タイムカプセルの手紙

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

桜の木(フリー素材)

俺の知り合いの超霊感体質の女性(42歳)から聞いた不思議な話。

事の起こりは彼女が中学三年の卒業前まで遡る。

卒業を間近に控えていた彼女のクラスでは、卒業記念にとクラス全員で未来の自分に宛てた手紙を書き、校庭の桜の木の下に埋めたそうだ。

時は流れ、彼女が30歳の時。

中学当時の旧友が集まる同窓会があり、その時に彼女は他のクラスメイト達に、卒業前に埋めたタイムカプセルの事を

「覚えてる? 懐かしいよね!」

という感じで聞いてみた。

ところがその場に居た全員が

「はあ? お前何言ってんの? そんな事してないだろ」

とタイムカプセルの存在を全否定する。

彼女としては自分の記憶に確信があったし、他のみんなが覚えていない事の方が不思議だったので、その場では

「絶対にタイムカプセル埋めたよ!」

と言い張ったのだが、やはりみんなの記憶にはそんなものは存在していない。

まあ、そんなカプセルの存在など実生活では何の影響もない訳で、結局その話は流れてしまったそうだが、彼女は一人その存在を確信していた。

確かにあの時、校庭のあの場所に埋めたのだ、と。

ただ、彼女自身が未来の自分に宛てた手紙にどんな事を書いたのかだけは、どうしても思い出せなかった。

更に時は流れて10年後。

彼女が40歳の時に、その母校の中学校では校舎の増築工事が行われる事になった。

新校舎が建設されるのは、彼女の記憶にあるタイムカプセルを埋めた場所。校庭に植えられていた桜の木のある場所だった。

あの木を切ってその上に校舎を建てたら、カプセルは二度と取り出せない。

彼女はそう思ったのだが、どうする事も出来なかった。

ところが工事の進捗に合わせて、そのタイムカプセルが工事関係者の手によって発見されたのだ。

早速、同窓会名簿を通じて当事者たちが母校に集結した。

彼女以外のクラスメイトは、彼女が30歳の時の同窓会でタイムカプセルの事を話したのは覚えており、

「何でお前だけ覚えてて、他のやつの記憶には無いんだ?」

と不思議がりはしたものの、取りも直さず各々自分の手紙を開封して読んだそうだ。

その時、クラスメイトの中で二十歳の若さで夭折したY君という男子生徒の手紙を、担任だった先生が代わりに開封したところ、その場が凍り付いた。

そして更に、彼女が自分に宛てて書いた手紙を他のクラスメイトたちに見せた時、その場に居た全員が顔面蒼白になった。

Y君の手紙

「このカプセルはみんなが二十歳になった時、その存在が記憶から消え去るだろう。

そしてその20年後に再び思い出される。しかし俺は二十歳で死んでいるのだ、イエイ!」

彼女の手紙

「40歳の私へ。私は他のみんながカプセルの存在を忘れたとしても、私一人だけは絶対に忘れない。やったね!」

予言通り二十歳で亡くなっていたY君。また、死んだY君の手紙に呼応するかのような彼女の手紙。

その手紙は書いた当時、各々が家で書いて封をし持ち寄ったものだし、彼女とY君は示し合わせた訳でもなく、お互いの手紙の内容を知っていた訳でもない。

そして手紙を書いた彼女自身でさえ、自分がそんな事を書いていたという記憶が欠落していたそうだ。

一同、不思議な事もあるものだと妙に感心した様子。

担任の先生は

「これは本当に言霊の力だなあ。書いてあることが現実になっている」

と宣ったそうだ。

実は彼女の母校であるこの中学校があった場所には戦時中、大きな病院が建っていたとの事で、空襲で学徒動員の生徒たちが何十人も犠牲になった場所でもあった。

そのため、校内には慰霊碑まで建っているという曰く付きの土地。

実際、霊感が強い彼女は在学中に何度も校内で心霊体験をしたとの事だ。

時計(フリー素材)

巻き戻った時間

子供というのは錯乱すると、訳の解らない行動をしてしまうものだよな。 子供の頃、俺に起こった不可思議なお話。 ※ 当時は5月の節句で、俺のために親が飾ってくれた兜と小刀が居間に…

次元の歪み

先に断っておきます。 この話には「幽霊」も出てこなければいわゆる「恐い人」も出てきません。 あの出来事が何だったのか、私には今も分かりません。 もし今から私が話す話を…

夜桜(フリー写真)

桜の精

うちのおかんの話。 当時おかんは6人兄弟(男3人、女3人)の長男の嫁として嫁いで来た。 長男の弟妹はまだみんな学生で、謂わば小姑的存在。 かなりの貧乏で、姑とお舅との…

アマヒメ様

その山村には、奇妙な言い伝えがあった。 寛政年間(18世紀終盤)のある年、雲一つ無いよく晴れ渡った空から、にわかに雨が降った。 おかしな事もあるものだと村人が空を見上げてい…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。 彼には物心ついた頃から母親が居なかった。 母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。 そして彼が7才の時、父親が新しい母…

地下のまる穴(長編)

これは17年前、高校3年の時の冬の出来事です。 あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、僅かに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や…

狐(フリー画像)

狐の加護を受ける家系

自分の家には、呪いと言うよりは加護みたいなものがあるらしい。 その内容は、何故か取引相手や仕事仲間が事故に遭わなくなったり、病気が治ったり出世したり、良縁に恵まれたりするというも…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。 宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。 大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

神社の鳥居(フリー写真)

隠しごと

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは、去年の暮れからだ。 顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやす時の格好だ。 駅の雑踏のように絶えず人が動いて…

枕(フリー写真)

ひとりおしゃべり

「ひとりおしゃべり」というものをご存知でしょうか。 降霊術の一つだそうで、椅子を二つ用意して片方に座り、もう一つの空いた椅子に向かっておしゃべりを続けると霊が出るというものです…