不思議な子供とおじいさん

森(フリー写真)

20歳の頃だったか、まだ実家でプータローをやっていた時の話。

うちは物凄い田舎で、家のすぐ傍が森や山みたいな所だったのよ。

それで何もやる事がないし、家に居たら親がグチグチうるさいから、そういう場所を彷徨いていた。

その時期はもう何もやる気が無く、どーでもいーやーという感じで、山道を登りながら自分の事を考えていた。

するといつの間にかいつも歩いている山道から逸れ、道無き森を彷徨っていた。

今の俺なら絶対に取り乱していたけど、その時は別に死んでもいいやという気分だった。

暫くふらふらしていると細道のような所に出て、藁のテントみたいなものと焚火がある。

そこで着物姿の人間もどき、子供とじいさんが二人居た。

何故『もどき』かと言うと、常に笑顔なのよ。しかも最初から髪など無かったかのようなつるっぱげ。

挨拶しても近付いても、とにかく微動だにしない。そしてニターッとした笑みが張り付いている。しかも二人とも同じ顔。

子供の方は凄まじくお肌がつるつるだけど、顔立ちはしわしわのじいさんと全く瓜二つ。

血縁と言うより、年齢差のあるクローンという感じ。

二人とも昔にタイムスリップしたかのような雰囲気で、『あ、この二人は人間じゃねーな?』と何となく感じた。

声を掛けようか戸惑っていたところで、じいさんの方が

「迷いましたか」

と声を掛けて来て、トントン拍子に二人の家で休んで行く事になった。

じいさんは話していても、

「そうですか」「ゆっくり休んでください」

というような事しか言わない無口なのだけど、子供の方はやたら口が達者だった。

「何処から来た?」「一緒にコマやろうや!」

という事から、何故か

「お兄ちゃんプレステ買って(笑)」

みたいな事も言う。まあ、普通のガキか。

でもやたらプレステに執着していた割にコマや花札などゲーム関係全般に詳しく、面白い話を色々聞かされたし、遊びも付き合った。

そんな風に過ごしていたら、じいさんが

「どうぞ」

と、お鍋で作っていた雑炊のようなものを差し出して来た。

何かね、見てくれは嘔吐物のようで不味そうなのに、物凄く良い匂いがして食べない気になれない。無理。

食材が色々入っているんだけど、匂いだけで何が入っているのか分かる。

卵や肉や魚、野菜など、とにかく入れるものは全部入れましたよ、という感じなのに全てが調和されている。

全部の食材の味が恐ろしいほど引き立っているのに、一つの味として成立している…みたいな。

上手く説明出来ないんだけど、とにかく美味かったの。

素人舌でも、あれは簡単に作れるものではないと解る程ね。

他にも華の香りのする酒や蜜柑と魚の和え物ももらったんだけど全部美味く…でも何か切なくなる味で、いつの間にか涙が出ていた。

そしたらガキが

「どうした?」

と訊ねて来て、その拍子に今まで家族にも言えなかった事を泣きながら全部話していた(笑)。

シクシク泣きながら、高校中退したとか、虐められていたなどと言っていたら、じいさんが優しく背中を撫でながら相槌を返し、更に号泣。

「もう死んでも良い」

なんて愚痴ったら、

「今死んだら極楽に行けないぞ!まだ若いし、やり直し利くって!」

とオッサン臭い説教を受けた。

少し立ち直って来た所で、おじいさんが麻袋を藁テントから出して来た。

「もうあなたは行きなさい。ここに居たらいけない。……これをどうぞ」

お土産のつもりだったのかそれを貰い、子供に案内されて山道まで来たら、いつの間にか子供も消えていた。

それから麻袋の中身を確かめたら、中身は石鹸。梅みたいな香りで、嗅ぐだけでお腹が空きそうな感じ。

石鹸を使おうかなとか考えながらも、山歩きで疲れたから、その夜は早々に寝てしまったんだ。

そしたら深夜に突然、物凄い激痛に襲われて、『アイツらの飯が当たったかクソー!』と思いながら排泄していたのだが止まらない。

とにかく中々排泄が止まらず、治まった頃はもう朝だった。2時間くらい経っていた気がする。

しかもその後、酷い虫歯になったり2、3日熱で寝込んだり、原因不明の骨折などが一ヶ月くらい続いた。

その時は流石にあの二人を疑ったのだが…。

骨折が治って暫く経ってから突然酷い眠気とだるさに襲われ、丸二日くらい殆ど眠りっ放しの状態に陥った。でもそれ以来、身体が軽くなり快活な気分になった。

色々な事がしたいと思い始め、衝動的にバイトをしまくったり、風俗へ行ったり、毎日走ったり、資格の勉強をしたり、滅茶滅茶元気。

しかも、あれから一度も風邪を引いていないんだよな…。

そんな暮らしも少し経った頃、忘れていた石鹸の事を思い出し、これも何かあるのかなと思い恐る恐る洗面台で使った。

するとボロッ……と、消しゴムのカスみたいに手の垢がボロボロ出るトンデモ仕様の石鹸で、勢いで風呂場へ直行。

勢いに任せて石鹸で身体を擦ると、また出るわ出るわで、とうとう濁った油みたいなものまで出て来た。

暫くその石鹸を使ってから劇的に肌が綺麗になり、ニキビ肌だったのに今はつるつるになっている。

しかもそれから常に「○○って良い香りがするよな」なんて言われるようになり、やたら友達が増えたりモテたりした。

今は必死に頑張って美容師になれたけど、それもあの二人のお陰なのかな。

でも、あの二人に出会うのが俺で本当に良かったのか。

そもそもあの二人が一体何者だったのかは気になるよ。

あれからまた同じ場所に行こうとしたんだけど、足が竦んで無理だった。

何故か、今行ったらもう二度と帰って来られない気がしたから。

恐怖のスイカ蹴り

俺の爺ちゃんの終戦直後の体験談。 終戦直後のある夏の夜の出来事、仕事で遅くなった爺ちゃんは帰宅途中の踏切にさしかかる。 当時は大都市と言っても終戦直後のため、夜になれば街灯…

神奈川県某駅の駅ビル

小学校入るくらいまでの体験。 神奈川県某駅の駅ビルで、階段やエスカレータなど使わずに、3Fから4Fにワープした。駅との連絡口が3Fで、決まったルートを歩くと4Fに着いてる。 …

光(フリー素材)

異世界に続く天井裏

俺のクラスに新しく転入生の男子が来た。 彼はいつも机に突っ伏して塞ぎ込んでいて、未だに友人は一人も出来ていないようだった。 きっとクラスに馴染めずに大変なんだろうと考えた俺…

鏡の中の話

鏡の中の話だ。 小さい頃、俺はいつも鏡に向かって話し掛けていたという。 もちろん、俺自身にはハッキリとした記憶は無いが、親戚が集まるような場面になると、決まって誰かがその話…

顔半分の笑顔

僕がまだ子供だったとき、ある晩早くに眠りに就いたことがあった。 リビングルームにいる家族の声を聞きながら、僕はベッドの中から廊下の灯りをボンヤリ見つめていたんだ。 すると突…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。 血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…

見えない壁

数年前の話。 当時中学生だった俺は雑誌の懸賞ハガキを出すために駅近くの郵便局に行く最中だった。 俺の住んでる地域は神奈川のほぼ辺境。最寄り駅からまっすぐ出ているような大通り…

田舎の風景(フリー写真)

大きな馬

昭和50年前後の事です。 うちの祖父母が住んでいた家は、東京近郊の古い農家の家でした。農業は本職ではなく、借家でした。 敷地を円形に包むように1メートル程の高さの土が盛ら…

チクリ

大学に通うために上京してすぐのことです。 高田馬場から徒歩15分ほどにある家賃3万円の風呂なしアパートに下宿を始めました。 6畳でトイレ、キッチン付きだったので、その当時と…

四国のホテル

怖くないかもしれないけど、俺が昔体験した話。 子供の頃、四国に家族旅行へ行った時、泊まっていたホテルで黒い着物姿の女に手招きされる夢を見た。 夢の中で、俺はふらふらと抵抗す…