スマホを持つ女性(フリー素材)

バイト先に、十日で辞めた男が居た。

仕事は出来たけど目がいっている感じだったので、自分からは話し掛けなかった。

ある日、知らないアドレスから夜中にメールが届いた。開いて見ると、

「山田です。今度の土曜日、○○○で集会があるので来ませんか?

○○さん(あたし)の妹さんや、○○さん(親友)も誘って一緒に来てもいいですよ」

とある。

アドレスは教えていないし、なぜ妹が居ることや親友の名前まで知っているのか解らず、怖くなり即効で受信拒否した。

そしたら向こうがアドレスを変え、またメールを送ってきた。怖かったので、

「土曜日はバイトあるんで(嘘)行けない」

と返信した。

そしたら日曜日の深夜にまたメール。

「○○さん、あなたは嘘吐きですね。土曜日はシフト入ってないじゃないですか」

更にバイト先の先輩から、山田が土曜日に店に来ていたという電話が来た。

再びアドレスを変え、ほっとしたのも束の間、またメールが届いた。

アドレスを変えても、

「無駄、無駄、無駄~!絶対に無駄!」

というメールで受信箱がぎっちり埋まっていた。

怖くてバイトにも行けなくなり、ノイローゼになるかと思った。

バイト先で詳しく話を聞くと、バイト仲間は家の近所でそいつに待ち伏せされ、偶然会ったように声を掛けられたという。

山田という名前も偽名だろうし、布教目的だったのは分かるけど、なぜアドレスや友達の名前まで判るの? と言うか、そこまで調べるか?

幽霊より、宗教に嵌っている奴の方が怖い。

ちなみにアドレスを変えた時は、バイト仲間には教えていなかった。

最初のアドレスはバイト仲間から聞いていたとしても、なぜアドレスを追跡出来たのかどうしても解らない。