廃ホテルでの心霊体験

廃墟(フリー写真)

高校生の頃、十数人でサバイバルゲームをやった時の話。

場所はよくある荒れ果てたホテル跡で、人家からかなり離れているので誰も来ないし、幽霊が出るという噂からヤンキーすらあまり来ない。

それに、ゲームに熱中するあまり嫌な気分は吹き飛んでいたし、仲間内に怖いと言うと馬鹿にされる風潮があった。

散々遊んだ後、五階の大部屋でみんな集まり装備の手入れをしていると、誰ともなく

「遊んでいる最中に気配を感じる」

と言い出した。

狙い狙われる遊びだから気配がするのは当然なのだけど、それとは少し違うと言う奴が殆どだった。

かく言う俺もそうだった。

そんな話をしていると、下階から誰かが上がって来る足音が響いた。

車やバイクが来た音がしないので、肝試しに来た集団ではないようだった。

みんな強力なライトを持っているので窓から下を照らしたけど、自分達が乗って来たバイク以外は何も無かった。

付近に民家は無いし、数十分もかけて山道を徒歩で登って来たとは思えない。

この頃になると頭の片隅に幽霊が出るという噂話が渦巻いていたけど、強がりたい年頃だったし気分だけは兵士なので、足音の存在を確かめようとした。

部屋から顔を出し、階段の方をライトを照らしながら、

「警察の方ですか? 僕達、遊んでいるだけですけど」

と言ってみたり、

「肝試しですか」

と呼び掛けても返事が無かった。

その間も足音は段々と近付いて来る。

「何か用ですか?」「お邪魔だったら帰りますけど」

と、幾ら話し掛けても一向に返事が無い。

この頃になると本気で怖くなってきた。

ヤバイ、帰ろうということになり、荷物を手早くまとめ、

「大声を出すな」「走り出すの禁止」

などと言い合いながら廊下に出た。

そして足音のする階段とは別の階段から降りることになり、下る前にもう一度みんなで足音のする方を見た。

嫌なことに足音はこの階まで達していて廊下にまで響いているが、ライトの光の輪に中に誰も居ない。

そして足音が段々と早足になると、みんな先の取り決めを忘れて走り出した。

階段を駆け下りでいる時に上で物凄い音がしたけど、もしかしたら足音が反響しただけかもしれない。

でも十分怖かった。

「ヤバイヤバイ本気でヤバイ」

と言いながら駆け下り、バイクに乗り込み、エンジンの掛かりの悪い奴を罵倒しつつ、誰もがホテルから目が離せないでいる。

そして全員のエンジンが掛かると、我先にと走り出した。

麓のコンビニまで行くと、これで安心という気がしてきた。

そして店の前で話していると、俺は気が付かなかったが、数人が走り去る時に窓から顔が見えたと言った。

更に真っ先に走り出した奴が、廊下に男女とも分からない青白い顔が見え、体は透けていたと語った。

コンビニの駐車場から山の上を眺めつつ、もう行かないと心に決めた。

関連記事

良い心霊写真

写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事は珍しくなく、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。このご主人ですが、一度だけ修正せず…

むかえにきたよ

私は高校時代、電車通学をしていました。利用していたのは、一時間に一本ペース、駅の9割が無人駅という超ド田舎の私鉄です。二年に上がった春、私が乗る駅で若い親子の飛び降り事…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

アンテナ鉄塔の異変

私はドコモ関連の設備管理の仕事をしている者ですが、昨年の年末にちょっと信じられない体験をしました。これまで幽霊とか妖怪とか、そういうものは信じていませんでしたし、そういった現象…

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。それまで祖母とは小さな漁師…

心霊スポットの地下(長編)

6年位前、当時私がまだ十代だった時の事です。友人と私、それと2つ上の先輩の4人で深夜、地元で有名な心霊スポットに行くことになりました。男4人で心霊スポット巡りと、なんともむさ苦…

中古車

視える娘

娘が3才くらいの時、中古で大き目の車を買いました。私も娘も大喜びで、大きな車を楽しんでいました。しかし数週間経った頃、娘が車に乗り込もうとした時に急に大泣き。「…

ハイハイ

学生の頃、バイト先の店長から聞いた体験談です。ある日、店長が友人数人と居酒屋で飲んでいた時のこと。みんな程よく酔いが回ってきた頃、一人だけ酔い潰れていた人がいました。 …

いまじょさん

地方に伝わる因習や呪い系の話を一つ。ちなみにガチで実話です。数年前、大学生の頃、同じゼミにに奄美大島出身のやつがいた。ゼミ合宿の時にそいつと俺と何人かで酒飲みながら怪談なんかを…