星を見る少女

公開日: ほんのり怖い話

144004882_624

夜、アパートに住んでいる青年がふと外を見ると、向かいのアパートのベランダに人がいる。

背格好からすると少女だろうか。少女はどうやら、空を見上げているらしかった。

なんとなく窓を開けて空へ目をやると、一面に散りばめられた星々が静かに瞬いている。

少女はこれを眺めているのか、と合点した青年は、何気なく少女に声をかけた。

「綺麗な星空ですね」

突然、アパートの間を冷たい夜風が吹き抜けた。

青年は、風音に声が消されてしまっただろうかと思ったが、少女を見ると、コクりと小さく頷いたようだった。

翌日の夜も、窓の外を見れば、ベランダで少女が空を見上げている。

青年は少女に語りかけるが、少女は黙って頷くだけだ。

無口な子だな、と思いながらも、青年はそんな少女のことが気になり始めていた。

翌日の夜も、少女は空を見上げていた。青年は思い切って尋ねた。

「君と話がしたいから、今からそっちへ行ってもいいかい?」

少女からの返答はない。きっとノーということなのだろう。

青年が諦めかけたその時、夜風が吹き抜けると同時に少女が小さく頷いた。

少女も会ってみたいと思ってくれたに違いない! 青年は込み上げる嬉しさに小躍りしたくなる気持ちを抑えつつ、少女の部屋へと駆け出した。

部屋の前へ着き、青年は緊張しながらチャイムを押した。が、どうやら壊れているらしく、音は出ない。

ドアをノックしてみるが、何の反応も返ってこない。

なにげ無しにドアノブを捻ってみると、鍵はかかっていないようだった。

はたして勝手に入っていいものか。青年は逡巡したが、意を決してドアを開いた。

室内は真っ暗だった。唯一正面に、少女の後ろ姿だけが月明かりに照らし出されていた。

「おじゃまします」

上がり込んだ青年は、少女に声をかけながら歩み寄るが、近づくにつれ違和感を覚えた。

少女の体が少し浮いているのだ。

少女を前にして、青年は腰を抜かしてへたり込んだ。少女は首を吊っていた。

アパートの間を夜風が吹き抜けた。風にあおられた少女の体が揺れ、くくられた首が頷くように小さく折れた。

海(フリー写真)

漁師に伝わるまじない

にわかに信じられない話だが、うちのお袋がお袋の祖父に聞いた話。母方のばあちゃんの実家は、漁師の網元だったらしい。お袋の祖父(以降祖父)が、よくお袋にしていた話だ。…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…

恐怖のスイカ蹴り

俺の爺ちゃんの終戦直後の体験談。終戦直後のある夏の夜の出来事、仕事で遅くなった爺ちゃんは帰宅途中の踏切にさしかかる。当時は大都市と言っても終戦直後のため、夜になれば街灯…

今の死んだ人だよな

この4月の第3土曜日のことなんだが、自分は中学校に勤めていて、その日は部活動の指導があって学校に出ていた。その後、午後から職員室で仕事をしていた。その時は男の同僚がもう二人来て…

付喪神

私の家は昔、質屋だった。と言っても爺ちゃんが17歳の頃までだから、私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞くことができた。 ※ その日の喜一(爺ちゃん)は店番をしてい…

デジタル(フリー素材)

Aの理論

何年か前、友人二人と夜中にドライブをした時の話。友人Aはガチガチの理系で、「物を見ると言うことは、つまりそこに光を反射する何らかの物体が存在する訳で、人の目の構造上、特…

飲食店(フリー素材)

身代わり

少し昔の話をする。私の友人が飲食店の店長をする事になった。その店に行きたいと思いつつなかなか都合がつかず、結局その店に行けたのはオープンから一ヶ月が過ぎようとしている頃…

隣の女子大生

貧相なアパートに暮らす彼の唯一の楽しみは、隣に住む美女と語らうひとときだった。ただ、一つだけ腑に落ちない点が…。当時、彼の住むアパートは、築30年の6畳一間で、おんぼろ…

枕(フリー写真)

槍を持った小人

最近の話。俺の家は四人家族で、いつもカミさんと上の子、一歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだけど、この下の子がよくベッドから落ちる。俺も気を付けて抱っこしながら寝たりする…

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…