赤紫の空

公開日: 異世界に行った話

アパート(フリー写真)

小学2年生の頃の話。

俺は当時、経営住宅みたいな所に住んでいて、土日は敷地内にある公園で友達と遊びまくっていた。

それでまあ、夏の夕方ぐらいに、暗くなってきたからそろそろ帰ろうかという感じになったんだ。

ちなみに俺の家は、A棟B棟とある内のB棟で、402号室だった。

俺は確かにB棟に入り、エレベーターで4階まで昇り、自分の家の前まで行った。

家の前に立つと、玄関が開いてた。

夏だし暑いからかなと思ったのだけど、何か変だった。

朝、家を出る頃には無かった、暖簾みたいものがあった。

暖簾には何か難しい漢字が書いてあって、少し怖かった。

うちの両親はしょっちゅう家の模様替えをしていたから、またかなと思って玄関に入ると靴が沢山あり、中から賑やかな笑い声が聞こえた。

『お客さんかな、小遣い貰えるじゃん』などと思い、俺は意気揚々と家に入ったんだ。「ただいまー!!!」と言って。

そしたら家の中が急に静かになって、本当に無音状態になったんだ。

『は? 何?』と思って、もう一回「ただいまー!」と言って居間に行ったんだよ。

そしたら、もやもやした黒い影みたいなものに目だけ付いた者達が沢山いて、その目が全部俺のことを見ている。

凄く怖くなって家を飛び出し、部屋番号を確認したらやはり402号室。

それできっと棟を間違えたんだと思い、階段を駆け下りて建物の前に立ったらB棟なんだよ。

何だこれと思った。周りを見ても誰もいなくて、夏なのに虫の声一つしないし、一階の部屋からも人の声が聞こえないし、車も通らなくて無音。

西側の空だけ赤紫で凄く不気味だった。

本当に怖くて涙が出てきて。でも外にいても仕方ないし、また家に行った。

そしたら今度はドアが閉まっていて、ゆっくり開けたら暖簾もなくて。

「ただいまー」と小さな声で言ったら母親が来て「何してたの!遅いじゃない!!」と怒られた。

でも、ちゃんと自分の家になっていて安心した。

どこかの世界では、黒い影みたいなものに目だけ付いた者達が、玄関に難しい漢字を書いた暖簾をぶら下げて生活しているんだろうな。

もしくは、こちらからは向こうを黒い影としか認識できなくて、向こうからも幽霊的な何かとしか認識されなかったのかもしれない。

この投稿への返信

そう言えば、幽霊が見えるという人の話を聞いていても、霊の行動パターンは二通りあるそうだ。

一つは、こちらの世界に対応して脅かしたり覗いたりしている。

もう一つは、こちらと全く無関係に忙しく歩いたり作業していたりする。

例えば、岩手のあるビルには霊が何体もいるが、

「みんな床に腰あたりまで埋まって移動している」

と、バイトでそのビルに行く人達が言っていた。

「それは建て替わる前にそのビルにいた人たちの霊で、フロアの高さが変わったからだ」

と見える人は言ってたが、働いてた場所で今でも霊が働いているなんておかしい。

亡くなった時期はバラバラのはずなのに。ビルがいきなり崩れたような事件事故も聞かない。

パラレルワールド的に二つのビルが重なっていて、もう一つのビルは昔のものなのだろうと思ったりもする。

関連記事

神奈川県某駅の駅ビル

小学校入るくらいまでの体験。 神奈川県某駅の駅ビルで、階段やエスカレータなど使わずに、3Fから4Fにワープした。駅との連絡口が3Fで、決まったルートを歩くと4Fに着いてる。 …

裏世界

不思議な記憶というか、今でも鮮明に覚えている記憶。 小学5年生の夏休み、家の裏手にある大きなグラウンドで、夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作っていた。 する…

ゲラゲラ(長編)

去年の4月に大学を卒業して、マンションに引っ越した。 そのマンションの真ん中が中庭になっていて、俺は左端に住んでいる。 6階建てのマンションで、右側にマンションの玄関があり…

地底世界

小学校2年生の頃の話。 山に囲まれた田舎に住んでいたんだけど、学校の帰り道で知らないおじさんとおばさんが俺に話しかけてきた。 知らない人には付いて行ってはいけないと言われて…

民家

きょうこさん

以前付き合っていた霊感の強い女性から聞いた話です。「これまで色んな霊体験してきて、洒落にならんくらい怖い目にあったことってないの?」と尋ねたら、彼女は深刻な表情で教えてくれました。 …

歪みが発生している場所

確か小学2年の頃の話。 クラスで仲の良い友人が、 「すごい場所があるんだよ!今日行こうぜ!」 と言うので付いて行った。 そいつは普段から「宇宙人を見た」などと言…

繋ぎ目

中学生の頃の夏の話。 そろそろ夏休みという時期の朝、食事を終えてやっとこ登校しようと、玄関に向かったんだ。 スニーカーのつま先を土間でとんとんと調整しながら引き戸の玄関をガ…

不思議な森

昔住んでた家の近くの河川敷に広い公園があり、そこに小さな森があった。その森の中には、異常に暗い空間が何カ所かあって、よくそこで遊んでた。 もう少し説明すると、その空間だけ切り取っ…

戦時中の校舎

戦時中の校舎

10年前の夏休み、母と一つ上の姉と共に母方の実家に遊びに行った。 そこは集落から少し離れた山の麓にあり、隣の家まで行くのに5分は歩くような場所だった。 当時、私たち姉弟の間…

夜の縁側

夏庭の訪問者

アサガオの花が朝の静けさを彩る中、それは夏の出来事だったと記憶しています。 当時わずか5歳の私は、家の庭にある砂場で独り静かに遊んでいました。 目を上げると、隣の生け垣の…