タイムカプセルの手紙

桜の木(フリー素材)

俺の知り合いの超霊感体質の女性(42歳)から聞いた不思議な話。

事の起こりは彼女が中学三年の卒業前まで遡る。

卒業を間近に控えていた彼女のクラスでは、卒業記念にとクラス全員で未来の自分に宛てた手紙を書き、校庭の桜の木の下に埋めたそうだ。

時は流れ、彼女が30歳の時。

中学当時の旧友が集まる同窓会があり、その時に彼女は他のクラスメイト達に、卒業前に埋めたタイムカプセルの事を

「覚えてる? 懐かしいよね!」

という感じで聞いてみた。

ところがその場に居た全員が

「はあ? お前何言ってんの? そんな事してないだろ」

とタイムカプセルの存在を全否定する。

彼女としては自分の記憶に確信があったし、他のみんなが覚えていない事の方が不思議だったので、その場では

「絶対にタイムカプセル埋めたよ!」

と言い張ったのだが、やはりみんなの記憶にはそんなものは存在していない。

まあ、そんなカプセルの存在など実生活では何の影響もない訳で、結局その話は流れてしまったそうだが、彼女は一人その存在を確信していた。

確かにあの時、校庭のあの場所に埋めたのだ、と。

ただ、彼女自身が未来の自分に宛てた手紙にどんな事を書いたのかだけは、どうしても思い出せなかった。

更に時は流れて10年後。

彼女が40歳の時に、その母校の中学校では校舎の増築工事が行われる事になった。

新校舎が建設されるのは、彼女の記憶にあるタイムカプセルを埋めた場所。校庭に植えられていた桜の木のある場所だった。

あの木を切ってその上に校舎を建てたら、カプセルは二度と取り出せない。

彼女はそう思ったのだが、どうする事も出来なかった。

ところが工事の進捗に合わせて、そのタイムカプセルが工事関係者の手によって発見されたのだ。

早速、同窓会名簿を通じて当事者たちが母校に集結した。

彼女以外のクラスメイトは、彼女が30歳の時の同窓会でタイムカプセルの事を話したのは覚えており、

「何でお前だけ覚えてて、他のやつの記憶には無いんだ?」

と不思議がりはしたものの、取りも直さず各々自分の手紙を開封して読んだそうだ。

その時、クラスメイトの中で二十歳の若さで夭折したY君という男子生徒の手紙を、担任だった先生が代わりに開封したところ、その場が凍り付いた。

そして更に、彼女が自分に宛てて書いた手紙を他のクラスメイトたちに見せた時、その場に居た全員が顔面蒼白になった。

Y君の手紙

「このカプセルはみんなが二十歳になった時、その存在が記憶から消え去るだろう。

そしてその20年後に再び思い出される。しかし俺は二十歳で死んでいるのだ、イエイ!」

彼女の手紙

「40歳の私へ。私は他のみんながカプセルの存在を忘れたとしても、私一人だけは絶対に忘れない。やったね!」

予言通り二十歳で亡くなっていたY君。また、死んだY君の手紙に呼応するかのような彼女の手紙。

その手紙は書いた当時、各々が家で書いて封をし持ち寄ったものだし、彼女とY君は示し合わせた訳でもなく、お互いの手紙の内容を知っていた訳でもない。

そして手紙を書いた彼女自身でさえ、自分がそんな事を書いていたという記憶が欠落していたそうだ。

一同、不思議な事もあるものだと妙に感心した様子。

担任の先生は

「これは本当に言霊の力だなあ。書いてあることが現実になっている」

と宣ったそうだ。

実は彼女の母校であるこの中学校があった場所には戦時中、大きな病院が建っていたとの事で、空襲で学徒動員の生徒たちが何十人も犠牲になった場所でもあった。

そのため、校内には慰霊碑まで建っているという曰く付きの土地。

実際、霊感が強い彼女は在学中に何度も校内で心霊体験をしたとの事だ。

千羽鶴(フリー写真)

お見舞い

俺は中学と高校の時、寮に入っていた。その時の出来事。 その寮では夜に自習時間というのがあり、自習は自習棟という、宿泊棟とは別の建物で行われていた。 ある日、Tという後輩が自…

魂(フリー素材)

守護霊の助け

若い頃、友人のBさんと久々に会い、飲みの席で「本格的な占いをお互いしたことが無い」という話で盛り上がったことがありました。 酔った勢いで帰り道、幾つか閉まっていた占い場の中から適…

ばりばり

先日酷く怖い夢を見た。 私は学校にいた。中学校だ。もう随分前に卒業した。これが夢だとすぐに気づいたのは、あまりにも校内がしーんと静まり返っていたからだ。 何より今の自分に中…

階段(フリー写真)

ソマコ

学生の時に体験した話。 授業後にサークル仲間4人とクラブハウスでダベっていたのだが、夏だったせいかいつの間にか怪談話になっていた。 ただどれもこれも有り触れた持ちネタばかり…

北海道の海(フリー素材)

イセポ・テレケ

十年以上も昔の話。会社の先輩と中学以来の友人と俺の三人で、盆休みに有給を足して十一日間の北海道旅行へ出掛けた。 車一台にバイク一台の、むさ苦しい野郎だけの貧乏旅行だったが、それは…

住宅街(フリー写真)

交差した時空

現在でも忘れられない、10年以上前の不思議な体験です。 免許を取得したばかりの頃、母のグリーンのミラパルコを借りて、近所を練習がてら走っていた時の事です。 その日は友達が数…

古書店(フリー写真)

消えた友人

先輩と二人で仕事場に泊まり込んでいた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話。 先輩曰く「友人に会えなくなった」らしい。 最初は単に仕事が忙しいからなのではないかと思ったのだ…

病気がちの少女(宮大工5)

年号が変わる前年の晩秋。 とある街中の神社の建て替えの仕事が入った。 そこは、幼稚園を経営している神社で、立替中には園児に充分注意する必要がある。 また、公園も併設し…

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。 転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。 金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …

和室

死守り

俺のじじいは柔道五段、がっしりした体格で、土と汗の臭いのするでかい背中。日に焼けた顔。 俺がろくでもないことをする度にぶっ飛ばされた、荒れた手。 素直じゃなくて憎まれ口ばか…