墓地に居た女性

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

林(フリー写真)

霊感ゼロのはずの嫁が、5歳の頃に体験した話。

嫁の実家の墓はえらい沢山ある上に、あまり区画整理がされておらず、古い墓が寺の本堂側や林の中などにもある。

今は多少綺麗に並んでいるけれど、以前はもっと散在していたらしく、もうちょっと一族の墓をまとめましょう、ということになったらしい。

お坊さんの立ち会いで墓石を動かし、少し掘って下に骨壷があればそれも一緒に移動して…と作業していたらしいのだけど、5歳の嫁はすぐに飽きて適当に林で遊んでいたらしい。

そしたら林の中で、黒っぽい着物姿で髪もちゃんと結った若い女に会ったそうだ。

まるで日本人形のような化粧で、林には相当不釣合いで怖かったらしい。

「あれは何をしているの?」

と女が大人達の様子を聞いてきたので、嫁は

「うちのお墓を動かしているの」

と答えた。

すると女は嫁の名前を聞いてきたらしい。

嫁が名乗ると女は怒って、

「お前、△△の子か!」

と腕を掴まれた。

凄く痛かったらしい。

「そんな人知らない」

と嫁が言っても、

「嘘つくな!お前はあの女にそっくりだ!」

と話を聞いてくれない。

「お前なんか!」

と女が腕を張り上げ、『叩かれる!』と反射的に嫁が体を竦めたところで、嫁を探しに来た母親に名前を呼ばれ、気が付くとそこには女は居なかったそうだ。

「女の人が怒ってた!」

と嫁が泣くので、一応その付近を改めると、

『×××衛門側室□□ 子□×』

と彫られた、一応嫁の実家の小さな墓石が出てきた。

大人たちも、

「側室さんが居るって、ウチは一体なんだったんだ?」

と驚いたらしい。

嫁はこの時、何故か手首を脱臼しており、おまけに藪でかぶれたのか腕に酷い蚯蚓腫れが出来たそうだ。

蚯蚓腫れの跡は今でも薄っすら残っている。

お彼岸だからとお墓参りした時、嫁が古くて小さな墓石を指差して、

「そうだ!これ!これねー」

と嬉しそうに語った話なんだけど、墓石の文字は薄れて、『側室』というところしか見られなかった。

「きっと側室の人だから、本家の子の私が憎たらしかったんだろうね」

とお線香を上げつつ言った後、

「そういやこの人のお墓の移動の時、土葬だったせいで頭蓋骨に木の根っこが入って取れなくて、小さいからって私が手を突っ込んで取ったんだよね。

あの女の人の脳味噌を引き摺り出すみたいで、何か嫌だったなぁ。

頭蓋骨の内側に根がこびりついていて、なかなか取れなくて。

片手は痛いし、片手は頭蓋骨だし、あれは散々だった!」

と、嫁は溜め息を吐いた。

俺にはどちらかと言うと、嫁の度胸の方がほんのり怖かった。

関連記事

おまえこそ

自分が大学生の時の話。マジで思い出したくない。 自分が学生の時の友達にA君という奴がいた。A君には中学くらいの時から付き合ってるBさんという彼女がいて、いつもどこに行くにも一緒っ…

幽霊と…

5年ぐらい前、地方都市でホステスをしていた時の話。 一緒に働いている女の子で、自称霊感の強いMちゃんという子がいた。 最初は信じていなかったのだが、Mちゃんが「明日は外出し…

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。 僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…

銭湯の鏡

貧乏なアパート暮らしの女です。 風呂が無いので銭湯に行ってる。 いつもの銭湯が休みだったから、ちょっと遠くの銭湯に行った。 浴室には数人のオバちゃんがいて、楽しそうに…

犬(フリーイラスト)

じじ犬との会話

ウチのじじ犬オンリーだけど、俺は夢で犬と会話できるっぽい。 じじ犬と同じ部屋で寝ていると、大抵じじ犬と喋っている気がする。 「若いの、女はまだ出来んのか?」 「うるさ…

ホテルの部屋(フリー写真)

真っ黒い塊

2年程前の話です。 広島から都内の会社の内定式に参加した私は、そのまま会社近くのビジネスホテルに一泊する事にした。 そのホテルは1階と2階が証券会社。3階と4階が客室。5階…

しがみついて

3年前、家族でI県の海岸にあるキャンプ場に遊びに行った。キャンプ場は崖の上にあり、そこからがけ下まで階段で下りると綺麗な砂浜があった。 私達の他にもたくさんキャンプに来てる人がい…

キジムナー

あまり怖くないが不思議な話をひとつ。 30年くらい前、小学校に行くかいかないかの頃。 父の実家が鹿児島最南端の某島で、爺さんが死んだというので葬式に。 飛行機で沖縄経…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。 その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。 小学生にな…

狐(フリー画像)

狐の加護を受ける家系

自分の家には、呪いと言うよりは加護みたいなものがあるらしい。 その内容は、何故か取引相手や仕事仲間が事故に遭わなくなったり、病気が治ったり出世したり、良縁に恵まれたりするというも…