教えてくれたのだ。

そうする内に彼は、いつしかその女子大生に恋心を抱くようになっていた。

そして、彼女のことを考えると胸が締め付けられて苦しくなるのである。

彼はいつの日か彼女に告白しようと心に誓うのだが、その女子大生にも嫌なところがたった一つだけあった。

それは、彼女が幽霊の話をよくするところであった。

「このアパートには霊がいる」

「一階で霊の祟りで死んだ人がいる」

「昨日、金縛りに遭った」

など、廊下や階段での立ち話でも、必ずこういう話をするのだ。

「なんで、彼女はこんな話ばかりするのかな…」

元来臆病な彼は、そういう話を聞くのも駄目で、そのときばかりは閉口してしまうのだった。

ある夜のこと、彼が寝ていると何者かが布団の上に覆いかぶさってきた。

そして、彼の全身に重みをかけて、首を締めつけてくる。

「彼女が言っていた霊現象って、このことか…」

恐怖の中で、彼はそいつの手をなんとか引き離し、体をはねのけ電気を点けたのだ。

すると、部屋の中には誰もいない。自分が寝ていた乱れた布団があるのみである。

「これは、一体何なんだ。俺の幻覚なのか? 彼女が霊の話をするので、ついに本物の霊が出たのか…」

不審に思った彼は大家さんのところへ行き、この体験を話したところ、大家さんはこう言った。

「あのアパートには、あなたしか住んでませんよ」

女性のシルエット(フリー素材)

この女になろうと思った

友達が経験した話です。 高校の卒業式に、友人Aは同級生で親友だった男Bに告白された(Aも男)。 Aはショックで混乱しつつも、Bを傷付けないよう丁寧にお断りしたそうだが、Bか…

魂(フリー素材)

守護霊の助け

若い頃、友人のBさんと久々に会い、飲みの席で「本格的な占いをお互いしたことが無い」という話で盛り上がったことがありました。 酔った勢いで帰り道、幾つか閉まっていた占い場の中から適…

年賀状をくれる人

高校生の時から今に至るまで、十年以上年賀状をくれる人がいる。 ありきたりな感じの干支の印刷に、差出人の名前(住所は書いてない)と、手書きで一言「彼氏と仲良くね!」とか「合格おめで…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。 当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。 「ペアで登頂中にひとりが転落し…

逃げられると思ったのか

勉強もできず、人とのコミュニケーションも下手。 こんな僕は、誰にも必要とされていないんだろう。 家では父のサンドバッグ。暴力はエスカレートして行く。 とても悲しかった…

病院(フリー写真)

深夜病棟での心霊体験

私の兄は、神奈川県の某老人病院で看護士をしている。 その病院では、夜中に誰も乗っていないエレベーターが突然動き出したりなど、如何にも病院らしい話がよくあるとの事。 その兄が…

嫌な感じがする場所

これは俺が大学の頃の話なんだが、お前らさ、行っちゃいけない場所って分かる? 誰かに行っちゃいけないって言われた訳でもないんだけど、本能的というか感覚的に行きたくないって思ってしま…

消防隊員(フリー写真)

見知らぬお婆さん

もう15年も前の話。 当時、俺は小田急線の経堂に住んでいて、夜中に城山通り沿いのコンビニまで夜食を買いに行った。 自転車で城山通りを走っていて、コンビニ近くのバイク屋の前を…

やっと見つけた

俺が体験した洒落にならない夢の話。 夢の中で俺は葬式の招待の手紙を受け取った。 それが誰の葬式か分からないが、行ってみることにした。 その家に行ってみると、俺と同じく…

田舎の風景(フリー写真)

掌を当てる儀式

この間、ずっと忘れていた事を思い出しました。 前後関係は全く判らないのですけど、子供の頃に住んでいた小さな町での記憶です。 他の五人くらいの子供と、どこかの家の壁にぎゅーっ…