闇バイト

日本人形(フリー素材)

以前のバイト現場に、音楽の専門学校に通っている同僚のYさんが居ました。

男性の年上の方で、生活費を稼ぐためにバイトを掛け持ちしていたそうです。

ある日、Yさんが通っている専門学校の先輩が、部屋に人形を置くだけで10万円稼げるバイトを彼に紹介してくれました。

所謂「闇バイト」だったらしいのですが、欲しい音楽機材のためにYさんはそのバイトを引き受けたそうです。

Yさんがバイト先に行くと、ミニバンの車に三体の人の形・大きさをした人形が乗せられていました。

Yさんは紹介してくれた先輩と2人でその車に乗り、5階建ての少し古いアパートへ向かいました。

アパートに着くと幾つかの棟があり、その内の一棟の3階と2階と1階に人形を置きに行くことを説明されました。

人形を南側の窓に、あたかも人影のように前の棟から見える位置に置くこと、それと手渡されたものが耳栓でした。

部屋に入る前に必ず耳栓を着けるよう言われ、Yさんは奇妙に感じ『そういうことって本当にあるんだな』と思ったそうです。

「何をされても耳栓を取ってはいけないぞ!」と先輩に念を押され、先輩は3階に人形を一体持って向かいました。

Yさんは指示通りに2階に人形を置き、残りの一体を1階に運びました。

1階の部屋に入ると少し寒気を感じましたが、この一体を置けば10万円だと思うと、寒気も冷や汗も我慢できたそうです。

ただ、1階の南側の窓の側には棚が置いてあり、人形の配置に苦戦してしまい少し時間がかかりました。

配置に迷っていると肩をポンポンと叩かれたので、先輩が見に来てくれたのかと振り返ったそうです。

しかしその場にはYさんしか居らず、その瞬間、今まで我慢していた全てが大きな恐怖に変わり、その場に座り込んでしまいました。

暫くして落ち着きを取り戻し、人形を配置すると、ヨタヨタと足を引き摺りながら部屋を出ようとドアに向かったそうです。

その時、人形の足がYさんの足に引っ掛かって転んでしまい、さっき座り込んだ時に緩んでいたのか、右側の耳栓がぽろっと彼の耳から落ちてしまいました。

気が付くとYさんは車の前に居て、先輩のズボンにしがみつき涙を流していたそうです。

先輩が「Yが部屋から耳を塞いで飛び出して来て、一時間くらいずっとしがみつき、泡を吹きながら泣いていた」と話してくれました。

そうだった…と、Yさんはゆっくりその時の出来事を思い出していったそうです。

先輩からは「お前は向いてないから次は無いってオーナーが言ってくれたよ。安心しな」と言われ、オーナーからは契約時より多く15万円渡されたと言います。

「実は先輩、人形を置きに行く時に耳栓を持って行かなかったんだ。アレが聞こえない先輩って本当に霊感がねーのな」と笑いながら話す、Yさんのタバコを持つ手は震えていました。

関連記事

狐の嫁入り

俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にある。 小学校6年の時の夏休みに、連れ二人と湖に流れ込む川を溯ってイワナ釣りに行く事になった。 雲一つも無いようなよく晴れた日で、冷たい川の…

俺の曾爺ちゃんの話を書いてみようと思う。 と言っても、曾爺ちゃんは俺が物心付く前に死んでしまったので、爺ちゃんに聞いた話なのだけれど…。 更にそれを思い出しながら書くので、…

葬列

ある日、AさんがBさんの家で飲み会をし帰りがすっかり遅くなってしまいました。 夜道を歩いていると向こうから何やら行列が見えます。その行列の人たちは喪服を着ており葬式だということが…

心霊スポット巡り

今から約10年くらい前の話だ。 当時俺は大学2年で、夏休みに田舎に帰省していたんだ。俺の田舎は観光地ではあったが、地元民向けの遊びスポットって少なかったんだよね。 夜に遊ぶ…

頼もしい親父

親父が若かった頃、就職が決まり新築のアパートを借りたらしい。 バイトしていた材木店のトラックを借り、今まで住んでいたボロアパートから後輩に頼んで引越しをした。 特に大きい物…

悪魔の書

中学生の頃、俺は横浜に住んでたんだけど、親父が教会の神父やってたの。 神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。 まあ、俺なんて信心深い方じゃないし、一家…

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。 少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。 2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…

ホテルの一室(フリー写真)

ホテルの開かずの間

これは私の父が体験した話です。 父は仕事で少し遠い所まで出張し、経費削減のため同僚と一緒に安いホテルに泊まりました。 父には霊感があるのですが、当初はそのホテルから何も感じ…

さまようおっさん

オレは結構、日常的に金縛りに遭うんだよね。あと、変なもん、いわゆる幽霊って奴の姿もたまに見る。『あ、出るな』って時の感覚も、敏感に感じちゃうわけ。 ある日の朝、オレはいつものよう…

マッチの灯り(フリー写真)

墓場の幽霊

うちの近所にお墓がある。そこに一人で住んでいるおばあさんが体験した話。 ※ ある夜、そのおばあさんは布団に入って眠っていたが、人の気配を感じて起きたらしい。 だがそんなことは…