妹を守るために

7bf1262d8655d7df162bdae8637f66c7

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。

その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。

A子には3歳年上のお姉さんがいました。姉妹仲もよく、A子は短大のことや彼氏のことなどで、度々お姉さんに相談相手になってもらっていました。

その日の夜、お姉さんがお風呂から上がり、居間で父親や母親、そしてA子さんたちと雑談していました。

パジャマ姿のお姉さんはしばらくして2階の自分の部屋へと引き上げていきました。

A子さんは自分もお風呂に入ろうとしたのですが、就職のことでお姉さんに相談したいことがあり、お姉さんの部屋へ行きました。

ドアを開けると、お姉さんは化粧台の鏡に向かって髪をとかしていましたが、鏡に向かったまま、

「A子ちゃん、お父さんとお母さんのところへ行ってなさい!」

と静かに強い口調で言ったそうです。

「でも、お姉ちゃん、ちょっと話があるんだけど…」

と言ったものの、いつにないお姉さんの恐い口調にA子さんはすごすごと居間に引き返したそうです。

その後、惨劇が起こりました。

お姉さんが座っていた背後にはベッドがあるのですが、その下に包丁を持った男が潜んでいたのです。

お姉さんはその男に無惨にも刺し殺されてしまったのです。

犯人はストーカーでしたが、お姉さんは化粧台で髪をとかしている時に、鏡越しに犯人を見てしまったのですね。

それで、妹を守ろうとしたのです。

この事件は新聞でも報道されました。

関連記事

シロ

じいちゃんが亡くなって、じいちゃんの唯一の財産とも言える3つの山を5人の子供で分配するという話になった時のこと。兄弟のうち4人は「山の一つには昔飼っていたシロという犬のお墓があ…

お札

金の亡者

以前勤めていた、ある土木調査会社での体験です。少し長いですが。お付き合いください。東京湾を望む広い埋立地に建っていたその会社は、バブル期の乱開発による不備(地盤沈下や排水不備等…

ろうそく(フリー写真)

評判の良い降霊師

実家は俺の父親が継いでいるが、実は本来の長男が居た。俺の伯父に当たる訳だが、戦前に幼くして亡くなったのだ。今で言うインフルエンザに罹ったと聞いたように記憶しているが、と…

蛇神様の奥宮(宮大工3)

お稲荷さま騒動から3年ほど経った晩秋の話。宮大工の修行は厳しく、なかなか一人前まで続く者は居ない。また、最近は元より、今から十年以上前の当時でも志願してくる若者は少なか…

尾崎豊さん

私の部屋にはよく夜中に霊が来ます。その時は必ず透けて見えます。たまに映画のスクリーンのようにその霊にまつわるだろう景色も一緒に見えるのですが、何年か前にある男の人が現れました。…

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

ビジネスホテルでの心霊体験

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、…

椅子(フリー写真)

おかんの夢

おかんが癌で亡くなって6年になる。癌を見つけた時にはもう余命一年の宣告。親父と相談の上、おかんには告知しなかった。一年間、騙し続けた。私はその時、二番目の子供を…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

文字化けメール

去年の3月の事。俺は高校を卒業し、大学へ通うようになるまでの数週間、暇を持て余してひたすら遊び歩いていた。そんなある日の夕方、友人(A)から「暇だからドライブ行こうぜ!」という…

覗き込む女の子

俺が小学校時代の担任から聞いた話。大学の夏休みのある夜、友人から電話が掛かってきた。その友人は俗に言う走り屋で、夏休み中はよく2人で夜中に一緒にドライブに行く仲だったの…