入れ替わった友人

friend_donald-baliwatercolour

怖くないけど、不思議な小ネタ。若しくは俺が病気なだけ。

俺は今仕事の都合で台湾に住んでる。宿代もかからず日本からも近いから、たまに友達が台湾に遊びに来る。そういう時の話。

今年の2月の初めの週に渡部(仮名)が遊びに来た。その前の週からメールで連絡を取り合い、日本を出る前日に確認で電話もした。

奴は金曜日の午後7時に台北に着くフライトで来た。退社後迎えに行き、その日は食事してクラブで飲んで、まあ所謂海外赴任者の週末の典型を一緒に過ごしたわけだ。

初めての海外ということもあり、奴は大人のくせにはしゃいじゃってすごく楽しかった。奴は高校からの付き合いで、たった一人の親友だから久々に会えてホントに楽しかった。

初日は時間の関係で夜の遊びしかいなかったので二日目は市内の観光をした。俺はこっちに彼女がいて、その日は3人で観光した。一日中台北やその近郊を周った。

不思議な話が起こるのは3日目、奴が日本に帰る日曜日に起こった。

俺と彼女は奴を飛行場まで送った。チェック・インも済まし飛行場のレストランで3人で話してた時だった。

ふと俺は渡部の手の甲にタトゥーがあるのに気付いた。

俺は去年の7月から台湾に赴任になったのだが、その前はそんなタトゥーはなかった。

奴は今でも新宿新都心の某ホテルのレストランで働いているので、そんなところにタトゥーを入れるとは考えられない。

ところで、俺は学生の頃にアジア旅行にハマってて、その頃にインドで知り合った友達で全身にタトゥーを入れてる奴がいた。

藤木(仮名)と言うのだけど、そいつは世界を何周もしてるような奴で、話題も多く楽しい奴だから日本に帰ってきたりすると飲んでた。

俺は渡部の手の甲のタトゥーに見覚えがあった。藤木のタトゥーと同じだった。酒飲む時って相手の手の動きをよく見る癖があるから憶えていた。

それで、顔を上げて渡部も顔を見たら、何故か藤木が目の前に座ってるんだよね。全く状況を理解できなかった。ほんの何秒か前までは渡部が座ってた。

俺はその場で、そこに座ってる藤木に訊いたよ。

「藤木、何でお前ここにいるんだ?」

彼女にも「あれ? 渡部は?」って。

藤木も彼女も一瞬アレッって感じで俺も見て「何言ってんの?」って雰囲気。

彼女は間違いなく土曜日も藤木と遊んだと言い張るし、藤木はまともに取り合ってくれない。

俺は気が狂いそうだった。

金曜日から俺は渡部と遊んでたんだ。

金曜日の夜にクラブで酒飲む時だって、土曜日に観光してる時だって俺は渡部と話してた。彼女に渡部と二人で遊んでた高校時代の話をしたのも憶えてるし。

俺は取り敢えず藤木を送った。その後彼女に何度か訊いたが、彼女が知っている限り、藤木と俺にしか会ってないと言う。

気になり初日に行ったクラブに顔を出し、そこで働いてるお姉ちゃん達にも訊いたが、返ってくる答えは藤木だったと。

みんな手の甲のタトゥーを憶えていた。それでも納得がいかなかったから、フィルムは残ってたが土曜日に撮ったフィルムを仕事で忙しいので彼女に頼んだ。

その三日間で、と言っても写真を撮ったのは土曜日に観光した日だけだったが、写っていたのは渡部だった。

物理的な証拠で考えるとやはり俺が遊んでたのは渡部なのだ。

ただ周りの話だと全て藤木。もっと不思議なのは渡部から写真が送られてきたこと。渡部とは今でもメールで台北での話をしている。

更に藤木が去年の暮れからインドに滞在していることを絵葉書で知ったこと。

因みに藤木は今回の俺の経験を全く知らない。俺は今でも何が何だか分からないでいる。

関連記事

地下のまる穴(長編)

これは17年前、高校3年の時の冬の出来事です。 あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、僅かに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や…

女性の肖像画

今朝、鏡を見ていたらふと思い出した事があったので、ここに書きます。 十年くらい前、母と当時中学生くらいだった私の二人でアルバムを見ていた事がありました。 暫くは私のアルバム…

2才児の直感

家の子は2才くらいまでは色々と見える子だった。 印象深いのは、20年ぶりくらいに中学の同級生が訪ねてきた時のこと。 その同級生は、昔は性悪で金の亡者だったが、金持ちと結婚し…

プルタブ(フリー素材)

不思議なプルタブ

小学5年生の夏、集団旅行に行った帰りの事。 貸し切りの電車の中、友人と缶ジュースを飲みながら雑談していた。 私はスポーツ飲料を飲み干し、その缶を窓辺に置いて網棚の上から荷物…

狐さん(フリー写真)

小さなかぎ裂き

戦後暫く経った頃、地方のある農村での話。 村で一番の旧家の跡取り息子が失踪した。 山狩りをしても、池を浚っても見つからない。 お金か女性がらみのトラブルかと思い、人…

イタチの仕業

祖母の葬式の晩の事。 田舎の古い屋敷で壁3面ガラス張りの小さな和室に1人だった。長い廊下の突き当たりの座敷には祖母が安置されていた。 裏の山には江戸時代からの一族の墓が並び、近くの公園…

ホテル

生け贄

この間、親父が物置の整理をしていて、夕方居間にガラクタの山を積み上げて昔を懐かしんでいた。 ガラクタの中には古着やレコードや陶人形などがあった。 ふと一枚の写真が目についた…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。 嫁は交通事故で死んだ。 ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。 主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

公衆電話

公衆電話が呼ぶ

突然だが、僕は電話が苦手だ。 それは電話が面倒だとか、メールの方が楽だとかそういうことではない。 電話が掛かってくる度にギュウッと心臓が掴まれたようになる。 ※ とある…