赤紫の空

公開日: 異世界に行った話

アパート(フリー写真)

小学2年生の頃の話。

俺は当時、経営住宅みたいな所に住んでいて、土日は敷地内にある公園で友達と遊びまくっていた。

それでまあ、夏の夕方ぐらいに、暗くなってきたからそろそろ帰ろうかという感じになったんだ。

ちなみに俺の家は、A棟B棟とある内のB棟で、402号室だった。

俺は確かにB棟に入り、エレベーターで4階まで昇り、自分の家の前まで行った。

家の前に立つと、玄関が開いてた。

夏だし暑いからかなと思ったのだけど、何か変だった。

朝、家を出る頃には無かった、暖簾みたいものがあった。

暖簾には何か難しい漢字が書いてあって、少し怖かった。

うちの両親はしょっちゅう家の模様替えをしていたから、またかなと思って玄関に入ると靴が沢山あり、中から賑やかな笑い声が聞こえた。

『お客さんかな、小遣い貰えるじゃん』などと思い、俺は意気揚々と家に入ったんだ。「ただいまー!!!」と言って。

そしたら家の中が急に静かになって、本当に無音状態になったんだ。

『は? 何?』と思って、もう一回「ただいまー!」と言って居間に行ったんだよ。

そしたら、もやもやした黒い影みたいなものに目だけ付いた者達が沢山いて、その目が全部俺のことを見ている。

凄く怖くなって家を飛び出し、部屋番号を確認したらやはり402号室。

それできっと棟を間違えたんだと思い、階段を駆け下りて建物の前に立ったらB棟なんだよ。

何だこれと思った。周りを見ても誰もいなくて、夏なのに虫の声一つしないし、一階の部屋からも人の声が聞こえないし、車も通らなくて無音。

西側の空だけ赤紫で凄く不気味だった。

本当に怖くて涙が出てきて。でも外にいても仕方ないし、また家に行った。

そしたら今度はドアが閉まっていて、ゆっくり開けたら暖簾もなくて。

「ただいまー」と小さな声で言ったら母親が来て「何してたの!遅いじゃない!!」と怒られた。

でも、ちゃんと自分の家になっていて安心した。

どこかの世界では、黒い影みたいなものに目だけ付いた者達が、玄関に難しい漢字を書いた暖簾をぶら下げて生活しているんだろうな。

もしくは、こちらからは向こうを黒い影としか認識できなくて、向こうからも幽霊的な何かとしか認識されなかったのかもしれない。

この投稿への返信

そう言えば、幽霊が見えるという人の話を聞いていても、霊の行動パターンは二通りあるそうだ。

一つは、こちらの世界に対応して脅かしたり覗いたりしている。

もう一つは、こちらと全く無関係に忙しく歩いたり作業していたりする。

例えば、岩手のあるビルには霊が何体もいるが、

「みんな床に腰あたりまで埋まって移動している」

と、バイトでそのビルに行く人達が言っていた。

「それは建て替わる前にそのビルにいた人たちの霊で、フロアの高さが変わったからだ」

と見える人は言ってたが、働いてた場所で今でも霊が働いているなんておかしい。

亡くなった時期はバラバラのはずなのに。ビルがいきなり崩れたような事件事故も聞かない。

パラレルワールド的に二つのビルが重なっていて、もう一つのビルは昔のものなのだろうと思ったりもする。

関連記事

無人駅

見知らぬ駅

今でも忘れられない、とても怖くて不思議な体験。1年と半年ほど前になるでしょうか、私がまだOLをしていた時の話です。毎日毎日、会社でのデスクワークに疲れて、帰りの電車では…

おにいさん祭り

生まれは都市圏だけど、まだ緑が多かった頃なので遊び場には事欠かなかった。家の近くに大きな空き地があって、毎年盆踊りをそこでやっていたのを覚えてる。その空き地が潰されて大きな工場…

失われた時間

2001年の秋。風邪ひいて寒気がするので、大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。頭がぐわんぐわんと痛みだして、ギュッと目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。…

アクァッホ(長編)

多分信じてもらえることはないだろうから、そういう創作物として見てくれれば幸い。まず交流に使った方法はチャネリング(日本でいうところの口寄せの術)。たまたま適当にネット漁…

夜の駅(フリー素材)

地図に無い駅

その日、彼は疲れていました。遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。その為いつもよりも電車で…

休日の商店街(フリー写真)

グレーの夕陽

8歳くらいの頃に体験した話。俺の家は商店街の魚屋で、年中無休で営業していた。その日は目覚めたら家に誰も居らず、店を閉めている訳でもないのに本当に誰も居ない。俺は…

ちょっとだけ異空間に行った話

ドラッグか病気による幻覚扱いにされそうだけど、多分、ちょっとだけ異空間に行った話。就活で疲れ果てて横浜地下鉄で眠り込んでしまった。降りるのは仲町台。夕方だったのに、車掌…

ワームホール

ワームホール

14年前、多摩川の河原から栃木の山中にワープした。草むらに見つけた穴を5メートルほど進んで行ったら、なぜか板壁に突き当たった。その隙間から這い出てみると、森の中の腐りか…

時間

時を超えた電話

高校の時に母から、「昨日、お前から電話がかかってきた。○○(住んでいるところ)にもうすぐ到着するという電話だった。声は確かにお前だった」と言われた事があった。そ…

時空の狭間の少女

これは俺が保育園に通っていた時の話。俺が住んでた町には第一から第三まで保育園があり、俺は第一保育園に通っていた。ある夏の日、合同お遊戯会の劇の練習で第一保育園の園児が第…