不気味なタクシー運転手

02_px400

Fさん(女性・29歳)が深夜勤務の帰り、タクシーを拾った。

ドアが開き、Fさんはタクシーに乗り込んだが、その運転手は何も言わず、ただ黙ってFさんの顔をじっと見ていた。

ちょっと不気味な感じだったが、疲れていたのであまり気にせず自分の自宅の住所を告げた。

暫くして自宅に着き、料金を支払う時に何か気持ち悪かったのでお釣りを貰わずさっさと外に出た。

その運転手は、結局最後まで何も喋ることはなかった。

取り敢えずお風呂に入りその日は寝たが、朝になって携帯電話がないことに気付いた。

Fさんは忘れ物をすることが多いので、タクシーに乗った時は必ず会社名、運転手の名前、顔などを覚える癖があった。

そのタクシー会社はいつもよく利用してるので、電話番号を覚えていて、早速家の電話から問い合わせてみた。

乗車した日時、場所、運転手の名前、失くしたものを告げると、なんと向こうからは

「そのような乗務員はこちらには在籍しておりませんが」

と言われた。

「自分の勘違いかも知れないし、もし該当することがあれば連絡下さい」

と言って電話を切った。

すると、10分後くらいにそのタクシー会社から連絡があり、なんとその乗務員は1年前の同日・同時刻に、Fさんを乗せた場所で勤務中に事故死したとのこと…。

関連記事

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。 専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。 発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…

あの時、手を貸していたら…

あれは、私が中学生の時の事でした。塾を終え家路についていた私は、星を見ながらのんびりと自転車を漕いでいました。 時間は22時過ぎだったでしょう。家も近くなってきた頃、前の方に自転…

秘密基地

自分が小学生時代に体験した話を聞いて下さい。 当時小三だった自分の家(集合住宅)の近所にはごみの不法投棄所みたいなところがありました。 そこには面白い物やまだ使えそうな物が…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。 俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。 爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。 あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

自衛隊駐屯地の恐怖体験

私が新隊員教育でとある駐屯地にいた時の話です。ありがちな話かもしれませんが、どうかご容赦下さい。 自衛隊には営内点検と言うものがあります。部屋の使用状況(物品の有無、整理整頓、清…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。 でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

ビジネスホテルでの心霊体験

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。 従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。 あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、…

下心

これは7年ぐらい前の話です。 高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。 実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。 一人暮らしを始めて3ヶ月…

キャンプ(フリー写真)

百人浜に現れた男

北海道の百人浜(襟裳岬近くの百人浜キャンプ場)で聞いた話。 一昨年に北海道へ行った際、途中一緒になった京都のセロー乗りの方に、今夜は百人浜へ泊まろうと思っている事を話すと、彼は真…