肝試しから戻らない7人

公開日: 怖い話 | 本当にあった怖い話

dark_night_by_rad_wulf-d5xx0pd

この話は実際に新聞に載った話です。

ある高校生の男女8人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。

夜も更けてきた所で、肝試しに行くことになりました。

でも本当の目的はむしろ、男女ペアになって行くという事の方が楽しみだったので、場所は安直に彼らの通う高校に行くことにしたそうです。

この高校は築100年近く経っていたので、行って見ると思ったより迫力があります。

早速男女ペアになって、一組づつ学校の周りを一周することになりました。

構内には入れなかったので、周りを一周するだけならせいぜい掛かる時間は20分程です。

まず最初の1組が出発しました。皆でひやかしたりしながら、にぎやかに去っていきました。

しかし、20分経っても30分経っても戻って来ません。

2人きりで何をしているんだろうかとひやかしながら、2組目が出発しました。

しかし、やはり彼らも帰って来ません。

3組目が出発することになりました。

この頃にはさすがに深刻になってきていて、絶対周ったら戻って来るし、他の奴等も見つけたら連れて来ると約束して出発しました。

そしてこの3組目も戻ってきません。

一組目が出発して、既に時間は2時間以上経っていました。

とうとう女の子は泣き出しました。

残ったもう一人の男の子が、

「俺が行ってくる。もし30分経っても俺が戻って来なかったら警察へ行け。 絶対待つなよ」

と言い残して駆け出しました。

そして、その子も戻ってきませんでした。

残された女の子は泣きながら、それでも1時間待ったそうです。

そしてその足で、警察へと向かいました。

警察官が探しても見つかりません。

しかし、夜もすっかり明けたころ、とうとう7人は見つかりました。

その高校にはグラウンドの端に、古くなった旧体育館があるそうです。

そこのトイレを開けると、7人全員が首を吊っていたそうです。

女の子の証言から自殺する理由が無いと思われたのですが、結局他殺の痕跡はなく、受験生の集団ヒステリーとして片付けられたそうです。

関連記事

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…

ホテルの一室(フリー写真)

ホテルの開かずの間

これは私の父が体験した話です。父は仕事で少し遠い所まで出張し、経費削減のため同僚と一緒に安いホテルに泊まりました。父には霊感があるのですが、当初はそのホテルから何も感じ…

エスカレーターの中の母娘

とあるヨーロッパの国に留学してた時の話を。まあ言葉もままならない頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。そして、その友人の中にAさんという方が居ます。私が彼と最後に話をしたのは高校…

7人ミサキ

私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、殆ど面子が変わることはありません。これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確…

海から来たるもの

普段付き合いのいい同僚が、何故か海へ行くのだけは頑として断る。訳を聞いたのだが余り話したくない様子なので、飲ませて無理やり聞き出した。ここからは彼の語り。ただし、酔って…

相乗り

僕が小学の低学年の時に、親におつかいを頼まれました。おつかいを済ませて、オートロック式の自宅マンションの暗証番号を押し扉を開けて、エレベーターホールに向かい、エレベーターが降り…

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…

インターホン

俺が5才の頃の出来事。実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…