最強の守護霊

c1ef4a30a2d1aa54b9c9bbf07b67ce68

僕の知り合いに御祓いの仕事をしている人がいる。

知り合いというか、最寄り駅の近くの立ち飲みで出会ったおばさん。

それが今から数えて7年前くらいかなと思う。

引っ越して間もない頃で、仕事帰りに一緒に飲む友達が居らず、気軽に入れそうな立ち飲み屋で飲むようになったのが切っ掛け。

初対面の時、そのおばさんは俺を見るなり「ギャーッ」と叫び始めた。

実を言うと結構慣れっこで、よく知らない人から急に叫ばれる。

叫ぶだけならまだ良いんだけど、「あの人、怖いんです。捕まえてください」と通報された事もあった。

なので『またかよ…』みたいな気持ちで無視していた。

でも、そのおばさんは今までの人と違って話し掛けてきた。

「どこから来た?」「仕事は何してる?」「両親は何している?」

なんて、まるで尋問のように矢継ぎ早に質問された。

まあ、こんなおばさんの友達も良いかと思って、質問に答えていた。

それから暫くして、そのおばさんが「今度、あたしの店に来い!」と言いながら、お店のカードのような物を渡された。

僕は全く興味ないし、上から目線で話されてムカついていたから、帰るなりそのカードは捨てた。

ところが後日、その立ち飲み屋でまた会ってしまい、無理矢理店に連れて行かれた。

と言うのも、おばさん以外に痩せたおじさんと若い女が居て、ちょっと逃げられなかった。

ちなみに、おばさんはトキコさん、若い女はケイちゃん、おじさんはヤスオさんと言う。

『絶対、宗教の勧誘だよなあ…』

そう思いながら、その3人の後ろに付いて行った。

店に行くまで誰も喋らないものだから、ケイちゃんに話しかけてみたら「ヒィー!」とか言って、会話が出来なかった。

ヤスオさんが「ごめんな、君が怖いんだ」なんて言うものだから、なんだか凄く悲しかったのを覚えている。

それから店に着いた訳だが、だたの占いの館だった。

宗教の勧誘ではなさそうだと思い、「占いでもしてくれんのかな」と期待していた。

しかし店に着くなりトキコさんが「あんた、私たちと仕事しないか?」と言ってきた。

『はあ?』と思いながら話を聞いていたら、なんでもその3人は御祓いを仕事にしているらしく、僕に付いてきて欲しいと言われた。

その当時は一応ある会社の社員だったので、「仕事あるんで、無理ですよ」と断った。

でもそのおばさんは引き下がらず、「土日のバイトだと思ってやってくれないか?」と頼まれた。

まあ、幽霊や神様はまるで信じないので、まあいいかなくらいの気持ちで了承した。

早速、次の週末にお呼びが掛かり、○○区のある一軒家に連れて行かれた。

家からそう遠くは無いので自転車で待ち合わせ場所に行ったら「徒歩で来い、アホ」と怒られた。

渋々近くに自転車を停めて、その一軒家に入って行った。

入った途端、トキコさんと連れのケイちゃんが「ああ、いますね、いますね」と言い始めて、しかめっ面になった。

ただ、僕には何が居るかも分からなかった。普通の一軒家だと思った。

居間には中年夫婦が居て、僕らにお茶やお菓子を出してくれた。

笑っていたけど、かなり引き攣っていたのを覚えている。

暫くするとトキコさんが、「早速、始めましょう。その部屋に案内してください」と言って立ち上がった。

何が始まるのかよく分からないまま、二階に案内された。

階段を上がると左右に部屋が二つあって、その右側の部屋の扉の前で止まった。

扉にはカタカナで『タカオ』と書いてあった。

「ここです」

そう中年夫婦に言われた。

トキコさんとケイちゃんは、背負っていたリュックサックの中から塩を出して、ペットボトルの水を振りかけ両手にまぶした。

『何が始まるんだろう?』と思いながら、俺も両手に塩をまぶした方が良いのか聞いてみると、「お前には必要ない。ただ言われた通りにしろ」と言われた。

トキコさんは中年夫婦に「何があっても絶対に取り乱すな」と注意をしてから、扉を開け中に入った。

僕も後ろに続こうとした時、中から黒い影がトキコさんに覆い被さって来た。

タカオという中学生ぐらいの少年だったが、異様に眼がギラギラしており、歯を剥き出しにして「ガジャガジャ、ガジャー!」みたいな事を叫んでいた。

トキコさんの首に噛み付こうとしていたので、流石に僕もこりゃイカンと思い、少年を引き剥がそうと彼に近寄った。

タカオくんは僕の顔を見るなり震え始め、ベッドの隅っこに逃げて身を丸めた。

「体のどこでもいいから、引っ叩け!」

トキコさんにそう怒鳴られた。

なので『悪いなあ』と思いながら、丸まっている背中を引っ叩いた。

そんなに強く叩いた覚えは無かったが、「うぎゃー!」と言って、タカオくんは泡を吹いて倒れた。

倒れているタカオくんを介抱しようと両親が近寄る。

『そんな強く叩いてないよな』と思いながら横目でトキコさんを見ていると、「これで御祓いは終りました、もう大丈夫」と言った。

それから、タカオ君をベッドに寝かせて、中年夫婦にお礼を言われながら帰った。

なんでもタカオ君が大人しく寝たのは半年振りだったそうだ。

ちなみに、タカオくんの部屋は物凄い事になっていた。

物は多分危ないから片付けたのだと思うけど、壁中に切り傷や穴があった。

帰り道、あまりに意味が解らなかったので、トキコさんに「意味が解りません」と素直に言って、色々聞いてみた。

可哀想に、一緒に来ていたケイちゃんは、帰り道の途中でゲロを吐いていた。

「あんたは相当なモノをもってるね」

トキコさんにそう言われた。

初めはち○ちんの事かと思ったが、そうではないらしい。

どうやら、言い方は宗教や御祓いの流派によって変わるらしいが、『守護霊』や『気』などと言われているものらしい。

そんなに凄いのかと思って、

「そんなに良いんですか?」と尋ね返すと、

「いや、逆だ。最悪なんだよ、あんたの持ってるもの」と言われた。

最悪じゃダメじゃないかと思ったので、

「最悪って、それじゃ駄目じゃないですか」と言うと、

「普通はな。だけどお前は普通じゃない。なんでそれで生きていられるのかおかしい」

トキコさんに言わせると、俺の持っている『モノ』というのが、相当酷いらしい。

実はケイちゃんがゲロを吐いたのも、俺がタカオ君を叩いた時に祟られたらしい。

まあ、色々聞きたかったのだが、あまりにケイちゃんの気分が悪くなってしまったので、トキコさんとケイちゃんは先にタクシーで帰った。

僕は停めておいた自転車で帰った。

トキコさんのお店に戻ると、なんと10万円も貰えた。

『本当は幾ら貰っているんだろう?』と思ったけど『中学生の背中を引っ叩いて10万円ならいいや』と思い喜んでいた。

それから少しして僕は留学した。

当時の仕事よりも、やりたい事があったのが理由だ。

まあ、結局3年前に戻って来たものの、仕事が無くキャリアも無く、派遣をやりながら生活している。

3年前に帰国した折、トキコさんに

「あんたのそれ、かなり逞しくなってるよ」

と言われ、ニヤっと笑われた。

なんでも、僕の『モノ』は異国の地で力を養ったらしく、以前よりパワーアップしているらしい。

一応真面目に勉強していただけなんですけどね。

それから3年間、御祓いのバイトをしている。

ただ、トキコさんやケイちゃん、ヤスオさんは、いわゆる霊感的なものがあるらしく、色々見えるらしい。

ところが、僕は本当に何も見えない。

なので、今でも引っ叩いたり話し掛けたりするだけである。

残念なのは、今でもケイちゃんは仕事が終わるとゲロを吐く事。

僕のせいなので、いつも申し訳ない気持ちで一杯になる。

関連記事

雪山(フリー写真)

埋めたはずなのにな…

ラジオで聞いた、カメラマンの方が体験した話。 ※ ある雪山へ助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。 撮影何日か目に助手が怪我をした。 まだ予定枚数が撮れていないので、雪…

コンサートホール

某コンサートホール

以前、某コンサートホールでバイトをしていました。その時の体験を話そうと思います。 初めに気が付いたのは、来客総数を試算するチケット・チェックの場所でした。 私たちはもぎった…

尾崎豊さん

私の部屋にはよく夜中に霊が来ます。その時は必ず透けて見えます。 たまに映画のスクリーンのようにその霊にまつわるだろう景色も一緒に見えるのですが、何年か前にある男の人が現れました。…

満月(フリー写真)

姉の夢遊病

大叔母はその昔、夢遊病だったらしい。 もしくは狐憑きなのかも知れないが、取り敢えず夢遊病ということにして話を進める。 目が覚めると何故か川原に立っていたり、山の中にいたりと…

葬列

ある日、AさんがBさんの家で飲み会をし帰りがすっかり遅くなってしまいました。 夜道を歩いていると向こうから何やら行列が見えます。その行列の人たちは喪服を着ており葬式だということが…

幽霊と…

5年ぐらい前、地方都市でホステスをしていた時の話。 一緒に働いている女の子で、自称霊感の強いMちゃんという子がいた。 最初は信じていなかったのだが、Mちゃんが「明日は外出し…

魂(フリー素材)

守護霊の助け

若い頃、友人のBさんと久々に会い、飲みの席で「本格的な占いをお互いしたことが無い」という話で盛り上がったことがありました。 酔った勢いで帰り道、幾つか閉まっていた占い場の中から適…

太陽の光(フリー写真)

わたしの靴がないの

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。 それから半年ほど経った頃、夢を見ました。 従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 …

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。 H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。 ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

鏡の中の話

鏡の中の話だ。 小さい頃、俺はいつも鏡に向かって話し掛けていたという。 もちろん、俺自身にはハッキリとした記憶は無いが、親戚が集まるような場面になると、決まって誰かがその話…