ループする道

通学路(フリー背景素材)

20年近く前の話になります。当時、私は小学4年生でした。

近所の公園にとても変わったすり鉢状の滑り台があり、小学生には大人気でした。

学校が終わってすぐに行かないと、取り合いや順番待ち、横暴な上級生のジャイアン的圧政など、面倒なことが増えます。

なのでその日も学校が終わったら、親友のT君とその公園で会う約束をし、走って帰りました。

家に帰るとランドセルを放り投げ、自転車に乗って猛烈に漕ぎました。

最初は何も考えていなかったのですが、何か変だと思い自転車を停めました。

すると、さっき渡ったはずの信号が遠くの方に見えました。

と言うより、自分が自転車を停めた所は、さっき通った所なんです。

どこから同じ道だったのかは分かりません。

ただ、その公園へは毎日のように行っていたので道を間違えるはずもなく、景色も覚えています。

それなのに『今からさっき通った所』という瞬間が分かりませんでした。

いつの間にか同じ道だったのです。

そして更におかしいのが、全く人気が無いのです。

何の変哲も無い住宅街ですが、いつもなら立ち話する主婦、道路で遊ぶ子供、大きな道に抜ける車など、何かしら人の動きがある道です。

それが全く無いのです。

家の中は見えませんが、家自体に人の気配が無いのは子供ながらに感じました。

騒音も全くありませんでした。

とにかく数百メートル先の信号まで行くことにしました。

しかし漕いでも漕いでも何故か近付けないのです。

はっきりとは見えませんが、信号が大分先に固定されていて、信号の少し手前の風景だけが流れている感覚。

どれだけ漕いでも着かないので遂に疲れ果て、漕ぐのを止めました。

そして段々心細くなり、泣き出したのです。

わんわん泣いていると先の角から、四十歳くらいのおっさんが歩いて来ました。

何やら携帯電話のようなもので話しながら歩いて来ました(当時は携帯電話は無かったので、トランシーバーだと思いました)。

そして泣いている私を見つけると、

「居た、居たわ」

と言いながら私に近付いて来て、

「よしよし、怖かったな、お家に帰ろうな」

と言って頭を撫でられた瞬間、後ろから車が。

いつの間にか騒音もいつも通り。

何だかよく解らない内に、何もかも元に戻っていました。

その後、公園へ行くとT君はまだ居ませんでした。

10分ほど経ってからT君が来ると、

「お前、早いなー。いつ着いた?」

と聞かれました。

「10分くらい前」

と言うと、

「嘘吐くな!俺、めっちゃ飛ばして来たんや。10分前ってまだ学校帰りやんけ」

と言われたのです。

そう、公園の時計を見ると、学校を出た時間から15分しか経っていないことになっていたんです。

学校から家、そして公園までの道は、最低でも20分は掛かるコース。

もう何が何やら訳が解らなくなってまた泣き出してしまい、T君は自分のせいで私が泣いたと思いオロオロ。

取り敢えず全てを説明し、二人で

「何やろなー」

と言っていました。

あの体験は一体何だったのでしょうか…。

ワープ

会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさん)のお話。Aさんが小学生の時、積極的だったAさんは、休み時間に校庭で皆とドッジボールをして、チャイムが鳴ったので一番に教室に駆け込んで行…

時空の狭間の少女

これは俺が保育園に通っていた時の話。俺が住んでた町には第一から第三まで保育園があり、俺は第一保育園に通っていた。ある夏の日、合同お遊戯会の劇の練習で第一保育園の園児が第…

異界への扉

建築法だか何だかで、5階以上の建物にはエレベーターを設置しないといかんらしい。だから俺が前住んでいた高速沿いのマンションにも、当然ながらエレベーターが一つあった。6階に…

時間

時を超えた電話

高校の時に母から、「昨日、お前から電話がかかってきた。○○(住んでいるところ)にもうすぐ到着するという電話だった。声は確かにお前だった」と言われた事があった。そ…

北陸本線

二日前だから11月の6日の出来事。終電間近の北陸本線の某無人駅での変な話。音楽を聴きながら待っていると、列車接近の放送もなく急にホームに列車が現れた。「うぉっ、時刻表よ…

白い空間

誰もいない世界

私は2年前まで看護師をしていました。今は派遣事務の仕事に就いていますが、我ながらよくあの殺人的なシフトをこなしていたなと感心します。17、8時間の拘束は当たり前の世界ですから。…

ドア(フリー写真)

見知らぬ場所

子供の頃の体験談を一つ書いてみる。幼稚園くらいの話だけど、今も鮮明に覚えている。祖父の家が結構近くて頻繁に家族で通っていたのだけど、祖父の家は関東で、田舎でもなければ…

高架下(フリー写真)

夢で見た光景

数ヶ月前の出来事で、あまりにも怖かったので親しい友達にしか話していない話。ある明け方に、同じ夢を二度見たんです。街で『知り合いかな?』と思う人を見かけて、暇だからと後を…

時間停止

小学生の時の話。昼休みの校庭で、10秒ほど周囲が1/10秒シャッターで写真を撮ったように止まったことがあった。単に止まったのというのは少し違う。慣性の法則を無視してピタ…

時空(フリー画像)

祖母のタイムスリップ体験

祖母が体験した不思議な話。まだ終戦後のバラック住まいの頃、生活物資を買いに市へ出掛けたんだそうな。所々にバラック小屋が建っているだけの道を歩いていた時、急に辺りの様子が…