肝試しから戻らない7人

公開日: 怖い話 | 本当にあった怖い話

dark_night_by_rad_wulf-d5xx0pd

この話は実際に新聞に載った話です。

ある高校生の男女8人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。

夜も更けてきた所で、肝試しに行くことになりました。

でも本当の目的はむしろ、男女ペアになって行くという事の方が楽しみだったので、場所は安直に彼らの通う高校に行くことにしたそうです。

この高校は築100年近く経っていたので、行って見ると思ったより迫力があります。

早速男女ペアになって、一組づつ学校の周りを一周することになりました。

構内には入れなかったので、周りを一周するだけならせいぜい掛かる時間は20分程です。

まず最初の1組が出発しました。皆でひやかしたりしながら、にぎやかに去っていきました。

しかし、20分経っても30分経っても戻って来ません。

2人きりで何をしているんだろうかとひやかしながら、2組目が出発しました。

しかし、やはり彼らも帰って来ません。

3組目が出発することになりました。

この頃にはさすがに深刻になってきていて、絶対周ったら戻って来るし、他の奴等も見つけたら連れて来ると約束して出発しました。

そしてこの3組目も戻ってきません。

一組目が出発して、既に時間は2時間以上経っていました。

とうとう女の子は泣き出しました。

残ったもう一人の男の子が、

「俺が行ってくる。もし30分経っても俺が戻って来なかったら警察へ行け。 絶対待つなよ」

と言い残して駆け出しました。

そして、その子も戻ってきませんでした。

残された女の子は泣きながら、それでも1時間待ったそうです。

そしてその足で、警察へと向かいました。

警察官が探しても見つかりません。

しかし、夜もすっかり明けたころ、とうとう7人は見つかりました。

その高校にはグラウンドの端に、古くなった旧体育館があるそうです。

そこのトイレを開けると、7人全員が首を吊っていたそうです。

女の子の証言から自殺する理由が無いと思われたのですが、結局他殺の痕跡はなく、受験生の集団ヒステリーとして片付けられたそうです。

アパートの階段(フリー写真)

山口さん

以前住んでいたアパートで体験した話。土曜日の夕暮れ時に居間でまったりしていると、不意にインターフォンのチャイムが鳴ったので受話器を取る。俺「はい」訪問者『山口…

黒ピグモン

深夜にひとりで残業をしていた時の話。数年前の12月の週末、翌週までに納品しなければいけない仕事をこなす為に、ひとり事務所に残って残業していた。気付けば深夜0時近く。連日…

手(フリー写真)

死者の夢

俺の友人Aは、小さい頃から長い休みになると毎回父方の田舎に一人で帰省していた。Aが中学2年生の時、数日前から体調を崩して寝込んでいた爺ちゃんが、Aと叔母さん(A父の姉)にこん…

アパート(フリー写真)

出前のバイト

大学生の頃に体験した話。俺は下宿近くにある定食屋で出前のアルバイトをしていた。本業の片手間の出前サービスという感じで、電話応対や梱包、配達まで調理以外のをほぼ全てを俺…

骨折り

私が中学二年生の時に祖父が死に、その葬儀に行く事になった。当時、北海道に住んでいた私にとって 本州に住んでいる父方の祖父とは会う機会も少なかった。また祖父の性格も寡黙で…

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。すると田んぼの中に、…

呪いの人形

最初は、ほんの冗談だった。うちのクラスには、一人どうしようもない馬鹿がいる。野口と言う奴だけど、みんなはノロ、ノロと呼んでいた。なんでも信用するので、からかって…

学校の屋上(フリー背景素材)

卒業式に撮った写真

俺がまだ小学生の頃、ある日の道徳の授業の時のこと。先生が学生時代の頃に「こっくりさん」が流行っていて、その時にクラスの女子が取り憑かれ、みんなでお祓いに連れて行ったという話があ…

第二次世界大戦(フリー素材)

再生

祖父が戦争中に中国で経験した話。日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父の入っていた中隊は中国の山間の道を南下していた。ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事…

もう一つの顔

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいで…