幽霊を持って帰る

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

自転車置き場(フリー写真)

私の叔母が、大型ショッピングモールで清掃のパートをしていた時の話。

オープン当時から一年ほど経ってはいたものの、建物も設備もまだまだ綺麗で、田舎の割に繁盛していた。

しかしそこに勤める従業員の間で、不穏な噂が流れ出した。

それは、二階のトイレに女の幽霊が出るというものだった。

話としてはありがちだが、先述の通り建物もまだ新しく、元々はただの田畑で曰く付きの土地でもない。

叔母が初めてその噂を耳にした時は、学校の怪談や都市伝説くらいの感覚だったらしい。

しかし、その噂が出るのと時を同じくして、従業員の怪我や病気が増えて行った。

とは言え、何百人もの人が働いていれば多少の偶然はあるだろう。

だか不思議な事に、怪我や病気になった従業員の大半は、二階フロアで働く人ばかりだった。

そこのショッピングモールは防犯も兼ねて、お客と従業員が同じトイレを利用することになっている。

つまり件のトイレを普段から利用していると思われる人ばかりに、何らかの影響が出ていたのだ。

それは清掃パートも同じで、二階トイレ担当になった人は、体調不良で次々と辞めて行くようになった。

そのうち清掃パートの間でも、あそこのトイレだけは嫌だという声が続出し、仕方なく一部のパートと本部社員が当番で担当するようになった。

それから暫く経ったある日、清掃の新人パートとして、Aさんという中年女性が入社して来た。

仕事を一通り覚え、他のパートさん達と打ち解け始めた頃、例のトイレの噂が話題に挙がった。

みんなが、

「気持ち悪いわよね」「当番の人には申し訳ないけれど、私は本当に勘弁して欲しいわ」

などとぺちゃくちゃお喋りしていると、急にAさんが

「じゃあ、私が今日(幽霊を)持って帰ってあげるわよ」

と言い出した。

その場が一瞬静寂に包まれ、すぐにみんなの大きな笑い声が響いた。

パートの一人が、

「やだぁ、どーやって持って帰んのよ(笑)」

と聞くと、Aさんは自転車の荷台に乗せて帰ると言う。

面白い事を言う人ねえという雰囲気のまま休憩が終わり、各自持ち場に戻って行った。

叔母はその時、その場には居らず、休憩から戻って来たパート仲間に笑い話としてその話を聞いたそうだ。

そしてその日の終業後、叔母は偶然、自転車置き場から帰宅しようとするAさんに会った。

「聞いたわよぉ。あのお化け持って帰るんですって?」

と叔母が話し掛けると、Aさんは真面目な顔で

「そうよ」

と言い、自転車に跨がったまま荷台をくいっと指差した。

その真面目な顔に少し戸惑いを覚えた叔母(てっきり冗談だと思っていた)は、

「そ、そぅ…気を付けてね」

と苦笑いで手を振った。

Aさんは笑顔に戻り、

「じゃあ、また明日ね」

と元気に自転車を漕ぎ出した。

翌日の朝礼で、Aさんが昨日の帰宅途中に、大型トラックに跳ねられ亡くなったと知らされた。

叔母含むパート仲間は一斉に仕事を辞めた。

関連記事

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

運転注意

先日、父親が知り合いを近所の病院へ車で送った時の話。その病院は市の中心部から少し離れたところにあり、ちょっとばかり丘の上にある戦時中からある大きな病院。入り口まで着き、…

俺が薪を嫌悪する理由知らない?

俺ね、物心ついた時から“薪”がどうしてもダメだったんです。あの木を割った棒きれが。どうダメだったかと言うと、例えば『北の国から』などのドラマで薪が出ると、物凄い嫌悪感というか吐…

地獄のバス

小学校の修学旅行でのことだった。我々は一路目的地を目指してバスに乗り込んだ。席も隣同士だった。少しテンションの高すぎる彼に閉口しながらも、バスの旅は快調に進んで行った……

ホテルの部屋(フリー写真)

有名な幽霊ホテル

知り合いの女性から聞いた話。道後温泉の奥手にあるO道後温泉。幽霊が出るホテルがあることで、とても有名な場所。そこのK館の50X号室に、彼女ともう一人の女性が泊まることに…

アケミくるな

僕は運送大手の○川でドライバーをしていました。ある夜、○○工場内(九州内にあります)で作業中、どうにも同僚Sの様子がおかしいことに気が付きました。Sは仕事中だというのに…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。疲れていたのですぐ寝入るこ…

手形

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、…

疑問符

ラッキーコール

私は工務店に勤めておりまして、3年程前にある幼稚園までバスの車庫を修理に行った時の事です。その幼稚園はお寺が経営していまして、車庫は園舎を横に抜けた本堂裏の広場にありました。 …

学校の校門(フリーイラスト)

校門を閉じる習慣

私の通っていた高校には、17時のサイレンが鳴ると共に、用務員の人が急いで校門を閉める習慣がありました。まだ下校のチャイムすら鳴っていないのに正門を閉めるのです。生徒はい…