タイムカプセルの手紙

桜の木(フリー素材)

俺の知り合いの超霊感体質の女性(42歳)から聞いた不思議な話。

事の起こりは彼女が中学三年の卒業前まで遡る。

卒業を間近に控えていた彼女のクラスでは、卒業記念にとクラス全員で未来の自分に宛てた手紙を書き、校庭の桜の木の下に埋めたそうだ。

時は流れ、彼女が30歳の時。

中学当時の旧友が集まる同窓会があり、その時に彼女は他のクラスメイト達に、卒業前に埋めたタイムカプセルの事を

「覚えてる? 懐かしいよね!」

という感じで聞いてみた。

ところがその場に居た全員が

「はあ? お前何言ってんの? そんな事してないだろ」

とタイムカプセルの存在を全否定する。

彼女としては自分の記憶に確信があったし、他のみんなが覚えていない事の方が不思議だったので、その場では

「絶対にタイムカプセル埋めたよ!」

と言い張ったのだが、やはりみんなの記憶にはそんなものは存在していない。

まあ、そんなカプセルの存在など実生活では何の影響もない訳で、結局その話は流れてしまったそうだが、彼女は一人その存在を確信していた。

確かにあの時、校庭のあの場所に埋めたのだ、と。

ただ、彼女自身が未来の自分に宛てた手紙にどんな事を書いたのかだけは、どうしても思い出せなかった。

更に時は流れて10年後。

彼女が40歳の時に、その母校の中学校では校舎の増築工事が行われる事になった。

新校舎が建設されるのは、彼女の記憶にあるタイムカプセルを埋めた場所。校庭に植えられていた桜の木のある場所だった。

あの木を切ってその上に校舎を建てたら、カプセルは二度と取り出せない。

彼女はそう思ったのだが、どうする事も出来なかった。

ところが工事の進捗に合わせて、そのタイムカプセルが工事関係者の手によって発見されたのだ。

早速、同窓会名簿を通じて当事者たちが母校に集結した。

彼女以外のクラスメイトは、彼女が30歳の時の同窓会でタイムカプセルの事を話したのは覚えており、

「何でお前だけ覚えてて、他のやつの記憶には無いんだ?」

と不思議がりはしたものの、取りも直さず各々自分の手紙を開封して読んだそうだ。

その時、クラスメイトの中で二十歳の若さで夭折したY君という男子生徒の手紙を、担任だった先生が代わりに開封したところ、その場が凍り付いた。

そして更に、彼女が自分に宛てて書いた手紙を他のクラスメイトたちに見せた時、その場に居た全員が顔面蒼白になった。

Y君の手紙

「このカプセルはみんなが二十歳になった時、その存在が記憶から消え去るだろう。

そしてその20年後に再び思い出される。しかし俺は二十歳で死んでいるのだ、イエイ!」

彼女の手紙

「40歳の私へ。私は他のみんながカプセルの存在を忘れたとしても、私一人だけは絶対に忘れない。やったね!」

予言通り二十歳で亡くなっていたY君。また、死んだY君の手紙に呼応するかのような彼女の手紙。

その手紙は書いた当時、各々が家で書いて封をし持ち寄ったものだし、彼女とY君は示し合わせた訳でもなく、お互いの手紙の内容を知っていた訳でもない。

そして手紙を書いた彼女自身でさえ、自分がそんな事を書いていたという記憶が欠落していたそうだ。

一同、不思議な事もあるものだと妙に感心した様子。

担任の先生は

「これは本当に言霊の力だなあ。書いてあることが現実になっている」

と宣ったそうだ。

実は彼女の母校であるこの中学校があった場所には戦時中、大きな病院が建っていたとの事で、空襲で学徒動員の生徒たちが何十人も犠牲になった場所でもあった。

そのため、校内には慰霊碑まで建っているという曰く付きの土地。

実際、霊感が強い彼女は在学中に何度も校内で心霊体験をしたとの事だ。

いつもの男性

オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。数年前に大学を卒業して某証券会社に就職しまして、福岡に赴任していた時の話です。会社の借り上げのマンションが市の中心部にあ…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

医師(フリー写真)

夢の中の治療

俺の従兄弟の話を一つ。非常に仲の良い従兄弟が、25歳の時に末期がんになった。人間として凄く見応えのある人物だっただけに、身内一同とても落胆した。従兄弟には当時付…

樹木(フリー写真)

根付

これは私が小学3年生の時に体験した話です。当時の私の家族構成は、母方の祖父母、父母、姉、でした。祖父の生家を建て直す事になり、壊す前に家族全員でご挨拶に伺いに行きました…

無限ループ(フリー素材)

無限ループする世界

高校時代の同級生に「右目を見ると前世が判る」と言う女子が居た。相手の瞳を見ていると、額の前辺りにその人の前世の映像が見えてくるらしい。瞬きはして良いけど、目は逸らしては…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。目的のエリアに着いて『…

付喪神

私の家は昔、質屋だった。と言っても爺ちゃんが17歳の頃までだから、私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞くことができた。 ※ その日の喜一(爺ちゃん)は店番をしてい…

義理堅い稲荷様(宮大工9)

晩秋の頃。山奥の村の畑の畦に建つ社の建替えを請け負った。親方は他の大きな現場で忙しく、他の弟子も親方の手伝いで手が離せない。結局、俺はその仕事を一人で行うように…

登山(フリー素材)

謎の救助隊

登山サークルに所属していた3人の男性が、冬休みを利用してある山に登ることを決めました。彼らのレベルではまだ早いと言われましたが、若さにかまけて無理やり登山を決行することにしまし…

さくら池

僕が小学校の頃の話。通学路から少し外れたところに、さくら池というかなり大きな農業用水池があった。僕たちが住んでいた団地はさくら池の先にあったから、下校途中に通学路を迂回し、その…