サ○○

田舎の風景(フリー素材)

20年程前の実話です。

私の実家のある山間の小さな村で起きた、少し気味の悪い出来事。

実家の近くの山中に○○○○苑という精神薄弱者の施設があるのですが、そこの生徒が偶に脱走するんです。

初めは先生がその辺りを探します。

探しても見つからない場合は、地元の人と消防団が山狩りを決行。

そんな大事は2年に一度くらいで、割とすぐに見つかりました。

20年前の春の事。一人の女生徒が脱走して行方不明に。

かなり大掛かりな山狩りが行われたにも関わらず、女生徒は一向に見つかりませんでした。

ところが半年後、その女生徒は山中の林道で遺体となって発見されました。死後2日程だったと思います。

そこで不思議なのは『半年の間、その女生徒は何処に居たのか?』という事です。

それと、発見された時の服装が行方不明時の物と明らかに違っていた事。

行方不明時には上下のトレーナー(施設の制服)だったのに、発見された時にはブラウスにモンペ、エプロンだったそうです。

『どこかで働かされていたのでは?』との疑問も出ましたが、20年前当時、その辺りには工事現場や作業所などは全く無かったのです。

第一、女生徒が発見された道から奥は、集落はおろか小屋一軒も無い山の中(道もその先、数百メートルで無くなります)。

女生徒の遺体を解剖したところ、胃の中には肉類など食事をしていた形跡があり、体型も以前と全く変化が無い。

彼女はこの半年間、確実に『生活』をしていたと思われました。

ちなみに死因は、心臓麻痺か凍死だったと…(すみません。当時10歳くらいだったので覚えていないです)。

その時、大人達の間では『サ○○があるのでは?』と噂になっていました。

その後、警察も引っ込んでしまったこともあり、サ○○説が有力に。

20年前との事もあり、その出来事は私の妄想かなあと思っていました。

でもお盆に里帰りした時、その話題を母にしたところ、

「そーゆーこともあったねぇ」

と言っていたので、本当のことだったんだなあと納得しました。

補足

私が記したサ○○は、サ○カ+サ○チを合わせたようなものとお考え下さい(当時、大人達がそのように言っていたと記憶しています)。

サ○○についての考察

「サ○チ」というのは恐らく「避け地」かな。

別次元の集落かそこへの入り口というのが妥当か。

マヨイガみたいなもの。地元ではそれを「サ○○」と呼んでいるとか。

伏字にする理由が判らないけど、特定防止かな?

稲穂と夕日(フリー写真)

眠り稲を起こすな

祖父がまだ子供の頃の話。 その頃の祖父は、毎年夏休みになると、祖父の兄と祖父の祖父母が暮らす田園豊かな山麓の村に両親と行っていたのだという。 その年も祖父は農村へ行き、遊び…

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。 父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。 山奥なので土地だ…

朝の海(フリー写真)

オエビスサン

私の父方の祖父は今年で齢九十近くになるが、今でも現役の漁師だ。 年に一度、盆に九州の祖父の家に遊びに行った時は、祖父と一緒に沖に出て釣りをするのが今でも恒例になっている。 …

ワープ

会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさん)のお話。 Aさんが小学生の時、積極的だったAさんは、休み時間に校庭で皆とドッジボールをして、チャイムが鳴ったので一番に教室に駆け込んで行…

山(フリー写真)

双子山

ある北国の山間。鄙びた温泉宿で、僕は穴を掘っていた。 脇の木製のベンチに腰を掛けて、夕闇に浮かぶ整然と美しく並んだ双子山を眺めた。 「今日の作業は終わりか。日没まで間も無い…

山

ヤマノタミ

俺の父方の祖先は九州の山奥の領主だった。 これは父が自分の祖父から聞いた話(つまり俺にとっての曽祖父。以下曽祖父)。 ※ 曽祖父の両親は田舎の名家ということもあって、かなり厳…

女性

リゾートバイト(後編)

俺達は死んだように眠り、翌日、離塵さんの声で目を覚ました。 「皆さん、起きれますか?」 特別寝起きが悪い樹を、いつものように叩き起こし、俺達は離塵さんの前に3人正座した。 …

田舎の風景(フリー写真)

おっぺけ様

これは友人の実家へ泊まりに行った時、友人(Aとします)のお爺さんから聞いた話です。 友人の実家は山奥の集落にあり、小さい頃から夏休みになると一緒に泊まりに行って、山遊びや川遊びを…

ワームホール

ワームホール

14年前、多摩川の河原から栃木の山中にワープした。 草むらに見つけた穴を5メートルほど進んで行ったら、なぜか板壁に突き当たった。 その隙間から這い出てみると、森の中の腐りか…

裏S区(長編)

九州のある地域の話。 仮だが、S区という地域の山を越えた地域の、裏S区って呼ばれている地域の話。 現在では裏とは言わずに「新S区」と呼ばれているが、じいちゃんとばあちゃんは…