一つ足りない

公開日: 不思議な体験

食卓(フリー写真)

何年か前に両親が仕事の関係で出張に行っていて、叔父さんの家に預けられた事がある。

叔母さんと中学3年生の従兄弟も歓迎してくれたし、家も広くて一緒にゲームしたりと楽しく過ごしていた。

しかし初めて来た日の夕食時、手伝いをしていて箸やコップをを並べていたら、

「○○(俺)君、コップが1個多いよ」と言われた。

それでよくよく見たら、箸や皿も4個配るところを5個配っていた。

その時は『馬鹿だなー、俺』くらいに思っていた。

その翌日、高校から帰って叔父家の玄関見た時に、妙な違和感を感じた。

叔母さんと従兄弟と叔父さんの靴が揃えてあったのだけど『誰かのが一つ足りない?』と何となく思った。

最初は俺の靴かと思い、一緒に他のと並べたみたけど、やはりどこか欠落感があった。

しかも、その日や次の日の朝食、夕食でも、昨日と同じ食器を余計に配る間違いをした。

『俺、疲れているのかなあ』と思っていたが、ここまで来ると妙に気になった。

居候してから4日目、深夜に突然尿意で目が覚めた。

隣のベッドを見ると従兄弟が寝ていたので、起こさないようにそっとトイレに向かった。

廊下を歩いてトイレの扉を見ると、隙間から光が薄っすら覗いていた。

誰か入っているのかなと思い、コンコンとドアを叩くと返事が返って来た。

中でガタゴトと物音がしているので、暫く待っていた。

多分、叔父さんか奥さんが入っているのだろう。

そう思い暫く待っていると、廊下から叔父さんがやって来た。

「ああ、奥さんが入ってるみたいです」と答えると、

「家内ならさっき私の隣で寝ていたよ」と、怪訝な顔をされた。

「え? でも今、本当に入ってますよ?」

慌ててトイレのドアを見ると、隙間から漏れていた光が消えていた。

ゾッとしてドアノブに手をかけると呆気なく開いた。中には便器以外には何も無かった。

本当に居たんだと主張したが、気味悪がられて相手にされなかった。

「部活で疲れているんだろうから、早く寝なさい」とも言われた。

納得いかないままその日は終わったが、1ヶ月経って叔父家をお暇するまで、叔父の家族の靴や服、食器の数の欠落感を感じる事が多々あった。

その後、正月に再び叔父と会って話していた時に、何かのはずみで、叔母さんは昔、従兄弟を生む前にもう一人赤子を妊娠していたと聞いた。

結局その子は出産が上手く行かず堕胎してしまったのだが、それから暫く叔母さんは従兄弟を妊娠するまで、その子が生きているかのような振る舞いをしていたらしい。

その話を聞いて、あの欠落感はもしかするとそれなのだろうかと妙に怖くなった。

叔父には話さないでおいたが、その赤ん坊はまだ叔父達と同居しているのかもしれないな、と思った。

山道

お遍路さんの道標

俺は九州出身なのだが、大学は四国へ進学した。以下はゼミの先輩から聞いた話だ。 四国と言えば八十八ヶ所霊場巡りが有名だが、昔は大変だったお遍路も今では道が整備され、道標も各所にあり…

存在しない廃墟

小学校低学年の頃に都内某区に住んでたんだけど、近所に有名な廃墟があった。 ある日友人達数人と一緒にそこへ探検に行こうという話になって学校の帰りに行ってみた。 でも、いざ到着するとみんな…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。 その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。 そこで、道の左端をすり抜…

最強の守護霊

僕の知り合いに御祓いの仕事をしている人がいる。 知り合いというか、最寄り駅の近くの立ち飲みで出会ったおばさん。 それが今から数えて7年前くらいかなと思う。 引っ越して…

砂時計(フリー写真)

巻き戻る時間

10年程前、まだ小学生だった私は、家で一人留守番をしていました。 母親に注意もされず、のびのびとゲームを遊ぶことが出来てご満悦でした。 暫く楽しく遊んでいると、電話が掛かっ…

空(フリー写真)

石屋のバイト

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。 ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。 なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見て…

逆光を浴びた女性(フリー素材)

真っ白な女性

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。 昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。 …

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。 まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。 紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…

臨死体験

けっこう昔の出来事なんだけど、俺が小学生のとき臨死体験にあった。海水浴場で溺れて死にかけたことがきっかけだった。 家族で行った海水浴場で、俺がそこで泳いでいるときに突然足がつって…

満月(フリー写真)

姉の夢遊病

大叔母はその昔、夢遊病だったらしい。 もしくは狐憑きなのかも知れないが、取り敢えず夢遊病ということにして話を進める。 目が覚めると何故か川原に立っていたり、山の中にいたりと…