変なタクシー

f0145372_746485

昨日、ひどく恐ろしい体験をしました。

便宜上昨日と言いましたが、実際は日付が変わって本日の午前1時過ぎのこと。

残業のため終電で帰ってきた私は、家の近くまで走っているバスがもう終わっていたため、タクシーに乗って帰ろうとしました。

タクシー乗り場にて暫く待つこと数分。

すぐに自分の乗る番が来て、私はタクシーに乗り込むと、家の近くのコンビニを指示しました。

残業でかなりイライラしていたので、私は相当に不機嫌でした。

なので仏頂面で窓の外の景色をひたすら眺めていました。

ここまではなんと言うことのない普通の話です。

しかし、普段からタクシーに頻繁に乗る私は、今日に限って何故か運転手の真後ろに座りました。

普通一人でタクシーに乗るならば、乗ってすぐの助手席の後ろに座りますよね?

でも、自分でも解らないのですが、今日に限ってわざわざ運転手の真後ろまで移動したんです。

そしてその時はその不思議な行動を疑問にも思いませんでした。

数分ほどタクシーに揺られていると、タクシーは何故目的地までの道を外れて見当違いの方へ曲がります。

私は慌てて運転手に言いました。

「ちょっとちょっと。何でそこで曲がるんです?そっちじゃないでしょう」

しかし運転手は不思議そうに聞き返してきます。

「え?だってお連れさんの家のほうが近いですし、先にそっちに行かれるでしょう?」

一瞬運転手が何を言っているのか理解できませんでした。

「お連れさんて、何のことです?」

するとタクシーは止まり、運転手が後ろを振り向きました。

「お客……」

そう言うと運転手の顔が明らかに強張りました。

薄暗い車内の中で明らかに表情が動揺しています。

「あ、あれ。もう一人女性の方と一緒でしたよね?」

もちろん車内には私と運転手の2人しかいません。女性など乗っているわけがないのです。

「何言っているんですか。私は初めから一人でしたよ!ちょっとふざけないでくださいよ!」

残業でイライラしていた私はかなりきつく運転手に言いました。

「そんな……だってお客さんと一緒に髪の短い女の人が一緒に乗って。

それでお客さんは○○までで、女の人は××までと確かに……」

運転手はおろおろしながら私に弁解します。そして突然こう言いました。

「お客さん料金要らないからここで降りてください!」

いきなりの事で呆気に取られましたが、私はその言葉にひどく腹を立てました。

「何を言い出すんですか。訳の分からないことを言ったり、途中で降りろだの。何なんですか!?」

「いいから!お願いですから降りてください!お金は要りませんから…」

運転手の懇願に立腹しながらも、こんなおかしな運転手のタクシーになんてこれ以上乗っていられないと思い、私はそこで降りました。

そして、そこから歩いて帰ることにしました。

歩きながら私は、ふとあることに気づきました。

運転手が言っていた××という場所。

確か昔に帰宅途中のOLがストーカーに襲われて亡くなったという事件が起こった場所でした。

それを思い出した私は、途端に怖くなって家まで走って帰りました。

こんな怖い思いをしたのは生まれて初めてです。

今日も残業で仕事が遅くなるだろう事が分かっていたので、仮病を使って会社を休みました。

もうタクシーには乗りたくなかったですから……。

関連記事

隠された部屋

友人が引っ越しをした。引っ越し先は築10年の一戸建てで、そこそこの広さもある良い家だった。だが、家賃が異常なまでに安い。周囲の物件の半分程度しかないのだ。俺たち…

後悔の念

俺は過去に二度、女の子を中絶させたことがある。一度目は完全に避妊ミス。17歳の若かりしころ。二度目は、23歳の時。2年程付き合った彼女なんだけど、俺は結婚を意識してた。…

子供の寝顔(フリー写真)

した

親父から昔、何度か聞かされた話。俺が2、3歳の頃、一緒に住んでいた曾祖母が亡くなった。その頃はまだ、人が死ぬということもよく解っていなかったと思う。 ※ その3日後…

廊下(フリー写真)

夜中の足音

今から10年前に体験したことを書きます。当時は自衛隊に入隊したばかりで、夏の頃でした。訓練が始まる前日、期待や不安でいっぱいだった私はなかなか寝付けませんでした。…

B型肝炎

薬害エイズ。国は非加熱製剤が危険であることは、それを禁止する10年近くも前から知っていた。非加熱製剤が危険であると知ってから1年後、アメリカの会社が日本の厚生省に安全な…

赤ちゃんの人形

公園で友達と喋っていて、小便がしたくなったから、ちょっと離れた公園内のトイレに行った。『何やら線香くさいなぁ…』と思いながら用を足してトイレから出たら、上下スウェットで髪はぼさ…

黒田君

僕が彼に出会ったのは、高校1年生の時の事です。一応政令指定都市ですが、都心ではありません。家から歩いて3分以内に何軒かコンビニはありますが、全部ローソンです。小洒落た雑…

首刈り地蔵

小学生の頃、両親が離婚し俺は母親に引き取られ、母の実家へ引っ越すことになった。母の実家は東北地方のある町でかなり寂れている。家もまばらで町にお店は小さいスーパーが一軒、コンビニ…

抽象画

娘と狛犬

5歳になる娘と散歩で立ち寄った神社でおみくじを引いた時、3回連続で凶が出た。こんな事もあるのかと驚きながら家に帰ると、嫁が訝しげな顔で言った。「それ、どうしたの?」 …

スパイラル

遺伝

子供たちを連れて実家に遊びに行った時のこと。普段から穏やかな母と明るい父と、同居の妹一家と、みんなで楽しく話していた。途中で母が「そうだ、○○(長男)にいい本を見つけた…