赤紫の空

公開日: 異世界に行った話

アパート(フリー写真)

小学2年生の頃の話。

俺は当時、経営住宅みたいな所に住んでいて、土日は敷地内にある公園で友達と遊びまくっていた。

それでまあ、夏の夕方ぐらいに、暗くなってきたからそろそろ帰ろうかという感じになったんだ。

ちなみに俺の家は、A棟B棟とある内のB棟で、402号室だった。

俺は確かにB棟に入り、エレベーターで4階まで昇り、自分の家の前まで行った。

家の前に立つと、玄関が開いてた。

夏だし暑いからかなと思ったのだけど、何か変だった。

朝、家を出る頃には無かった、暖簾みたいものがあった。

暖簾には何か難しい漢字が書いてあって、少し怖かった。

うちの両親はしょっちゅう家の模様替えをしていたから、またかなと思って玄関に入ると靴が沢山あり、中から賑やかな笑い声が聞こえた。

『お客さんかな、小遣い貰えるじゃん』などと思い、俺は意気揚々と家に入ったんだ。「ただいまー!!!」と言って。

そしたら家の中が急に静かになって、本当に無音状態になったんだ。

『は? 何?』と思って、もう一回「ただいまー!」と言って居間に行ったんだよ。

そしたら、もやもやした黒い影みたいなものに目だけ付いた者達が沢山いて、その目が全部俺のことを見ている。

凄く怖くなって家を飛び出し、部屋番号を確認したらやはり402号室。

それできっと棟を間違えたんだと思い、階段を駆け下りて建物の前に立ったらB棟なんだよ。

何だこれと思った。周りを見ても誰もいなくて、夏なのに虫の声一つしないし、一階の部屋からも人の声が聞こえないし、車も通らなくて無音。

西側の空だけ赤紫で凄く不気味だった。

本当に怖くて涙が出てきて。でも外にいても仕方ないし、また家に行った。

そしたら今度はドアが閉まっていて、ゆっくり開けたら暖簾もなくて。

「ただいまー」と小さな声で言ったら母親が来て「何してたの!遅いじゃない!!」と怒られた。

でも、ちゃんと自分の家になっていて安心した。

どこかの世界では、黒い影みたいなものに目だけ付いた者達が、玄関に難しい漢字を書いた暖簾をぶら下げて生活しているんだろうな。

もしくは、こちらからは向こうを黒い影としか認識できなくて、向こうからも幽霊的な何かとしか認識されなかったのかもしれない。

この投稿への返信

そう言えば、幽霊が見えるという人の話を聞いていても、霊の行動パターンは二通りあるそうだ。

一つは、こちらの世界に対応して脅かしたり覗いたりしている。

もう一つは、こちらと全く無関係に忙しく歩いたり作業していたりする。

例えば、岩手のあるビルには霊が何体もいるが、

「みんな床に腰あたりまで埋まって移動している」

と、バイトでそのビルに行く人達が言っていた。

「それは建て替わる前にそのビルにいた人たちの霊で、フロアの高さが変わったからだ」

と見える人は言ってたが、働いてた場所で今でも霊が働いているなんておかしい。

亡くなった時期はバラバラのはずなのに。ビルがいきなり崩れたような事件事故も聞かない。

パラレルワールド的に二つのビルが重なっていて、もう一つのビルは昔のものなのだろうと思ったりもする。

プラント・コロニー(長編)

いつものようにバイトをして、休憩室で飯を食ってたんだわ。 飯を食い終わってスマホを弄ってたら、頭がくらっとしてきた。 貧血かなーと思ってたんだけど、妙に意識だけはっきりして…

光(フリー素材)

異世界に続く天井裏

俺のクラスに新しく転入生の男子が来た。 彼はいつも机に突っ伏して塞ぎ込んでいて、未だに友人は一人も出来ていないようだった。 きっとクラスに馴染めずに大変なんだろうと考えた俺…

並行宇宙(フリー素材)

史実との違い

高校時代、日本史の授業中に体験した謎な話。 その日、私は歴史の授業が怠くてねむねむ状態だった。 でもノートを取らなければこの先生すぐ黒板消すしな…と思い、眠気と戦っていた。…

トンネル

帰らない友人

うちの近くに、背の高い草が茫々に生い茂った空き地がある。 陽の光が当たり難いだけでなく、元から妙に薄暗いため、非常に不気味な場所だ。 そんな場所は、やはり小中学生には格好の…

見知らぬゲーム機

誰に言っても信じてもらえなかった話。 時代は初代ゲームボーイが出た頃。 俺は親に買ってもらったばかりで浮かれていて、習い事の行き帰りに電車の中でよくピコピコ遊んでいた。 …

謎の駅と老人の地図

俺は5年前、大学1年の時に重い精神病を患った。 最初は何となくやる気が起きないことから始まったんだが、そのうち大学の構内とか、人込みの中とかで、俺の悪口が聞こえるようになったんだ…

無限ループするトンネルと祭り

休日の夕方に友人連れ3人で、温泉宿に向かう山道を車で走っていた。 車の持主が運転、もう一人は後部座席、俺が地図を見ていた。 地図上では一本道で、トンネルを3つ通らないといけ…

フラクタル模様(フリー素材)

予知夢

俺にはデジャヴのような体験がよくある。デジャヴではなく予知夢なんだけどね。 でも中途半端な能力で使えない。いつ起こる出来事か判らないし、過去の夢の時もある。ただの夢とも混ざってし…

プラットフォーム

プラットフォームの向こう

小学校低学年の時だから、かなり昔の事になります。 私はその日、母に手を引かれ、遠縁の親戚を訪ねるため駅に来ていました。 まだ見慣れない色とりどりの電車に、私は目を奪われてい…

集合住宅(フリー素材)

知らない部屋

私が小学校に上がる前の話。 当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。 ※ ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸…