星を見る少女

公開日: ほんのり怖い話

144004882_624

夜、アパートに住んでいる青年がふと外を見ると、向かいのアパートのベランダに人がいる。

背格好からすると少女だろうか。少女はどうやら、空を見上げているらしかった。

なんとなく窓を開けて空へ目をやると、一面に散りばめられた星々が静かに瞬いている。

少女はこれを眺めているのか、と合点した青年は、何気なく少女に声をかけた。

「綺麗な星空ですね」

突然、アパートの間を冷たい夜風が吹き抜けた。

青年は、風音に声が消されてしまっただろうかと思ったが、少女を見ると、コクりと小さく頷いたようだった。

翌日の夜も、窓の外を見れば、ベランダで少女が空を見上げている。

青年は少女に語りかけるが、少女は黙って頷くだけだ。

無口な子だな、と思いながらも、青年はそんな少女のことが気になり始めていた。

翌日の夜も、少女は空を見上げていた。青年は思い切って尋ねた。

「君と話がしたいから、今からそっちへ行ってもいいかい?」

少女からの返答はない。きっとノーということなのだろう。

青年が諦めかけたその時、夜風が吹き抜けると同時に少女が小さく頷いた。

少女も会ってみたいと思ってくれたに違いない! 青年は込み上げる嬉しさに小躍りしたくなる気持ちを抑えつつ、少女の部屋へと駆け出した。

部屋の前へ着き、青年は緊張しながらチャイムを押した。が、どうやら壊れているらしく、音は出ない。

ドアをノックしてみるが、何の反応も返ってこない。

なにげ無しにドアノブを捻ってみると、鍵はかかっていないようだった。

はたして勝手に入っていいものか。青年は逡巡したが、意を決してドアを開いた。

室内は真っ暗だった。唯一正面に、少女の後ろ姿だけが月明かりに照らし出されていた。

「おじゃまします」

上がり込んだ青年は、少女に声をかけながら歩み寄るが、近づくにつれ違和感を覚えた。

少女の体が少し浮いているのだ。

少女を前にして、青年は腰を抜かしてへたり込んだ。少女は首を吊っていた。

アパートの間を夜風が吹き抜けた。風にあおられた少女の体が揺れ、くくられた首が頷くように小さく折れた。

関連記事

お酒(フリー写真)

悪夢を見せる子守唄

もう時効だと思うから投稿します。うちには代々伝わる『相手に悪夢を見せる子守唄』というものがある。何語か判らないけど、詩吟などに近い感じで、ラジオ体操の歌ぐらいの長さの…

パンダ

パンダのぬいぐるみ

5歳の頃、一番大事にしていたぬいぐるみを捨てられたことがありました。それはパンダのぬいぐるみで、お腹に電池を入れると足が交互に動いて歩くものです。キャラクターではなくリアルに近…

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…

女性のシルエット(フリー素材)

この女になろうと思った

友達が経験した話です。高校の卒業式に、友人Aは同級生で親友だった男Bに告白された(Aも男)。Aはショックで混乱しつつも、Bを傷付けないよう丁寧にお断りしたそうだが、Bか…

和室(フリー写真)

あき様

私の家は代々旅館を営んでおり、大きな旅館のため私が幼少の頃も両親共に忙しく、会話をした記憶も殆どありませんでした。店の者が毎日学園まで迎えに来るので、学友と遊びに行く事も出来ず…

プレゼント

中学生だった頃、いじめが原因で同級生が自殺した。親の引っ越しか何かで転校してきた子で、性格もあまり明るい子じゃなかったから、すぐにいじめの対象になった。そして、私も暗い…

家族

俺の職場の先輩の話。面倒見がいいし、仕事もすごいってほどじゃないけど正確で取引先からも指名で仕事が来たりする。ただ、ちょっと困ったとこは異様に家族のことを大切にしてること。 …

紅葉(フリー写真)

かわいい人形

昔のことなので曖昧なところも多いけど投稿します。こんなことを自分で言うのは何なのだが、私は小さい頃、結構可愛かった。今はどうかというのは、喪女だということでお察しくださ…

桜の木(フリー素材)

タイムカプセルの手紙

俺の知り合いの超霊感体質の女性(42歳)から聞いた不思議な話。事の起こりは彼女が中学三年の卒業前まで遡る。卒業を間近に控えていた彼女のクラスでは、卒業記念にとクラス全員…

社長室(フリー写真)

社長の話

以前勤めていた会社での事。その会社は創業社長が一代で大きくした会社で、バブルの頃はかなり羽振りも良かった。しかし所詮は個人企業。社長も元々商売の才覚があった人…