ハイハイ

baby_illustration_by_juliettefurlong-d3ihjj5

学生の頃、バイト先の店長から聞いた体験談です。

ある日、店長が友人数人と居酒屋で飲んでいた時のこと。

みんな程よく酔いが回ってきた頃、一人だけ酔い潰れていた人がいました。

もともと強くないクセに一気とかして潰れる人だったそうで、毎回のことだからと店長も友人達もあまり気にしていなかったそうです。

それから更に時間が経ち、友人の一人がある異変に気づきました。

例の酔い潰れた人の周りを、赤ちゃんがハイハイでグルグルと囲うように回っていたのです。

後から考えると、ありえない光景なんですが、酔っ払っていたせいか、店長と友人は他のお客さんの子供だと思ったそうです。

そこで、近付いて赤ちゃんを覗き込んだ友人が悲鳴をあげました。

友人「ひっ!」

店長「どうした!?」

友人「あ、あ、赤ちゃんの顔が!」

店長「顔がどうしたんだよ……うっ!」

不審に思った店長が赤ちゃんの顔を覗くと、そこには赤ん坊とは思えない醜悪な笑みを浮かべた真っ青な顔がありました。

その赤ちゃんは、唖然とする店長達の前でそれから少しの間ハイハイを続け、最後は不気味な笑い声を上げてスーッ…と消えていったそうです。

そこの場にいた全員がその光景を目の当たりにして血の気が引き、一気に酔いが醒めたとのこと。

そのあとすぐに酔い潰れた友人を叩き起こし、逃げるように居酒屋を出たそうです。

翌日、例の友人に酔い潰れたときの事を聞いてみたそうですが、何か体中が重かったのは覚えているけど、その時の記憶はあまり無いとの事でした。

それから数日経って、その方は事故でお亡くなりになったそうです。

トンネル(フリー写真)

変化するビデオテープ

友人から聞いた話。 彼が大学に通っていた頃に、泊まりがけで遊びに行ったグループが居た。 その時、仲間の一人がビデオカメラを持っていて、みんなふざけて色々映していた。 …

老婆の顔

これは私が中学生の頃の話です。 朝練のために朝早く登校した私の友達が、運悪く学校の近くの川で自殺したおばあさんを見つけてしまったのです。 その日はもちろん大騒ぎになり、友達…

高速道路(フリー写真)

中古車と女の子

ある日、夜中の2時頃に友人が家に来て、 「車買ったから、箱根辺りまでドライブに行こう!」 と誘われた。 中古車でカーステレオも付いていないと言うので、自分の部屋からラ…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。 季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。 約束の…

古民家(フリー写真)

三階のトシ子ちゃん

春というのは若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。 しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

薄暗い校舎の廊下(フリー写真)

入れ替わった鬼

あまりにも不思議で、背筋が寒くなった話。 当時、中学3年生だった私。師匠というあだ名の女の子と仲が良くて、よく一緒に騒いでいた。 あれは確か冬の雨の日のことだった。 …

オカムロさん

うちは母方の血筋が強い親戚は兄を含めて霊感が強いんだが、自分は父方の血が強いのかあまりない。 それで霊感が無いもんだから、怖い話特集とかの雑誌を、枕元に置いて寝る前に読むとか平気…

笑い声

僕がまだ子供だったころ、寝るときになるといつもある ”笑い声“ が聞こえていたんだ。 5、6歳のときには、廊下に響き渡る笑い声で、夜中に目を覚ますことも度々あったよ。 母に…

踏切(フリー写真)

開かない踏切

取引先の人から聞いた話。 それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。 彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。 付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗…

半分よこせ

俺がまだ小学生の頃の話。 俺んちは両親が共働きで、鍵っ子というか、夕方までは俺一人だった。 その日もいつもと同じように、居間でコタツに入って寝てたんだよ。母の帰りを待ちなが…