星を見る少女

公開日: ほんのり怖い話

144004882_624

夜、アパートに住んでいる青年がふと外を見ると、向かいのアパートのベランダに人がいる。

背格好からすると少女だろうか。少女はどうやら、空を見上げているらしかった。

なんとなく窓を開けて空へ目をやると、一面に散りばめられた星々が静かに瞬いている。

少女はこれを眺めているのか、と合点した青年は、何気なく少女に声をかけた。

「綺麗な星空ですね」

突然、アパートの間を冷たい夜風が吹き抜けた。

青年は、風音に声が消されてしまっただろうかと思ったが、少女を見ると、コクりと小さく頷いたようだった。

翌日の夜も、窓の外を見れば、ベランダで少女が空を見上げている。

青年は少女に語りかけるが、少女は黙って頷くだけだ。

無口な子だな、と思いながらも、青年はそんな少女のことが気になり始めていた。

翌日の夜も、少女は空を見上げていた。青年は思い切って尋ねた。

「君と話がしたいから、今からそっちへ行ってもいいかい?」

少女からの返答はない。きっとノーということなのだろう。

青年が諦めかけたその時、夜風が吹き抜けると同時に少女が小さく頷いた。

少女も会ってみたいと思ってくれたに違いない! 青年は込み上げる嬉しさに小躍りしたくなる気持ちを抑えつつ、少女の部屋へと駆け出した。

部屋の前へ着き、青年は緊張しながらチャイムを押した。が、どうやら壊れているらしく、音は出ない。

ドアをノックしてみるが、何の反応も返ってこない。

なにげ無しにドアノブを捻ってみると、鍵はかかっていないようだった。

はたして勝手に入っていいものか。青年は逡巡したが、意を決してドアを開いた。

室内は真っ暗だった。唯一正面に、少女の後ろ姿だけが月明かりに照らし出されていた。

「おじゃまします」

上がり込んだ青年は、少女に声をかけながら歩み寄るが、近づくにつれ違和感を覚えた。

少女の体が少し浮いているのだ。

少女を前にして、青年は腰を抜かしてへたり込んだ。少女は首を吊っていた。

アパートの間を夜風が吹き抜けた。風にあおられた少女の体が揺れ、くくられた首が頷くように小さく折れた。

天国(フリー画像)

人生のやり直し

俺は一度死んだことがある。これだけだと訳が解らないと思うので詳細を説明する。 ※ 小一の頃、夏休みが終わり二学期が始まった。運動会や遠足もあったし、毎日普通に生活していた。…

アマヒメ様

その山村には、奇妙な言い伝えがあった。寛政年間(18世紀終盤)のある年、雲一つ無いよく晴れ渡った空から、にわかに雨が降った。おかしな事もあるものだと村人が空を見上げてい…

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

女性のシルエット(フリー素材)

イトウ

高校から現在にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。高一の時に言われたのが一番最初。夏休み明け直後の日だったのだが、いきなりクラスの奴に「イトウって知ってる…

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。祖父の友人は骨董商だった。 …

お酒(フリー写真)

悪夢を見せる子守唄

もう時効だと思うから投稿します。うちには代々伝わる『相手に悪夢を見せる子守唄』というものがある。何語か判らないけど、詩吟などに近い感じで、ラジオ体操の歌ぐらいの長さの…

妖狐哀歌(宮大工10)

オオカミ様が代わられてから数年が経った。俺も仕事を覚え数多くの現場をこなし、自分でも辛うじて一人前の仲間入りを果たす事が出来たと実感するようになった。また、兄弟子たちも…

でちゃいかん!

小学校の低学年の時、風邪ひいて学校を休んでいた時のこと。インターホンが鳴ったので出ると「警察の者です。お父さんが交通事故にあって助からないかもしれない。すぐに病院に来て欲しいので、出て…

浅間神社の氏神様(宮大工4)

とある秋の話。俺の住む街から数十キロ離れた山奥にあるA村の村長さんが仕事場を訪れた。A村の氏神である浅間神社の修繕を頼みたいという。A村は親方の本家がある村であ…

山祭り

久しぶりに休みが取れた。たった2日だけど、携帯で探される事も多分ないだろう。ボーナスも出た事だし、母に何か美味いものでも食わせてやろう。そう思って、京都・貴船の旅館へ電…