幽霊を持って帰る

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

自転車置き場(フリー写真)

私の叔母が、大型ショッピングモールで清掃のパートをしていた時の話。

オープン当時から一年ほど経ってはいたものの、建物も設備もまだまだ綺麗で、田舎の割に繁盛していた。

しかしそこに勤める従業員の間で、不穏な噂が流れ出した。

それは、二階のトイレに女の幽霊が出るというものだった。

話としてはありがちだが、先述の通り建物もまだ新しく、元々はただの田畑で曰く付きの土地でもない。

叔母が初めてその噂を耳にした時は、学校の怪談や都市伝説くらいの感覚だったらしい。

しかし、その噂が出るのと時を同じくして、従業員の怪我や病気が増えて行った。

とは言え、何百人もの人が働いていれば多少の偶然はあるだろう。

だか不思議な事に、怪我や病気になった従業員の大半は、二階フロアで働く人ばかりだった。

そこのショッピングモールは防犯も兼ねて、お客と従業員が同じトイレを利用することになっている。

つまり件のトイレを普段から利用していると思われる人ばかりに、何らかの影響が出ていたのだ。

それは清掃パートも同じで、二階トイレ担当になった人は、体調不良で次々と辞めて行くようになった。

そのうち清掃パートの間でも、あそこのトイレだけは嫌だという声が続出し、仕方なく一部のパートと本部社員が当番で担当するようになった。

それから暫く経ったある日、清掃の新人パートとして、Aさんという中年女性が入社して来た。

仕事を一通り覚え、他のパートさん達と打ち解け始めた頃、例のトイレの噂が話題に挙がった。

みんなが、

「気持ち悪いわよね」「当番の人には申し訳ないけれど、私は本当に勘弁して欲しいわ」

などとぺちゃくちゃお喋りしていると、急にAさんが

「じゃあ、私が今日(幽霊を)持って帰ってあげるわよ」

と言い出した。

その場が一瞬静寂に包まれ、すぐにみんなの大きな笑い声が響いた。

パートの一人が、

「やだぁ、どーやって持って帰んのよ(笑)」

と聞くと、Aさんは自転車の荷台に乗せて帰ると言う。

面白い事を言う人ねえという雰囲気のまま休憩が終わり、各自持ち場に戻って行った。

叔母はその時、その場には居らず、休憩から戻って来たパート仲間に笑い話としてその話を聞いたそうだ。

そしてその日の終業後、叔母は偶然、自転車置き場から帰宅しようとするAさんに会った。

「聞いたわよぉ。あのお化け持って帰るんですって?」

と叔母が話し掛けると、Aさんは真面目な顔で

「そうよ」

と言い、自転車に跨がったまま荷台をくいっと指差した。

その真面目な顔に少し戸惑いを覚えた叔母(てっきり冗談だと思っていた)は、

「そ、そぅ…気を付けてね」

と苦笑いで手を振った。

Aさんは笑顔に戻り、

「じゃあ、また明日ね」

と元気に自転車を漕ぎ出した。

翌日の朝礼で、Aさんが昨日の帰宅途中に、大型トラックに跳ねられ亡くなったと知らされた。

叔母含むパート仲間は一斉に仕事を辞めた。

親子の会話

僕の家から会社までは、小さな私鉄の電車で約30分です。 都会では考えられないでしょうが、行きも帰りもほとんど座って通勤しています。 その電車で帰宅途中、無気味な出来事を体験…

付喪神

私の家は昔、質屋だった。 と言っても爺ちゃんが17歳の頃までだから、私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞くことができた。 ※ その日の喜一(爺ちゃん)は店番をしてい…

おかあさんといっしょの都市伝説 – 2 –

『おかあさんといっしょ』は50年以上続く子ども向けの教育番組だ。 歴史が長いだけに、都市伝説も数多く存在する。今回はその一つをご紹介しよう。 1993年より体操のお兄さんと…

小綺麗な老紳士

駅構内の喫煙スペースで私はタバコを吸っていました。 喫煙スペースと言っても田舎の駅なので、ホームの端っこにぽつんと灰皿が設置してあるだけの簡易的なものでした。 すると小綺麗…

看護婦寮

これはまだ私が日本に居た時の話なので、10年くらい前のことです。もう既にその寮は取り壊されているし、かなりの年月も経っているので文章にしてみました。 未だに当時の細部まではっきり…

窓(フリー写真)

死んだ街

映像製作の専門学校がありまして、私はそこで講師助手のような仕事をしています。 1年生の授業で、 『カメラを渡され、講師が決めたテーマに沿った映像を、次の授業の日までに撮って…

パワーショベル

3人だけの秘密

この話は今から約20年前、私がまだ中学生だった頃の出来事です。 夏休みも後1週間程となった8月の終わり。ろくに宿題も終わっていないにも関わらず、友人2人と近所の市営プールに遊びに…

ホテル(フリー素材)

鶯谷のホテル

これは実際に体験した不思議な話です。 皆さん、鶯谷をご存知でしょうか? 山手線沿線でありながら最も人気の無いエリア。江戸時代にあった遊郭が今も尚息づくソープランド街「吉原」…

キャンプ場

少女のお礼

この話は僕がまだ中学生だった頃、友人の家に泊まりに行った時に聞いた話。 友人と僕が怪談をしていると、友人の親父さんが入って来て、 「お前たち幽霊の存在を信じてるのかい? 俺…

女性のシルエット(フリー素材)

赤の他人

俺は物心付いた時から片親で、父親の詳細は判らないままだった。 俺は幼少期に母親から虐待を受けていて、いつも夕方の17時から夜の21時まで家の前でしゃがみ込み、母親が風呂に入って寝…