グレーの夕陽

休日の商店街(フリー写真)

8歳くらいの頃に体験した話。

俺の家は商店街の魚屋で、年中無休で営業していた。

その日は目覚めたら家に誰も居らず、店を閉めている訳でもないのに本当に誰も居ない。

俺は『客が来たら大変だ』と思い、一人で店番をしていた。

そしたらすぐに異変に気付いた。

時計を見たら朝の9時くらいなのに、店の奥の入口から外の景色を見ると、朝の明るさが感じられないと言うか、簡単に言うと夕方に近く…グレーの夕陽が見える。

その夕陽には、オレンジ色の明るさが全く感じられなかった。

それから10分ほど店番していて気付いたのだが、さっきから一人も店の前を通っていない。

それに音が全く聞こえない事にも気付いたんだ。

俺は本当に怖くなって、リビングの冷蔵庫にもたれ掛かって座っていた。

音が聞こえないのが気持ち悪いのでテレビを点けることにしたんだけど、どの局も砂嵐になっていて「ザーッ」という音もしない。

当時ビビリだった俺は、直感的に『幽霊が近くに居る!』と思ってすぐに家を出たんだけど、商店街なのに誰も居ない。店は全部開いているのに声も聞こえない。

暫く歩いているとおじさんが居た。

そのおじさんに駆け寄って、シャツに掴まり泣き付いた。

「何でここに居る? 他に誰にも会ってないか?」

などと聞かれ、訳も解らず首を横に振った。

「ここは俺の地域じゃないんだけどなぁ」

おじさんは明らかに困っていた。

「仕方ない。おじさんが助けてあげるから、目を閉じて三つ数えて」

そう聞いた俺は目を閉じた。

その時、軽い頭痛に見舞われたが暫く経つと落ち着いたので、三つ数える途中で目を少し開けてみた。

真っ暗だった。本当に真っ暗。

おじさんのシャツを掴んでいたはずなのに、おじさんは居なかった。

気付くと家の冷蔵庫の前に居た。

そこには母も居て、

「あれ? 今、あんた二階に居たじゃない。いつ降りて来たの」

と言っていた。

俺はようやく戻ることが出来た安心感から、それに答えるどころではなかった。

関連記事

並行宇宙

亡くなったはずの転校生

幼稚園の頃、同級の子が車に撥ねられて死にました。それから月日が経ち、小学校4年の時に、そいつが転校生として私のクラスにやって来たので面食らった。幼稚園の時に同級だった内…

謎の駅と老人の地図

俺は5年前、大学1年の時に重い精神病を患った。最初は何となくやる気が起きないことから始まったんだが、そのうち大学の構内とか、人込みの中とかで、俺の悪口が聞こえるようになったんだ…

大学校舎(フリー写真)

NO BADY

二ヶ月ほど前に体験した話です。もしかしたら夢だったのかもしれませんが聞いて下さい。 ※ 朝、起きたのが10時だった。『もう、10時か…』大学は9時半から始ま…

山道(フリー素材)

異界の神社

夏の時期に自分が体験した、不思議で気味の悪い話。21歳の時だから3年前の夏。確か8月の二週目だった。上京して大学に通っていた俺は、夏休みを利用して実家に里帰りしていた。…

無限ループするトンネルと祭り

休日の夕方に友人連れ3人で、温泉宿に向かう山道を車で走っていた。車の持主が運転、もう一人は後部座席、俺が地図を見ていた。地図上では一本道で、トンネルを3つ通らないといけ…

時空

時空トンネル

数年前、子供の頃に不思議だった出来事が繋がった話です。5才くらいの記憶で、その頃はよく畑仕事に兄と付いて行っていたんです。畑から数十メートル離れた場所に、大きな岩が何個…

ワームホールの出現

私が二十歳になって初めての選挙の時のことだから9年程前の話です。その日の朝、初めての選挙で投票に行ったんです。投票所が私の母校の小学校の体育館で、そこに入るのは卒業式以…

時間停止

小学生の時の話。昼休みの校庭で、10秒ほど周囲が1/10秒シャッターで写真を撮ったように止まったことがあった。単に止まったのというのは少し違う。慣性の法則を無視してピタ…

時空の狭間(フリー素材)

カヨさん

神奈川、静岡近辺のホテル旅館や会社の保養施設関係では、表現はそれぞれ違うけど、恐らく時空が歪んだのだろうと推察出来る話は昔からあるよ。姉が以前に働いていた旅館では、スタッフの間…

フラクタル模様(フリー素材)

予知夢

俺にはデジャヴのような体験がよくある。デジャヴではなく予知夢なんだけどね。でも中途半端な能力で使えない。いつ起こる出来事か判らないし、過去の夢の時もある。ただの夢とも混ざってし…