廃ホテルでの心霊体験

廃墟(フリー写真)

高校生の頃、十数人でサバイバルゲームをやった時の話。

場所はよくある荒れ果てたホテル跡で、人家からかなり離れているので誰も来ないし、幽霊が出るという噂からヤンキーすらあまり来ない。

それに、ゲームに熱中するあまり嫌な気分は吹き飛んでいたし、仲間内に怖いと言うと馬鹿にされる風潮があった。

散々遊んだ後、五階の大部屋でみんな集まり装備の手入れをしていると、誰ともなく

「遊んでいる最中に気配を感じる」

と言い出した。

狙い狙われる遊びだから気配がするのは当然なのだけど、それとは少し違うと言う奴が殆どだった。

かく言う俺もそうだった。

そんな話をしていると、下階から誰かが上がって来る足音が響いた。

車やバイクが来た音がしないので、肝試しに来た集団ではないようだった。

みんな強力なライトを持っているので窓から下を照らしたけど、自分達が乗って来たバイク以外は何も無かった。

付近に民家は無いし、数十分もかけて山道を徒歩で登って来たとは思えない。

この頃になると頭の片隅に幽霊が出るという噂話が渦巻いていたけど、強がりたい年頃だったし気分だけは兵士なので、足音の存在を確かめようとした。

部屋から顔を出し、階段の方をライトを照らしながら、

「警察の方ですか? 僕達、遊んでいるだけですけど」

と言ってみたり、

「肝試しですか」

と呼び掛けても返事が無かった。

その間も足音は段々と近付いて来る。

「何か用ですか?」「お邪魔だったら帰りますけど」

と、幾ら話し掛けても一向に返事が無い。

この頃になると本気で怖くなってきた。

ヤバイ、帰ろうということになり、荷物を手早くまとめ、

「大声を出すな」「走り出すの禁止」

などと言い合いながら廊下に出た。

そして足音のする階段とは別の階段から降りることになり、下る前にもう一度みんなで足音のする方を見た。

嫌なことに足音はこの階まで達していて廊下にまで響いているが、ライトの光の輪に中に誰も居ない。

そして足音が段々と早足になると、みんな先の取り決めを忘れて走り出した。

階段を駆け下りでいる時に上で物凄い音がしたけど、もしかしたら足音が反響しただけかもしれない。

でも十分怖かった。

「ヤバイヤバイ本気でヤバイ」

と言いながら駆け下り、バイクに乗り込み、エンジンの掛かりの悪い奴を罵倒しつつ、誰もがホテルから目が離せないでいる。

そして全員のエンジンが掛かると、我先にと走り出した。

麓のコンビニまで行くと、これで安心という気がしてきた。

そして店の前で話していると、俺は気が付かなかったが、数人が走り去る時に窓から顔が見えたと言った。

更に真っ先に走り出した奴が、廊下に男女とも分からない青白い顔が見え、体は透けていたと語った。

コンビニの駐車場から山の上を眺めつつ、もう行かないと心に決めた。

田舎の夜(フリー素材)

鏡に写る幽霊

僕は現在、建築関係の仕事をしています。 主にシステムバスの施工職人をしていて、大体一日で作業を終了しないといけないため、夜遅くまで仕事をすることが多々あります。 これは僕が…

おまえこそ

自分が大学生の時の話。マジで思い出したくない。 自分が学生の時の友達にA君という奴がいた。A君には中学くらいの時から付き合ってるBさんという彼女がいて、いつもどこに行くにも一緒っ…

路地(フリー写真)

子供の幽霊

昔、喫茶店で会社の同僚から聞いた話。 K氏(同僚)は若い頃、すすきのの飲食店に勤めていた。 ある早番の日、同じく早番だった職場の先輩と、仕事上がりに飲み屋に寄った。 …

深夜のコンビニ

この話は、ある男がコンビニで深夜のアルバイトをしていた頃に起きた体験談である。 そのコンビニは、深夜になるとほとんど客が来なくなる。 俺は共にバイトをしていた大学の先輩と、…

ここにいたあ

13日に田舎の墓参りに行ってきた。 毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。 お経も終わり墓参りも終わ…

日暮里駅の階段23段目

友人と怪談話をしていて、その友人が知人から 「日暮里駅の改札を出て右手に行くとある階段を登る時に、23段目辺りで振り返って見たら面白いものが見える」 って聞いたという話が出…

だ~れだ?

今から2年程前のことです。とあるアパートに彼女と同棲していました。 その日はバイトが早めに終わり、一人でテレビを見ながら彼女の帰りを待っていると、「だ~れだ?」という声と共に目隠…

放送室の女

どこの学校にも怖い話はいくつかあるものだけど、俺の母校の小学校は、なぜか怖い話が放送室にばかり集中している。 数え切れない噂があるんだけど、中には実際に起きている出来事もあったり…

襖をひっかく音

僕の親友の小学校時分の話。 今から二十年も前のある日。両親が共働きだった彼は、学校から帰ると一人、居間でテレビを見ていた。 しばらくすると玄関の引き戸が開く音がするので、母…

雪山(フリー写真)

鎖で封印された祠

『牛の首』という江戸時代から伝わる怪談があるが、俺の田舎にもそれに類する伝説があった。 標高200メートルくらいの山があった。山と言うより、丘に近い感じだ。 地元の人たちは…