幽霊を持って帰る

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

自転車置き場(フリー写真)

私の叔母が、大型ショッピングモールで清掃のパートをしていた時の話。

オープン当時から一年ほど経ってはいたものの、建物も設備もまだまだ綺麗で、田舎の割に繁盛していた。

しかしそこに勤める従業員の間で、不穏な噂が流れ出した。

それは、二階のトイレに女の幽霊が出るというものだった。

話としてはありがちだが、先述の通り建物もまだ新しく、元々はただの田畑で曰く付きの土地でもない。

叔母が初めてその噂を耳にした時は、学校の怪談や都市伝説くらいの感覚だったらしい。

しかし、その噂が出るのと時を同じくして、従業員の怪我や病気が増えて行った。

とは言え、何百人もの人が働いていれば多少の偶然はあるだろう。

だか不思議な事に、怪我や病気になった従業員の大半は、二階フロアで働く人ばかりだった。

そこのショッピングモールは防犯も兼ねて、お客と従業員が同じトイレを利用することになっている。

つまり件のトイレを普段から利用していると思われる人ばかりに、何らかの影響が出ていたのだ。

それは清掃パートも同じで、二階トイレ担当になった人は、体調不良で次々と辞めて行くようになった。

そのうち清掃パートの間でも、あそこのトイレだけは嫌だという声が続出し、仕方なく一部のパートと本部社員が当番で担当するようになった。

それから暫く経ったある日、清掃の新人パートとして、Aさんという中年女性が入社して来た。

仕事を一通り覚え、他のパートさん達と打ち解け始めた頃、例のトイレの噂が話題に挙がった。

みんなが、

「気持ち悪いわよね」「当番の人には申し訳ないけれど、私は本当に勘弁して欲しいわ」

などとぺちゃくちゃお喋りしていると、急にAさんが

「じゃあ、私が今日(幽霊を)持って帰ってあげるわよ」

と言い出した。

その場が一瞬静寂に包まれ、すぐにみんなの大きな笑い声が響いた。

パートの一人が、

「やだぁ、どーやって持って帰んのよ(笑)」

と聞くと、Aさんは自転車の荷台に乗せて帰ると言う。

面白い事を言う人ねえという雰囲気のまま休憩が終わり、各自持ち場に戻って行った。

叔母はその時、その場には居らず、休憩から戻って来たパート仲間に笑い話としてその話を聞いたそうだ。

そしてその日の終業後、叔母は偶然、自転車置き場から帰宅しようとするAさんに会った。

「聞いたわよぉ。あのお化け持って帰るんですって?」

と叔母が話し掛けると、Aさんは真面目な顔で

「そうよ」

と言い、自転車に跨がったまま荷台をくいっと指差した。

その真面目な顔に少し戸惑いを覚えた叔母(てっきり冗談だと思っていた)は、

「そ、そぅ…気を付けてね」

と苦笑いで手を振った。

Aさんは笑顔に戻り、

「じゃあ、また明日ね」

と元気に自転車を漕ぎ出した。

翌日の朝礼で、Aさんが昨日の帰宅途中に、大型トラックに跳ねられ亡くなったと知らされた。

叔母含むパート仲間は一斉に仕事を辞めた。

関連記事

押し入れ(フリー写真)

白く小さな手

中学校の時、先生に聞いた話です。幼い二人の姉妹が家で留守番をしていました。両親は夜にならないと帰って来ません。暇を持て余していた姉は、家でかくれんぼをする事を思い付きま…

竹林

小学校の頃の話です。おいらが行ってた小学校の側に竹林があって、そこには「怪しい人が出るから行っちゃ駄目です」って言われてたのね。俺は結局行かずじまいやったんやけど、結構…

かごめかごめ

この話は、実際に友人が遭遇した話で、彼もその場所はついに教えてくれませんでした。実際に人が2人死に、彼も警察にしつこく尋問されたそうです。これは私が大学時代にその友人か…

観音開きの蓋

私がまだ小さかった頃に体験した話です好奇心旺盛だった私はよく馬鹿な事をして怪我をし、親に心配をかけるようなそそっかしい子供でした。その当時、私と家族は10階建ての団地の…

深夜の研究室

今から数年前に卒論を書いていた頃、私は工学部の学生だったのですが、実験すら終わっておらず連日実験に明け暮れていました。卒論の締め切りが迫り、実験の合間に卒論を書き、また実験をし…

愛猫の最後の挨拶

うちの両親が体験した話。もう20年も前の夏のことです。私達兄弟が夏休みを利用して祖父母の家に泊まりに行っていた夜、当時とても可愛がっていた猫がいつまで経っても帰ってこな…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

良い心霊写真

写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事は珍しくなく、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。このご主人ですが、一度だけ修正せず…

禍垂(かすい)

昔まだ十代の時で、して良い事と悪い事の分別もつかない時の話。中学を出て高校にも行かず、仕事もせずにツレとブラブラ遊び回ってた。いつものようにツレから連絡があり、今から肝…

訪ねて来た友人

俺が幼少時に体験した話を一つ。多分、俺が10歳くらいの時だと思う。家族5人で飯を食っているときに電話がかかってきた。最初母さんが出たんだけど、すぐに父さんに電話…