エレベーターと失われた時間

エレベーター

今日、不思議な体験をしました。

仕事が早く終わったので、行きつけのスナックで一杯飲むことにしました。

スナックが入っている雑居ビルのエレベーターに乗り、いつものように胸ポケットに3,000円を入れて5階に着きました。

しかし、エレベーターを降りると、視界一面が真っ白でした。

壁、ドア、看板など、白くないはずの所まで真っ白だったのです。

『全店改装か?一斉引っ越しとかないだろう。ママも一言連絡くれてもいいのに』と思い、エレベーターに戻ろうとしたら、「チン」という音がしてドアが開きました。

すると、作業服を着た初老の男性が降りてきて、私を見て目を見開き、「何故、ここに居るんだ!どこから入った!」と怒鳴りました。

私は、エレベーターで上がってきたことを説明しましたが、「そうじゃないんだよ、ここはダメなんだよ」と言われました。

男性は携帯電話を取り出し、何か話した後、「ヒグスデンカデしてください」と言いました。

次の瞬間、ビルの前に立っていました。

確かにスナックがある5階にいたはずなのに、どうして外にいるのでしょうか。

時計を見ると23時半で、23時半なんてあり得ないはずでした。

胸ポケットを触ると、さっき入れた千円札が3枚入っていました。

あの初老の男性は一体誰だったのでしょうか。

そして、私はあの数時間、一体どこに居たのでしょうか。

関連記事

田舎の田園風景(フリー写真)

ノウケン様

ついこの間までお盆の行事だと思い込んでいた実家の風習を書いてみる。 実家と言うか、正確には母方祖母の実家の風習だけど。 母方祖母の田舎は山奥で、大昔は水不足で苦労した土地…

兄弟(フリー写真)

兄が進む道

私の兄は優秀な人間でしたが、引き篭もり癖がありました(引き篭もりという言葉が出来る前のことです)。 生真面目過ぎて世の中の不正が許せなかったり、自分が世界に理解してもらえないこと…

小さな鍾乳洞

少し昔……と言っても15年以上前の話になる。 俺の地元には小さな鍾乳洞がある。 田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても鍾乳洞を利用して観光ビジネスを興そうとしたらし…

俺神様

俺の両親は、俺を孕んだ時と産まれる時の夜に、光が腹に入っていくような神秘的な夢を見たことで「あんたには何か力がある」と信じこんでいて、家族で何か悩み事がある時には、俺が最終決定をして、…

さくら池

僕が小学校の頃の話。通学路から少し外れたところに、さくら池というかなり大きな農業用水池があった。 僕たちが住んでいた団地はさくら池の先にあったから、下校途中に通学路を迂回し、その…

大学校舎(フリー写真)

NO BADY

二ヶ月ほど前に体験した話です。 もしかしたら夢だったのかもしれませんが聞いて下さい。 ※ 朝、起きたのが10時だった。 『もう、10時か…』 大学は9時半から始ま…

刀(フリー素材)

霊刀の妖精(宮大工15)

俺と沙織の結婚式の時。 早くに父を亡くした俺と母を助け、とても力になってくれた叔父貴と久し振りに会う事ができた。 叔父貴は既に八十を超える高齢だが、山仕事と拳法で鍛えている…

Qualeは物質に干渉する

僕は東京の杉並区に住んでいます。今は恥ずかしながらフリーターです。 昨日は友人四人と駅近くの居酒屋で飲み、ほろ酔いで自宅まで帰っていました。駅から自宅までは歩いて10分ほどです。…

登山(フリー素材)

謎の救助隊

登山サークルに所属していた3人の男性が、冬休みを利用してある山に登ることを決めました。 彼らのレベルではまだ早いと言われましたが、若さにかまけて無理やり登山を決行することにしまし…

材木(フリー写真)

木こりの不思議な話

朝、林道を車で走って現場へ向かう途中の出来事。 前を歩いていた登山者が道の脇によけてくれたから、窓越しに会釈をした。 運転していた相方は「お前、何してるんだ」と言い、 …