入れ替わった鬼

薄暗い校舎の廊下(フリー写真)

あまりにも不思議で、背筋が寒くなった話。

当時、中学3年生だった私。師匠というあだ名の女の子と仲が良くて、よく一緒に騒いでいた。

あれは確か冬の雨の日のことだった。

その日、あたしたちはノリで鬼ごっこを始めた。

初めにうちの校舎の説明をしておくと、四角い建物の真ん中が空洞になっていて、上から見ると

『回』

この字のような形になっている。

それで、各階に東階段と西階段がある。

まあ、そんなこんなで鬼ごっこを始めた訳だ。最初の鬼は師匠。

「いい? 追っ掛けるよ!」

そう言って師匠が追い掛けて来た時、かなりの距離が開いていた。

ほぼその距離を保ったまま、2階を何度もぐるぐる周った。

流石に疲れて来た私は、一気に階段を昇り、4階の自分たちのクラスに駆け込んでしまおうと考えた。

急に曲がって階段を駆け昇り始める私。

ここからがおかしいんだけど…。

3階に差し掛かる頃に振り向くと、師匠が私のすぐ後ろに迫っている。

しかも、何か下を向いて頭から突っ込んで来るような走り方。

顔がよく見えず、今まではギャーギャー叫びながら走っていたのに、何も喋らない。

あたしは何か恐くなって、そのまま4階に駆け昇った。

そして師匠が真後ろに付いて来ているのを確認してから、廊下を曲がって教室に駆け込んだ。

教室に駆け込んだあたしの目に入って来たのは…。

一番前の席に座っている師匠。

「は!?」

後ろを振り向くと、今まで追い掛けて来ていたはずの師匠が居ない。

「ちょっと師匠!どうやったの!? すぐそこまで追い掛けて来てたじゃん!」

あたしはパニックになりながら問い詰めた。

すると、ポカンとした師匠は信じられない話をし始めた…。

それによると、師匠はあたしが階段を昇り始めた時点で追い掛けるのを諦め、反対側の階段から教室に戻っていたんだってさ。

あたしは一体、誰に追い掛けられていたんだろう。

補足

その階段を昇っている間中、やけに暗くて、変に静かだったのを覚えている。

そして階段がとても長く感じられて…。

それからは恐くて鬼ごっこはしていません。

関連記事

禁忌の人喰い儀式

俺の親父の田舎は、60年代初頭まで人喰いの風習があったという土地だ。とは言っても、生贄だとか飢饉で仕方なくとかそういうものではなく、ある種の供養だったらしい。鳥葬ならぬ…

かしまさん

時は第二次世界大戦の日本敗戦直後、日本はアメリカ軍の支配下に置かれ、各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩い…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。疲れていたのですぐ寝入るこ…

人が死ぬ数分間

人が死ぬ瞬間を見たことがありますか?私は見ました。人から魂が抜けていく数分間を。交通事故の現場での話です。数年前のある日の朝、バイクで都心に向かう時のことです。…

丹沢湖の女

去年の夏に職場の仲間4人と丹沢湖へ行った。車で行き、貸しキャンプ場をベースにして釣りとハイク程度の山歩きが目的。奇妙な体験をしたのは3泊4日の3日目だったはず。…

厨房(フリーイラスト)

後天性の霊感

大学時代に横浜の◯内駅前のファミレスで、夜勤調理のバイトをしていました。一緒に働いているバイトに二名、いわゆる見える人が居ました。その二人(AとBにします)曰く、そのフ…

某アニメーション学園周辺の女の子

俺営業マンなんだけど、今朝は会社に寄らずに直接顧客のところへ直行の日だった。営業先の某有名アニメーション学園がある駅の改札を降りたところで、変なモノに気付いちゃったんだよね。 …

刑ドロ

小さい頃から柔道をやっていたのだが、そこで起きた話。その道場では毎年12月の初め頃に「鏡開き」をやっていた。夕方18時から夜の22時くらいまで、道場がぜんざいやおせちを…

逆さの樵面

私が生まれる前の話なので、直接見聞きしたことではなく、その点では私の想像で補ってしまう分もあることを先に申しておきます。それから地名、人名等は仮名としました。もったいぶ…

OK

小学生の頃、学校でコックリさんをやりました。当時は人面犬や口裂け女など怪しい噂のブーム再燃と言った感じで、TVはもちろん、コロコロコミックなどの児童雑誌でも怪談話が山のように掲…