廃ホテルでの心霊体験

廃墟(フリー写真)

高校生の頃、十数人でサバイバルゲームをやった時の話。

場所はよくある荒れ果てたホテル跡で、人家からかなり離れているので誰も来ないし、幽霊が出るという噂からヤンキーすらあまり来ない。

それに、ゲームに熱中するあまり嫌な気分は吹き飛んでいたし、仲間内に怖いと言うと馬鹿にされる風潮があった。

散々遊んだ後、五階の大部屋でみんな集まり装備の手入れをしていると、誰ともなく

「遊んでいる最中に気配を感じる」

と言い出した。

狙い狙われる遊びだから気配がするのは当然なのだけど、それとは少し違うと言う奴が殆どだった。

かく言う俺もそうだった。

そんな話をしていると、下階から誰かが上がって来る足音が響いた。

車やバイクが来た音がしないので、肝試しに来た集団ではないようだった。

みんな強力なライトを持っているので窓から下を照らしたけど、自分達が乗って来たバイク以外は何も無かった。

付近に民家は無いし、数十分もかけて山道を徒歩で登って来たとは思えない。

この頃になると頭の片隅に幽霊が出るという噂話が渦巻いていたけど、強がりたい年頃だったし気分だけは兵士なので、足音の存在を確かめようとした。

部屋から顔を出し、階段の方をライトを照らしながら、

「警察の方ですか? 僕達、遊んでいるだけですけど」

と言ってみたり、

「肝試しですか」

と呼び掛けても返事が無かった。

その間も足音は段々と近付いて来る。

「何か用ですか?」「お邪魔だったら帰りますけど」

と、幾ら話し掛けても一向に返事が無い。

この頃になると本気で怖くなってきた。

ヤバイ、帰ろうということになり、荷物を手早くまとめ、

「大声を出すな」「走り出すの禁止」

などと言い合いながら廊下に出た。

そして足音のする階段とは別の階段から降りることになり、下る前にもう一度みんなで足音のする方を見た。

嫌なことに足音はこの階まで達していて廊下にまで響いているが、ライトの光の輪に中に誰も居ない。

そして足音が段々と早足になると、みんな先の取り決めを忘れて走り出した。

階段を駆け下りでいる時に上で物凄い音がしたけど、もしかしたら足音が反響しただけかもしれない。

でも十分怖かった。

「ヤバイヤバイ本気でヤバイ」

と言いながら駆け下り、バイクに乗り込み、エンジンの掛かりの悪い奴を罵倒しつつ、誰もがホテルから目が離せないでいる。

そして全員のエンジンが掛かると、我先にと走り出した。

麓のコンビニまで行くと、これで安心という気がしてきた。

そして店の前で話していると、俺は気が付かなかったが、数人が走り去る時に窓から顔が見えたと言った。

更に真っ先に走り出した奴が、廊下に男女とも分からない青白い顔が見え、体は透けていたと語った。

コンビニの駐車場から山の上を眺めつつ、もう行かないと心に決めた。

今日でお別れかな

もう10年以上前の話だが、とある県の24時間サウナで意気投合した男の話。結婚を考えていた女性がいた。ある日の晩、一緒に繁華街で遅い晩飯を済ませ軽く呑んだ後、彼女をタクシ…

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…

星空の下(フリー写真)

白く光る顔

数年前、とある湖畔で朝釣りのためにキャンプをしていた時のこと。夜中の焚き火中に、「たすけてえええ!だれかあ!」と女性の声が湖の方から聞こえて来て、そちらに目をや…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

飛び降り

大学時代の経験を一つ。神奈川の、敷地だけは広い某大学でのこと。講義を受けている時に、遠方の校舎の屋上から飛び降りる男を見た。俺は窓からその光景を見ていたので、驚…

俺の曾爺ちゃんの話を書いてみようと思う。と言っても、曾爺ちゃんは俺が物心付く前に死んでしまったので、爺ちゃんに聞いた話なのだけれど…。更にそれを思い出しながら書くので、…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

死神の生まれ変わり

俺の昔からの友人がよく死体に遭遇する。中学時代、一緒に海に遊びに行ったら水死体を見つけた。その時、既に5回も人の死体を見たことがあったそうだ。まあ、中学生男子は…

ホテルの一室(フリー写真)

ホテルの開かずの間

これは私の父が体験した話です。父は仕事で少し遠い所まで出張し、経費削減のため同僚と一緒に安いホテルに泊まりました。父には霊感があるのですが、当初はそのホテルから何も感じ…

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…