朗読する声

公開日: 本当にあった怖い話

パソコン(フリー写真)

実際にあったお話です。

怖い話が好きで、自宅の近所であった自殺の話を、少し脚色してネットで公開したそうです。

その夜、投稿に対する返信を確認していると突然電話が鳴りました。

自分が投稿した文章を電話の向うで朗読しているそうです。か細い女の人の声で。

これは自分の文章だとすぐに判り、きっと個人情報を得た人間の悪質な悪戯に違いないと思いました。

ところが、脚色部分から次第に朗読する女の声質が変わり、かすれた声になり、男の声に変わって行きました。

しかも脚色した内容とはかけ離れた、実際にあった自殺の内容になって行ったのです。

投稿した内容は、自殺者が女性、首吊り、文語体。

変わって行った内容は、自殺者が男性、首吊り、口語体。

実際にあった自殺は、男性、首吊り。

怖くなって電話を切り、無意識に手を合わせて「南無阿弥陀仏」を繰り返したそうです。

自分の家には仏壇も無く、そんな習慣も無いのに。

今でも、女性から男性へと変容して行く時の声が耳について離れないそうです。

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。 まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。 紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…

生き人形

呪いの生き人形。 稲川淳二氏が、テレビ等の心霊特集に欠かせない存在になった切っ掛けの心霊体験談がこれです。 この話は稲川淳二氏自身は勿論、テレビ、雑誌、漫画等も未だに敬遠し…

クリスマス(フリー写真)

塾のクリスマス企画

俺が小学生だった頃の話。 近所の小さな珠算塾(ソロバン塾)に通っていた俺は、毎年クリスマスの日の塾を楽しみにしていた。 クリスマスの日だけはあまり授業をやらずに、先生が子供…

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。 その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。 A子には3…

アパート

宗教団体のアパート

小学生の頃、友人にMちゃんという子がいた。 Mちゃんの両親(特に母親)は宗教好きで、よく解らないけど色々やっていたようだった。 家に遊びに行くと、絵の得意だった自分に半紙を…

廃ホテル(フリー写真)

廃ホテルで消えた記憶

俺の実体験で、忘れようにも忘れられない話があります。 ※ 今から四年前の夏、友人のNと二人でY県へ車でキャンプに行った。 男二人だし、どうせやるなら本格的なキャンプにしようと…

悪魔の書

中学生の頃、俺は横浜に住んでたんだけど、親父が教会の神父やってたの。 神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。 まあ、俺なんて信心深い方じゃないし、一家…

だ~れだ?

今から2年程前のことです。とあるアパートに彼女と同棲していました。 その日はバイトが早めに終わり、一人でテレビを見ながら彼女の帰りを待っていると、「だ~れだ?」という声と共に目隠…

離島の駐在所

私はある離島の駐在所に勤務しております。 この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。 田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。職住接近だし、3直…

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。 彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。 なんでも”身近”と”未知か”、”道か…