入れ替わった鬼

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

薄暗い校舎の廊下(フリー写真)

あまりにも不思議で、背筋が寒くなった話。

当時、中学3年生だった私。師匠というあだ名の女の子と仲が良くて、よく一緒に騒いでいた。

あれは確か冬の雨の日のことだった。

その日、あたしたちはノリで鬼ごっこを始めた。

初めにうちの校舎の説明をしておくと、四角い建物の真ん中が空洞になっていて、上から見ると

『回』

この字のような形になっている。

それで、各階に東階段と西階段がある。

まあ、そんなこんなで鬼ごっこを始めた訳だ。最初の鬼は師匠。

「いい? 追っ掛けるよ!」

そう言って師匠が追い掛けて来た時、かなりの距離が開いていた。

ほぼその距離を保ったまま、2階を何度もぐるぐる周った。

流石に疲れて来た私は、一気に階段を昇り、4階の自分たちのクラスに駆け込んでしまおうと考えた。

急に曲がって階段を駆け昇り始める私。

ここからがおかしいんだけど…。

3階に差し掛かる頃に振り向くと、師匠が私のすぐ後ろに迫っている。

しかも、何か下を向いて頭から突っ込んで来るような走り方。

顔がよく見えず、今まではギャーギャー叫びながら走っていたのに、何も喋らない。

あたしは何か恐くなって、そのまま4階に駆け昇った。

そして師匠が真後ろに付いて来ているのを確認してから、廊下を曲がって教室に駆け込んだ。

教室に駆け込んだあたしの目に入って来たのは…。

一番前の席に座っている師匠。

「は!?」

後ろを振り向くと、今まで追い掛けて来ていたはずの師匠が居ない。

「ちょっと師匠!どうやったの!? すぐそこまで追い掛けて来てたじゃん!」

あたしはパニックになりながら問い詰めた。

すると、ポカンとした師匠は信じられない話をし始めた…。

それによると、師匠はあたしが階段を昇り始めた時点で追い掛けるのを諦め、反対側の階段から教室に戻っていたんだってさ。

あたしは一体、誰に追い掛けられていたんだろう。

補足

その階段を昇っている間中、やけに暗くて、変に静かだったのを覚えている。

そして階段がとても長く感じられて…。

それからは恐くて鬼ごっこはしていません。

和室(フリー素材)

不気味な唄

小学生の頃の話なんだけど、友達の家に隠し部屋があった。 入った事は無かったんだけど、明らかにそこだけ壁が違った。 壁を叩くと中から唸り声が聞こえたりして怖かった記憶がある。…

高速道路(フリー写真)

中古車と女の子

ある日、夜中の2時頃に友人が家に来て、 「車買ったから、箱根辺りまでドライブに行こう!」 と誘われた。 中古車でカーステレオも付いていないと言うので、自分の部屋からラ…

峠の道

道連れ

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。 仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。 A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの…

文字化けメール

去年の3月の事。俺は高校を卒業し、大学へ通うようになるまでの数週間、暇を持て余してひたすら遊び歩いていた。 そんなある日の夕方、友人(A)から「暇だからドライブ行こうぜ!」という…

ホテル

アンケートの忠告

私が某会員制リゾートホテルに勤めていた時、ある老夫婦に書いて頂いたアンケート用紙の内容です。 表面は通常のよくある普通のアンケートの回答でした。ホテルの従業員の対応や施設の使用感…

お札

金の亡者

以前勤めていた、ある土木調査会社での体験です。少し長いですが。お付き合いください。 東京湾を望む広い埋立地に建っていたその会社は、バブル期の乱開発による不備(地盤沈下や排水不備等…

ホテルの部屋(フリー写真)

真っ黒い塊

2年程前の話です。 広島から都内の会社の内定式に参加した私は、そのまま会社近くのビジネスホテルに一泊する事にした。 そのホテルは1階と2階が証券会社。3階と4階が客室。5階…

笑う女

旅先で知り合ったアニキに聞かせてもらった話。 このアニキが昔、長野と岐阜の県境辺りを旅していた頃、山間の小さな集落を通りかかった。 陽も暮れ掛けて夕焼け空に照らされた小さい…

トンネルの女の子

ちょっと書かせてもらう。怖かったんだ。ほんとに怖かったんだ。 20数年生きてて心霊現象なんてついぞお目にかかったことがなくてさ。 怖い話は好きだけど、そんなの実際にはありえ…

雪山(フリー写真)

鎖で封印された祠

『牛の首』という江戸時代から伝わる怪談があるが、俺の田舎にもそれに類する伝説があった。 標高200メートルくらいの山があった。山と言うより、丘に近い感じだ。 地元の人たちは…