宗教団体のアパート

アパート

小学生の頃、友人にMちゃんという子がいた。

Mちゃんの両親(特に母親)は宗教好きで、よく解らないけど色々やっていたようだった。

家に遊びに行くと、絵の得意だった自分に半紙を渡し、赤い墨で鶏の絵や人形の絵を描いてと言われたりした。

気持ち悪かったのが、ネズミ捕りにかかっていた白ネズミが可愛いかったので「出して触ってみたい」と言ったら、M母に止められて、いきなり「生理きてるの?」と聞かれた。

馬鹿正直に「まだです」と言ったら、「そう、ならいいけど。でも念のため触らないで。それ血を使わなきゃいけないから」と、子供心にヤバイ人だと感じた。

MちゃんとM母に連れられて、宗教団体みたいな場所に連れて行かれたことがあった。

寂れた4階建てのアパートで、ベランダの鉄格子が錆付き、赤茶に変色していたのが印象に残っている。

同じく赤茶けた鉄のドアを開けて中に入ると、2DKくらいの普通の家だった。

でも大人が10人くらい居て、なぜか壁に向かって拝んでいたので、部屋はとても狭苦しかった。

何か異様な雰囲気がしたので帰りたくなったが、車で来ているため一人では帰れない。

隣のMちゃんを見ると、慣れているようでずかずかと中央のちゃぶ台の前に座り、出された麦茶を飲んでいた。私は仕方なくそれに習う事にした。

脇ではM母と、知らない男の人が楽しそうに談笑しており、周りではおばさんやらお兄さんやらが壁に向かって無言で祈っている。

その人たちは、入り口側とベランダ側を除いた両側の壁に向かって正座していた。

壁には朱色で謎の模様と読めない字が書かれたタペストリーが貼ってあって、鶏とネズミと蛇がいたような気がする。

それを見て『ああ、この間描かされたのはこれかあ』と思った。

M母も祈り始めたが、Mちゃんは置かれたマンガ本を読んでいた。

退屈になった私は何の気なしに部屋を見渡すと、至る所に子供が居るのに気が付いた(自分も子供だが、もっと小さい子。3歳くらいから5、6歳くらい)。

全部で何人いたかは覚えていないけど、台所の椅子の下と、天井の角に二人、あとはテレビ台の中に居たのは覚えている。

性別がよく分からないのも居たし、女の子っぽいのも居た。

特に怖かった記憶は無いけど、居心地悪い感じがしたので、マンガを読んでいるMちゃんに「なに? あの子達?」と言うと、「ああ、見えるんだ」と素っ気なく言われた。

異様な情景だったが、宗教だからかと変に納得して、「あの子達が神様?」と聞いたら、Mちゃんは「違うよ。何でいるのか分かんない。今日は多いね」と言って、詳しく教えてくれなかった。

それから2時間くらい経ち、やっと帰る事になった。

靴を履きながら振り返ると、台所と居間の間のガラス戸にびっしりと子供の顔が張り付いている。

ガラス戸には木の格子がはまっていて、障子みたいな感じになっており、その一個一個に顔が一つ二つある感じ。海岸の岩のフジツボみたいだった。

ここに来て初めてぞっとした。

その後、そのアパートに付いて行く事はなかったし、Mちゃんに聞いても、「わかんない、いつもそう」と言うだけ。

Mちゃんは引っ越して小学校を変わってしまったけど、車でなら行ける場所だったし、近所の高校に通ったので、社会人になった今もぽつぽつと交流している。

如何わしい宗教団体でも、何らかの不思議な力はあるのかなあと思った。

関連記事

病室

盛り塩

俺が足を怪我して入院していた時、俺より早くから入院していた奴と仲良くなった。ある日、消灯後に喫煙所でダベっていると「あ~、部屋帰りたくね~」と言う。俺と奴は病室が違う。…

日暮里駅の階段23段目

友人と怪談話をしていて、その友人が知人から「日暮里駅の改札を出て右手に行くとある階段を登る時に、23段目辺りで振り返って見たら面白いものが見える」って聞いたという話が出…

民家

さしあげますから

もう10年以上前の大学時代の事。当時、実家の近所にある小さな運送会社で、荷分けやトラック助手のバイトをしていた。現場を仕切っていたのは、社長の息子で2つ年上の若旦那。 …

心霊動画保管庫

俺は現在、某携帯キャリアの携帯を使っているんだが、どうにも訳の分からないことが起きすぎる。事の初めは、俺が携帯でサイトを見ていた時だった。まず、俺の知り合いで携帯の不思…

トンネル(フリー写真)

幽霊トンネル

実際私の身近に起こったお話をします。私は当時クラブに通う女子高生で、学校の友達よりクラブで出来た年上のお姉さんやお兄さんと遊ぶ方が好きな子でした。その時のお兄さん達に起…

異世界から来た友人

毎年夏に地元に帰って高校の頃の友人5人で集まるんだが、今年の夏にちょっとおかしな事があった。どうにも意味が解らない話で、誰かに聞いて欲しくて。みんな30代半ばになり、子…

雑居ビルの怪

今からもう14年くらい前の、中学2年の時の話です。日曜日に仲の良い友人達と3人で映画を観に行こうという話になりました。友人達を仮にAとBとします。私の住んでいる町は小さ…

千寿江(長編)

もう色々済んだから、書かせてくれ。かなり長い。父親には妹がいたらしい。俺にとっては叔母に当たるが、叔母は生まれて数ヶ月で突然死んだ。原因は不明。待望の娘が死んでしまい、…

旅館での一夜

甲府方面にある旅館に泊まった時の話。俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっと経った時に、記念にと思い電車で旅行をした時の事。特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所…

木の杭

俺はド田舎で兼業農家をやってるんだが、農作業をやってる時にふと気になったことがあって、それをウチの爺さんに訊ねてみたんだ。農作業でビニールシートを固定したりする時などに、木の杭…