ハイハイ

baby_illustration_by_juliettefurlong-d3ihjj5

学生の頃、バイト先の店長から聞いた体験談です。

ある日、店長が友人数人と居酒屋で飲んでいた時のこと。

みんな程よく酔いが回ってきた頃、一人だけ酔い潰れていた人がいました。

もともと強くないクセに一気とかして潰れる人だったそうで、毎回のことだからと店長も友人達もあまり気にしていなかったそうです。

それから更に時間が経ち、友人の一人がある異変に気づきました。

例の酔い潰れた人の周りを、赤ちゃんがハイハイでグルグルと囲うように回っていたのです。

後から考えると、ありえない光景なんですが、酔っ払っていたせいか、店長と友人は他のお客さんの子供だと思ったそうです。

そこで、近付いて赤ちゃんを覗き込んだ友人が悲鳴をあげました。

友人「ひっ!」

店長「どうした!?」

友人「あ、あ、赤ちゃんの顔が!」

店長「顔がどうしたんだよ……うっ!」

不審に思った店長が赤ちゃんの顔を覗くと、そこには赤ん坊とは思えない醜悪な笑みを浮かべた真っ青な顔がありました。

その赤ちゃんは、唖然とする店長達の前でそれから少しの間ハイハイを続け、最後は不気味な笑い声を上げてスーッ…と消えていったそうです。

そこの場にいた全員がその光景を目の当たりにして血の気が引き、一気に酔いが醒めたとのこと。

そのあとすぐに酔い潰れた友人を叩き起こし、逃げるように居酒屋を出たそうです。

翌日、例の友人に酔い潰れたときの事を聞いてみたそうですが、何か体中が重かったのは覚えているけど、その時の記憶はあまり無いとの事でした。

それから数日経って、その方は事故でお亡くなりになったそうです。

関連記事

六甲山の牛女

六甲山に出る牛女って知ってる?実際それを見た人に話を聞いたよ。『牛女』にも色々種類あるらしいけどね。走り屋の間の噂では、牛の体に女の顔(般若という話もあり)で、車の後を…

高田馬場のアパート

7年前の話。大学入学で上京し、高田馬場近辺にアパートを借りて住んでいた。アパートは築20年くらいで古かったけど、6畳の和室と、襖を挟んで4.5畳くらいのキッチンがあると…

外でお経を読むこと

一応これでも修験道の行者をやっています。お寺と師弟関係を結び、京都にある某本山で僧籍を持っています。そんな私が駆け出しの頃に体験した怖い話です。やはり修行をしていますと…

真っ黒い影

まだ私が高校生だったころ、町に不思議な家があったの。見た目は普通の家なんだけど、その家に引っ越してくる人たちは、どの人もすぐに出ていてしまっていて、6ヶ月以上続けて住んだ人はい…

少女

霊感を持つ女

霊感がある知人の話。彼女曰く、霊感というのは遺伝的なものらしい。彼女の母方の家系では、稀に霊感を持つ女が生まれるのだと言う。彼女が子供の頃の事、母方の祖父の初盆で本家に…

自動販売機

赤いランドセルの少女

私の大学は結構な田舎でして、羽根を伸ばす場所がこれと言ってありません。そういう事情に加え、学生の多くが車を所有していることもあり、必然と連れ立ってドライブに行くことが遊びの一つ…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

不倫はダメ

叔母さんが東京で友達とアパート暮らししてた時の話。友達と服飾を目指し勉強中だった叔母は、友達とも毎日帰宅が深夜だった。今では珍しくなった木造で、外側にカンカンと音が出る…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)ですまあ、それは良いと…