墓地に居た女性

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

林(フリー写真)

霊感ゼロのはずの嫁が、5歳の頃に体験した話。

嫁の実家の墓はえらい沢山ある上に、あまり区画整理がされておらず、古い墓が寺の本堂側や林の中などにもある。

今は多少綺麗に並んでいるけれど、以前はもっと散在していたらしく、もうちょっと一族の墓をまとめましょう、ということになったらしい。

お坊さんの立ち会いで墓石を動かし、少し掘って下に骨壷があればそれも一緒に移動して…と作業していたらしいのだけど、5歳の嫁はすぐに飽きて適当に林で遊んでいたらしい。

そしたら林の中で、黒っぽい着物姿で髪もちゃんと結った若い女に会ったそうだ。

まるで日本人形のような化粧で、林には相当不釣合いで怖かったらしい。

「あれは何をしているの?」

と女が大人達の様子を聞いてきたので、嫁は

「うちのお墓を動かしているの」

と答えた。

すると女は嫁の名前を聞いてきたらしい。

嫁が名乗ると女は怒って、

「お前、△△の子か!」

と腕を掴まれた。

凄く痛かったらしい。

「そんな人知らない」

と嫁が言っても、

「嘘つくな!お前はあの女にそっくりだ!」

と話を聞いてくれない。

「お前なんか!」

と女が腕を張り上げ、『叩かれる!』と反射的に嫁が体を竦めたところで、嫁を探しに来た母親に名前を呼ばれ、気が付くとそこには女は居なかったそうだ。

「女の人が怒ってた!」

と嫁が泣くので、一応その付近を改めると、

『×××衛門側室□□ 子□×』

と彫られた、一応嫁の実家の小さな墓石が出てきた。

大人たちも、

「側室さんが居るって、ウチは一体なんだったんだ?」

と驚いたらしい。

嫁はこの時、何故か手首を脱臼しており、おまけに藪でかぶれたのか腕に酷い蚯蚓腫れが出来たそうだ。

蚯蚓腫れの跡は今でも薄っすら残っている。

お彼岸だからとお墓参りした時、嫁が古くて小さな墓石を指差して、

「そうだ!これ!これねー」

と嬉しそうに語った話なんだけど、墓石の文字は薄れて、『側室』というところしか見られなかった。

「きっと側室の人だから、本家の子の私が憎たらしかったんだろうね」

とお線香を上げつつ言った後、

「そういやこの人のお墓の移動の時、土葬だったせいで頭蓋骨に木の根っこが入って取れなくて、小さいからって私が手を突っ込んで取ったんだよね。

あの女の人の脳味噌を引き摺り出すみたいで、何か嫌だったなぁ。

頭蓋骨の内側に根がこびりついていて、なかなか取れなくて。

片手は痛いし、片手は頭蓋骨だし、あれは散々だった!」

と、嫁は溜め息を吐いた。

俺にはどちらかと言うと、嫁の度胸の方がほんのり怖かった。

関連記事

ドアを開けるな

アパートに一人暮らしの女子大学生Sさん。 大晦日の夜、大掃除も終えて年越しテレビを見ていた。 携帯電話が鳴った。いたずら好きの友人Tからだ。 T「今バイト終わったから…

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。 二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに 「あなたに膜のようなものが掛かって見…

山の上の廃病院

高校生の時の実話。 地元の中学校時代の友達2人と、近くの山に肝試しをやりに行こうという話になった。 その山はそれほど高くなく、頂上が広場になっている。そばに病院が建っており…

ワンピースを着た綺麗な女性

以前、遠距離恋愛をしていた。彼女は関西、俺は東京に住んでいた。 9月の三連休、知人に車を借りて彼女に会いに行くことになった。 会社での仕事を終えて、夜の23時くらいに東京を…

切り株(フリー写真)

植物の気持ち

先日、次男坊と二人で、河原に蕗の薹を摘みに行きました。 まだ少し時期が早かった事もあり、思うように収穫が無いまま、結構な距離を歩く羽目になってしまいました。 視線を常に地べ…

不思議なお姉さん

小学2年生のころの話。小さいときに母ちゃんが死んで、親父に育てられてた。 父子家庭が原因か内向的な性格で、小学校でもひどいいじめにあってた。 1年生のころからずっといじめ続…

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。 結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。 目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。 …

天使(フリー素材)

お告げ

私は全く覚えていないのだが、時々お告げじみた事をするらしい。 最初は学生の頃。 提出するレポートが完成間近の時にワープロがクラッシュ。 残り三日程でもう一度書き上げな…

プログラマーの残業

元同僚のプログラマーから聞いた話なんですが、彼女(A子とします)が以前勤めていた会社での体験です。 A子が転職する間際のことだったそうなんですが、退職間際になっても残案件が山積み…

マンション(フリー写真)

縦に並んだ顔

自動車事故に遭い鞭打ち症になったAさんは、仕事も出来なさそうなので会社を一週間ほど休むことにした。 Aさんは結婚しているが、奥さんは働いているため昼間は一人だった。 最初の…