肝試しから戻らない7人

公開日: 怖い話 | 本当にあった怖い話

dark_night_by_rad_wulf-d5xx0pd

この話は実際に新聞に載った話です。

ある高校生の男女8人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。

夜も更けてきた所で、肝試しに行くことになりました。

でも本当の目的はむしろ、男女ペアになって行くという事の方が楽しみだったので、場所は安直に彼らの通う高校に行くことにしたそうです。

この高校は築100年近く経っていたので、行って見ると思ったより迫力があります。

早速男女ペアになって、一組づつ学校の周りを一周することになりました。

構内には入れなかったので、周りを一周するだけならせいぜい掛かる時間は20分程です。

まず最初の1組が出発しました。皆でひやかしたりしながら、にぎやかに去っていきました。

しかし、20分経っても30分経っても戻って来ません。

2人きりで何をしているんだろうかとひやかしながら、2組目が出発しました。

しかし、やはり彼らも帰って来ません。

3組目が出発することになりました。

この頃にはさすがに深刻になってきていて、絶対周ったら戻って来るし、他の奴等も見つけたら連れて来ると約束して出発しました。

そしてこの3組目も戻ってきません。

一組目が出発して、既に時間は2時間以上経っていました。

とうとう女の子は泣き出しました。

残ったもう一人の男の子が、

「俺が行ってくる。もし30分経っても俺が戻って来なかったら警察へ行け。 絶対待つなよ」

と言い残して駆け出しました。

そして、その子も戻ってきませんでした。

残された女の子は泣きながら、それでも1時間待ったそうです。

そしてその足で、警察へと向かいました。

警察官が探しても見つかりません。

しかし、夜もすっかり明けたころ、とうとう7人は見つかりました。

その高校にはグラウンドの端に、古くなった旧体育館があるそうです。

そこのトイレを開けると、7人全員が首を吊っていたそうです。

女の子の証言から自殺する理由が無いと思われたのですが、結局他殺の痕跡はなく、受験生の集団ヒステリーとして片付けられたそうです。

関連記事

家宝の銅鏡

僕の家には家宝と呼ばれるお宝が三つある。 一つは家系図。約400年前まで遡る家系図は巻物数十巻に及び、勿体振った桐の箱に収められている。 もう一つは刀。かなり昔にご先祖様が…

生まれ変わり

物心がついた頃から、 「僕は1回死んだんだ」 って言っていた。 むしろその記憶は今でも残ってる。 その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

エスカレーター

私がビル警備員のバイトをしていた時の話です。 場所は都内のSデパートですが、当時でも既に一般的な設備は乏しく防火シャッターの開閉は勿論、エスカレーターやエレベーターの設定変更等も…

看護婦寮

これはまだ私が日本に居た時の話なので、10年くらい前のことです。もう既にその寮は取り壊されているし、かなりの年月も経っているので文章にしてみました。 未だに当時の細部まではっきり…

さまようおっさん

オレは結構、日常的に金縛りに遭うんだよね。あと、変なもん、いわゆる幽霊って奴の姿もたまに見る。『あ、出るな』って時の感覚も、敏感に感じちゃうわけ。 ある日の朝、オレはいつものよう…

外でお経を読むこと

一応これでも修験道の行者をやっています。お寺と師弟関係を結び、京都にある某本山で僧籍を持っています。 そんな私が駆け出しの頃に体験した怖い話です。 やはり修行をしていますと…

田舎で起きた事件

これは実際に起こった事件にまつわる話。 今から15年前、俺は当時10歳だった。 俺の地元は山形県の中でも更に田舎なところで、ご近所さんはみんな親戚みたいなものだった。 …

下心

これは7年ぐらい前の話です。 高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。 実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。 一人暮らしを始めて3ヶ月…

踏切(フリー写真)

開かない踏切

取引先の人から聞いた話。 それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。 彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。 付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗…

競売物件

競売物件

自動車免許を取りに免許センターへ通っていた時に仲良くなった人から聞いた話。 筆記試験が終わり、知り合いも来ていないし一人でぼーっとしていると、20代後半くらいのサラリーマン風の人…