エレベーターと失われた時間

エレベーター

今日、不思議な体験をしました。

仕事が早く終わったので、行きつけのスナックで一杯飲むことにしました。

スナックが入っている雑居ビルのエレベーターに乗り、いつものように胸ポケットに3,000円を入れて5階に着きました。

しかし、エレベーターを降りると、視界一面が真っ白でした。

壁、ドア、看板など、白くないはずの所まで真っ白だったのです。

『全店改装か?一斉引っ越しとかないだろう。ママも一言連絡くれてもいいのに』と思い、エレベーターに戻ろうとしたら、「チン」という音がしてドアが開きました。

すると、作業服を着た初老の男性が降りてきて、私を見て目を見開き、「何故、ここに居るんだ!どこから入った!」と怒鳴りました。

私は、エレベーターで上がってきたことを説明しましたが、「そうじゃないんだよ、ここはダメなんだよ」と言われました。

男性は携帯電話を取り出し、何か話した後、「ヒグスデンカデしてください」と言いました。

次の瞬間、ビルの前に立っていました。

確かにスナックがある5階にいたはずなのに、どうして外にいるのでしょうか。

時計を見ると23時半で、23時半なんてあり得ないはずでした。

胸ポケットを触ると、さっき入れた千円札が3枚入っていました。

あの初老の男性は一体誰だったのでしょうか。

そして、私はあの数時間、一体どこに居たのでしょうか。

関連記事

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。 母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。 そういう人なので、あちこちに愛人…

廃屋の窓(フリー写真)

半分の家

じいちゃんから聞いた話。 従軍中、幾つか怪談を聞いたそうだ。その中の一つの話で、真偽は不明。 ※ 大陸でのこと。 ある部隊が野営することになった。 宿営地から少し…

兄弟(フリー写真)

兄が進む道

私の兄は優秀な人間でしたが、引き篭もり癖がありました(引き篭もりという言葉が出来る前のことです)。 生真面目過ぎて世の中の不正が許せなかったり、自分が世界に理解してもらえないこと…

姉からの着信

実家に帰省したある夏休み。 夜中の3時に自分の部屋でネットをしていた時、私の携帯電話に姉から着信があったの。 姉は廊下を挟んだ向かいの部屋にいるんだから、何か話したいのなら…

セブンイレブン

未来のお店

俺が6歳の頃の話。当時の俺は悪戯好きで、よく親に怒られていた。 怒られたら泣きながら「こんな家出てってやるー」と言って家出し、夕御飯には帰って来るということがよくあった。 …

未来の自分から

今から20年くらい前の出来事。 一人っ子だった俺は、幼稚園から帰ってくるとファミコンをするか家の目の前の公園で一人で遊ぶのが日課だった。 最初はどんな出会いだったかは憶えて…

異世界から来た友人

毎年夏に地元に帰って高校の頃の友人5人で集まるんだが、今年の夏にちょっとおかしな事があった。 どうにも意味が解らない話で、誰かに聞いて欲しくて。 みんな30代半ばになり、子…

キジムナー

あまり怖くないが不思議な話をひとつ。 30年くらい前、小学校に行くかいかないかの頃。 父の実家が鹿児島最南端の某島で、爺さんが死んだというので葬式に。 飛行機で沖縄経…

浮世絵のフリー素材

灯籠と火の玉

じいちゃんから聞いた話。 真夏の夕方、お使いの帰り道。お寺の片隅に人だかりが出来ているのを見つけた。 気になったじいちゃんは、人だかりが出来ている場所に行った。 人だ…

霧島駅

実際にその駅には降りていないし、一瞬の出来事だったから気の迷いかもしれないけど書いてみようと思う。 体験したのは一昨日の夜で、田舎の方に向かう列車の中だった。 田舎と言って…