変なタクシー

f0145372_746485

昨日、ひどく恐ろしい体験をしました。

便宜上昨日と言いましたが、実際は日付が変わって本日の午前1時過ぎのこと。

残業のため終電で帰ってきた私は、家の近くまで走っているバスがもう終わっていたため、タクシーに乗って帰ろうとしました。

タクシー乗り場にて暫く待つこと数分。

すぐに自分の乗る番が来て、私はタクシーに乗り込むと、家の近くのコンビニを指示しました。

残業でかなりイライラしていたので、私は相当に不機嫌でした。

なので仏頂面で窓の外の景色をひたすら眺めていました。

ここまではなんと言うことのない普通の話です。

しかし、普段からタクシーに頻繁に乗る私は、今日に限って何故か運転手の真後ろに座りました。

普通一人でタクシーに乗るならば、乗ってすぐの助手席の後ろに座りますよね?

でも、自分でも解らないのですが、今日に限ってわざわざ運転手の真後ろまで移動したんです。

そしてその時はその不思議な行動を疑問にも思いませんでした。

数分ほどタクシーに揺られていると、タクシーは何故目的地までの道を外れて見当違いの方へ曲がります。

私は慌てて運転手に言いました。

「ちょっとちょっと。何でそこで曲がるんです?そっちじゃないでしょう」

しかし運転手は不思議そうに聞き返してきます。

「え?だってお連れさんの家のほうが近いですし、先にそっちに行かれるでしょう?」

一瞬運転手が何を言っているのか理解できませんでした。

「お連れさんて、何のことです?」

するとタクシーは止まり、運転手が後ろを振り向きました。

「お客……」

そう言うと運転手の顔が明らかに強張りました。

薄暗い車内の中で明らかに表情が動揺しています。

「あ、あれ。もう一人女性の方と一緒でしたよね?」

もちろん車内には私と運転手の2人しかいません。女性など乗っているわけがないのです。

「何言っているんですか。私は初めから一人でしたよ!ちょっとふざけないでくださいよ!」

残業でイライラしていた私はかなりきつく運転手に言いました。

「そんな……だってお客さんと一緒に髪の短い女の人が一緒に乗って。

それでお客さんは○○までで、女の人は××までと確かに……」

運転手はおろおろしながら私に弁解します。そして突然こう言いました。

「お客さん料金要らないからここで降りてください!」

いきなりの事で呆気に取られましたが、私はその言葉にひどく腹を立てました。

「何を言い出すんですか。訳の分からないことを言ったり、途中で降りろだの。何なんですか!?」

「いいから!お願いですから降りてください!お金は要りませんから…」

運転手の懇願に立腹しながらも、こんなおかしな運転手のタクシーになんてこれ以上乗っていられないと思い、私はそこで降りました。

そして、そこから歩いて帰ることにしました。

歩きながら私は、ふとあることに気づきました。

運転手が言っていた××という場所。

確か昔に帰宅途中のOLがストーカーに襲われて亡くなったという事件が起こった場所でした。

それを思い出した私は、途端に怖くなって家まで走って帰りました。

こんな怖い思いをしたのは生まれて初めてです。

今日も残業で仕事が遅くなるだろう事が分かっていたので、仮病を使って会社を休みました。

もうタクシーには乗りたくなかったですから……。

障子(フリー写真)

女の影

今から15年前、中学の野球部合宿での話。 夏の合宿で毎年使っていた宿が廃業し、その年から宿が変わった。 民宿でもホテルでもなく、そこは公民館というか町営の集会所のようなとこ…

火傷の治療

昭和の初め頃、夕張のボタ山でのお話。 開拓民として本州から渡って来ていた炭鉱夫Aさんは、爆発事故に見舞われた。一命はとりとめたものの、全身火傷の重体だった。 昔の事とて、ろ…

い゛れでぇぇ…

友人は最近仕事が忙しく、自宅に帰るのは午前2時~3時になっていたそうです。 この自宅というのは、8階建てのマンションで7階にある部屋です。 いつものように、帰りが2時を過ぎ…

地厄(じんやく)

今から25年前の小学3年生だった頃の話。 C村っていう所に住んでたんだけど、Tちゃんっていう同い年の女の子が引っ越してきたんだ。 凄く明るくて元気一杯な女の子だったんで、こ…

おかめの面

出張で東北の方へ行った。 仕事の作業が完了した時には、帰りの新幹線に間に合わない時間になっていた。 宿泊費は自腹になるので、安いビジネスホテルを探してチェックイン。 …

鳥居(フリー素材)

カキタ様

俺が田舎に転校していた頃の話。 俺の家庭は当時ごたごたしていてさ。それが理由で学校とか行きづらくなっちゃって。 友達は「気にすんなよ、一緒に遊ぼうぜ」と言ってくれるんだけど…

叩いている

高校の時、仲の良い友人が「週末、家に泊まらない?」って誘ってきた。 「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。 特に用事もなかったけど、俺は断った。 でも、しつこく誘って…

自動販売機

赤いランドセルの少女

私の大学は結構な田舎でして、羽根を伸ばす場所がこれと言ってありません。 そういう事情に加え、学生の多くが車を所有していることもあり、必然と連れ立ってドライブに行くことが遊びの一つ…

押し入れ(フリー写真)

白く小さな手

中学校の時、先生に聞いた話です。 幼い二人の姉妹が家で留守番をしていました。両親は夜にならないと帰って来ません。 暇を持て余していた姉は、家でかくれんぼをする事を思い付きま…

しゃべれるんだな

自宅のトイレに大きな窓がある。ちょうどトイレの床から1メートルくらいのところに。 トイレの臭いを換気する為に、いつも10センチほど開けっ放し。 まあ、自宅代わりに借りてるビ…