闇バイト

日本人形(フリー素材)

以前のバイト現場に、音楽の専門学校に通っている同僚のYさんが居ました。

男性の年上の方で、生活費を稼ぐためにバイトを掛け持ちしていたそうです。

ある日、Yさんが通っている専門学校の先輩が、部屋に人形を置くだけで10万円稼げるバイトを彼に紹介してくれました。

所謂「闇バイト」だったらしいのですが、欲しい音楽機材のためにYさんはそのバイトを引き受けたそうです。

Yさんがバイト先に行くと、ミニバンの車に三体の人の形・大きさをした人形が乗せられていました。

Yさんは紹介してくれた先輩と2人でその車に乗り、5階建ての少し古いアパートへ向かいました。

アパートに着くと幾つかの棟があり、その内の一棟の3階と2階と1階に人形を置きに行くことを説明されました。

人形を南側の窓に、あたかも人影のように前の棟から見える位置に置くこと、それと手渡されたものが耳栓でした。

部屋に入る前に必ず耳栓を着けるよう言われ、Yさんは奇妙に感じ『そういうことって本当にあるんだな』と思ったそうです。

「何をされても耳栓を取ってはいけないぞ!」と先輩に念を押され、先輩は3階に人形を一体持って向かいました。

Yさんは指示通りに2階に人形を置き、残りの一体を1階に運びました。

1階の部屋に入ると少し寒気を感じましたが、この一体を置けば10万円だと思うと、寒気も冷や汗も我慢できたそうです。

ただ、1階の南側の窓の側には棚が置いてあり、人形の配置に苦戦してしまい少し時間がかかりました。

配置に迷っていると肩をポンポンと叩かれたので、先輩が見に来てくれたのかと振り返ったそうです。

しかしその場にはYさんしか居らず、その瞬間、今まで我慢していた全てが大きな恐怖に変わり、その場に座り込んでしまいました。

暫くして落ち着きを取り戻し、人形を配置すると、ヨタヨタと足を引き摺りながら部屋を出ようとドアに向かったそうです。

その時、人形の足がYさんの足に引っ掛かって転んでしまい、さっき座り込んだ時に緩んでいたのか、右側の耳栓がぽろっと彼の耳から落ちてしまいました。

気が付くとYさんは車の前に居て、先輩のズボンにしがみつき涙を流していたそうです。

先輩が「Yが部屋から耳を塞いで飛び出して来て、一時間くらいずっとしがみつき、泡を吹きながら泣いていた」と話してくれました。

そうだった…と、Yさんはゆっくりその時の出来事を思い出していったそうです。

先輩からは「お前は向いてないから次は無いってオーナーが言ってくれたよ。安心しな」と言われ、オーナーからは契約時より多く15万円渡されたと言います。

「実は先輩、人形を置きに行く時に耳栓を持って行かなかったんだ。アレが聞こえない先輩って本当に霊感がねーのな」と笑いながら話す、Yさんのタバコを持つ手は震えていました。

関連記事

心霊写真

心霊写真といっても色々とある。光や顔が写り込んでいるもの。体の一部が消えているもの。体が変色しているもの…。これらの写真はプロのカメラマンから見ると、レ…

屁で退散、エレベーターの霊

俺はエレベータに乗る時、誰もいない場合でも軽く会釈してから乗るようにしている。それには訳がある。仕事でしょっちゅう行く取引先でのことだ。その日、俺は難しい打ち合…

河川敷(フリー素材)

昔の刑場

俺のおふくろは戦前、満州から北朝鮮の辺りに開拓移民で居たのだが、夕暮れ時に街角の十字路で1メートルを超える人魂を見たことがあると言っていたな。ぽっかりと浮かんだ人魂は、逢魔が時…

和室(フリー素材)

不気味な唄

小学生の頃の話なんだけど、友達の家に隠し部屋があった。入った事は無かったんだけど、明らかにそこだけ壁が違った。壁を叩くと中から唸り声が聞こえたりして怖かった記憶がある。…

死に際に現れる黒い人

最近ネットで読んだのですが、人間が死にそうになっている時、それを助けたりする謎の人物が現れるそうです。それは死んだ兄弟や親類であったり、声だけであったりするそうですが、正しい逃…

ビル(フリー画像)

やっぱり連れて行かれたんだな…

この話は私がまだ大学生の頃、とある7階建ての貸しビルで夜間警備員のバイトをしていた時の話です。そのビルは警備室が1階の正面玄関脇にあり、各階のエレベーター前に監視カメラが付いて…

廃ホテル(フリー写真)

心霊ロケ

某廃墟ホテルに霊能者を連れて行き、その様子をカメラに収めるという番組があった。そのホテルは昔、火災が発生し多くの人が亡くなった場所でもあり、「女性の霊を見た」「…

父親の不思議な体験

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。 ※ 不思議な体験 - 其の一60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛け…

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…

ダークな抽象模様(フリー画像)

情け

苦しんでいる霊達が居たら全部救ってやれば良いのに、と考えるのは、霊感の無い人間の思考であると実感した体験談。 ※ 高校時代のある日、友人Aが相談をして来た。夜道で霊らしきも…