ループする道

通学路(フリー背景素材)

20年近く前の話になります。当時、私は小学4年生でした。

近所の公園にとても変わったすり鉢状の滑り台があり、小学生には大人気でした。

学校が終わってすぐに行かないと、取り合いや順番待ち、横暴な上級生のジャイアン的圧政など、面倒なことが増えます。

なのでその日も学校が終わったら、親友のT君とその公園で会う約束をし、走って帰りました。

家に帰るとランドセルを放り投げ、自転車に乗って猛烈に漕ぎました。

最初は何も考えていなかったのですが、何か変だと思い自転車を停めました。

すると、さっき渡ったはずの信号が遠くの方に見えました。

と言うより、自分が自転車を停めた所は、さっき通った所なんです。

どこから同じ道だったのかは分かりません。

ただ、その公園へは毎日のように行っていたので道を間違えるはずもなく、景色も覚えています。

それなのに『今からさっき通った所』という瞬間が分かりませんでした。

いつの間にか同じ道だったのです。

そして更におかしいのが、全く人気が無いのです。

何の変哲も無い住宅街ですが、いつもなら立ち話する主婦、道路で遊ぶ子供、大きな道に抜ける車など、何かしら人の動きがある道です。

それが全く無いのです。

家の中は見えませんが、家自体に人の気配が無いのは子供ながらに感じました。

騒音も全くありませんでした。

とにかく数百メートル先の信号まで行くことにしました。

しかし漕いでも漕いでも何故か近付けないのです。

はっきりとは見えませんが、信号が大分先に固定されていて、信号の少し手前の風景だけが流れている感覚。

どれだけ漕いでも着かないので遂に疲れ果て、漕ぐのを止めました。

そして段々心細くなり、泣き出したのです。

わんわん泣いていると先の角から、四十歳くらいのおっさんが歩いて来ました。

何やら携帯電話のようなもので話しながら歩いて来ました(当時は携帯電話は無かったので、トランシーバーだと思いました)。

そして泣いている私を見つけると、

「居た、居たわ」

と言いながら私に近付いて来て、

「よしよし、怖かったな、お家に帰ろうな」

と言って頭を撫でられた瞬間、後ろから車が。

いつの間にか騒音もいつも通り。

何だかよく解らない内に、何もかも元に戻っていました。

その後、公園へ行くとT君はまだ居ませんでした。

10分ほど経ってからT君が来ると、

「お前、早いなー。いつ着いた?」

と聞かれました。

「10分くらい前」

と言うと、

「嘘吐くな!俺、めっちゃ飛ばして来たんや。10分前ってまだ学校帰りやんけ」

と言われたのです。

そう、公園の時計を見ると、学校を出た時間から15分しか経っていないことになっていたんです。

学校から家、そして公園までの道は、最低でも20分は掛かるコース。

もう何が何やら訳が解らなくなってまた泣き出してしまい、T君は自分のせいで私が泣いたと思いオロオロ。

取り敢えず全てを説明し、二人で

「何やろなー」

と言っていました。

あの体験は一体何だったのでしょうか…。

戦時中の校舎

戦時中の校舎

10年前の夏休み、母と一つ上の姉と共に母方の実家に遊びに行った。 そこは集落から少し離れた山の麓にあり、隣の家まで行くのに5分は歩くような場所だった。 当時、私たち姉弟の間…

プラント・コロニー(長編)

いつものようにバイトをして、休憩室で飯を食ってたんだわ。 飯を食い終わってスマホを弄ってたら、頭がくらっとしてきた。 貧血かなーと思ってたんだけど、妙に意識だけはっきりして…

ねじれ(フリー背景素材)

時空のお姉さん

12月の中旬頃に、恐らく『時空のおっさん』に関連すると思われる体験をしたので投稿します。 創作ではなく、確かに体験した実話です。 ※ 私はコスプレイヤーで、その日は友達と4人…

見知らぬゲーム機

誰に言っても信じてもらえなかった話。 時代は初代ゲームボーイが出た頃。 俺は親に買ってもらったばかりで浮かれていて、習い事の行き帰りに電車の中でよくピコピコ遊んでいた。 …

夢(フリー素材)

神隠しの夢

もう10年以上前、俺が中学校の頃の話です。 当時はしょっちゅう同じ夢を見ていまして。 左右が田んぼの長い田舎道を、一人で歩いているんですよ。 すると向こうの方から和服…

存在しない駅

当時学生だった自分は大学の仲間と大学の近くの店で酒を飲んでいた。 結局終電間近まで遊んでて、駅に着いたらちょうど終電の急行が出るところだったので慌てて乗った。 仲間内で電車…

異世界から元に戻れなくなった

この話は2013年の8月頭くらいの話。 爺ちゃんの49日のために行った先での出来事だから、恐らくその辺りだ。 その日はクソ暑かった。休日だったその日は、朝から爺ちゃんの法要…

10の14乗分の1

人間って、壁をすり抜けたりする事ができるの知ってました? 10の14乗分の1くらいの確率で。 細胞を形成している素粒子に透過性があるかららしい。たまたまこないだテレビで見て…

高架下(フリー写真)

夢で見た光景

数ヶ月前の出来事で、あまりにも怖かったので親しい友達にしか話していない話。 ある明け方に、同じ夢を二度見たんです。 街で『知り合いかな?』と思う人を見かけて、暇だからと後を…

プラットフォーム

プラットフォームの向こう

小学校低学年の時だから、かなり昔の事になります。 私はその日、母に手を引かれ、遠縁の親戚を訪ねるため駅に来ていました。 まだ見慣れない色とりどりの電車に、私は目を奪われてい…