廃ホテルでの心霊体験

廃墟(フリー写真)

高校生の頃、十数人でサバイバルゲームをやった時の話。

場所はよくある荒れ果てたホテル跡で、人家からかなり離れているので誰も来ないし、幽霊が出るという噂からヤンキーすらあまり来ない。

それに、ゲームに熱中するあまり嫌な気分は吹き飛んでいたし、仲間内に怖いと言うと馬鹿にされる風潮があった。

散々遊んだ後、五階の大部屋でみんな集まり装備の手入れをしていると、誰ともなく

「遊んでいる最中に気配を感じる」

と言い出した。

狙い狙われる遊びだから気配がするのは当然なのだけど、それとは少し違うと言う奴が殆どだった。

かく言う俺もそうだった。

そんな話をしていると、下階から誰かが上がって来る足音が響いた。

車やバイクが来た音がしないので、肝試しに来た集団ではないようだった。

みんな強力なライトを持っているので窓から下を照らしたけど、自分達が乗って来たバイク以外は何も無かった。

付近に民家は無いし、数十分もかけて山道を徒歩で登って来たとは思えない。

この頃になると頭の片隅に幽霊が出るという噂話が渦巻いていたけど、強がりたい年頃だったし気分だけは兵士なので、足音の存在を確かめようとした。

部屋から顔を出し、階段の方をライトを照らしながら、

「警察の方ですか? 僕達、遊んでいるだけですけど」

と言ってみたり、

「肝試しですか」

と呼び掛けても返事が無かった。

その間も足音は段々と近付いて来る。

「何か用ですか?」「お邪魔だったら帰りますけど」

と、幾ら話し掛けても一向に返事が無い。

この頃になると本気で怖くなってきた。

ヤバイ、帰ろうということになり、荷物を手早くまとめ、

「大声を出すな」「走り出すの禁止」

などと言い合いながら廊下に出た。

そして足音のする階段とは別の階段から降りることになり、下る前にもう一度みんなで足音のする方を見た。

嫌なことに足音はこの階まで達していて廊下にまで響いているが、ライトの光の輪に中に誰も居ない。

そして足音が段々と早足になると、みんな先の取り決めを忘れて走り出した。

階段を駆け下りでいる時に上で物凄い音がしたけど、もしかしたら足音が反響しただけかもしれない。

でも十分怖かった。

「ヤバイヤバイ本気でヤバイ」

と言いながら駆け下り、バイクに乗り込み、エンジンの掛かりの悪い奴を罵倒しつつ、誰もがホテルから目が離せないでいる。

そして全員のエンジンが掛かると、我先にと走り出した。

麓のコンビニまで行くと、これで安心という気がしてきた。

そして店の前で話していると、俺は気が付かなかったが、数人が走り去る時に窓から顔が見えたと言った。

更に真っ先に走り出した奴が、廊下に男女とも分からない青白い顔が見え、体は透けていたと語った。

コンビニの駐車場から山の上を眺めつつ、もう行かないと心に決めた。

関連記事

丹沢湖の女

去年の夏に職場の仲間4人と丹沢湖へ行った。車で行き、貸しキャンプ場をベースにして釣りとハイク程度の山歩きが目的。奇妙な体験をしたのは3泊4日の3日目だったはず。…

土地にまつわる因縁話

知り合いの霊能力がある人の話。普通、霊能者と言えば厳かな感じの人が多いというイメージがあるんだが、知り合いの人はそこら辺にいそうな、筋トレ好きな体育会系のおっさんなのよね。 …

仏間から聞こえる声

俺の婆ちゃんの家は、不思議な現象が沢山起こる家だった。俺自身、仏間の隣の部屋で寝ていたら、夜中に見知らぬ誰かに寝顔を覗き込まれるという経験をした事があり、翌朝、婆ちゃんにその事…

日本家屋(フリー写真)

押し入れの右下

5年前の夏、祖母の家で体験した出来事です。祖母は少々偏屈で、父がいくらうちで一緒に暮そうと言っても聞かなかった。それも理由があってのことだったらしいと、後から判ったのだ…

笑い声

僕がまだ子供だったころ、寝るときになるといつもある ”笑い声“ が聞こえていたんだ。5、6歳のときには、廊下に響き渡る笑い声で、夜中に目を覚ますことも度々あったよ。母に…

良い心霊写真

写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事は珍しくなく、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。このご主人ですが、一度だけ修正せず…

白い日傘

今から3年ぐらい前の話になります。僕は内装工事関係の仕事をしているのですが、その会社の社長と僕と同僚の計4人で仕事が暇になると、よくスキーに行ってました。僕達の会社は名…

アパートの磨りガラス(フリー写真)

同じ長さの髪の毛

ちょうど一昨年の今ぐらいの時期に起きた出来事。大学のサークルの友人Aが、「引っ越しをするので手伝ってくれ」と言って来た。お礼に寿司を奢ってくれると言うの…

隠し部屋

20年以上前の話なのですが聞いてください。友人が住む三畳一間月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。冬の寒い日でしたが、狭い部屋で二人で飲んでいるとそこそこ快適でした。…

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…