時空のお姉さん

ねじれ(フリー背景素材)

12月の中旬頃に、恐らく『時空のおっさん』に関連すると思われる体験をしたので投稿します。

創作ではなく、確かに体験した実話です。

私はコスプレイヤーで、その日は友達と4人で地元のコスプレイベントに出掛けていました。

会場は屋内と屋外を両方使えるようになっていたのですが、当日は大寒波で物凄く寒い日だったので、私達は屋内で撮影を楽しんでいました。

お昼過ぎ、そろそろお昼ご飯を食べようという事になり、私達4人は受付へ。

どうやらその会場は屋内では飲食禁止らしく、外のテラスのようになっている所へ出ないと飲食が出来ないとのこと。

クソ寒い中、コートを着て仕方無く外へ出て昼食を楽しんでいた時に、それは起こったんです。

私以外の3人は、当日予定していたボーカロイドの大型併せに行くと言う事で、早めに昼食を済ませてそちらへ行ってしまいました。

残された私は寒さにも慣れ、テラスでパックのジュースを飲みながら、色々なレイヤーさんを眺めていました。

何分か経った頃に『そうだ、今日撮った写真を見よう』と思い、暇潰しに一眼レフを取り出して写真を見始める事に。

一眼レフを弄り始めてから恐らく5分も経たない頃、周りがえらく静かになっている事に気が付きました。

当日はあまりの寒さのせいか、結構人気のイベントの割には人数も少なく元々静かだったのですが、いくら何でも静か過ぎる。

気が付けば、近くで写真を撮っていたレイヤーさんもみんな居なくなっていました。

『みんな寒くて屋内に避難したのかな』とか、『スタッフさんの指示かな』などと思いながら屋内へ行こうと立ち上がると、私は眩暈がするほど震え上がりました。

空が緑色なんです。雲も含めて全部緑。

グラデーションも何も無い真緑で、私の目がおかしくなったのかと思い、目をぱちぱち閉じたりしたもののやはり緑。

私が居たのは中庭で、四方が壁に覆われていたのですが、その壁に映る光や地面を照らす日光も全部緑で、気持ちが悪かったのを覚えています。

あまりの非現実さに、イベントだという事を忘れて号泣しながら、受付へ行こうと何とか屋内に入りました。

しかし誰も居ません。

撮影用に設置されていたセットは、列が出来るほど人気だったものまで蛻の殻。

椅子はさっきまで人が座っていたかのようにずらされていたりして、それが余計に怖くて足が竦みました。

こんな事があるものか…と大パニックを起こしながら、スタッフルームへ行ってみようと廊下に出ると、白いカーディガンに青いブラウス、裾を折ったジーンズを履いた女の人が立っていました。

確か右手首か二の腕かに、黄色い腕章みたいなものを付けていたと思います(キャプテンマークのような形で、何か文字が書いてあったけど読めなかった)。

黒いサンバイザーを被っていて、顔はよく見えませんでした。

とにかく人を見つけたので、衣装のまま声を掛けてみる事に。

「すいません、何かあったんですか?」

声を掛けるとその女性は私に気付き、そして血相を変えてこう言ったんです。

「どうしたの!? 何で此処に居るの!」

その時、私は『ああ、自分がコスプレ衣装を着ているからびっくりしたのかな』と思い、慌てて

「コスプレのイベントがあって来たんですけど、急にみんな居なくなってしまって…人の気配がしないんです。もしかして、あなたも迷われたんですか?」

「ちょっと待ってね。時間は掛かるかもしれないけど、そこに座っていてくれるかな」

話が噛み合いません。

幼稚園の先生のような優しい笑みを浮かべた女性は、私を近くのソファに座らせ、携帯で何やら話しています。

「遭難者」とか「今年で6人目」などと言っていて、何の事やらさっぱり解らないまま、その話を聞いていました。

暫くして電話を終えた女性が私の方を向き、にっこり笑いながら

「怖かったね」

とだけ言って携帯を閉じ、私の肩に手を当てた途端、目の前がバチッと弾けたようになりました。花火が弾けたような、そんな衝撃でした。

ふと気が付くと、私はさっきまで居たテラスに座っていたんです。

友達はどこに居るのかと思い探してみると、大型合わせできちんと写真を撮っていました。

『あれは何だったんだろう。夢にしてはリアル過ぎる』と不思議に思いつつ、帰りのスタバで友達にそれとなく話してみると、

「それ、時空のおっさんだよ!」

と言われ、某掲示板にあるスレッドの事も教えてもらいました。

友達の一人がオカルト板によく行くらしく、滅茶苦茶羨ましがられたのですが、正直怖いだけでした。

私が会ったのは、多分時空のおっさんの仲間か何かだと思います。

綺麗な女性でしたよ。

霧島駅

実際にその駅には降りていないし、一瞬の出来事だったから気の迷いかもしれないけど書いてみようと思う。 体験したのは一昨日の夜で、田舎の方に向かう列車の中だった。 田舎と言って…

秘密

小学四年生の時の話。 当時、俺は団地に住んでいた。団地と言っても地名が○○団地というだけで、貸家が集合している訳じゃなく、みんな一戸建てに住んでいるような所だった。 既に高…

普通の子に戻れた日

小さい頃、私は知的障碍を持っていると思われていました。 言葉や文字に対する遅れは見られませんでしたが、コミュニケーション能力が欠けているとしか思えない様子だったそうです。 …

裏世界

不思議な記憶というか、今でも鮮明に覚えている記憶。 小学5年生の夏休み、家の裏手にある大きなグラウンドで、夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作っていた。 する…

縁側(フリー写真)

田舎にワープ

自分でも今だに信じられない話。俺が小学二年生の夏の話。 弟と兄弟喧嘩をした時、両親は理由も聞かず、長男だからという理由で俺だけを叱った。 正座させられた俺に、両親の後ろに回…

時間停止

小学生の時の話。 昼休みの校庭で、10秒ほど周囲が1/10秒シャッターで写真を撮ったように止まったことがあった。 単に止まったのというのは少し違う。慣性の法則を無視してピタ…

時が止まる場所

昔ウチの近所に結構有名な墓地があって…。 当時俺は、よく友達と近所の大きな公園で、自転車を使った鬼ごっこをしてたんだ。 ある日、リーダー格の友人Aの意見で、公園内だけではつ…

トンネル

帰らない友人

うちの近くに、背の高い草が茫々に生い茂った空き地がある。 陽の光が当たり難いだけでなく、元から妙に薄暗いため、非常に不気味な場所だ。 そんな場所は、やはり小中学生には格好の…

宇宙は数字でできている(長編)

不思議な体験をした。 簡単に説明すれば、幽体離脱をして宇宙を覗いたら、螺旋状に永遠に伸びる、うねうねとした膨大なカラフルな数字から成る道を高速スピードで飛んでいた。 あまり…

大学校舎(フリー写真)

NO BADY

二ヶ月ほど前に体験した話です。 もしかしたら夢だったのかもしれませんが聞いて下さい。 ※ 朝、起きたのが10時だった。 『もう、10時か…』 大学は9時半から始ま…